とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

wi-fi三昧

2013/8/13

 たまには何もしたくない。そんな日があります。明日からはずっと人と一緒なので十分にリラックスは出来ないはず。なので今日は何もしない。と言ってもしなくてはいけない事はしっかりあるのです。

まずはポストカードをスペインの分と合わせて送る事。そしてwi-fiのあるカフェでまったりネットをする事。後はイワシの缶を買って荷物をパッキングする事。そんなもんかな。

オーナーにポストオフィスの場所を聞いたのですが見つからず人に尋ねると丁度目の前にありました。名前がポストとかポスタじゃないんですね、ポルトガル語だと。長い名前でさっぱり郵便局とわかるものではありません。丁度尋ねた女性が英語を話せたので切手を買うのを手伝って貰い無事に仕事を1つ終えました。

そして次はネットカフェ。実は宿のネット環境が悪く遅いし繋がらない事もしばしば。これからカウチサーフィンを使う身としてはネットが使えないのは非常にまずい。ブラブラカーでボルドーから南下する車を見つけたいのもあり結構忙しく数時間が過ぎて行きました。ちなみにコーヒー2杯にタルト2個を購入。もうちょっと長くいるプランにすればよかったな。明日からは全てが高いフランスです。全ての場所においてホストが見つかったのが幸いですが移動費も高いのでそれが心配。フランス人の友人達が日本の方が高いでしょ?と毎度言いますがまずは食に関しては間違いなく日本の方が安い。というか安い物を選べれると言った方が正しいかな。旅で知り合った友人たちが何人か日本に来るらしいのでそらみたかと言いたい。その時まで円安だったらの話だけどね。

そうそう、ネットが終わりサーディーンの買い物も済まし宿に戻ったら出かける前にベランダに干しておいた洗濯物がベッドの上に置かれていました。後で宿のおばちゃんが来てポルトガル語でここはホステルだから洗濯物干しちゃだめよ的な事を注意されましがじゃあどこだったら干していいの?ゲストハウス?私が思うには洗濯サービスを持っていないのであればせめて中庭とかに干すスペースを作るのが旅行者の事を考えた心地良いサービスだと思うのですが。短期旅行者ばかりが宿泊客では無いという事を理解して欲しい。やはり元旅人がゲストハウスを経営している所の方が居心地が良いと感じるのは何が私達に必要か解っているからなんだな。そう考えるとどこかで居心地の良い宿を作るのもいいのかもしれないという発想が思い浮かんだりします。日本に戻ったら何しよう。

<Sleeping>
Porto/ポルト
・Myosotis Oporto Hostel・・・4人ドミ10ユーロ
 Add:690 Rua de Costa Cabral Porto
 p:+35 1965119979
 家族経営でとても親切。wi-fiコネクション悪いがホステルすぐ近くに
 wi-fiの使えるカフェあり
 キッチンあり

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。