とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

日々の生活

 こんにちは。特に変わりなくリーズ生活を続けています。おとつい、例のプレゼンテーションが無事終了しました。毎度の如く緊張でしたが今回は会話方式で進める事が出来たのでリラックス気味で8/10という結果が出ました。初回は半分にも満たなかったので、2回目にして成長できたかなと思います。

再来週はミニテストの予定なのですが、残念ながら私はホリデー休暇を取ったので残念ですが受ける事が出来ません。イギリスに来てから何故かテストが好きになったので是非受けたいのですが。来週にでも別の日に前も手受けられないか聞いてみようと思います。それにしても待ちに待ったノルウェー再訪!!!イェーイ!!!

話しは変わるのですが明日でCESで出来た友人の1人が卒業します。韓国から来ていたアドバンスクラスの子なのですが、リヴァプールに行った後位からよく話すようになっていたので寂しくなります。私は少なくとも11月までなのでその間にも今仲良くしている子達は大概先に卒業していく予定。その分だけ出会いはあるでしょうけど。それまでに私もアドバンスクラスに行けていればいいのですが、まだ当分は無理そうです。

2週間前位前に1週間程夏を感じさせる気候だったのですが、先週から一気に崩れてまた毎日雨、そしてスプリングコートをまた出す羽目になりました。ここでは日常らしいですが、今は本当に太陽が恋しいです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外留学 - ジャンル:学校・教育

疲労の1週間

 やっと金曜日が来ました。今週は本当に長く感じる週でした。先週のWhitby旅行の疲れが月曜までに取れなかったのと、今週の授業がハードだった事。中学でまじめに勉強していれば問題ない部分だったのでしょうが、私は基本がなっていないtouch and goのアッパーインターミディエイト。皆について行こうと学校が終わった後にお家で復習したりで睡眠時間も若干減ったりで集中も出来ない部分もありました。

そして挙句の果てに魔のプレゼンテーションテスト。日本語でですら人前で話すのが苦手なのに英語になるともうげっそり。緊張する方ですし紙を見ると減点になるし・・・。しかもサブジェクトが発表されたのは2日前!!サブジェクトはジオグラフィーだったのですが、駄々をこねて好きなものを書かせてもらう事にしました。

私が題材にしたのは日本人のマナーと癖について。日本人からしたら普通だけど、外国人からしたら不可解またはおかしなものであろうものを3つピックアップしました。1つめはパブリックトランスポートを利用する際に携帯電話の利用をしてはいけない場合が多い事。おそらく日本だけなのでは?と思うマナー(ルールといった方がいいかな)です。ちなみにイギリスではみんな普通に電話しているししゃべってもいます。

2つめはトイレットペーパーの端を3角形等に折ったりすること。最近外国のホテル等では見られるようになってきましたが元々は折り紙文化の日本からではないでしょうか?ただ個人的には誰かもわからない人がトイレ使用中に綺麗かも汚いかもわからない手で折ったその部分はどうも使いたいと思えません。なので紙の無駄ではないかと思っています。

最後は携帯で話しながらお辞儀をしてしまう癖について。相手が目の前にいないのに電話先の相手に向って無意識でお辞儀してしまう事。日本人ならではではないかなと思いピックアップしました。

今回のプレゼンテーションは内容よりもどれだけナチュラルに話せるかどうかなので、練習が必要になります。本日プレゼンテーションの予定でしたが、私の番が最後の方だったので来週の火曜に持ち越しになりました。月曜はバンクホリデーなので学校は休みなのです。やったー。週末にクラスメイトのカルメンとカフェでプレゼンテーションの練習をする事にしました。当日に緊張しすぎないようにとは思っていますが、その時にならないと判らないところですね。

関連記事

テーマ:海外留学 - ジャンル:学校・教育

Whitby/ウィットビー観光

2014/5/17

 待ちに待ったWhitby/ウィットビー旅行。個人で行こうと思っていたのですがバスが見つからず列車だと41ポンドもする。どうしようと思っていた矢先に学校のアクティビティで14人以上集まれば1人30ポンドで行ける事になりました。結局集まったのは40人程だったので、通常は料金のかかるWhitby Abbey/ウィットビーアビーへの入場料込みとなりさらにはボートツアーまで。団体旅行は基本苦手ですがかなりお得なので個人で行く気がすっとびました。

大型バスを貸切っての旅行となったのですが出だしから2名遅刻してきて出発時間が40分遅れ。やれやれ、先が思いやられますわ。土曜と言う事もあり道中渋滞にはまり9:40出発で11:40に到着しました。もうお腹が空き始めていますが先に観光と言う事で最大の目的地であるアビーへと足を進めます。町を歩いてその先にある199段の階段を上った先にあるのですが、UKらしからぬ素晴らしい天候で景色が見る所見る所美しい。

素敵な景観

キャンディーショップ
キャンディーショップ

町並み

アビーが見えます
アビーが見えます

アビーはプリースト等の居住区、修道院なのですが大昔にここに犬に変身したヴァンパイアがボートで辿り着き数年間ここで過ごしたそう。なのでこの地はヴァンパイアで有名なのです。運が良ければそれに扮した人々に出会えるそう。建物自体はサンドストーンで出来ているので風でゆっくり時間をかけ形が少しずつ無くなってきているそうです。

アビー

アビーで

裏から

ここで1時間程費やした後はランチ・・・では無くパブ。こちらも1杯は学校もちと言う事で不安を覚えつつもせっかくなのでビールを注文。ですが空腹だったので半分くらいで酔いが回って来たので残して何人かでボートツアーの時間までランチを取る事にしました。

ここはフィッシュ&チップスで有名だそうで、至る所にショップがあります。中でも有名なお店があるらしく、教えて貰って辿り着きました。名前はQuyside/クイサイドと言います。すでに行列が出来ていて暫く待って購入しましたがベビーフィッシュ&チップスでも食べきれない量が出てきました。

有名なフィッシュ&チップス屋

座る所が無くボートツアーの待ち合わせの場所で立って食べていたのですが、元々の低血圧、ビール、強い日差しで立っていられなくなってきました。水を飲んでツアーまで待っていたのですが、なかなかこの気温の下では回復しません。

結局せっかくのボートツアーは楽しめず、その後立ちあがった時にまたもや目の前が真っ暗に。気持ち悪くならないだけいいけど、またしての失態に自分自身にうんざり。結局その後自由行動になったのですが私は他の子に付き添ってもらい適当な座れるフィッシュ&チップスのお店で小一時間休憩する羽目になりました。本当に申し訳ない。もう外出先ではビールを飲まないと誓ったのでありました。

ボートツアー

17:00にここを離れリーズに戻ったのは19:00頃。まだまだ明るいのでもうそんな時間??といった感覚に襲われます。明日は日曜なのでのんびり過ごします。

関連記事

テーマ:海外留学 - ジャンル:学校・教育

Toyaman's world travel

 毎日学校、そして自宅での復習に追われる日々ですが自分のライティング力の向上の為に自分のブログを英語で書いてみる事にしました。同じブログ内で英語のパートに分けようと思いましたが、ページが重くなるしそもそも同じページに書く事によって日本語と見比べられるのもちょっと面白くないので別のブログページを開く事に。

それにしても英語をしゃべるのと文章で書くのとではまた違い、そして文法力も試されるので本当に大変。日本語ですら時間がかかるのに英語だと更にかかってしまいます。そしてそれを直してくれる人も探さなくてはならないのですが現在の所はまだ見つかっていません。まだ数回分しか翻訳しておらず旅の分だけを書こうと思ているのですが900ポスト以上あり1日1ページずつ書いたとしても2年半近くかかります。

興味があれば是非覗いてみてください。そして添削していただけると本当に助かります。文章はイギリス英語で基本的に書いていますが、私の英語力が未熟なのでまだまだ矛盾していると思われます。

Toyaman's world travel

関連記事

テーマ:海外留学 - ジャンル:学校・教育

Saltaire

2014/5/10

 週末の予定をカルメンと相談していたのですが幾つか候補の上がった中でSaltaire/ソルテアと呼ばれる世界遺産の村に行く事になりました。ソルテアは150年以上前にソルトさんによって労働者の為に作られたモデル村なのです。最初はあまりそそられなかったのですが、ウェブサイトを見ているとこじんまりしていて面白そう。しかもリーズから近い事もあり半日で十分見てまわれそうな規模。

当日は10:00に駅で待ち合わせして電車で行ったのですがたったの4.5ポンドで往復チケットが購入出来ます。片道14分で到着しました。たったの2駅なのであっという間過ぎて降りる事を忘れそうになりました。

雰囲気が良い

他にも観光客がいたので後をついていくとインフォメーションセンターを発見。そこで、マップを頂き観光場所も教えて頂きました。ここから裏に行った所に当時の製糸工場があり今も中を見て周れます。ただ出ようと思ったら外土砂降り。案の定といいますかこれだからブリティッシュ・ウェザーは。良しも悪しもブリティッシュ・ウェザーなので5分後にはすっかり止んでしまいました。

工場はすでにその機能は果たしておらず、中はお土産物屋、本屋、カフェ、ミニ博物館&美術館といった感じ。歴史がパネルで展示されているので、150年前から経緯がよく判ります。

博物館になっている

工場
工場外観

紅葉を見て周った後はインフォメーションセンターで頂いたマップにかかれていた通り村の散策に出かけました。さすがにモデル村、同じようなお家がずらーっと並んでいるのです。リーズにあるような赤レンガのお家は見当たらずもっと落ち着いた色でまとめられています。

お家

途中でランチ休憩をしたのでケーキをチョイスしたのですが、予想以上にド甘で結局は全て食べきれず。フランスや日本のケーキが懐かしいっす。最近あまり甘い物を食べないのでちょっと甘すぎるとすぐに気分が悪くなってしまいます。会計も終わり散策を開始しようとしたらまたもや土砂降り。しばらくそのままカフェで待たせてもらい出発しましたが、風も強くなっていて余計に寒く感じます。日本はすでに真夏日とか言われていますがこちらはたったの10度、慣れて来たけど寒いよー。

休憩

お家とお家の間は狭い通路があり、リーズやロンドンでは見る事のないゴミのビンのずらーっと並んでいる様子が見れます。他の町にもあるのですが、皆自宅の敷地に入れているのでこのように出ているのを目にしたことがありません。村だからでしょうか?

生活

青空はないですが、この雨のおかげで緑が綺麗なんだとと自分に言って聞かせるしかありません。恵みの雨なのです。

雨上がり

すでに春に突入しているのであちらこちらで花も咲いていて歩いているだけで楽しくなれます。次はどこの町に行こうかな。ヨークシャに滞在している内に出来るだけ小旅行をしようと思います。

チューリップ

<Transportation>
・Leeds⇔Saltaire・・・4.5ポンド/電車/往復
 30分おきにある。

関連記事

テーマ:海外留学 - ジャンル:学校・教育

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper