とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノルウェーショック

 毎度ショックを受けるノルウェーの物価の高さ。世界一物価の高い国の1つと言って間違いないと思います。調べた所世界一物価の高い国はアンゴラらしい。私はナイジェリア~アンゴラ間は行けていないので判断は出来ません。そういえば私が語学学校に行った時に最初に仲良くなったのはアンゴラ人の男の子トーニーでした。

さてさて、今回ノルウェーに行く際に頼まれ物の巻きタバコ50g×5をイギリス側で購入しましたがこちらは27イギリスポンド、約4800円。ノルウェーで購入すると鼻血が出る程高いと言うので翌日にスウェーデンまで無料チケットでボートに乗って片道約2時間半かけて行ってきました。因みにタックスフリーでは同じ品物が399ノルウェークローナ、約6,043円です。ちなみにこれをタックスフリーで無くノルウェーで購入すると何と1,100ノルウェークローナー、日本円にして16,600円!!!!もするんです。イメージが湧かないかもしれませんが日本でマルボロは現在440円くらいですか?

こちらで購入すると1箱1,800円もするんです。どうですか?これがノルウェーの物価の高さなのです。全てがこんなに高い訳では無いのですが基本的に食品は15%~25%の税金がかけられているようです。みなさんノルウェーに旅行の際には日本側で購入する事を強くお勧めします。

ちなみに国が個人の給料から引く税金は25%でその中には医療保険、教育費、年金が含まれています。ですが医療に関しては毎年2040クローナ/30,900円を制限として受診代320クローナ/4,800円を普通の診療に340クローナ/5150円を一般外の診療に費やす事になります。ちなみに交通費も加算されるのでちょいちょい病院受信する患者さんにはすぐに元が取れるシステムの様です。

では一般の商品はどうでしょうか?1リッターのミルク3.8%は15.30クローナ/約230円、サランラップは28.90クローナ/440円、無添加のハンドクリーム250mlは27.90クローナ/422円。1Kgの牛のひき肉は1800円、豚のひき肉は1キロで740円、チキンフィレは300gで710円。魚は今回購入していませんが本当に高いです。

無添加ボディークリーム

どうでしょう?ものによっては高いし私にとってはつらい価格ですがスーパーの価格はまだ許容範囲なのです。物価は高いけど平均給料も同様に高くとにかく社会保障は十分すぎるくらいの国ノルウェー、ここで仕事が見つかれば最高なのですが、これからゆっくり活動していきたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

10か月ぶり

 1月26日からノルウェーに暫く行くのですが、その前にトーニー宅におじゃまさせて頂く事になりました。彼に最後にあったのは3月にイギリスに入った時、その時は2か月英語を話していなかったこともありすっかり話し方を忘れて自分自身ショックを受けていた事が今でも思い出されます。

でもその時は今以上に英語の基礎を知らずにただただしゃべっていただけなので、より忘れやすかったのかもしれません。ですがやはり毎日話さないと遅かれ早かれしゃべり方は忘れてしまいます。マザータンであればまだしも。

当初トーニー宅で2泊の予定だったのですが、日本行きのチケットの日付を遅らせ更にLCCのノルウェー行きのチケットを買ったので出発はヒースローでは無くスタンステッド空港。さすがに朝一で送って貰うのも忍びなかったのでお気に入りのロンドンのゲストハウスに1泊して翌朝に空港に向けて移動する事にしたのです。

全ての荷物を纏めての移動だったので首がまたまた痛み出しました。腕のしびれは治まっていますが、左腕のあるポイントを押すと痛みが。これ以上繰り返すとまたもやしびれが出て来るかも。これは本当に不必要なものは誰かにあげるか処分という方向で考えなければなりません。

久々の再会は英語理解力が前回より向上していたので、スムーズに会話がもりあがりました。まだまだ勉強しなきゃいけないのですが試験後はなんだかやる気がおきず。その為にも今度はFCEでは無くCAE/アドバンスの方のテキストを購入しました。アドバンスのテキストの方も基本的な文法がメインなので今までお世話になったForestと受ける予定の無いTOEICの本はイギリスに置いて行く事にしました。誰かの手に渡れば幸いです。

夜は3軒のバーをハシゴしましたが何と計1パイントのサイダーすら飲みきれなかった笑。一時の飲みたいブームは去り、現在は身体がまたもや受け付けなくなってきました。飲みたいと言う気が起きないんです、素晴らしい事ですが、なんだかさみしいです。最終的に水を飲みながらアイリッシュミュージックを楽しんでいました。

ボートハウスで1泊し翌日遅い朝食を頂いて駅まで送って貰いました。何度もホストしてくれてどうもありがとう。次は私がホスト出来る事を望みます。チューブでいつものハマースミスの宿に戻ってきました!

ここの18人ドミはやはり素晴らしい。カーテン、電気、充電器が書くベッドにあるので、誰の目も気にせずゴロゴロできる最高な空間。ただこの日の晩は最低でした。というのもア則なってから誰かチェックインしてきて私の上のベッドに入ったのですが、1回がバーになっているこの宿は何気に音楽が響いてうるさい。その為か上の兄さんが「ファック」とか「ファックセーク」とかいいながらベッドの横の薄い壁をガンガン蹴りまくってる。あなたがつぶやくとうるさいしそのける振動でベッドはミシミシ。うるさくてこっちがねれないでしょうが!!イライラしてきて注意すべきがどうか悩んでいた所、おそらく壁の向こう側にいた宿泊客が同じように被害をこうむっていたようで、ベッドをおりてこちら側にやってきました。

「Excuse me, excuse me?」と何度か声掛けをするのですが返答無し。寝たふり?それとも無視?

その後30分程してバーの音楽が止んだ後にまたもや「ファック」と壁けりが始まりました。静かなのに!?という事でおそらく寝ぼけての行為だったんだと気が付きました。どれだけストレスたまっているのこの人は??顔は見ていませんが肥えは若そうな感じです。これは翌日の飛行機で眠るしかありませんね。

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

気が付いた事

 ここ最近行っていた旅行での写真を見ていて、人を被写体とした写真は苦手という事に今更ながら気が付きました。どうも人と正面から向き合うのが苦手なのか構えてしまいます。

自然の写真を撮る方が、どうも自分には向いているようで自然<建築物<動物<人と言った感じです。自分の趣味で撮っているだけですが、自分のキャラクターというものが写真には現れるなと今さらながらの発見。おそらくそれも関係してか都会への旅行よりも田舎の方に興味が湧くのでしょう。

今年は就職がメインの年になるのでもっと人と向き合わなければいけませんがつい人との関わりが少ない仕事がいいなとか、贅沢な事を考えてしまいます。こんな性格から脱却するという事が今年の目標の1つになりそう笑。

3日後からついにノルウェーでの生活が始まります。不安で一杯ですが何事も経験なので体当たりでやってみます。

何も進展が無ければ3月末にイギリスに戻りその後帰国します。

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

マルタ旅行終了

21/1/2015

 短期間での出入国を繰り返しているので入国審査はドキドキでしたがやはり日本への帰国チケットがあるのと学生ビザのおかげであっさりイギリス入国を許されました。次回イギリスに戻って来る時は学生ビザが切れているので日本行きのチケットに頼るのみ。考えればすでにイギリスへの出入国は8~9回なのでいつ拒否にあってもおかしくはないのです。ただ目的がはっきりしていれば問題ないそうですけど私はまだ拒否された事が無いのでわかりません。

これから数日でスーツケースの荷物を15Kg居ないに抑える為に(ライアンエアー利用で間違って15Kgを選択してしまった)不要な荷物を処分したり調味料は最低限のもの以外次の入居者の為に残したりしなければ。デニム生地のジャケット等が重いしかさばるのですが確実に再入国できるか判らないイギリスに置いて行って後悔はしたくないのでどうにか持っていきます。次回は迷いなく20Kgを選択します!

<移動>
・ヴァレッタ→空港・・・バス X4, 5, 6 Bay 16から
・マルタ→ロンドン・ルートン・・・25ユーロ/Ryan air
 11:45発14:15着
・ルートン空港→ルートン・パークウェイ駅・・・1.6GBP/bus
・パークウェイ→ロンドン・パンクラス駅・・・電車
 15:50→16:21
・ロンドン・キングスクロス→Peterborough・・・電車計11:55ユーロ
 17:03→17:49
・ピーターボロ市内バス・・・2.2GBP

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

マルタ旅行その4

20/1/2015

 今日はついにBlue Grotto/青の洞窟の日なのですが、朝から曇ってるー。昨晩までの天気予報では今日は雷マークがあったのですが今朝にはそれは消えていました。それだけでもマシだけど青の洞窟は晴天じゃないと・・・。

ホスト先で朝食が今日は無かったので、市内のちょっとしたカフェで朝食にカプチーノとサンドウィッチを頂きました。そして私達の目の前には見覚えのある、ロンドンの電話ボックス。これだけじゃなくてちょいちょいイギリスにちなんだものがここマルタでは販売されています。

RIMG1159.jpg

さて、目的の青の洞窟へは直通のバスは見つけられずまずは空港に行ってそこから201番のバスで向かいました。ですがこのバスはまたしても1時間に1便しか無く45分程空港で待つ事に。

暇な時間をもてあましつつもやっと時間が来て期待を寄せて青の洞窟へ。バス停に到着して進行方向へ歩いて行くと右手の方にチケット売り場のサインが見えました。そのサインにそって道を下って行くと小さな商店の様なチケット売り場が。

近寄ると、出たー

RIMG1160_20150123080520b7f.jpg

やっぱり今日は中止だった。明日イギリスに戻るので今日しか無いのに・・・無念。

RIMG1164.jpg

RIMG1169_20150123080512149.jpg

風は無いんですけどね。仕方ないのでHagar Qim Templeに行こう!!寺にも行く201バスはまだまだ来ないので歩いて行く事にしました。上り坂が続きますが風が心地よい。

寺はHagar Qimだけでなく数百メートル離れた所にMnajdraという寺もありチケットは共通です。私は学生証を持っていないので10ユーロにオーディオガイド1ユーロ支払いました。ちなみにオーディオはIDを預けるか10ユーロを預けるかだったと思います。

RIMG1186.jpg

この寺は紀元前3000年前に建てられたと言う事でストーンヘンジよりエジプトの遺跡よりも歴史があります。一体どのように建てたのかは想像でしか判りません。釘も使われておらず屋根の部分は崩れていますが、どのようだったかはおそらくドーム状だったのではないかと勝手に想像します。

RIMG1198.jpg
この石は20トンだそう

女性か男性かも判らない像が発掘されていますが未だに謎だそう。ガイドを聞きながら周っていると風が出てきて雷が鳴り雨が降ってきました。元々の天気予報があたってた。雨宿りしていたいのはやまやまですが、私達にはヴァレッタのカテドラルに行かねばなりません。しかもバスは1時間に1便、急ぎ足でもう1カ所の寺まで行き写真を撮るだけ撮って急いで戻ってきました。

RIMG1235.jpg

戻る途中に小さな島を目にしましたが、ここには上陸禁止だそう。

RIMG1241.jpg

空港行きの201バスは20分遅れ位でやってきました。途中でヴァレッタに行くバスを発見したので空港に到着前にタイミングよく乗り換えます。どうにか15:00過ぎにヴァレッタに到着しその足でSt John Co-Cathdralへ向かいました。

RIMG1250.jpg

外観はとっても質素なこのカテドラル、中に入ってびっくり!!キラキラ輝いていて煌びやか!!しかも広くてオーディオガイドもとっても細やかな説明。軽く1時間以上費やしてしまいました。ちなみにここへの入場は16:00までなので行くなら早めをお勧めします。

RIMG1251.jpg

今日はマルタ最後の夜、初日とは別のレストランで海鮮パスタをまたもや頂きましたがこちらのはおいしかったです。ちょっとスタッフの男性が全ての文章の後にマダムをつけていたのでこそばゆくなりましたが。ヴァレッタにはメイン通り以外にもたくさんのレストランがあります。今日はとにかく歩いて金額と店の雰囲気等で選びましたが前回はネットの口コミで選んで失敗しました。こればかりは味の好みと運としか言いようがありません。

RIMG1296_20150123095106370.jpg

ちなみにこのパスタはプリモサイズですがこれだけでも十分にお腹がいっぱいになりました。

RIMG1297.jpg

<観光>
・Hagar Qim Temple、Mnajdra Temple・・・10ユーロ
 オーディオガイド1ユーロ
・St John's Co-Cathedral・・・6ユーロ
 オーディオガイド込み

<移動>
・7日間バスチケット・・・6.5ユーロ
 夏季は金額が上がる様子
・Vealetta→X4, 5, 7に加え71, 72,73も空港に行くが正面までは行かない。
・空港→青の洞窟・・・バスNo, 201
 同じバスでHagar Qim Templesにも行けるが1時間に1便のみ


<宿>
Valetta/ヴァレッタ
・Air bnb 利用・・・ダブル4泊で111ユーロ

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。