とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソコトラ島へ

2014/1/8

 サアナを満喫する前にソコトラと言うのも変ですが今日から3泊、ソコトラを満喫します。モハメッドと5:00までお話して過ごし、それから出国ゲートでお別れしました。待って居るとスペイン人と中国人のカップルに台湾からの11人のツアー客等アジア人だらけ。眠さの限界だったので離陸前から熟睡。食事がサーブされる時だけタイミングよく目が覚めます。

この飛行機は一旦イエメン南の街に降り立ちそれから集客してソコトラに向かいます。特に乗り換えが必要無いので寝ているだけでOK。ちなみにシート番号は無いので好きな所に座れます。

2度目の時も軽食が出てきたのですがさっき食べたばっかりで食べれそうにありません。なので放置して寝ていたら隣に座ったおじさんが、私を起こしてまで食べないのか聞いてきたり水を乗務員に貰ったりしてきます。ありがたいけど寝させてほしいよー。

到着近くに目覚めたのですが白浜ビーチが綺麗!!海の色もエメラルドグリーンだしこれは楽しい滞在になりそうです。到着後に荷物を待っているとピックアップのスタッフが来たのですが私以外の名前のプレートを持っていました。どうやら他にも参加者がいるようです。後で解ったのですが、私のドライバーが遅刻したらしくこっちに向かっているそうで途中まで乗せて行ってくれるらしい。申し訳ない。ただ、ロシアからの参加者が1週間滞在するそうでその内の3日間は同じ行程らしいので車は違うけど一緒に行動する事になりました。

すでに綺麗8
すでに綺麗

途中にあるキューカンバーツリー(きゅうりに似ている為)でドライバーに合流した後にまずはソコトラ1の町であるHadibo/ハディボに行き昼食を頂きましたが早速魚が出て嬉しい!ヨーロッパでは魚が高くなかなか食べれなかったのでありがたく頂きます。

キューカンバーツリー8
キューカンバーツリー

ハディボ8
ハディボ

食後はビューポイントに寄りながら今晩のキャンプサイトに向かったのですが、美しい景色にも関わらず昨日から眠ってないと言うのもあり簡単に落ちてしまいました。英語の話せないドライバーですが、所々起こしてくれるので起きて写真を撮りの繰り返し。とにかくビーチが美しい!!植物も初めて目にするものが多く写真を撮るのが楽しすぎます。さすがアジアのガラパゴスと言われているだけある。バッテリー2つあるけど足りるかな?

広大8
広大

どこもかしこも美しい8
どこもかしこも美しい

出たー8
出たー

美しいビーチ8
美しいビーチ

ボトルツリー8
ボトルツリー

キャンプサイトは島の西側にありここもビーチが綺麗、そして遠浅です。私は水着が無いので今日は足に触る程度にしましたが明日はワンピースのまま入ろうかな。ちなみにあれだけ危ないと言われているイエメンですがソコトラは別としか思えません。全く危険な香りがしないしチャドルは全く必要なし。サナアまでは着用する事無さそうです。

キャンプサイト8
キャンプサイト

夕日を見に近くの漁村まで行ったのですが子供達が「カラン(ペン)を欲しい」とすぐに集まってきます。そして「ソラ(写真)!!」という言葉も良く聞かれました。アフリカだとお金欲しいと写真の後に言われる事がありますがソコトラではまず無さそう。人が純粋で人懐っこく親切です。たまに車に向けて物を投げてくる人が時々いますがどこの国にでもそんな人はいるので気にはしません。夕日を待っているとドライバーのアフマドがシーフードを収穫してくれたので夕食の一部になります。新鮮なシーフードは最高ですね。

子供達8

ペンをほしがる8

今晩の夕食に8
今晩の夕食に

夕焼け8
夕焼け

夕食後はアフマドの親族に借りてきたシーシャを皆で吸いまわします。シーシャ1回でタバコ1箱分相当のニコチンを摂取するそうなので出来るだけ喉で止めてみましたがやっぱり途中から頭がくらくらしてきました。久々のシーシャは最高ですね、サナアでも吸いそうな気がします。

シーシャタイム8
シーシャタイム

<Transport>
・サナア→Riyan-Mukalla経由ソコトラ島
 7:00発8:00着8:30発9:30着
 Felix Airways/213US$
 預け入れ荷物は10kgまで、手荷物は5kgまで。

<ソコトラツアー>
・移動、食費、宿代込(キャンプ場なので無料)で140US&/Day
 ガイド無しだけどロシア人と一緒に行動したので車は違うけど
 説明が聞けました。モハメッドの紹介。
・初日の工程
 空港ピックアップ→Hadiboで昼食→ビューポイントをまわりつつ
 西にあるDetwah Campへ→港町Qalansiya散策

<Sleeping>
・ソコトラ西部のDetwah Camp
 水シャワーあり、充電可能

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。