とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

就職活動かビザ取りか

 もう日本に戻ってきて10日が経ちます。このまま何もせずにいるとズルズルお家でのんびりしてしまうので台湾旅行後の後に何をするかじっくり考えてみました。残金は残しておいた多少の定期があるのですがいずれイギリスに学生として戻りたいのでまずは働かなければいけません。今の予算だと精々3~4か月分程の学生ビザしか下りそうにないのです。

イギリスの学生ビザと言ってもStudent Visitor Visa(SVV)やExtended Student Visitor Visa(ESVV)、そしてTier4等があります。まずSVVに関しては6か月のみですがイミグレーションで取れます。ほぼ観光ビザと条件はかわりませんが勉強を目的としていて就労は不可能。学校も語学学校でしたら行けますが大学や専門に行く事は出来ません。日本でビザの準備をする事がないのでどこの学校に通う予定かを審査官に伝えればスタンプが貰えます。人によっては残高証明について尋ねられるそうなので日本から行く場合は用意しておいた方がよいかもしれません。私の知人は住所だけでいけました。

そしてESVVですが、内容はSVVと同じですが期間が11か月までOKとなります。こちらは国境で取得は出来ないので予め取得しておく必要があるのですが、これが私が今回取得しようと思っている物。こちらのビザも語学学校に通うためのもので、大学には行けません。就労も不可能です。ビザ取りに関しては今後書いていくつもりなのでこちらでは詳しくは書きませんのであしからず。

最後のTier4は最初私が取得しようと思っていたビザでこちらは大学にも専門にも語学学校にも行けるので柔軟性のあるビザ。ただビザ取得の際に今まで受けたTOEICでもIELTSでも結果を提出しなければいけません。就労に関しては大学、大学院の学位レベルの学生は週20時間、そのレベルに行かず公立カレッジの学生だと週10時間、私立の語学学校での英語研修の場合就労が禁止されています。そして学位レベルの学生がこのビザで滞在できる最長は5年間まで。IELTS4以上でないとこちらのビザは取得出来ません。

財産証明に関しては後日書きますが勉強に集中できる環境を持ってほしいという理由の他に不法労働を減らしたいというのもあり十分な生活費を証明しなければなりません。私に足りないのは十分な予算、そしてテストの結果。今まで人生において受けた事のある英語の試験と言えば中学校1年の時に受けた英検5級のみ。それ以降は英語大嫌いだったので放置状態、話にもなりません。今後働きながらIELTS対策していくのもありかな。

Tier4を取るかESVVを取るかですが、まず私に必要なのは学位以前にIELTSで高得点を取る事。興味のあるのは看護師の資格をイギリスで取得する事ですがこちらの学校に行く場合入学の時点でIELTSの結果が6.5~7ないといけないのです。まだまだ先の話だしもし可能だったらと言う遠い話なので今回はESVVでよし。

実は遠い過去にニュージーランドで2週間のホームステイ&語学学校に通った事があるのですがあの時は本当にビギナーでクラスには1名の韓国人を除き全員が日本人。皆英語で無く日本語で普段話しボキャブラリーも無いから英語で話そうと思ってもネタがありませんでした。無駄にお金を払って留学したという見せかけのハクをつけるだけの下らない判断だった、今でもそう思います。

今回はそうならないように後悔しないように満足のいくだけ勉強したいので出来れば最大の11か月ギリギリ行きたいのでやはり資金は必要。別にバカ高いイギリスじゃなくてもアメリカ、カナダ、オーストラリア、アイルランド、マルタでも語学学校は数え切れない位あるし、インドやフィリピンだと安く長期間勉強する事だってできます。

だけどやはりイギリスがいい!!EnglishはEnglandから来ているのでどうせだったらクイーンズイングリッシュを学びたいのです。そもそもイギリスのアクセントが好きなのでどうせお金を出して時間を費やすのであれば行きたい所の方がやる気が出ます。インドを含め周辺国には行った事が無いので留学がてら周辺国を周ろうとも模索したのですが、やはりインドの強いアクセントではテンションも下がりそう。形から入るのもばかばかしいと思うかもしれないけどそれがやる気に繋がるのでここはやはりイギリスです。

友人がイギリスにも周辺国にも居るし気持ち安心と言うのもあるのかもしれません。そしてESVVだったら仕事は出来ませんがもし短期や在宅投与可能な治験に参加出来れば生活費を稼ぐことだって可能です。長期入院は学校優先の為不可能なので莫大なボランティア代金を稼ぐことは出来ませんが十分な足しになるはず。

さて、イギリスへの留学を強く決意した所で今度は就職先ですが看護師募集サイトが多数検索すれば出てきます。腰の問題もあるので病棟では働きたくないのでクリニックや治験施設での看護師をまとめて検索しました。すると思いもよらず多数の会社から一気に連絡が来てしまいてんやわんや状態に。これって1社が管理しているのではないのですね。

電話で何社かとお話しさせて頂きましたが漠然とした話で実感が全く湧きません。3年近くも働いていないので余計なのと東京には住んだ事が無いのでイメージが湧かないのです。別に東京じゃなくてもいいのですが車を買いたくないので都市部希望です。

とあるウェブサイトを見ていると3~6か月の短期だけの募集というのが目に入ってきました。しかもかなりの高給料。これだったら6か月も働けば留学に必要な金額は十分に稼げます。しかも寮完備なので安い金額で暮らす事が出来貯金にも繋がるので私にはうってつけ。

早速連絡をとったのですが、こちらは急性期の患者を扱う病院が多く即戦力を探しているそうです。なので私の様なブランクを持っている人や腰痛持ちの人にはお勧めできないとハッキリ言われました。慢性期だとどうしても寝たきりばかりの所になり軽度ですがヘルニアを持っている私を紹介し、6か月続かなければこちらの会社が罰金を支払わなければいけないそうなのであまり紹介したくないような雰囲気が電話越しで伝わってきました。一応まだ可能そうな病院を幾つかピックアップしてもらいメールで送って貰う事にしたのですがたったの6か月だしどうにかならないかなと自分では思っています。

母にこれまでの経緯を説明すると、「資金証明が必要なだけだったら足りない分貸すよ」と予想外の言葉が!!どうやら中途半端に働いて留学が伸びるくらいだったら留学して満足して戻ってきて期間限定で無くしっかり働いてほしいそう。たしかにそう。中途半端に職歴をつけるくらいだったら一気に行った方がマシなのです。

母の決断に心から感謝します。ビザが取れれば返しますが(少し生活費で借りるかもしれないけど)、信用されてないと貸してくれることはまずないと思うので期待に応えなければ。やる気の火が炎になりました。不完全燃焼にはならないでしょう。ビザが取れるかどうかはまだ解らないのですが、まずは目標が出来ました。

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper