とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Malbork castle

2015/3/4

 グダンスク近郊の町Malbork/マルボルクには世界遺産に登録されているマルボルク城があります。せっかく近くにいるのだから日帰りで出かける事にしました。天気は相変わらずよくも悪くも無く白い雲で空がおおわれています。

宿を出て駅まで歩いている途中から雨が降りだしどんどん雨脚が強まってきました。駅に到着する頃にはずぶ濡れです。2等の往復のチケットを購入してから気が付いたのですが、予定していた時刻よりも遅い時間が刻まれています。尋ねるとどうやらその時間は1st classだそう。マルボルク城は冬季は15時までの営業なので早く到着したかったのですが、英語の話せる人を探して理解するまでに時間がかかりどっちにしても間に合いませんでした。

11:11発の鈍行列車にのり43分後の11:54に到着、雨は若干落ち着いていましたがまだ降っています。川を挟んで写真を撮りたかったのでマルボルク本駅の手前で降りて裏側から城に向かったのですが天気が天気なだけにどう撮影してもどんよりです。

RIMG1570.jpg

遠くからでもこの城が広大である事が明らかです。デカい!!この城を中世の時代に建設するのにどれくらいの月日を経たのだろう?一つの町といっても過言ではありません。

チケットを購入しオーディオガイドを英語で借りていざ出発。約50の説明があり聞いて回るだけでも約2時間かかりました。中庭が工事中で一部入れない所はありましたがとにかく広くて周るだけでも体力を要します。アンバーやステンドグラスの展示がとても煌びやかで印象に残りました。

RIMG1596.jpg

RIMG1597.jpg

RIMG1599.jpg

中で働く人のは多いのですがじのシーズンなので観光客は数える位しかいません。皆退屈なのかおしゃべりしては観光客が来ると持ち場に戻るといった感じです。

お城を出る頃には空腹で体力がない状態だったのでグダンスクに戻る前にレストランでグヤーシュを頂きました。しかもライスでは無くグリエーチカ(蕎麦の実)だったのが嬉しい!!



グヤーシュはハンガリー料理ですがここらへんの文化は混じっているんだと思います。戦争で侵略し、されたり、離れたりくっついたりで忙しい地域でもあるので不思議はありません。それにしても若い子に美女が本当に多いです。年を取るのはとても早いですがね。

昨日4時間しか眠れてないので身体が怠くてしかたありません。という事でまだ20:00前ですが眠る事にします。

<移動>
・Gdansk⇔Malbork・・・列車2等/14.80z往復
 往路11:11発11:54着、復路15:58発16:41着、
 8時間有効

<観光>
・マルボルク城/29.50z

<宿>
Gdansk/グダンスク
・Baltic Downtown Hostel・・・ツイン62z
 Add: Ulica Zaroslak 12, Gdansk
 Phone: +48 587219657
 E-mail: gdanskdowntown@hotmail.com

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。