とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

New Year Eve Party

2012/12/31

 あっという間に2012年最後の日。今年はハンガリーからグレート・ブリテンまでうろうろしましたが、失ったものよりも得られたものの方がはるかに多く満足の1年になりました。そして何度かさぼりましたが長らくこのブログに付き合っていただきありがとうございます。もう暫くの間お付き合い下さい。

今晩は年末年始のホームパーティーに招待されているのでそれまでに戻らなければいけません。昼前にデーヴィーッドに日本商品が置いてあるスーパーマーケットに連れて行って貰いかなりウハウハ。欲しい物だらけでしたが購入したのはお好み焼き粉にソース、そして最近切らした醤油。まだ味噌はあるしこれから暖かい国が待っているので必要なし。後は蕎麦、前回はタジキスタンで買いましたが今度は国産物。楽しみです。他には大福を買ってしまいました。やっぱり餅ですわ。餡子も大好きだけど1個1.20Pくらいとやはり高い。でも欲望は止められず3個買っちゃいました。1つはホストのパトリック用にです。

買い物を楽しんだ後はSt.Paul's cathedral/聖ポール聖堂へ。ここの近くにパーキングが無く雨が降る中うろうろ。10分程してようやく地下駐車場を見つけて駐車出来ました。中心地はなかなか見つけるのが難しい。そして入場料の当てっこをしたのですが2人とも大外れ。何と15Pもする!!ただの大聖堂ですよ大聖堂。普通5Pも出せば十分でしょ??またもや学生証を出したのですがたったの1P引きの14P、容赦ないわ。そして無料で借りれるはずのオーディオガイドが待ちがいっぱいで借りられず。尚且つ写真撮影禁止。本当に残念です。ですがせっかく来たのだからと入場する事にしたのです。

大聖堂の屋上まで登れるようになっていたので登る事にしたのですが1段1段が低い作りになっているので息切れする事無く登る事ができました。しかも3段階の作りになっているので途中休憩しながら登る事が出来ます。最初の階から聖堂の本堂や天井を見渡す事が出来るのですが監視員がいて写真を撮ろうとするとすぐに注意が入ります。いやいや、もっと自分達の財産に自信を持とうよ。写真を撮ってそれが流出したからって来たい観光客は来るって。どれだけ禁止した所で隠し撮りする人はするしね。

聖ポール聖堂から
聖ポール聖堂から

屋上まで登りましたが空は灰色、尚且つ雨も降っているし風も強いので長居は出来ずささっと写真だけ取って降りる事にしました。大聖堂を見終わった頃にはもういい時間、ホスト宅まで送ってもらい急いで準備して待ち合わせ場所の駅へ。約束時間丁度に到着、それから暫く中心部を散歩しつつバス停へ行きました。バスで約1時間ロンドンの西から東への移動なので時間がかかります。そして最終地点で下車、ロンドンバスの2階の最前列だったので街観光も出来て楽しめました。

今日のホストはジャックとリーズ、フレンチとタイ人カップルです。今日の日がどんなに待ち遠しかったことか。というのもジャックはフレンチシェフ、そしてリーザの料理の腕はスペシャルだとパトリックから聞いていたからです。アパタイザーから始まり最終的には食べきれない位のたくさんの料理がサーブされました。中でもリーザの怠フードは最高!!ムール貝withトムヤムソースに海老withタイソース。デリシャスとしか言いようの無い位のおいしさ。ジャックのフレンチ料理も楽しみたかったのですが、すでに満腹で胃がはちきれそう。結局伝統的なグラタンは1口すら食べれず、他にもチキン、ハム、サラミ、チーズ、デザートも同様に1口も食べれませんでした。この日の為に胃を大きくしておくべきでした。

楽しい時間

とにかくこのカップルはとてもおもしろい、常に笑いが絶えません。あっという間に新年へのカウントダウンがやってきました。シャンパンをついでその時を待ち、新年と同時にハグ&(頬の)キスでお祝いそして乾杯。今年も素敵な新年を迎えられて幸せです。ありがとう!!全てにおいて感謝、家族、友人、そして旅で出会ったローカルの人々にも感謝します。明けましておめでとう!!

乾杯

<Transport>
・Train&Bus・・・OysterCard(Discount)

<Sights>
・St.Paul's Cathedral/Adult15P,Student14P

<Sleeping>
London/ロンドン
・Jack's home

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

再会 in London

2012/12/30

悩んだ挙句今日はHumptonCourtPalace/ハンプトンコートパレスに行く事に決めました。お家からは比較近い場所にあるので行き易そう。まずはリッチモンド駅までメトロで移動してから駅前のバス乗り場からR68に乗り約30分で最終のパンプトン駅まで。実は1ケ手前で降りていたら宮殿前だったのですが停車ボタンを押し忘れてしまったので降りれず。といっても200m歩けばもう宮殿の入口なんですけども。

フランスからイギリスに来て思ったのは観光地の入場料がはるかに高いと言う事。宮殿に入るにあたって16Pって超高い。学生証の期限が年末なので駆け込みで使いましたがそれでも14.30Pって。家族で観光に来たらあっという間に100P越えますよ。この異常な価格にしても観光客は絶えず来るのだから恐ろしい。皆お金持ってますわ。とかいいつつ貧乏旅行中の私も入りましたが、ロンドン、、、というかUKではもうお城には入場する事は無いだろうな(笑)

オーディオガイドが無料だったので借りてあれこれ周ったのですが何と3-4時間があっという間に過ぎてしまった。何という情報量、その分の価格という事か?いやいや、それにしても高すぎる。でも十分満喫できたと思います。というか、どうにか満足いくようにほぼ全てのガイドを聞いたと言うのがこの時間のかかりようなのですが。短期旅行で来る分にはこんなもんだと思えるかもしれないけど、長旅をしているとかなりの痛手。だって1日の平均宿代より高いんだもん。

ハンプトン

ここから戻る途中にデーヴィッドから連絡があり今晩夕食を食べに行く事になりました。なのでリッチモンドを散策しようと思っていましたが急遽予定変更。パトリック宅に戻り準備をして待ち合わせ場所のピカデリーサーカスへ。リッチモンドとは違いものすごい人の数!!さすが中心地です。駅前で待っているとバイクで迎えに来てくれました。キルギスぶりなのでもう3か月以上経ちますか。再会って嬉しいですね。

お腹が空いていたので中華料理店で3品注文したのですがかなりお腹がいっぱいになって結局食べきれず。食後は夜のロンドン散策に連れてってくれました。途中バーに寄りつつタワー・ブリッジ周辺を散歩。クリスマス前後から年始にかけて至る所でライトアップがされているので夜歩くのも楽しい。ライトアップだけでいうとパリよりもロンドンの方が煌びやかに感じます。明日も観光に付き合ってくれるそうなので楽しめそう。しばしロンドンを満喫します。

タワーブリッジ
タワーブリッジ

橋から
橋から

散歩
散歩

<移動>
London/ロンドン
・Public Transport/OysterCard
 Deposit 5Pounds
 デポジット5パウンドかかる。
・Pichmond→HumptonCourtPalace・・・Bus/Oystercard
 Bus No:R68

<Sights>
・HumptonCourtPalace/Adult16P,Student14.30P

<宿>
London/ロンドン
・Couchsurfing

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ぐったり

2012/12/29

 パリを0:00に出発したバスは国境の港に3:00に到着。最初にフランス側イミグレでパスポートを見せ(こっち側はスタンプ無し)、その後すぐ隣の建物がUK側のイミグレーション。ここでは入国カードを書かなければならず尚且つ質問もいろいろされます。私は正直に世界一周中だと答えると、期間や残金はあるのかと尋ねられました。入国拒否だけは避けたいので十分にあると自信満々に言っておきました(笑)

再びバスに乗りその後ちょっとしてフェリーにバスごと乗船、眠たいけどバスから降りなければならないので結構キツイ。2時間をカフェの椅子に座りウトウト。物音で目が覚めると皆バスに向かって列を作っていたのでそれについてバスまで移動。時間はUK時間で5時なので後2時間半で到着の予定です。車内に戻り再び熟睡し今度は明るいライトで目が覚めるともうそこはもうロンドン、ヴィクトリアバスターミナルに到着直前でした。時間は7:00、出発が遅れたけど到着が早まったようです。国境で時間がかかる事を想定してのタイムテーブルのようです。

ここからヴィクトリア駅まで歩き割引きのあるオイスターカード(香港でいうオクトパスカード)を購入し待ち合わせの駅まで移動しました。が、運の悪い事にヴィクトリア駅から直通で行けるはずの目的の駅までの一部区間が年末まで工事中で乗り換えを2回しなくてはいけないのです。乗り換えは無料ですが手間がね。

待ち合わせ駅で電話をするとパトリックが迎えに来てくれました。どうやらメールでメトロの工事の事を知らせてくれていたらしいのですが昨日は夕方以降チェック出来なかったので知る事は出来ません。まぁ無事辿り着けたので何より。

お家は駅から比較的近く解り易い場所で助かります。残念な事にここ数日はほぼ毎日のように雨が降っているらしい。フランス同様に今は観光シーズンでは無い事間違いなし。それでも観光客が多いからなぁ。しかも今の時期は年末年始で休みの人が多いのでロンドンに来る人も多そう。

パトリックが出かけている間に明日どこに行くか考えていたのですが今回は2度目なので市内観光への意欲は無し。パワーを貰いにストーンヘンジまで行こうかと思ったのですが丁度いい時間のバスがありません。しかも最寄の町、ソールズベリーまで3時間~3時間半もかかるのです。そして列車だと1時間半なのですが片道だけで38P(Pounds)もする!!高い、高すぎる!!バスだと10~15Pなのですが、う~ん微妙な所だ。パトリックに話を聞くとそれだけの時間やお金を費やしていく程の物じゃなかったとはっきり言われたので更に悩んでしまう。どうしよう。UKに滞在するのは2週間ですが元旦はどこも閉まっているので観光できるのは12日間、といってもずっとロンドンに行く訳では無く12日の早朝にリヨン行きの飛行機に乗るので北上もしなければいけません。ロンドンに来たのはいいけど何も決まってないのでそろそろ決めなきゃな。

<移動>
London/ロンドン
・Public Transport/OysterCard
 Deposit 5Pounds
 デポジット5パウンドかかる。

<宿>
London/ロンドン
・Couchsurfing

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

レンヌからロンドンへ

2012/12/28

 念願のMSMにも行けた事だし今日の夕方発でパリに戻りその足でロンドンまで一気に移動します。今日の車の時間まで時間があるのでゆっくり部屋で休ませてもらう事にしました。移動日は何気に疲れるのです。ただ今回のドライバーと何故か連絡が取れないのでなんだか嫌な予感。無事ピックアップしてもらえればいいけど。ちなみにピックアップされなければ手数料だけ引かれるというシステム。ただこっちとしては80ユーロも払って列車で移動したくないと言うのが本音です。レナウドは今日ももちろんお仕事なので鍵の返却方法を教えてもらいお礼もちゃんといいお別れしました。ホストより後に部屋を出るって2回目ですが何とも不思議な感覚です。私のお家じゃないからさ。

時間まで写真のバックアップに今後のプラン等何気にする事があり忙しく時間が過ぎて行きます。実はまだロンドンにどのくらい滞在するかすら決めておらずホストのパトリックにもあいまいな返事しか出来ません。カウチサーフィンに希望を出した際に多い日数で書くと受け入れてもらえ無さそうだったので(しかも年末年始)、29日から3日間だけにしたのですが毎日やり取りのメールをしていると「1月1日以降はどうするんだい?もしロンドンに居る予定だったらもう数泊泊まっていっていいよ」とありがたいメールを頂いたのです。これは相当嬉しい、というのも1月2日位までは大体の宿がまだスペシャルプライスを保持しているのです。郊外であると大分価格は下がって来るのですが中心部だと平気で30ユーロ超えという恐ろしい価格。

前回UKではロンドン周辺にしか居なかったので今回はスコットランドの方まで移動し12日のフライトでフランスに戻ります。場所はリヨン。またか?という感じかもしれませんが、チュニジア行きのフライトがパリ同様に安い、そして一番の目的はフランス語を暫く勉強する事。今後チュニジア、アルジェリア、その後西アフリカへ行きますがフランス語は必須。若い世代の子たちは英語を話せるとは聞きますが都市部だけな気がするし、やはり少し話せればロシア語圏同様ぐっと居心地がよくなるはず。そして何とありがたい事にリヨンでのホストであったヴィンセントが再度私をホストしてくれる事、フランス語を教えてくれる事を快諾してくれたのです。そしてそれにあたって1つ取り決めをしました。ワインは夕食時に1杯まで(笑)というのも真剣にフランス語を覚えなければいけないのでグデグデになる訳にはいきません。とにかく決めたので突き進むのみ。やる気があれば少しずつでも出来るはず!そう信じたい。

時間30分前に今日のドライバーのアーネストから電話がかかってきましたがフレンチさっぱり理解できず。うにゃうにゃこっちも言っていると奥さんらしき女性が電話を代わり英語で通訳してくれました。どうやら30分遅れるらしい。まだアパートから出てなかったから問題ないです。どうせロンドン行きのバスは23:30とまだまだ時間に余裕がありますし。そして16:30に向けアパートを出ました。隣駅なので歩いても時間はかかりません。

時間に合わせて待ち合わせの場所に行ったのですがなかなか車が来ない。もしかしたら嫌な予感的中か?と思いつつ30分待った所で電話。すると何やらトラブルで後10分程遅れるそう。英語があまり話せない感じなので聞き取りも難しい。フランス語を理解できない私に問題があるのですが。

幸いにも雨が降っていなかったので待つのに苦はありませんでしたがちょっと風邪の引き始めという状態なので悪化しない事を祈ります。レンヌからパリまでハイウェイで3時間半程。パリに着いた所でドライバーの奥さんらしき人が車酔いの限界に来たらしくちょっとばたばたしましたが無事メトロ駅に到着。ここからは乗り継いでバスターミナルに行くのみです。

すでに20:00をまわっていたのでメトロはそんなに混んでません。3番線最終のガリエニ駅で降りバスターミナルへ。ユーロラインのバスの表示が解り易く難なくチェックイン。バスの出発は23:30という事ですがバスがやって来たのがその時間丁度で出発したのが0:00になってからでした。長い夜明けになりそうです。


<移動>
・Rennes/レンヌ→Paris/パリ・・・Shareing car/23Euro+charge
 by Covoiturage
・Paris/パリ→London/ロンドン・・・Night Bus/夜行バス
 59Euro/23:30→7:30

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

モンサンミッシェル

2012/12/27

 ついにMSM攻略の日がやってきました。MSM、そうモン・サン・ミッシェルの事です。ここ毎朝10:00前後の起床でしたが何と6:55に目が覚めた!!我ながらよくやったと思う。目覚ましの5分前に起きるという事はそれだけ無意識に緊張していたと言う事かしら。

レナウドも仕事に行く為に起きて来たので一緒に朝食を頂きました。朝からサーモンをパンに乗せて食べるとは、、、さすがフランス人。(何でもかんでもフランスでまとめてしまっている)MSM行きのバスはレンヌ駅近くのバスターミナルから9:40に出発するのでそれに合わせてメトロで駅まで向かいました。バスターミナルには明らかにこれからMSMに行きますと言う観光客がずらり。そしてアジア人多し!!ターミナルでチケットを購入しバスに乗り込みました。

MSMまでの1時間半はほぼ熟睡、MSMホテルなる場所で一旦停まりその後すぐに見えてきました!!わ~、ここで降りたい!!と思ったのですが降車ポイントは決まっているので我慢我慢。後から歩く事にします。MSMの目の前でバスは停まり降りてまず海風の洗礼を受けました。しっかり二の足を地につけていないとよたる位の風の強さ。とにかく遠くからの写真は後からにしてまずは敷地内へ入る事に。道中は雨がぽつっと降りかけていたのですが到着して間もなく青空が見えて来たのです。これにはかなりテンションがあがりました。そして古い家々が素敵すぎる。小路を歩き階段を上り写真をとにかく撮りまくりました。久々に観光に意欲的になった気がする。

きた~

外観や街並みに興味があったので修道院の中には入らずとにかくウロウロ。その後で外観の写真を撮る為に30分ほど強風の中を歩きましたが写真を取るにも風が強く一苦労。この滞在した3時間で100枚はゆうに写真を撮りました。いやいや、とにかく大満足です。

修道院
修道院

古いお家
古いお家

離れて
離れて

戻りは14:20のバスでしたがバスを待つ場所の周りに防風になる壁がなかったので短い時間でも厳しく長い時間に感じられました。そしてようやくバスが来た時にはほっと一息。まっすぐ立ってられないくらいだったので立っているだけで疲れてしまった。

今晩は3種のきのこの炊き込みご飯とわかめと玉ねぎのみそ汁を作ってみました。まぁ簡単に作れるものしか作らないというか作れないというのが事実。そしてぎりぎりの所で醤油が切れてしまった!!レナウドには申し訳ないですが薄味で。そして昨日同様に赤ワインで乾杯。明日は夜行バスだから飲まないけど明後日からロンドンでフランス人のお宅に年越しまでお邪魔する事が確定したので間違いなくワイン漬けになりそう。しかも年末はホストの友人であるフランス人のシェフとその彼女であるタイ人の女性がミニパーティーを開くそう。私もお邪魔していいそうなのでとっても楽しみです。フレンチとタイ料理を同時に味わえるとはなんて素敵な年末でしょうか。クリスマスが味気なかった分年末年始はエンジョイ出来そうです。

<Transport>
・Metro in Rennes/レンヌのメトロ・・・1.4Euro/per
・Rennes/レンヌ→MSMichel/モンサンミッシェル・・・12.1EURO
 9:40(weekday),11:35(weekend),12:50,16:45発About1,5hours
・MSM→Rennes・・・12.1Euro
 8:55(weekday),9:20(weekend),11:20,14:20,17:15発1,5hours

<Sleeping>
Rennes/レンヌ
・Couch Surfing

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper