とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汚い言葉

 今日の授業はSwearing/暴言が主題だったのですが、1文字を入れる事により意味が大分変って来る事が解りました。その文字とはTHEです。

英語では冠詞がとっても重要でa、theが適切に使われない場合にネイティブに理解して貰えない場合がちょくちょくあります。外国人同士だと判りあえるのですが、ネイティブからするとさっぱりだそう。日本では使うとしてもその、この、彼のというような使い方しかしないので理解は難しいのです。たまに英語は伝わればいいから冠詞は関係ないと言う人々ももちろんいますが、適切に使う事で相手に聞き返す手間を省かせ、コミュニケーションが円滑に進められる為にもある程度英語が話せるようになれば意識した方がいいというのが持論です。といっても、私の冠詞の使い方もイマイチでよく訂正されています。

英語で汚い言葉といえば数えきれない位ありますが
弱めの発言では
Damn!/ Blast!/ Hell!/ Bloody hell!/ Crap!/ Bullshit 等
強めの発言では
Shit/ Piss off!/ Bastard!!/ Bitch/ Bollocks! 等がありますね。

これを言う時に
She's bitch!! と言えば、皆が知っている通りの意味となるのですがここにtheを入れると
She's the bitch. 何と聞こえは悪いのですがいい意味になるのです。他の言葉でも同様に意味が変化してきます。これはイギリス英語だけなのか判らないので注意必要。このTheがあるかないかで全く意味が変わって来るので注意です。

ちなみに日本人の写真でたまに見かけるのですがピースをしている写真でその手の向きが逆(手の甲が見える)の場合は、イギリスではFu●k meの意味になるので気をつけましょう笑。

後はI can't とたまに使うと思うのですが、発音はしっかり「アイ カーーン(ト)」と延ばしましょう。こちらは短く言うとスペルは違うのですがイギリスで一番汚い言葉と同じ発音になってしまいます。特に女性の前では気をつけましょう。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外留学 - ジャンル:学校・教育

歴史的瞬間

 ついにスコットランド独立への投票が始まりました。はっきりいってリーズの街中で何かあると言う事は無く、テレビをつけたり新聞を見たりUKに住む人と話をしたときだけに話題になるといったくらい。

私は第3者なので全く関係がないのですが、イギリス人的には今までイギリスのシステムに助けて貰っていたくせにという気持ちがあるようです。独立の条件としては通貨を変更しなきゃいけない等イギリスからの提示があるらしいのですが、正直UKを抜けてさぁヨーロピアンユニオンに入ろうと思っても、イギリスが妨害するとおもうので簡単には行かないはず。どちらにしても数年はかかるらしいですね。独自通貨を作る事になると思いますが、スコットランド銀行を筆頭に幾つかの銀行が急遽ロンドンに移転したらしいのでどうなる事やら。

健康保険や車の保険、年金制度も税金も全てイギリスを中心に運営されているので、独立が決まればしばらくは為替も含めて浮き沈みは避けられなさそう。スコットランド油田もどのくらい保てるのか誰も判らないので。独立したい!!という気持ちは分からなくもないのですが、独立したメリットの方が明らかに少ないとしか思えません。おそらくウェールズはデメリットの方が多いので独立を口にしないんじゃないでしょうか?

ちなみに友人の何人かがエジンバラに現在滞在しているのですが、ものすごい盛り上がりだそうです。街はYESとNOのカードを持っている人だらけだそうですね。私もこの瞬間をスコットランドですごしたかった!!けど、やはり学校へ行かねばなりません。

どちらにしても明日の朝にはわかっているはず。さて、どうなるでしょうか?

関連記事

テーマ:海外留学 - ジャンル:学校・教育

知恵熱

 昨日は久々に熱が出ました。最近薬をむやみに飲むのを止めようと思い水分を飲んで様子をみていたのですが徐々に上がり最終的には38.9度まで。今日用事もあったのでやはり下げなくてはと思い軽めの薬を飲んで寝ましたがやはり所詮は軽い薬。4:00に起きた時にはまだ38.0度でした。

学校では2週に一回進級テストがあるのですが(といってもこれ以上上がるクラスが無いのであまり意味がない)、アドバンスになってからは難しすぎてクラスで最低点を続けてとっています。なので今度こそはと思い身を引き締めすぎたのが仇になったのかも。脳がショートしちゃったのかもしれません。FCEのテストの準備も同様に行っているのでリミットを超えたようです。

朝に飲んだ強めの薬が効いているのか一過性の熱だったのか現在は落ち着いているので、今日はこれから先生の送別会に行ってきます。それではまた。

関連記事

テーマ:海外留学 - ジャンル:学校・教育

今年の目標

 ご無沙汰しております、とやま~んです。
最近は全くブログを更新していませんでした。クラスが変わってから毎日があっという間に過ぎ去ってしまいます。時間が無いと言うのは言い訳にすぎませんが、毎日学校、昼から自己学習又は、友人とチャットという日々を過ごしていました。

学校終了まで後2か月となり今後をどうしようかと悩む日々。出来たらこちらで働きたいのですが、そう簡単なものではありません。とりあえず何か目標を定めたいと思いコース終了後に英語のテストを受ける事にしました。

IELTSにしようかと考えていたのですが、大学に行く事は考えていない事、2年で有効期限が失効する事等を考えるとあまり気が進みません。そこで思いついたのがゲンブリッジ英語検定試験。こちらはIELTSと違い就職を考える人々が取得するもので、永久に失効しません。ただ、ポイント制では無く合否によるものなので落ちたらそこまでなのです。

IELTSではリーディング、リスニング、ライティング、スピーキングの4種類なのですが、ケンブリッジの方はこれにグラマーが追加されます。そういう意味ではケンブリッジの方が大変そう。

学校に相談した所、ケンブリッジコースの方は生徒が少なく今後閉める予定だそうで自己学習しかないとの事。お昼から1時間だ無料で講師に質問が出来るサービスがあるのでそれを利用して試験対策をするのもありだとアドバイスを受けました。

借りた本はCAE/Certificate in Advanced English
英検1級 / IELTS:6.0~6.5 / TOEIC:900~950 / TOEFL:525~550相当。
仕事で英語を使用するプロフェッショナルな方向け。英国大学、大学院入学の際の英語証明書としても有効。

というのも私がアドバンスクラスに居る為。だけど正直IELTSでこのポイント相当を取れるのか考えるとギリギリな所。今からの対策で大丈夫なのだろうか??正直FCE/First Certificate in Englishの方がいいのではと弱気になってしまいます。

英検準1級 / IELTS:5.5 / TOEIC:800~900 / TOEFL:500相当。
英語の日常使用する職場で働きたい方向け。

週明けに講師に相談してみようと思いますがまずはFCEから受講するかもしれません。対策をしている学校に昼から通うという選択肢もあると思うのでそちらも視野に入れて考えたいと思います。

関連記事

テーマ:海外留学 - ジャンル:学校・教育

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。