とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

まさかの出来事

2013/10/19

 深夜2:00。チェックインの時間になりカウンターへ行ったのですが私のパスポートを見るなりスタッフの放った言葉。「トランジットビザは?」

いやいや、ロシアでは空港から外に出ないからビザは必要ないんだって!!と何度も言っても確認するの一点張り。空港でのトラブルがたまにあるので基本的には飛行機は好きではありません。

とにかくモスクワの空港に電話連絡を入れてくれたのですが返事は「ノー」。皆さん、何故だかわかりますか?実はこのチケットはチェリャビンスクとモスクワの2カ所でトランジットなのです。今日の今日まで知らなかったのですがロシア内で1度トランジットする分には問題ないのですが2回以上に関しては空港から例え外に出なくてもトランジットビザが必要なのです。真面目に知りませんでした。もし今後中央アジアからヨーロッパ等へ行く際には重々気を付けてください。

この時の私は眠ってなかったのもあり超パニックになりあたふたあたふた。ふと携帯を見るとwi-fiに繋がってる!!そこでヴァイバーでロンドンに居るイムランに電話をかけ(丁度向こうは22:00頃)事情を説明し現在のチケットのリファウンドが出来るか聞いてもらいその間に私は新たな航空券のチェックをしました。

ですがやはりここはタジク、wi-fi遅~!!話しにならない程の遅さです。スカイスキャナーは開けるのですが肝心のブッキングの画面で固まってしまいます。

これは窓口で購入するしかないと思い窓口周辺でうろちょろしていたら英語の堪能な空港スタッフが人生最大に近いのピンチを迎えた私の為に駆けつけてきてくれました。どうやら今開いているオフィスではモスクワ経由しか買えないらしい。ぇえ~、モスクワか!!タジクもロシアももう嫌だ!!しかもモスクワ行くのとロンドンに行く航空会社が違ったらチェックイン荷物取り出せないし。かつ何とこの素晴らしい空港ではクレジットカードが使えないのです。なのでATMでソモニを下ろしなさいと言われましたがいやいや、シティバンクにそんなに入ってないし!!

とりあえずアタフタとイラつきのピークで周りから見るとキチガイになっている私を彼はなだめVIPルームに連れて行きそこでとにかく休むようなだめられました。VIPルームには各機種の充電器やレストラン、そしてコンピューターが置いてあります。あれ?コンピューターがあるんだったらネットはマシかも。

私はVIP客ではありませんが使わせてもらいビシュケク、アルマトゥ、イスタンブール、ドゥバイ等でのトランジットロンドン行きを調べましたがどれも似たような時間と価格です。明日リーズでアポイントメントが入っているしそれに合わせてバスの往復チケットも持っているので出来れば今日到着して欲しい。

すると男性が戻ってきてやはりモスクワトランジットが最良だというのでバックパックの事を伝えると特別に手荷物にしてあげようと言ってくれたのです。わ~い、特別って事はシャンプーとかも捨てなくて済むかも。ちなみにメタルが入っているかだけ聞かれ2度X-Rayにかけられましたが水分に関してはお咎めなしでした。テロリストじゃないから大丈夫だよ!!

まずはネットでモスクワからロンドン行きを予約しようと思ったのですが遅すぎて予約出来ず、結局自分のiPhoneの方がマシで時間がかかりましたが無事予約が出来ました。モスクワ→キエフ→ロンドンで今晩ガトウィックに到着します。

その後モスクワ行きも予約しようと思ったのですがネットがなかなか進まずモスクワ行きの搭乗時間になってしまいました。なのでモスクワまでの分は手持ちのドル430US$で購入。超高いですが当日かつもう搭乗の時間なので跳ね上がるのは必須です。とにかく今日ロンドンに到着しなきゃいけないので430US$をソモニに両替しチケットを購入しました。ちなみに早朝過ぎてエージェントが閉まっているのでレシートがありません。これは後々困るのでメールで送って貰う事になりました。そしてイミグレまでついて来てくれそこでこの男性とお別れしましたが本当にどうもありがとう!!テンパりすぎててごめんなさい。

ボーディング時間まで少しだけ時間があったのでソファーに座っていたのですがあれ?良く考えたらモスクワ行きのチケットだけでよかったんじゃない?というのも最初に持っていた航空券はキャンセルした訳ではありません。しかも17:15発でロンドンには18:00には到着します。私の購入した航空券はモスクワを16:00頃に出てキエフで乗継をして結局ロンドン到着が22:00頃になってしまいそれからバスがあるかどうかも不明。

わ~、パニクった余り大失態です。いらない航空券を買ってしまいました。自分の中では先の航空券は終わったものでしたがそうじゃなかった。もう戻れないと言うかその航空会社はモスクワにあるだろうしモスクワでキャンセル出来るか確かめます。何という間抜け。自分のマイナスポイントです。

機内では昨日の夕方前に食べた韓国料理以降初の食事を頂きお腹は満足です。下痢は・・・現在止まっているらしい。とにかく健康第一と毎度体調を崩すごとに思います。

約4時間半程のフライトでロシアの首都、モスクワに到着。私はすぐトランジットカウンターに行き、今日のいきさつを説明し元々持っていた航空券がまだ使えるのか、そしてもしそうであれば新たに予約した方のチケットのキャンセルが出来るのかを尋ねました。返事待ちに1時間程かかるらしくその間フリー15分のインターネットを使い情報収集。

なんだか前のチケットはキャンセルされている可能性があると聞きましたが3つの内1つも乗ってないのにキャンセルって。それだったらリファウンドして欲しいのですが。納得がいきません。

結局やはりキャンセルされてしまってたそう。もしかしたら今朝トラベルエージェンシーに電話して貰った時にキャンセルされたのかも。どっちにしても一回メールを送らなくてはいけません。

新しい方のチケットでチェックインして貰いトランジット出口から出てデューティーフリーへ。ドモジェドボって初めてだけどシェレメチボより明るいしお店がたくさんあります。人も多くてイスに座れず床に座っている人もちょいちょい見かけます。

ここはドゥシャンベよりましなwi-fiがあるので今日お世話になったタジクの方にお礼のメールを送ったり航空券のレシートを送ったりと時間つぶしが出来ました。シャトルバスについても調べましたが見ると深夜までバスはあるそうなのでよかった。空港泊はしたくないしとにかくシャワーを浴びたい。もう前髪がべとついて気持ち悪い。

まずはウクライナのキエフでトランジットですがバックパックを持っているので入国するのは止め。2時間半位あっという間に過ぎるだろうしドモジェドボであのイランで購入したサワーチェリージャムを没収されたのでこれ以上何かと液体物を失いたくはありません。大人しくしているのがいいですね。ちなみにサワーチェリーのジャムはイシュカシムで開封して何度か食べているので後悔は無し。やっぱりカムランの所の手作りがおいしかった。

そしてついにロンドンへ。前回いろいろ質問されたGatwick/ガトウィック空港に到着しました。前回高齢の女性だったので今回は違う人に当たりますように!!

到着したのが遅かった為か全然込み合っておらずあっという間に自分の間に。40代前半くらいの女性が私の審査官でしたが旅について来かれたのと、往復航空券、残金は幾らかという事位でした。これは私の夢だったんだと最初の方に言ったからか終始なごやかなムードでスタンプも無事6か月分頂きました。よかったよ~、今回はダメかと思ってた。

すでに22:00なので急いでバスを捕まえなくてはいけません。丁度ヴィクトリアコーチステーション行きのA3が来たのでチケットが買えるか尋ねると少し歩いた所に券売機がありました。無事22:15ので出発です。実は遅かったので23:30のチケットでしたが空席があったので乗せて貰いました。

これで1時間ちょいで到着したのですが何とヴィンセントから貰ったマフラーを置いて来てしまった事にメトロから降り今日の宿に向け歩いている所で気が付いたのです。超間抜けすぎて言葉もありません。中央アジアでは大活躍したあのスカーフですが気に入っていたので相当ショック。明日ヴィクトリアコーチ駅に行くので聞いてみます。

<Transport>
・ドゥシャンベ→モスクワ・・・Somon air・・・430US$
 超高い!!が当日券なので仕方ありません
・モスクワ16:55発キエフ着17:35
 キエフ発20:05ロンドン21:35着・・・184.90GBP
 この他に通しで42000円位のチケットを持っていたがゴミとなる。
・ガトウィック→ヴィクトリアコーチ・・・8GBP/National Express
・ロンドンメトロ・・・オイスターカード利用
 ゾーン、時間帯によって金額が異なります

<Sleeping>
London/ロンドン
・バイト先の宿泊施設

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper