とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

ピエルニク作り体験

2015/3/6

 ちょっと気分が上がりきらなかったのですが、せっかく世界遺産の町にいるんだし荷物をAngel Hostelの方に移してから観光に出かける事にしました。どうやらピエルニクというジンジャーブレッドがこの町では有名らしくその博物館というよりも実際に作成する事ができる場所があるので向かったのですが英語のツアーは13:00と16:00のみだったので出直す事に。

インフォメーションセンターで貰ったリーフレットを読んでいると旧市庁舎が面白そうだったので入ってみる事にしました。

RIMG1597.jpg

ここが予想以上に広く結構時間がかかりましたが肖像画からはじまりステンドグラスまで様々なものが展示されています。

RIMG1599.jpg

地動説のコペルニクスが誕生した地として有名ですが、どうやら生家と言うのは本当の生家ではないと言うのであえて入場せず外観だけ。

RIMG1634.jpg

この町を歩いていると以下の写真の様な小人たちがちょいちょい建物に座っていたりします。人形劇も劇場で行われていると言うので関連があるのかもしれません。遊び心があってみていて楽しくなってきます。

RIMG1665.jpg

そして16:00前にもう一度ピエルニク博物館に足を運びました。最初は私達だけだったのですが最終的には約10人、ドイツ、ベルギー、フランス人、そして日本人は私だけでした。会話形式で話は進んでいき質問があったりブレッド作りに部分部分全員参加する事になります。私ははちみつと材料を混ぜる係でした。

練った生地は3か月間寝かせるらしく私達の練った生地は3か月後に訪れる観光客が型取りして焼く事になるはず。私達の手元にはすでに3か月間寝かせられた生地がありそれを型に最初は指で、次は手のひら全体で押して最後にくりぬいてオーブンで焼いてもらいました。

RIMG1671.jpg

RIMG1677.jpg

RIMG1693.jpg

私のはどうも押しが足りなかったらしくちゃんと型の模様が見えません。最後にそれを袋に入れて貰い機械の説明だったりデコレーションの仕方だったり何だかんだと1時間程かけてツアーは終了しました。

RIMG1679.jpg
見本

宿に戻る前に町を暫く歩いたのですが斜塔がこんな所にも!過去には牢屋や鍛冶屋として活躍していたそうです。

RIMG1683.jpg

さて、明日はどうしよう。トルンにもう1泊滞在するかどうか、、、というか調べると宿がそこも一杯!ホテルしか空き室がありません。オーナーの奥さんに尋ねると明日の朝になれば私達がもう1泊出来るか分かるそう。それ次第では予定より早くポズナン入りする事になるかもしれません。

<観光>
・旧市庁舎/11z
・ピエルニク博物館/11z

<宿>
Torun
・Angel Hostel
 Add: ul. Rynek Staromiejski 8, 87-100 Toruń
 Tel: 0694152398/064095208
 Web: http://www.angelhostel.com/en/
 E-mail: torun.hostel@gmail.com
 オーナーの奥さんはとっても親切、朝食は1階の食堂で。
 プライベートルームだと朝食無料。ホットシャワー。Wi-fi

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper