とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決断

2013/9/10

 実は昨日寝る前にミッツと話していたのですがエスファハーンにこれ以上居てもそう大して面白そうじゃない。来る前にハードルを上げてしまった分そんなに感動が無かったのです。それだったらシーラーズに行った方が楽しいのでは?という結論になり結局チェックアウト後にバスターミナルでチケットの日付変更をする事になりました。

すでに2泊分を収めていたのですが1泊分返金して貰います。チェックアウト前にイタリア人のミケランジェロと話をしていたのですがこの後はアフガンに行くと興奮して話していました。イタリアでは宿の予約があれば簡単にビザが取れるそう。いいなぁ。イランとアフガンの情報を交換し念の為にと連絡先も交換しました。今後ヤズドやケルマーンに私より先に行くので情報を頂く事になりそうです。

さて、荷物を宿に置かせてもらいバスターミナルへ向かいました。日付変更はあっさりと終了したのでバスで今度は町の南にある橋へ向かうつもりだったのですが何と予想外のルートを取られどんどん市内から外れて行きます。結局ドライバーに中心地へ行くバス乗り場の近くで降ろしてもらいようやく橋まで辿りつきました。

ただ橋は美しいかもしれませんが全く水が無い。干上がっていて土にひびが入っています。半分ほど歩いて暑かったのでまた戻ってきましたが昔は橋で物売りがせっせと商売をしていたんじゃないかとうかがえるような狭い空間が幾つも作られていました。とにかく思うのはイランは涼しい時期に来た方が絶対に楽しめそう。暑いと頭が痛くなってくるし長時間歩けません。

水が枯れている10
水が枯れている

ここからバスでイマーム・フセイン広場に戻りそこから歩いてイマーム広場へ。ちょっとしか歩いてないのに疲れて結局昨日行ったチャイハネでお茶をする事にしました。今日はシーシャ無しです(笑)ここに来る時にちょっと道を聞いたお店の店主がとっても感じがよかったのでチャイ後にそのお店に行く事にしました。そこは様々なサイズのランチョンマットのような物が売っていて小さいものは何と1枚1ユーロと破格の値段。しかもコットンだしお買い得です。これ以上荷物を増やしたく無かったのですが、結局小さい物から中くらいまで合わせて6枚買ってしまいました。大きいのは8ユーロ位ですが日本で買えば倍以上に高いのでやはりお買い得。そもそも柄が気に入ったので言う事無し。がんばって持ち運びます。そういえばトーゴから送ったモロッコのカーペットやUKから送ったアフリカのエボニーの置物は関税で引っかからずに送れたのだろうか?今はそれだけがただただ心配です。

休憩後はバザールを北に進むと終着地点にあるマスジャテ・ジャーメに行ってきました。ここは中心の広場を囲うように4面の建物があるのですがそれぞれ建てられた歴史が違うらしい。美しいタイルに毎度感心させられます。職員がペルシャ語でですが戦争で少し破壊された等身振り手振りで説明してくれました。現地人が中央のプレイマットであおむけになっているのが気持ちよさそう。私もしたかったけどさすがに罰当たりかな?と思い断念しました。

タイルが美しい

マスジェデ・ジャーメ

内部

宿に戻ると観光から戻って来たヨウ君と鉢合わせ。一緒にバスターミナルまで行く事になりました。20:00頃に出たのですが帰宅ラッシュらしくどのバスも一杯。一時はタクシーで行く事も考えましたがその内ぎりぎり入れるスペースのあるバスがやってきたので飛び乗りました。1駅1駅と次々に人が降りて行くので比較的すぐにスペースが空いたのでホッ。

ヨウ君とは30分違いのバスで私達の方が先に乗るので見送ってもらいましたがなかなか出発しません。もしかしたら私達の方が後に到着する事になるのかも(笑)

<Sights>
・マスジャデ・ジャーメ/10000トマム/100000リアル

<Transport>
・Esfahan/エスファハーン市内バス・・・400トマム/4000リアル

<Sleeping>
Esfahan/エスファハーン
・Amir Kabir hostel・・・ツイン50000トマム/500000リアル
 Add:Khiyaban-e chahar-Bagh-e Pain
 P:0311-2227273
 e-mail:mrziaee@hotmail.com
 wi-fiあるけど遅い、ホットシャワーは温い
 素敵なテラスがある。気持ち朝食付き。
 イマーム・フセイン広場へ行くバスが宿の前で停まる

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。