とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテル便利

2013/8/31

 昨晩風邪薬を飲んで眠ったので目覚まし後も眠たい。普通の眠さでは無く確実に副作用の方。でも今日はホテル便利・・・じゃなくベンリに移動しなければ倍以上の金額の宿に泊まらなくてはならなくなります。

無料の朝食が付いているのでレセプションのお兄さんに尋ねようと降りるとソファーで熟睡。私達が声をかけても起きなかったのにその後ボスの様な人がお兄さんの名前を呼ぶと即座に飛び起きました。いつも怒られているのかしら?(笑)

ホテルを出て右手の角のカフェでターキッシュブレックファーストを頂きました。久々のこのオリーブの塩漬けが懐かしい。1プレートにオリーブ、チーズ、キュウリ、トマトが少しずつ乗っていてゆで卵とパンがついて来ます。そしてチャイ。コーヒーも飲みたくなってきた。

朝食
朝食

食後はチェックアウトをして1km程歩いて最後のラストスパートの丘を上がっていたのですがおじさんに「ホテル・ベンリ ネレデ?」と尋ねるとここじゃない、公園の近くだと指さされました。私がグーグルマップで調べた地図が間違っていたようです。すまないね。確かに他の人のブログで中心地に近く便利と書かれていたのでこんな丘の上にあるはずがありません。下っていると後ろからおじさんが付いて来てくれ近くまで連れて行ってくれました。や・・・優しい。

ホテルベンリ
ホテルベンリ

チェックインしたのですが普通はツインで40LTだけど35LTでいいとディスカウントしてくれました。ラッキー。約250円分お得です。しかもwi-fiあるし、やはりベンリなだけに便利です。少し休憩してからブラブラ町歩き。お腹が空いたのでおやつ休憩にカフェに入りました。どうしても食べたかったフルンシュトラッチ、以前ハマってトルコ滞在中はずっと食べていたのですが久々に食べるとあれ?こんなに甘かったっけ?と思ってしまいました。でも別途ナッツが付いていたので食感が楽しい。

フルンシュトラッチ
フルンシュトラッチ

その後せっかくなのでAya Sofya/アヤソフィアにお出かけ。中心部の郵便局前からドルムシュが出ているそうなので向かうとちゃんと乗り場がありました。1人1.75LTで約10分位です。停車後に変哲もない鉄の階段を上るとアヤソフィアが目に入ってきました。

思った以上に小ぶりですが中はフレスコ画が部分的に残っています。色も残っていましたがこれはオリジナルなのかな?聖母マリアやジーザスのフレスコ画もありました。

フラスコ画
フレスコ画

一応ここから景色は見えますが霞がかっていてはっきり見渡せません。少しして中心地に戻りましたが乗り場は降車場所と同じ場所で反対側に立っていればその内やってきます。

黒海

中心地に戻り歩いていたらアイスクリームを食べている家族が目に入りましたが明らかにアイス屋さんではありません。ハルバの様な物を売っているようなお店ですが奥の方に4種類のアイスが置いてあり皆茶色い。1つはチョコとわかるのですが他の3種はさっぱり。なのでダブルを2LTで購入してみました。味はなんだかミルキーみたいで甘い。結局何味かよく判りませんでしたが美味しかったので良しとしましょう。

不思議なアイス
不思議なアイス

ちなみに夕食は広場前にあるMurat/ムラトへ。ここでは魚料理が食べれる誰かのブログで見たので行ってきましたが鱒1.5匹で7.5LTとヨーロッパと比べると確実に安い!!それに魚のスープを付けても13.5LT。西から来たのでやはり安く感じます。明日は他のを試してみようかな。

鱒


<sights>
・Aya Sofya/無料

<Transport>
・郵便局前⇔Aya Sofya/アヤソフィア・・・ドルムシュ/1.75各

<Trabzon/トラブゾン>
・Hotel Benli・・・40→35TLに値下げ
 iskenderpasa Mah.Belediye Tani No.5 61100
 Hotelpalasbenli@hotmail.com
 シャワー別室、wi-fiあり、朝食なし
 中心地の広場に近い、google mapの場所は違っていたので注意。
 現地人に聞くのが良い。「~ネレデ?」で「~は、どこですか?」の意味。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

お別れの朝、そしてトルコへ

2013/9/30

 早朝に起きなければならないと思っていたせいか5:00に起きてしまいそれから眠れず。7:00過ぎから準備をして8:00には朝食を食べてオリビーとトモちゃんを見送りました。ルルドからここまでどうもありがとう!!楽しく旅が出来ました。そしてトマティーナの写真も楽しみにしています。

私とミッツはその後wi-fiを使い銀行に寄りその後空港へ。フライトは14:00頃なので急ぐ必要は無いと思っていたのですが何だかんだとギリギリになってしまいました。タックスリファウンドもあったのですがスタンプを押してもらった後受け取りと言う所ですごいキューが出来ていたのでインフォメで他の銀行は無いかと尋ねるとこれしか無いとの事。バルセロナの空港で窓口が1つ!!!!

間違いなく間に合わないのでどうしよう?と困った顔をしているとカード番号を書いて郵送すればいいのよとアドバイス。そっか、その手があったのか!!でも過去にそれをやったのですが振り込まれたっけ?記憶がありません。

とにかく出国したのですが長くヨーロッパに居たせいでぼけたらしく出国スタンプを押されてびっくり。そりゃトルコはシェンゲン外だからこそタックスリファウンドが可能な訳ですけど。

飛行機は1時間遅延して離陸、トランジットが2時間あるのでまぁ大丈夫でしょう。これで日本と更に1時間時差が縮まります。昼食を食べてなかったのでフライト中はかなり空腹でしたがイスタンブールの空港でたらふく食べようと我慢しました。だってヨーロッパは何だかんだと高いし・・。だけどサビハ空港ってレストランやファストフードがあったか思い出せない。まぁなんらかあるでしょう。

と思いきや、トランジット時間がたったの30分程でしかも一旦入国しなければいけないのです。かなり焦りましたがわーわーしていると先に行っていいよと促されました。先にはボーディングが後10分というカップルも。最終的には他の外国人が聞いてくれてトルコ人専用のイミグレに並んで早く通り過ぎる事が出来ました。途中スタッフに聞いても「僕も知らないよ」と言われる始末。まぁこんなもんですね。

そして早速イスタンブールの空港で洗礼が・・・はい、ぼったくられました。とにかく急いでいたのでサンドウィッチと水を購入したのですが何と2人で35TLもしたのです。1750円ですよ1750円。焦っている時はダメですね。今までヨーロッパに滞在していたのでうかつにも安心しきっていました。気を付けま~す。

とにかくその事よりも無事乗り継ぎが出来たのでよかった。トラブゾン行きは特に遅れる事無く時間通りに離陸。丁度隣に座った子がトルコ人でこれから友人宅に行くというのでタクシーの相場を聞くと20分で出しても10LTまでとの事。たしか空港から中心地まで15分そこそこのはずなので頭に叩き込んできます。着陸までの間はトルコ語講座をしてもらいましたが難しい。元々ティシィクレエレデル/ありがとうは知っていましたが他のはさっぱり。ですが4日程の滞在なのでイランの言語を覚えるのが優先かも。

教えてくれてありがとう

そして着陸して荷物を取りだしお金を作りタクシーを拾いましたが何と言い値は20LT。2倍の価格だったので値下げ交渉しましたが全くダメ。近くにバスがあったので中心地まで行くのか尋ねたのですが2台とも近郊の町へ行くものだったらしい。するとさっきの女性がやって来てバスドライバーに確認して貰うと20LTは妥当との事。と言う事で20LTで交渉し宿まで連れて行って貰いました。

宿はツインで80LTと高いので明日は移動です。調べるとホテル・Benli/ベンリが便利だとか(笑)とりあえず朝食後に空室を伺いに行ってきます。

<Transport>
・サンツ駅→マドリードの空港・・・バス・メトロ共通券T10の1回分で
 Renfe/列車に乗れる。
 かなりお得なLT10は買うべし。
・マドリード→イスタンブール→Trabzon/トラブゾン
 Pegasus Airline、14:00過ぎ発が1時間の遅延
・トラブゾン空港→宿・・・タクシー20LT/2人

<Sleeping>
Trabzon/トラブゾン
・Bulvar Palas Hotel・・・80TL/ツイン
 Add:Pazarkapi Mah,Tophane CamiiSokak 12/B
 P:+904623267400
 E-mail:bulvarpalasotel61@hotmail.com
 www.trabzonbulvarpalasotel.com
 wi-fiあり、朝食付き
 
関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

トマトのアレルギー

2013/8/29

 昨日サッカーの決勝が始まる前に熟睡しぐっすり朝まで疲れを癒しました。ギリギリにチェックアウトして荷物を車に詰めてから昨日のバールでブランチを頂きます。生ハムとトマトジャムのサンドウィッチにコーヒー2杯で3.5ユーロだったらやはり安い。更に美味しいので人が来る理由が判ります。

出発は13:30位、夕方までにバルセロナに辿り着けばカサ・バトリョのライトアップを見に行きたいのですがどうでしょう。まずは私の運転でスタートですが取り敢えず2時間サクッと運転して交代しました。その後30分程でビーチに近づいたのでそこで休憩。私はすでに腐ったトマトの様な臭いの取れない水着を捨ててしまったので荷物番をしながら見守ります。

お~い
お~い

そういえば昨日からトモちゃんの身体に蕁麻疹が出来ているのですが、今日は範囲が増えているようです。因みに私は昨日は左でしたが今日は右目に違和感がある。これは食べ物を粗末にした報いなのか?フミ君の目はどうなった事やら。

海を出てバルセロナに向けて再出発。途中でまた私に変わったのですがバルセロナに後7kmの所で右目が急に痛みだし目を開けていられなくなりました。涙がぼろぼろ出てきます。なので適当な所で駐車してまたもやオリビーに交代。

結局宿に到着したのは21:30位でしたが、ガソリンを入れ忘れ探しに行き戻って来たら22:30。何故こんなに時間がかかるかというと全ては判りにくいスペインの道路にあるとしかいえない。数日運転しましたが2度と運転したくない判り難さ。疲れました。

宿にチェックインし夕食前にトイレに行って気がついたのですが、蕁麻疹が出来てる!!トモちゃんだけじゃ無かった様です。そして後にミッツにも蕁麻疹が!!どうやらオリビーだけは出なかったようです。日本人との身体の違い?ただただ偶然?恐るべしトマティーナ。これから中央アジアだし体調崩している場合ではないので早々に良くなる事を願います。

<Sleeping>
Barcelona/バルセロナ
・Alberg Barcelona Pere Tarres・・・14.90ユーロ/8人ドミ
 Add:c/Numancia 149-151
 P:+34 934102309,Fax:+34 93321416
 E-mail:alberg@peretarres.org
 Wi-fiあるもロビーでのみ、朝食あり、メトロ駅から500m程。
 パーキングは15ユーロ/day
関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

過酷なトマティーナ

2013/8/28

 ついにこの時がやってきました。結局7:30に起きましたが眠い、眠すぎる!!まずはチケットを交換に行きましたが行くときに宇宙人が前夜祭から戻ってきましたが顔は死にそうな程ぐったり。場所を教えて貰い交換所に行きましたが誰も並んでいなかったのでパスポートを見せサインをしてあっさり交換。リストバンドが参加者用の証明となります。

戻ると宇宙人がテントの中で寝ていてびっくり。そりゃ疲れているよね。生ハム取りの時間が来たので着替えて荷物を預けて会場へ向け歩きます。それにしても寒い、寒すぎる。太陽が全くありません。

私は捨てるべくとっておいた4ポンドの水着にワンピース、ぼろぼろなったパンプスで挑みます。荷物が軽くなるので嬉しい!!石鹸のついた棒の先にある生ハムを誰かが取るまでトマティーナが始まらないのですが待っている間雷がなり土砂降りになってしまい全身びしょ濡れ。それだけでも超寒いのに太いホースで高台から放水された時は間違いなく風邪を引くと思ってしまった。とにかく動けない程の人だったので寄り添いながら体温をキープ。朝食を食べてないので更に悪い状況です。

その内ドーンと合図がなりお家の屋上からトマトが投げられたのですが何と唯一ゴーグルの持ってないフミ君の目に大当たり!!早速充血しています。可哀そうに。。。その後トラックがやって来ては荷台に乗っている人達がトマトを私達に投げてきますが中にはちゃんと潰さず思いっきり投げてくる人がいてそれが当たると超痛い。こっちもリベンジをするかのように投げるのですが当てた人曰くその後更にリベンジされるらしい。とにかく顔や紙に擦り付けたり投げ合ったりとビッグメス!!!

動いている間は暑かったのですが密度が薄くなると超寒い。約1時間で終わり戻ったのですが大雑把にトマトを取り払う為にホースでかけてもらう水も冷たくって寒い。髪に着いたトマトは取れないので諦めて宿で綺麗にします。身体がとにかく寒くココアを買って一気飲み。ちょっとマシですがそれでも身体の芯から寒い。

幸いにもブニョールと今晩の宿Valencia/バレンシア間は約1時間程の距離。トマティーナ中はアドレナリンが放出していたので平気でしたが、終わった今はもうぐったり。フミ君をバスターミナルで降ろした頃に限界がきて運転を交代して貰いました。

因みにブニョールの出口で警察の検問あり。アルコール濃度をチェックされます。もちろん私は飲んで無かったので0.00でした。

トマトの汁が目に入ったようで目から多量の目ヤニが出てきます。目薬をさすとしみて痛い。下手に炎症を起こさないで欲しいけど。

フミ君を降ろしてからすぐ車内で熟睡。起きるとすでに宿近くにいました。チェックインの後は暫く皆横になって休憩。身体が寒くシャワーに入ってようやく温まってきました。シャンプー2回でようやくトマトが落ちた様子です。

2時間程休んでいる間は土砂降り状態。もう夏は終わりかなぁ。皆疲れていますが朝から殆ど食べて 無いので、傘を片手に外出です。

取り敢えず近くにあったバールに行ったのですがまだ19:30なので閉まって居ました。もう1カ所はすでに客が多くここで決定。どちらも中国人経営でこちらはとても愛想がいい。向こうはスペイン語しか話せませんがオリビエがちょっと理解出来るので大分助けて貰いました!!食べたのは帰国まで食べれないであろう豚肉。豚肉2枚にポテトフライズにグラスオブワイン、デザートでたったの5.5€は安い!!いわゆるタパスのあるバールではありませんが大満足です。明日も来たいなぁ。

因みにスペインではクレジットカード利用の際にIDを見せなければいけません。フランス貰いましたスペインもID所持は必須らしいですが今まで持ち歩いて居ませんでした。今後は注意します。

因みに写真は現在現像中なのでしばらくお待ちください。

<Sleeping>
Valencia/バレンシア
・・・・4人で80ユーロ
 駐車場約22ユーロが9ユーロに割引になる
 キッチン無し、wi-fiあり
関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

トマティーナ前夜祭

2013/8/27

 やはり寝るのが遅かったので起きるのもしかり。ですが今日のチェックアウトは12:00なのでそれまでにパッキングして大家さんが来るのを待ちました。そして時間丁度になりデポジットも返金して貰ったのですが話に花が咲きお昼ご飯を食べるのであれば荷物を置いて行っていいわよと嬉しい言葉が。大家さんが来る前にすでに車のバックに外部から見えない分だけ入れておいたのですが私達は5人なのでまだまだ荷物はあふれています。

置かせてもらいお勧めのタパスを教えて貰い出かけました。ビンチョーと呼ばれるパンにアンチョビや生ハム等を乗せて串刺しにしてある1品料理が可愛く尚且つおいしかったです。

昼食
昼食

何だかんだでバルセロナを出たのは15:00、まぁ夜までに辿り着ければいいかな。私とオリビーで交代しながら運転したのですが途中休憩も何回かしたので到着したのは何と23:00頃。結構時間がかかってしまいました。

すでに町のあちらこちらで音楽が聞こえ人もたくさんいる。だけどとにかく日本人率が高い!!どこもかしこも日本人だらけ~。多いとは聞いていたけどここまでとは思いませんでした。後から知ったのですが日本人率は18%だったらしい。そして日本人とオーストラリア人が特に多かったと現地のニュースで紹介されていました。

前夜祭
前夜祭

先にテントを張る場所など情報収集してきてもらいその後荷物を持ち移動。そこには荷物を預ける場所もあり便利です。しかもたったの1ユーロ!!

テントを張り持って来たビールを飲んでから深夜の町へ繰り出したのですがスペイン人が特にフレンドリーで(中にはたちの悪い人もいましたが)こんばんは、とかありがとうとか声をかけてきました。浴衣をきた人、ブリーフ1枚で全身を赤で塗り髪を緑にしている人、全身銀のタイツで宇宙人の様な格好をしている人などいろいろな日本人も発見しました。

バー、クラブ、泡があふれている場所など前夜祭を楽しみましたがすでに5:00近く。更には風邪を引いたという宇宙人の友人の女の子まで拾い私の寝袋を貸し咳をしていたのでテント外で寝て貰いました。私はフミ君の寝袋を広げて貰い5人でテント内で雑魚寝しましたが明日起きれるだろうか。入場券の引き換えの時間があるので目覚ましは6:30にセットして貰いましたが起きれるかどうか、気合で起きます。

RIMG2209.jpg

<Sleeping>
Bunol/ブニョール
・開場でテント泊/5人で10ユーロ

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。