とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

ノルウェーへ

2014/6/6

 ついにこの日がやってきました。学校を休むのは初ですが最初で最後の息抜きだと思って楽しみます。マンチェスター空港まではNationalExpressで行きましたが途中マンチェスターで乗り換えがあり30分ほど待たなくてはいけません。マンチェスターから空港へは30分もかからないのでヨークシャに住んでいれば便利な空港です。

バスターミナルからターミナル3まではちょっと距離があるので入国審査まで考えると帰国時のバスの時間をもう1本遅いので取っておくべきだったかなと少し後悔。まぁどうにかなるでしょう。

飛行時間は約1時間半程であっという間にノルウェーへ。ただし入国審査の窓口が2カ所しかなく内1カ所はヨーロピアン用だったので40分程待たされることになりました。しかも結構多くのヨーロピアンがこちら側にも並んでいたのでその分時間がかかり最終的に買い物もした私が一番最後にウェイティングルームへ。予定時間をかなり過ぎましたがエルウィンはしっかり待っていてくれました。どうもありがとう。

Rygge空港からバスでまずはMossまで行かなければいけないのですが最初に乗ったバスが1人で140Krもする!!出発する前に彼が気が付いてキャンセルしたのですがシャトルバスでRygge駅まで行きそこから電車でMossまで行くと38Krで済むらしい。3倍も価格が違うとは。と言う事で個人的にはFly bussekspressen ASは急いでない限りはお勧めしません。

私達はシャトルバスを待つ事にしましたが30分に1本はシャトルバスが来るので大して待たずに済みました。シャトルの後に電車を使うとこのバス代が無料になるそうなのでこの価格になったんだとか(逆も大丈夫だそう)ちょっとお得な気分。これを知らないと大分払わなければいけなかったので彼に感謝します。やはりローカルに聞くのが一番。Mossから反対側のフィヨルドのHortenまではフェリーが運航していてこちらも38Krかかりました。ちなみに今日はあまり天気が良くなかったそうですが、私の到着時には回復していて海面もキラキラ輝いていました。

ferry

Hortenに到着したのですがここからは彼の友人が車で迎えに来てくれていて今晩から泊まる予定のコテージまで送ってくれました。途中買い物や彼の友人に会う為に停まってもらい無事にコテージに到着。どうもありがとう!!

コテージは典型的なノルウェーのお家。落ち着いた赤のペンキで塗られた壁はロフォーテン諸島を思い出させてくれます。内装もオシャレでこれからの滞在がより楽しくなりそう。

port
近くのポート

sunset

<移動>
・リーズ⇔マンチェスター⇔マンチェスター空港・・・17,60GBP
 NationalExpress
 往路8:30→9:35、10:35→10:55
 復路14:05→14:35、15:05→16:10

・マンチェスター⇔オスロ・・・40.78GPB/RyanAir
 往路13:15→16:10(1時間時差があります)
 復路11:20→12:30(1時間時差があります)
・Rygge空港→Rygge駅・・・バス無料(電車その後に使うのであれば無料)
 シャトルバスのみなので注意。他のバスだとモスまでで140Krもする!!
・Rygge→Moss・・・38Kr/電車
・Moss→Horten・・・38Kr/フェリー
・Horten→Lahella・・・車/エルウィンのお友達に乗せて貰いました。

<宿>
Lahelle/ラヘラー、Sandefjord/サンデフィヨルド近く
・コテージ泊・・・600Kr

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper