とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wakhan Corridor/ワーハンコリドル

2013/10/13

 昨日は夕方以降の移動だったのでビビファティマの景色を見れませんでしたが朝は特に砂埃が少なく美しい。体調は気持ち戻ったような気もしますが昨日食べすぎたせいか胃もたれがあります。

朝


朝食を7:00頃に頂いて出発したのは9:00前位。温泉はビビファティマから丘を登った所にあります。小さなホテルが周辺に何軒かあり少なからず観光客が居る事を知らされました。

入湯料は10Sで中は広くないのですが温泉水が滝の様に流れていて肩に当てるとだいぶ楽になります。他の客がちょこちょこいましたが中でシャンプーを普通に使っているのであえて座らず立ったまま温泉を楽しみました。ビビファティマではシャンプー禁止と聞いていたのですが地元民は少なくとも使っているという事です。

30分程楽しんでから出たのですが身体ぽかぽか。芯から温まる事って最近無かったので嬉しすぎる。これでUKまでの1週間頑張れるぞ!!

温泉を出てからヤムチュンフォートレスで写真を取りランガルに向かってひた走ります。昨日の車と違い時には時速70kmで走れたので申し訳ないけど結果的には車がパンクしてくれてよかったのかも。そうじゃないと3倍位の時間はかかってました。

ヤムチュンフォート
ヤムチュンフォート

景色はそれはもう美しいとしか言えず「ハラショー、クラシーバ」の連続。時にはアフガンランドが100m程まで近づく等見ていて飽きません。雪山もチラホラ見えるのですが日陽しが出ていると暑い位です。道中日本のODAで建てられた建物があったりと意外な場所でタジクとの国交も発見。

道中
道中

美しい
美しい

Vrang
Vrang村

村の女の子
Vrang村の女の子

その2

その3

その4

ランガルに到着したのは12:00頃でそれからアリショーが連絡を入れておいてくれたドライバーさんのお家へ行きました。ここでお昼御飯も食べれるそう。残念ながら肉の品3種で途中お腹のキュルキュル~が再開し現地のナチュラルの漢方を半無理やり飲まされる羽目に(笑)木の屑みたくて飲みにくい。

そして肝心なゾルクルまでの移動費ですが約230km(往復)で1Km辺り0.75US$支払わなければならずおおよそ172US$となりましたが1人で行ってその金額なので問題ありません。とにかくここまで来たのだから見ておきたい。次にタジクに来る日がいつかだなんて判らないし。

食後はショウコちゃん達とお別れです。この出会って数日間でどれだけ皆に助けられたことか!!ショウコちゃんには正露丸糖衣A、ホッカイロ、肩カイロ、ラ王、味噌汁を頂きヨンさんには湯たんぽを作ってもらいました。そしてランガルまで車のチャーターをシェアしてくれたのは超助かります。お金だけの問題では無くこの体調でこの地域を1人で旅を続けるのはなかなかしんどいのですが励みになりました。皆、よい旅を!!

食中から下痢が再開したので暫く休憩してから村の散策へ出かけましたが至る所で「トゥリースト、トゥリースト」と声がかかり子供からは写真を撮って欲しいと声がかかります。皆純粋でいいなぁ。揶揄する事を言われずに散策出来るってなかなか少ない貴重な事なので逆に不思議な感じがします。

それにしても景色がすばらしすぎる!!村の外れで私のお世話になっているお家のお嫁さんと会い一緒に戻ってきました。なんとこのお嫁さん、タジクドレスを来ているので気が付かなかったのですが妊娠8か月だった!!それでも家畜の世話にお家の事全て任されている様子だったので大変そうです。

散歩

ランガル

そして後にホストから年、結婚しているのか聞かれつい「してない」と答えてしまい、齢は幾つだとその後聞かれ「32」とは言いにくい。笑われたので変なプライドから「彼氏はいる」と言ってしまいました(笑)タジクでは20歳前後で結婚してしまうので私の年齢で独身は何か問題があるとしか思われません。いや、実際に私に問題があるのかもしれないけど(笑)次からは結婚していて子供はまだ居ないと言おうっと。

ホームステイ
ホームステイ

ここは標高2800m程なので暗くなると一気に寒くなります。そしてこのお家はムルガーブ時間(ドゥシャンベより1時間早い)の19:00にならないと電気が付かないので暗い。これが村の生活ではあると解っていますが実際に生活となるとかなりの苦労があるでしょう。これから寒くなって来るし。旅行では訪れる事が出来ても生活するなら都会と思ってしまうのが本音です。

明日は待ちに待ったゾルクル。数日前まで政府の指令で旅行者にはゾルクルは閉ざされていたそうなのですがツーリストインフォメーションセンターのスタッフによればすでに開いているそう。なかなか行けない場所なので超楽しみです。

<Transport>
ビビファティマ→ランガル・・・4WDチャーター
ビビファティマ⇔ランガル間、その後ホーログまでで計1200S
私は1部区間だけシェアさせてもらいました。

<Sleep>
Langar/ランガル
・ドライバーのお宅でホームステイ・・・朝・夕食付で10US$

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。