とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イランビザ申請&受取り

2013/9/2

さすがに大使館へ行く日なので目覚ましをかけておきました。9:00に到着するように宿を出て中心広場から坂を登り左手にあるイラン大使館へ。私達が最初でその後はカナダに住む中国人のおじさんとフランス人と別の中国人のお兄さんもやって来ました。

9:00になったのでチャイムを押したのですが「ビザ、ノー」と最初に一言。ぇえ??もしかして選挙後まだビザ取れないの??そう不安に思ったのですが11:00に来てとの事でした。なんだ、大使がまだ来ていないのね(笑)

待っている間にチェッククアウトをして荷物を預けておきます。時間になり戻ると今度は室内に招かれ1人ずつ申請用紙を手渡されました。

空白を全て埋めパスポート、スカーフを巻いた写真2枚を合わせて提出します。すると次には指紋採取のお時間。ベターっとインクを付け1本ずつ紙に押して行きます。終わるとちゃんとウエットティッシュも頂けるのですがフランス人のお兄さんだけインクをつけ過ぎたのかとても濃い色が残っていました。

暫く待たされた後に銀行と振込先の書かれた紙を渡され17:00に戻って来るように言われたので、おそらくビザは取れるはず。ですが一緒に居たカナダ籍のおじさんはビザが取れないとあっさり断られていました。あんなに嬉しそうに話していたのに・・・。アメリカ、カナダは特に厳しいのが現状です。もちろんイスラエルはもっての他ですが。

振り込み先の銀行はマックとバーガーキングの間の道を公園側から入り暫く歩くと右手に青い看板に白字で銀行名Turkiye Bankasiと書かれています。ちなみにドルの様なマークも書かれているので解り易いかも。ちなみに整理券を取って待つだけですがゆうに30分以上は待たされました。

ちなみに日本人は60ユーロですがニュージーランド人は120ユーロ、ヨーロピアンは75ユーロが相場。中国人もしかり。ですが韓国人は45ユーロと外交面で他の国より繋がりが強い事が伺えます。

さてさて、振込も終わった事だしイランへの国境の近くの町Dugubayazit/ドゥーバジヤットへ行く今晩の夜行バスのチケットを取りにオトガルへ。どうやらIgdirli-Turism社しか扱ってないようですが今日も明日も満席らしい。これは作戦を考えねば!!こっちがダメならVan/ワン経由で列車でイラン入りするか・・・。ただワン行きも本日はどこの会社も満席で結局エルズルムまで行きそこからドゥーバヤジットに行くように言われました。だけど直で行くと50~60LT程なのにその半分の距離で40LTと言われたので納得がいかない。足元見られてるのかなぁ。

そこを断り他のバス会社で聞くと30LTとの事で話を進めていたのですがエルズルムから深夜に出発するドゥーバジヤット行きの便が無いらしい。よってここに来ずに40LTで先のバス会社に決めていたらエルズルムのバスターミナルで朝まで待たなければいけない所でした。危ない危ない。

その内さっきの40LTと言ったバス会社のお兄さんがやって来て直で行けるバスに空きが出た事を教えてくれました。半信半疑でついて行くと60LTでちゃんと席がありました。ねばっててよかった~。これでトラブゾンを出る事が出来ます。

チケットも無事手に入ったし次はビザ受取り。17:00を過ぎてから全員が通されパスポートを返されました。申請日から2か月の内1か月間滞在可能なシングルビザゲットです。東からだったら難しいのにここだったらこんなに簡単なのね。

イランビザ
イランビザ

ビザを取ったその足で公園沿いにあるケバブ屋さんで豪勢に14LTもするラムのケバブを注文。LTが余りそうなので贅沢しました。ここのアイラン(ヨーグルトドリンク)は泡でブクブクで面白い。昨日行った魚を食べたレストランの横の店なのですが昨日隣に座った客が飲んでいてとても気になっていたのです。実を言えばケバブよりもこのアイラン1.5LTが飲みたくてケバブを注文したようなもの。パックに入っているやつより断然おいしい!!

高いケバブ
高いケバブ

アイランの泡メーカー
アイランの泡メーカー

泡アイラン
泡アイラン

食後、荷物を取りに行きオトガルへ直行。バスは若干遅れましたが無事乗れたので文句はありません。それどころかwi-fiもあるし水は飲み放題(トイレは無いけど)、香水サービスにジュース・コーヒーのサーブまであり満足です。快適快適。

<イランビザ情報>
・必要書類
 パスポート、スカーフを着けてる写真2枚、60ユーロ
 中心地のKodakは4枚で12.5LTと高いが大使館近くより安い様子。
 申請用紙は大使館で記入
・月~金9:00~12:00の間に申請、当日午後受け取り可
 大使館はメイデン公園からドルムシュ乗り場を通り過ぎ坂を上ると左手。
・指定された銀行での振込みし大使館へ戻ると受取り時間を指定される。

<Transport>
・Trabzon→Dogubayazit/ドゥーバヤジット・・・60LT
 Igdirli-Turism社のバス。wi-fi、他サービスあり
 19:30発、翌5:00着

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。