とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

還付申告

 戻ってきてまずはしなければいけないのは還付申告です。もちろん今年のでは無く出発の年2011年の分。2011年は5月まで働き6月以降は旅に出ているのでその分前収めした余分な税金を取り戻さなければなりません。

今ではもう税務署まで手続きをする必要は無く国税庁のホームページから申請書を作成しプリントアウトをして郵送するだけ。便利なもんですね。

ホームページを開くと左側の欄に確定申告書等作成コーナーと書かれているのでこちらをクリック。書かれているOSが適正か書かれている通り確かめ作成コーナーをクリック。作成開始をクリックしe-Taxか書面提出か選びます。私はICカードリーダライタも電子証明書も無いので後者を選択しました。

次のページで全てにクリックしついに作成へ。まずは青色申告か白色申告か選ばなければいけないのですがその下の欄に過去の分の申請というのがあるので私は平成23年をクリック。過去5年遡って出来るのでもし過去の申請をしていなければ多少戻る事もあるかもしれないのでやってみましょう。逆に支払いが生じる事もありますが。

私の場合、所得税の申告を選びその後、給料が1カ所の方、その他の方、質問に答えて作成とありますが給料が1カ所の場合年末調整がされている事が前提なので私は番目のその他を選びました。私の職場から頂いた源泉徴収票を見ると年末調整はされていないのでそれも含めて申請しなければならないのです。

生年月日を入れて先に進むと収入金額・所得金額入力が出てくるので私の場合は給与所得をクリック。すると源泉徴収票と同じ型が出てくるのでその通り入力します。生命保険控除や社会保険の金額の欄も忘れずに記載しましょう。後は退職後に国民年金を任意で支払って来たのでその分は先に進むと元の入力欄のページに戻るのでそちらから申請します。ですが、転出届をだしてしまうとこの分は向こうになるそうなので注意。

全て入力し終わったら住所等を入れると最寄の税務署の住所も出てくるので全てプリントアウトをして控えと住所の紙以外を封筒に入れて後は送るだけです。私は入力後に収入金額・所得金額入力に戻らず一度税務署に電話をしましたが丁寧に対応して頂けました。ページ切り替わり時の質問に間違って答えていたようです。企業で働いていれば特に自分でやる事もありませんが、自営業の方や2つ以上仕事を持っている方、そして私の様なパターンの場合は自力でしなければいけません。面倒くさいイメージですがやってみると、そう難しい物ではないのでぜひやってみてください。

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper