とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウザンドアイランズでのひととき

 2007.6.1~

 4月に帰国後2ヶ月後再びバッファローに来ることを決めていた。
そして今、バッファローにいる。
仕事の都合で1週間しかいれないので遠出はぜず、
バッファロー周辺に滞在することにした。
前から話を聞いていて気になったところは「サウザンドアイランズ」
アメリカとカナダの間にあって1000個の小さな島が点在してるという。
そして今回のメインはボルト城
バッファローから近いため日帰りで行くことになった。



■サウザンドアイランズへ■

 翌日、船着場からアメリカ側からクルーズ船に乗り込んだ。
観光客は少なくなかった。家族連れ、カップル、、友達同士・・・。

ボルト城行き

甲板からの風は気持ちがいい。
かつらでも大丈夫なくらいのさわさわとした風。
でも少し小雨が・・・お願いだから晴れて・・・
1000個の島というくらいだからポツポツ島が見えてきた。
なかなかアナウンスの英語は聞き取れなかったけど、
世界で有名な方々の別荘ばかりだそう・・・。
マックの社長ってのだけはしっかり聞こえた。
国境の間ということもあって島に国境の旗が建ってたりして面白かった。
勿論小さな島に税関はないらしいけども。

別荘
別荘

国境
国境

いろいろ説明を受けながら一行は「ボルト城」へ向かった。
大変な資産家のボルト氏が体の悪い奥様のために建てようとしたお城。
でも建設途中で奥様がなくなってしまいそのまま今も残っているという。
現在は私たちの入場料で少しずつ建設が進んでいるって話もしていたよ。

ボルト城

早速上陸した。
ここはアメリカ側の島なので入国の手続きも不要。
すぐ自由行動だったので決められた時間までは好きなように歩き回れる。
建物や内装にハートが刻まれていてかわいいお城だった。
奥様はハート好きだったのかな?
庭を歩いてまずは子供部屋へ。

子供部屋
子供部屋

中は立ち入り禁止のテープが張られていたりして制限されていた。

お城内にも入場。
規模はそこまで大きくないけど別荘にしては十二分すぎるほどのものだった。
雨さえ降っていなければもっとすてきなのに。

のどか
のどかだわ~

ディズニー世界のお城の雰囲気があって素敵だった。
ボルト氏の奥様へのだったんだね。



■ナイアガラ国境■

 やっぱりバッファローにきたら何度でもナイアガラの滝へ行きたくなる。
いつもは車で国境越えをしていたけど今回は歩いて国境越え
最初はアメリカ側に車を置いて歩いて税関を通る。
カナダに入るときはたいした質問はされなかった。
税関を過ぎると橋になっていて
橋の中心にアメリカとカナダの旗が建っていた。
どうやらそこが国境らしかった。
いつも車で一瞬のうちに国境越えをしていたから実感がわかなかった。

もう辺りは真っ暗でナイアガラの滝のライトアップも始まっていた。
今日はレインボー。

カラフルなライトアップ
カラフルなライトアップ

ナイアガラ

明るい時間の滝も素敵だけどライトに照らされているのも雰囲気がある。

実はこの後のアメリカ再入国の税関で
難しい単語を並べ立てられ思いっきりあせった・・・。
毎度毎度勉強不足だわ

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。