とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

猛暑のSeville/セビリア

2013/8/7

 18:00で38℃の暑さって・・・。はい、それが夏のセビリアです。日記を書く前にまずはそれだけ伝えておきたかったのです。多分何回か書いたかもしれませんが旅って簡単に出来る事ではありません。気候を考えながらだったら別かもしれませんがそれにしても毎日の様に次の町の事を調べ、知らない町を歩く。そして言語が通じない場合もあるし危険な場合もある。じゃあ行かなきゃいいじゃんという話ですが、それでももう旅の終わりなので続けます。でもアメリカ大陸には行けないので中途半端なのですが。

マラガからのバスは昼前に到着、そこから宿の情報を見ながらバスに乗り歩いたのですがさっぱりわからない。説明の英語自体微妙でしかも迷路のような街並み。10人位に尋ねてようやく到着しました。どこかの国の様に皆適当な事を言わず正確に教えてくれるのが助かります。それにしても幾ら地元民だといっても良く知っているねと思う位の入り組んだ道。

でもどうにか到着しチェックイン。今日会う予定のカウチサーフィンからのPacoに連絡を取ったのですが仕事の都合もあるのか21:00の待ち合わせにしようと返事が返ってきました。普通だったらえ?という時間なのですがスペインでは21:00からが夕食の時間なのです。普通に19:00にレストランに行っても閉まっているパターンもあるので注意が必要です。でも観光地だったら開いてそうだけどね。

待ち合わせ時間までとりあえず観光に出たのですが暑い!!今までも暑かったけど暑いとしか言いようの無い気温。出来るだけ日陰を歩くようにしているのですがそれでも汗だく。毎日レモンのアイスクリームで身体を癒しています。

まず向かったのは一番の観光地であるセビリア大聖堂。バイト先のボスがここを何度も押していたので入っておくことにします。入場料は8ユーロですが塔への入場料も含まれるので結構お手頃に感じます。UKだったらきっと16ポンドとかだし、そう考えたら安いもんです。

到着
到着

入口が若干美術館の様になっていてそこを過ぎると本堂に出ます。本堂はとにかく広い!!礼拝堂がたくさん!!ステンドグラスも美しい。日本人のグループツアー客が丁度やって来たので説明を一緒にふんふん聞きその後暫くイスに座り休憩。宿からここまで20分位なのですがすでに体力はかなり奪われています。

ちなみにこの辺りもイスラム教徒に支配されていた過去があるのでこの大聖堂にしてもアルカサルにしてもイスラムとカトリックの融合が見られます。

美しいステンドグラス
美しいステンドグラス

多少元気になった所で今度は塔に上りました。ちなみにこの塔はモスクだった時のミナレットパーツらしい。坂を突き当たる度、番号が振ってありそれが35になった時点で到着です。ここからは景色が見渡せるのでいいビューポイントです。ただ人がうじゃうじゃで場所確保がやっとです。ですけど他の町と比べるとそこまで美しい町並みとは思えず。バルトとかドイツ、チェコとかもっと美しかった気がする。

そこまでかな
そこまでかな

ここを出てからどうしようか宿に戻ろうか悩んだのですがせっかくここまで歩いてきたのだからもう少し先に行ってスペイン広場まで行って見る事にしました。ここで宿に戻るともう行く事は無さそうだし。

出来る限り日陰を歩いていてそこで発見したのが今日の出だしの38℃と示している温度計!!時間はすでに18:00なのですよ~。さすがスペインのフライパンというだけの事はある!!皆口々に揃えてセビリアは暑かったとしか言わなかった事を身を持って体感しました。

でも広場は想像以上に美しい。普通の広場をイメージしていたのですが水も豊富でボートまである!!私は乗りませんでしたが人のを見ていると楽しそうだった。2人以上で乗れば楽しそうだけど1人で乗ると寂しすぎる。それが理由でベニスのゴンドラにも乗りませんでした。結構寂しがり屋だったりするのです。

スペイン広場

見た目涼しい
見た目は涼しい

装飾は美しい

広場を見終わってからは宿に直行。途中でスーパーを見つけたので食材を買い(ちなみにアスパラガスが250gで2.45ユーロ)夜に備えて軽く夕食を摂る事にしました。身体は大分疲れていて眠たかったのですがせっかくなので行ってきます。

待ち合わせ場所を宿の近くにして貰いました。パコという名前ですがスペインの半数の男性はこの名前だそう。ちなみにフランシスコから来ているそう。今日はマーケットで無料のショーがあるからと南西の川を渡ってすぐにあるフードマーケットへ連れて行って貰いました。

ビールを注文し暫く話をしているとギターを持った男性と歌い手の男性がやって来てショーの始まりです。フラメンコのダンス無しバージョンと言った感じかな。周りにはローカルしか居ないのがまた観光地っぽくなくて良かったです。やはりローカルと出会うって大切だと実感。他の旅行者としゃべるのもいいけど現地をよりよく知っているのは現地人ですから。

ローカルマーケット内

満足してから今度は夜の街歩きです。パコが日中では無く夜を指定した意味がようやく理解出来ました。気持ちのよい涼しさなのです。川沿いにはたくさんのレストランがあり皆タパスを楽しんでいます。すでに23:00近いけど子供も普通にご飯を食べているし公園で遊んでいる子まで。この暑さだからこそこの時間に皆活動するのかな?そういえば灼熱のニジェールでは日中開いているお店は少なかった気がします。

とっても静か

そして夜は昼間の観光客だらけの騒がしさは一転しとても静かになります。これもまた夜の街歩きで見れるセビリアの顔。スリや強盗が多いと言うスペインですが幸いにも現在まではあっていません。明日会うかもしれないし今度皆でバルセロナに行く時に会うかもしれません。1人の時より2人以上でいる時の方が気は緩むので気を付けないと。

そうそう、夜になりポルトガルで会う予定だった友人から連絡が来て会うのはボルドーの方が良いとの事。まじすか。それだったらラゴスに行ったのに!!そう考えると人に合わせるのはやめて自分の計画を貫いた方がよさそう。そうなるとリスボンに3泊、ポルトに2泊でボルドー行き決定かな。

夜の大聖堂

<Transport>
・マラガ→Seville/セビリア・・・Alsa社のバス/18.09ユーロ
 9:00発11:45着
・セビリア市内バス1.4ユーロ

<Sights>
・Cathedral/セビリア大聖堂/8ユーロ(塔代込み)

<Sleeping>
Seville/セビリア
・Urbany hostel・・・8人ドミ8ユーロ
 キッチン、wi-fiあり、チェックアウトしてもシャワー、キッチン使用可
 Add:12 Dona Maria Coronel,Seville
 P:+34 954227949

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper