とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルクメニスタンビザ受取り

2013/9/25

 警察の検問が3回あったのですが最後のは、なかなかパスポートを返して貰えません。デイパックの荷物チェックがあると思い開くと必要無いと言われたのにまだ返って来ない。そしてザヘダーンから来たのか?とかパキスタンから来たのか?何の為に来たのかと途中少し英語の話せる人が訳してくれたので答える事が出来ましたがどうやらスパイかテロとでも思っているのか私達のパスポートを手から離しません。その内ビザの右上のピンク色の部分を指で摩擦し始めます。すると色が薄くなりその後また元の色に戻りました。偽造ビザか確認されたようです。ってかそんな機能がビザにあるなんて知らなかった!!

その内バックパックの荷物チェックをすると言われ全て中身を出させられチャージャーを怪しむ老女。いやいや、ただのチャージャーだって。もちろん怪しい物が出る訳も無く適当に荷物を詰め外に出るとドライバーが私達の全ての荷物をバス内からかき集め持って来たのです。いやいや、ここで降ろされても。マシュハドまでのバス代出してください。それもそのはず30分近く私達の為だけに待たされているので気持ちは解らなくない。だけどこっちも急いでマシュハドに行かなければいけないので降りたくはない。パスポートを持っている男性にパスポートを返すよう強く言うと諦めたのか返してくれました。何を勘違いしたのか知りませんがこっちはただのツーリストだよ!!

そしてついにイランでは最後の町となるMashhad/マシュハドにやってきました。ここはシーア派最大の聖地でありイマーム・レザーの聖廟があります。この為にこのチャドルを購入したようなものなので期待値大。ですがまずはそれよりも何と言ってもトルクメニスタンビザの受け取りを済ませなければいけません。中央アジアの北朝鮮と呼ばれるトルクメニスタンビザ、果たして無事に取得出来るのでしょうか?

バスターミナルに到着したのが10:00過ぎだったのでとりあえずタクシーで今日の宿まで移動しました。時期が時期だっただけに空室があるか心配でしたが何と今日2人がチェックアウトしたら空になる所だったらしい。

メトロイマム・ホメニからVali'sの場所
メトロイマム・ホメニからVali'sの場所

チェックインをさせて貰いどこでコピーが出来るか等聞いてから出発です。というのも通過先のビザのコピーが受け取り時にも必要とバスの中で気が付きました。今度はカラーコピーで無くていいらしいのでそれだけが救い。コピーしてすぐそのままトルクメニスタン大使館へ直行しました。時間は11:00位だったので余裕でしょう。

「ズドラーストヴィチェ」と挨拶してビザ受取りの旨を伝えると待つように言われその後申請用紙を書くよう言われます。テヘランで記入した物とは若干違う用紙ですが書く事は大体同じだったので特に問題なく提出。同時にパスポート、パスポートコピー、写真1枚、55US$(エクスプレス)を提出し暫く待つと出来上がり!!初のトルクメニスタンビザゲットです。おそらくもう二度と来ないであろう国のビザなのでアフガンビザ同様に嬉しい!!「スパシーバ、ダスビダーニヤ」と大きな声で言い大使館を後にしました。

せっかく同じ並びに居るのだからついでにアフガニスタン領事館にも顔を出したのですが日本人には出せないと即答。はい、解ってましたけどそんなにあっさりとは。テヘランでは聞いてないので判りませんが中国人には取得出来る事は確実です。

昼食を食べてから両替屋に行ったのですが超レートが悪くなってる。テヘランでは1ユーロを4200トマムで替えたのですがここでは3950トマム!!悪い、悪すぎるよ。後でスコットランドから来ている旅人と話したのですが現在イランの大統領が談話の為にアメリカに行っているのでもしかしたらその影響もあるのかもと。首都のレートがいいのは当たり前ですがちょっとそれにしてもレートが悪いのであえて両替せずに宿に戻りました。

ただここのオーナー、ヴァリに尋ねるとイランのレートは上がったり下がったりそんなもんだというし、どっちにしろユウコちゃんに借金している状態なので同じレートでヴァリに両替して貰い一時的にシャーになった気分。

ただ今日は怠くて疲れているので出かける気にならずダラダラとネットを使っていたのですが後でチェックインしてきた中国人としゃべっていると後から夜の聖廟に出かけると言うので一緒に着いて行く事にしました。メイン通りを北に行くNo86のバスが聖廟近くまで行くので200トマム/2000リアルで乗車、下車後5分程歩けば到着です。

すでに21:00近いと言うのにたくさんの礼拝客で一杯です。ボディーチェックを受けその後入場できるのですが中庭が何ヶ所もあり確実に迷いそう。ゴムにある妹さんの聖廟も大きくて驚いたのですがそれよりももっとはるかに大きい。リー君に案内して貰いレザーの棺へ続く入口から入場し、その後待ち合わせをする事になりました。幾ら夜といえどもさすがにレザーの棺の周辺には人だらけ。ゴムの時以上に押し合いになりなかなか辿り着けません。だけどアドニス、モエデ、イブから頼まれていた事をレザーに伝えなければいけないので足や手をどうにか人の間に差し込み無理やり突っ込んでいきます。これは確実にトマティーナ以上!!ひょえ~、せんべいになるわ。

人がいっぱい

やっとの事でタッチ出来たので3人人分の思いを伝えたのですがすっかり私自身の事を言うのを忘れてた。まぁいっか(笑)とりあえずこれ以上はこの渦中に居たくないので来た道を戻ろうとしたのですが押し寄せる波に逆らうのは至難の業。やっとの事で出た時にはチャドルから私の頭が完全に出ていました。恐ろしい。

その後リー君を待っていたのですが30分程待っても姿が見えません。結局は偶然にも会えたのですが待ち合わせ場所が間違っていたらしい(笑)同性同士で行く分には問題ありませんが異性だと入口が違うのでその分再会するのは難しそうです。

美しい
美しい

帰る際にはすでにバスは無くタクシーで戻ったのですが1台3000トマム/30000リアルで現地の人が話をつけてくれたので助かりました。素敵なライトアップを今日見れたので明日は昼間の霊廟を訪れます。

<トルクメニスタンビザ受取り>
営業時間:8:30~12:00
営業曜日:月~木、土
必要な物:申請用紙(大使館で貰えます)、パスポート、
55US$(エクスプレス)、写真1枚、トランジット先のビザコピー
住所:Baydane Shahiden Kucheye Konsulgari 34 Mashhad
アフガニスタン領事館と同じ通り

<Transport>
・バスターミナル→Vali's Non-smoking homestay・・・タクシー
 3000トマム/30000リアル
・マシュハド市内バス・・・200トマム/2000リアル
・イマーム・レザーの聖廟→Vali's・・・タクシー/3000トマム

<Sights>
・イマーム・レザーの聖廟/無料

<Sleeping>
Mashhad/マシュハド
・Vali's non-smoking homestay・・・18000トマム/180000リアル
 Add:mashhad-between Chaharrahe Lashkar and Ostandari
 Malakoshoaraye Bahar 38、No,277
 P:0511-8516980/09151001324
 wi-fi有料3000トマム/30000リアル
 朝食3000トマム、夕食9500リアル
 E-mail:vali32@imamreza.net
 www.valishomestay.com

ホステルの場所
ホステルの名刺

これのペルシャ語の所を見せれば現地の人は理解してくれるはず。

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。