とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

皆でお出かけ

2013/8/11

 今日はカフェで一日wi-fi三昧の予定にしていたのですが同じ部屋のフランス人の女の子達に誘われたので一緒に観光に出かける事になりました。この子達は何とリヨンから来ているのです。少し前にリヨンに居た事を伝えると驚いていました。私は個人的にリヨンは好きなのですが彼女たちはやはりパリが好きだそう。まぁ私は旅行者だし都会は飽きたと言うのもあるわけだけど。住むならやっぱり都会の方が便利なのかな。

3人で向かったのは実は昨日行きそびれたスタチューのあるリスボンの南西部分のBelinと呼ばれる場所。世界遺産のモナストリーがあるし海に浮かぶ砦もあるらしい。先にモナストリーに行ったのですが横に教会がある結構大きな建物。教会、モナストリー、そして美術館が同じ建物内に入っています。美術館には入らなかったのですがモナストリーは結構あっさりしていて7ユーロという価格の割にあってないように感じてしまいました。

モナストリー内
モナストリー内

そして有名なスタチューと一緒に写真を撮り昼食を食べたのですがなんとすでに15:00を過ぎていました。そういえば宿を出たのって12:00過ぎだったな。私はロックバスのグリルを注文したのですがすでに売り切れていたのでサーモンのグリルジュリーは鱈料理、エレンはイカ料理を注文。さらに3人で白ワインのジャーも頼んだのですが何とスパークリングワイン。おかげで酔いが回るのが早くセーブしながら味わいました。

皆で

食後は海に浮かぶ砦に向かったのですがここも有料。そこまでしてどうしても入りたいわけではないので止めて外から眺めるだけにしました。ここの正面はビーチでは無く階段になっていて私は足だけ海に浸かりましたが結構冷たい。暫く海で遊んでからリスボンに戻りました。

砦


夜には何とエレンとジュリーが夕食を作ってくれ3人でたくさんいお話ししました。エレンは今後海外進出したいそうでジュリーはこのままフランスで生活したいらしい。ついつい若いっていいなぁと思っちゃう自分が居ました。可能性の意味でね。

そうそう、そしてやはりいつも尋ねるのですが彼女達はやはり日焼けしたいらしい。日本人とは逆な思考でどんどん焼けてそばかす、しわが出来ても平気だと笑っていました。ヨーロッパの日焼け止めは白さを維持させる成分は入ってないのが殆どなので黒くなりたくないのであれば日本でクリームを十分な量買っていく事をお勧めします。私はアフリカの時点ですでにヨーロッパ仕様のものを使っているのでいい感じで焼けていますが日本に寒い時期に戻ると違和感がありそうで怖い。

<Sights>
・Monastery・・・7ユーロ、学割なし、ユースカード保持者のみ可

<Sleeping>
Lisbon/リスボン
・Chillout hostel・・・8人ドミ12ユーロ
 8 Rua Nogueira e Sousa,Lisbon
 wi-fi、キッチンあり、朝食無料

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper