とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

St.Emilion/セント・エミリオン

2013/8/15

 ホスト曰くボルドーの街自体はつまらないと何度も言うのでお勧めする赤ワインの聖地であるSt.Emilion/セント・エミリオンに行ってきます。ダニエルが持っていたタイムテーブルを下にトラムに乗りSt.Jean駅に行ったのですが、何とすでにタイムテーブルの変更があったようで約2時間待たなければいけないらしい。なのでその間街の案内を少ししてもらい、また新たなSIMカードを購入しました。

ボルドー
ボルドー

前回オレンジのSIMカードを持っていましたが空港で試したらすでに使えなくなっていたのです。これからカウチサーフィンを3連続で利用するしブラブラカーも利用しなければならないのでフレンチナンバーのSIMがやはり必要。

街をブラブラして駅に行き列車に乗りましたがまだ昼なのにすでに疲れたのか到着まで熟睡でした。天気が良いとやはり疲れやすいですね。セントエミリオンの駅に着きましたがまず向かったのは村では無くシャトーの方。何故ならここにはダニエルが手伝っているワイナリーがあるからです。

Crisse du casse
Crisse du casse

こちらでは旦那さんが元々はじめられたそうですが数年前に亡くなってから奥さんが後を取り仕切っているそう。お家で暫く談話した後ダニエルにワイナリー内を説明付きで案内してもらい更にはテイスティングまでさせて貰いました。私には少し強い味だったので購入はしなかったのですがやはり現地で購入するとそれなりにいいワインが5~10ユーロで購入出来るのが嬉しい所です。それだけ皆手頃に飲んでるという事なのでしょう。私の今までのフランス人カウチサーフィンのホストは毎晩グラス1杯は飲んでいました。ちなみにテイスティング用に開けたワインを持ち帰ってもいいと嬉しいお言葉が。どうもありがとうございます。

奥様と
奥様と

ワイナリーを出てからセント・エミリオンの中心地に向かい坂道を上っていきます。強い日差しで汗だくだくになりながらどうにか2km先の村に到着しました。とにかく観光客、そしてワインショップだらけ。もちろん教会だの何だの古い建物が立ち並んでいますが何と行ってもここから見える素朴な田舎の風景が美しい。青空に葡萄の木、古い建物に美味しい空気。ダニエルの行っていたボルドー以上の場所という理由が分かった気がします。

machinami

私達はワインを購入しなかったのですがそれでも十分楽しむ事が出来たと思います。ただこの気候で水分をあまり摂ってなかった為か若干頭痛が。お家に戻りとにかく水分を摂れるだけ摂って数時間して頭痛が消えました。

セント・エミリオン
セント・エミリオン

今日はレストランに行こうという話になり私の手持ちのキャッシュが無いのでATMに寄って貰ったのですがプラスマークのある所で何故か下ろせない。結局5~6カ所周ったのですが現金を引き出せませんでした。HSBCに続いてクレジットカードまで??結局レストランでホストに支払ってもらったのですがとりあえず明日クレジットカード会社に電話しないとまずい状況です。

<Transport>
・Bordeaux⇔St.Emilion/セント・エミリオン・・・列車/各9ユーロ
 約50分。1~2時間おきにある。

<Sleeping>
Bordeaux/ボルドー
・カウチサーフィン利用
 Danielのお家にホームステイ

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper