とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2日でアイスランド一周?

2013/7/19

 昨日はやはり足を曲げれなかったせいでやはり疲れが取れず仕舞い。しかも寝る前まで暖かかったのでジャケットとか着ずにいたのが祟り寒い。身体の芯から冷えています。

もう一度温泉水のシャワーを浴びようと思いましたが朝食を食べていると体が温まって来たので顔だけあっちあちの温泉水で洗い8:00には出発する事にしました。昨日ミヴァートン湖に到着直前にマッドポットを通り過ぎて来たのでそこまで戻ったのですが結構な雨。レンズが濡れないようにだけ気を付けつつ写真をささっと撮り車に戻りました。ゆっくり見たかったけどどんどん身体の冷えが強くなってくるので退散です。

マッドホットポット
マッドホットポット

その後ミヴァートン湖沿いを車で走ったのですが雨風が・・・。時たまあるビューポイントで車を停めては写真を撮るのですがこの灰色の空では湖が美しく見えません。本当に残念としか言い様が無い。ここまで来たけどレンタカーを明日の夕方までには返さなきゃいけないのでここで晴れるのを待つのも運次第。これも運命だと思い先に進む事にしました。西へ進むとGodafossという滝があるので寄ったのですがまぁもう何度か滝を見ているのでこれといっての感動はありません。この美しいアイスランドでも慣れるとこうなっちゃうのか?

ミヴァートン
ミヴァートン

その後ゴーダの滝でちょっと休憩がてら見て周ったのですが寒いのが先だって満喫できる状態ではありません。ロンドンであれだけの晴天に恵まれたのでアイスランドもそうかと思ってましたが違いました。がっくり。

ゴーダの滝
ゴーダの滝

今日はこのままどうしようかと考えたのですが最西端に行くのもちょっと道がクネクネしていて時間がかかりそう。なのでその南にある見所がありそうな半島に行くと言うのもありかな。そうと決まればとにかく運転再開。するとそこでまたもやヒッチハイカーを2人発見。話を聞くとレイキャヴィックまで行きたいと言うので途中のBorgまでで良いか確認し了解が得られたので短い期間の旅の仲間をゲットしました。

昨日はフランス人の学生でしたが今日はベルギー人の学生。やはりペアとなると1人がしゃべり1人は寡黙。話し役と聞き役だから丁度いいのかな?とにかく南へ南へ移動し途中コーヒー休憩でコーヒー1杯をおごって頂き先へ進みます。途中のビューポイントでちょっと私と車の休憩をして結局Borgに到着したのは16:00。結構かかりました。

ここから私は半島に向かい西へ進みましたが1時間程走った所でふと、この先に何があるか判らない所を周るよりSelfoss近くにある天然温泉に行った方が良いんじゃないかと思い立ち行き先変更。このままレイキャヴィックまで行っちゃいます。このアイスランド1周でトンネルが2カ所ありましたが今日通ったトンネルは1000Kのチャージがありました。しかも下り坂でスピード感がつかみにくく怖かった。

レイキャヴィックで泊まる事も考えましたが今日は金曜だし宿が開いているとは思えない。なので天然温泉のある町の近くのキャンプ場で空き部屋があれば、と思って行ったのですが部屋が無くても嫌だしとにかく疲れを完全に取っ払いたい。そこで下した決断は16kmここから離れたSelfossまで行き2日前に泊まったユースホステルに行く事。ドミの数は多いし温泉水のシャワーだし多分行けるはず。

結局車には申し訳ないのですがもう少し頑張ってもらって無事到着。お部屋も空いていたので前回と同じ部屋にチェックインしたのですが前回も居たフランス人4人組の年配旅行者がまだいました。この2日で1周して来たと伝えると大爆笑です。私達が1週間かけてこのエリアだけなのにたったの2日で周るとは、これが日本人の仕事ぶりなのねと皆口々に言ってきます。いや~、もちろんもっと長く居たかったけど何分一人旅だしコストがね。それにゴールデンサークルも合わせたら3日だよ。しかも明日は温泉にも行くし。とりあえず次ここに来る時はテント持参で挑むのがベターかな。キャンプ場が豊富だし、レンタカーを借りなくてもヒッチハイク成功率は高いらしい。とにかく連日の疲れが溜まっているので早々に眠ります。

<Sightseeing>
・Myvatn Lake/無料
・Namafjall/無料
・Godafoss/無料

<Sleeping>
Selfoss/セルフォス
・International Youth Hostel・・・6人ドミ/5500K
 wi-fi、キッチン、野外Bathあり。1号線沿いにある。

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。