とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウイスキーの聖地

2013/5/13

 今までの人生の中でウィスキーを一度もおいしいと思った事は無かったのですが今回一緒に旅をしているハネ君の希望もありスコットランド北部のウィスキーの聖地を訪れる事になりました。

Aviemore/アヴィモアから北東にあるCraigellachie/クライゲラヒーに約1時間程かけて移動しましたがここのMacallan/マッカランというのが規模は小さいもののとても有名らしい。無知な私が来て申し訳ないのですがせっかくなので工場見学でもしたいな~と軽い気持ちで聞いてみると何と予約が必要らしい(笑)ハネ君はここが目当てだったので大分ショックを受けているようでしたが空きは15:00からしかないそうです。今晩ロンドンに向わなければいけないのでそんな時間までは待てません。

残念でした13
残念でした

結局Dufftown/ダフタウンというここもウィスキーの聖地と呼ばれる場所に移動しました。私達が訪問したのは鹿のマークで有名なGlenfiddich/グレンフィディックという名の老舗です。といっても私はここについても全く知らなかったのですが。

ここでは毎時間約1時間の無料ツアーが開催されていて1時間半の有料と選ぶ事が出来ますが帰りの事も考えて前者を選びました。年配の女性が説明してくれたのですが周辺の機械の音でかき消され何を言っているのか理解できず。といっても聞けてもそれが理解出来ていたのかは判りませんけど(笑)

とにかく工場に入る前から麦芽の甘い香りが周辺に漂って幸せ気分。最後には12、15、18年物のウィスキーを頂きましたが個人的にはマッカランのアンバー(シェリー)が予想外においしくこちらの方は想像していた王道のウィスキーの味がしました。といっても人生で5回も飲んだ事が無いのでただのイメージです。あしからず。

蒸留中13
蒸留中

ほろ酔い気分になった所で待っていてくれたイスマイルにお礼を言ってからロンドンに向けて出発。時間がかかり過ぎるので有料道路で戻ろうと思ったのですが何と調べても出て来ず。もしかしてスコットランド側には無いのかな?道中何度か中継を挟みながらロンドンに到着したのが23:00頃。運転どうもお疲れ様でした。どうもありがとう!!

<Sleeping>
London/ロンドン
・バイト先の宿泊施設

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。