とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Shiraz/シーラーズとPersepolis/ペルセポリス

2013/9/11

 昨日30分違いのバスに乗ったはずなのに私達が空港に到着した時にヨウ君を発見してしまいました。やはりバス出発が遅れに遅れたせい??どっちにしても行き先の宿は同じなので明るくなるまでテヘラン行きのバスチケットを購入するなりして待ち時間つぶし。

ちなみに初のVIPバスの予約をしましたが39000トマム/390000リアルなのでほぼ10ユーロ。まぁ13時間乗ってこの価格は安いです。イランの物価に馴染むと高く感じるのですが長時間乗るバスは乗り心地が重要です。ちなみに今まではVIPという名前の普通の価格の普通のバスでしたが今回は最初から狙ってVIPを取り扱っているRoyal safari社に行きました。ちょっとスタッフの対応が悪かったのでやめようかとも思いましたがとりあえず試してみます。話によると3列シートらしいし足もちゃんと上がるらしいので快適に違いない。物価の安い国最高です。

とりあえず明るくなったのでタクシースタンドで料金を支払いホテルまで5000トマム/50000リアルで連れて行って貰いました。3人だと全て割れるのが助かります。これもまぁ明日までだけどね。

宿で尋ねると3人部屋が12:00に空くそうなのでそれまで待つように言われました。まだ7:30位だったので、噂に聞いていたステンドグラスの美しいモスクへ行って来る事にし荷物を預け歩き始めます。

どれくらい歩いたか忘れましたが後ろから名前を呼ばれたので振り返るとミッツが誰かと話をしています。よく見るとタブリーズでイラン人に助けてもらって一緒に行動をしていた学生君じゃないですか。まさかテヘランやシーラーズで会わずしてここで会うとは思いもしませんでした。彼も同じモスクに行くと言うので4人で一緒に目指します。

ガイドブックには7:30からと書いてありましたが実際には8:00頃に開きます。というか現地の人にゴンゴン扉を叩いてもらい若干早く入れたと言った方が正しいかな。入場料を支払いマスジェデ・ナスィーロル・モスクに入場。早速西側のステンドグラスのある礼拝堂へ行きましたがまだちょっと早くて日が上がりいい感じに光が差し込むまで写真を撮りながら待ちました。

美しい

全員で

結局1時間程この礼拝堂に居たせいか途中何をしているのか入口のおじさんが覗きに来たくらい。とにかく写真を撮りまくりました。白のシャツを着ていたヨウ君が目立つと思っていたら黒のチャドールを来ていた私も何気に目立ちます。ここに来たらシーラーズの観光は満足という位私にとっては充実した時間でした。

虹色
虹色

遊びます
遊びます

ここを出てからバザールを通り一旦宿に戻りチェックイン。その際にPersepolis/ペルセポリス行きのタクシーツアーのオファーがあったのですが90000トマム/900000リアルの所を80000トマム/800000リアルにディスカウントしてくれるそう。夕日もいいらしいのでそれに間に合うように15:30出発という事にしてそれまで眠る事にしました。皆夜行バスで疲れていたのでぐっすり3時間熟睡です。

15:30から出発したのですが私達のドライバーはロンプラで紹介もされた事のある名物ドライバー、Morteza氏。彼は英語が堪能なのでコミュニケーションが簡単に取れるので助かります。イランでは簡単な英単語を知っている人は多いけどHow are you?以降はなかなか続かないのが現状なのでその中で彼の様な存在は貴重です。

まずはナグジェ・ロスタムという王の墓群に行ったのですがまだ陽射しが強く暑い暑い。昼食を食べてなかったせいか気分が悪くなってきました。とても規模は小さいので休憩しながら見て周っても20分が限界です。

墓のレリーフ
墓のレリーフ

その後ペルセポリス近くでチャイ休憩を頂きその後ついに遺跡へ。とってもたくさん車が停まっていて観光客だらけです。夕日前に丘に登るように計算しながら百柱の間やレリーフが残っている所見の間を見て周りましたが想像以上に素晴らしい。他の旅行者からは大したことないと言われていたので全くもって期待してなかったのですがそれが功を奏したのかレリーフがしっかり残っていたし丘からの景色もまぁまぁ楽しめたので悪くないと言うのが正直な感想。そりゃペトラに比べると規模は小さいですけどね、比較でしてはいけません。

綺麗に残っています
綺麗に残っています

ペルセポリス
ペルセポリス

夕日
夕日

夕日を見てから戻ったのですが途中でコーラン門のライトアップが見えたので停まってもらいました。ここではたくさんの地元民がカーペット、チャイセット、人によってはガスコンロまで持ってきていてピクニックしています。イランではよく見る光景の1つです。外で聞く声とは違い平和そのもの、戦争が始まるかもと言われていた国とは想像がつきません。

コーラン門
コーラン門

最後に宿近い食堂に連れて行って貰ったのですが、9000トマム/90000リアルでおいしいケバブが食べれます。食前まで気分悪かったのですがただの空腹だったらしい。それにしてももうケバブには飽きました。

<Transfer>
・バスターミナル→ホテル・・・Taxi/5000トマム/50000リアル
 タクシーチケットを購入しなくてはいけないので適正価格
・ペルセポリスとナグジェ・ロスタムへは80000トマム/800000リアルで
 タクシー貸切。全ての工程で6時間。チャイ休憩込み。

<Sights>
・マスジェデ・ナスィーロル・モスク/10000トマム/100000リアル
・ペルセポリス/15000トマム/150000リアル
・ナグジェ・ロスタム/10000トマム/100000リアル

<Sleeping>
Shiraz/シーラーズ
・Anvari Hotel・・・トリプル55000トマム/550000リアル
 Add:Khiyaban-e Anvari
 p:2337591
 wi-fiあるもとても遅いし2000トマム/20000リアル
 朝食は4000トマム/40000リアル

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。