とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷走ながらも進路決定

2012/10/30

 今日は朝からニコライとバザールに出かけてきました。Mondayiマーケットなるものがカブール川近くにあるようです。実はマザーシャリフでは今までのスタンの国々にあったようなバザールが無くポツポツと単品であるのみ。バザールだと1カ所で欲しいものが手に入るのにアフガンではそうもいかず、うろうろ歩かなくてはいけません。

宿から2~3km程南東に歩いた所でカブール川に到着。でもここに大きなバザールがあるわけでは無く川沿いに野菜やフルーツを売っていたりしているのですが、肝心のウォールナッツが見当たりません。商店で袋詰めされたものは発見したのですがもちろん高いのです。結局諦めてザクロ、レーズンだけを購入して戻ってきました。ちなみに価格はマザーシャリフの方が断然安いです。ヘイラットも安いのかな?そう考えると行きたくなっちゃうんですよね。あ~、もうちょっと航空券が安ければな~。

戻った後は昨日同様にエアラインオフィスでwi-fi三昧です。嫌な顔されるかな?と思ったけどそうでは無く昼食までまたまた頂いてしまいました。さすがに申し訳なくて断ったのですが「いいからここに来て食べなさい。お金は取らないから(笑)」と昨日同様。今日はパスタwith豆の加工した物。実は今日バザールで大量のヤギの頭を見てしまい当分肉は食べたくない気分。隣に臓物がありかなり血なまぐさくしかもヤギがしっかりと目を開いていてありえないけど目があった気がしたのです。頭が至る所で固められていたのがとっても印象的でした。おそらくラマダン明けなので普段以上に絞められたのでしょう。

とにかくベジタリアン食を頂き計3時間くらい居座り、今日はラマダンについて、モスリムカップルへ疑問についていろいろ質問させていただきました。宗教、そして文化も何もかも違うので聞きたい事が山ほど。カブールの人々はショップで働いている人は大抵英語が話せます。いやいや、共通の言語ってやはりすばらしい。もっと話せたら!!と毎度の事ながら感じます。

ネットでロンプラのPDF(コーカサス、コソヴォ周辺、モロッコ)を購入しようと思ったのですが、間抜けな見落としからどうやっても購入画面にいかずニコライにヘルプ電話。申し訳ないですが1km以上離れたここまで来てもらいようやく購入出来ました。すみません。

ちなみにロンプラをネットで2冊分購入すると1冊分が無料になります。なのでどの本を購入しようかと最初悩みまずはコーカサス、コソヴォ周辺、イラクを選んだのですがイラクのは中東の中の1つの国だけを選んだので4.5US$、そして他のは丸々1冊分の購入になるので15US$前後、で無料になるのは一番安い価格の物。それだったらイラクを外して行く予定のモロッコ(これは15US$位)を選んだ方が10US$以上得します。念のために最後にイラクを4冊目として選んだのですが、割引がイラクの分だけになってしまったのでこれはビザが取れたら他の国と合わせて購入する事にしました。治安次第では行けないかもしれないし。因みにクルド人地区だけですよ。ご心配なく。命あっての旅なので無茶はしません。

購入後に早速PDFをダウンロードしようと思ったのですがあまりにもネットが遅く1つのカテゴリー毎に1時間以上かかりそうだったので止める事に。ニコライ情報ではこの国にはStand internetなるものが存在しナンバーを購入すればGBに合わせて1日、3日期限の物が選べます。ただホテルの中では電波が来ていないのでどうしても外で使わなくてはいけません。なので購入した所が丁度裏手にあったので目につかないように座って黙々とダウンロード開始。ですがそれでも遅くどんどん暗くなってきたので中断し宿に戻る事にしました。カブールでは17:30にはもう暗くなってしまいます。もう冬が近いので仕方ありませんが。

どうやら宿の前で電波が拾えるようだったので宿のスタッフにこの道路上は安全か確認し(因みにカブールにはどこにでも銃を持ったセキュリティーがいます)、ダウンロードしていたらどんどん人が集まってきて結局おしゃべりタイムになってしまい目的は果たせず。ですがアフガン情報はたくさん頂いたので助かりました。

というのもまずはバーミヤンについて。ここからの道は北と南ルートがあるのですがもちろん南ルートは危ない、ですが北ルートもタリバン出現の可能性があるそうです。ちなみにこの宿には3か月前からスウェーデン人の男性が滞在していて彼曰くずっとバーミヤンに行きたいと思っているけど現地人から陸路で行くべきでないと言われているので未だに行ってないそうです。もし行くなら雪が降ってからだと言われました。というのもタリバンは寒くなると移動するらしいのです。その話をバーミヤンにまだ行きたがっている友人にして欲しいと伝えておきました。大切な友人を失いたくないのです。

他にはヘイラットについて。ここへももちろん陸路で行くべきでないし現地人でさえ飛行機を選ぶと言っていました。危険+片道約3日かかるというのが理由です。ただ皆、町に着いてしまえば安全だと口々に言っていました。そしてこの宿によく滞在しているという男性がヘイラット出身で英語の話せる兄弟がいるのでいろいろ助けになれると思うと言ってくれたのです。お願いするかどうかは解りませんがとにかくナーバスだった気分が幾分がほぐれました。移動を考える旅に緊張しっぱなしだったからなぁ。

スウェーデン人曰く「とにかくマスコミの言う事は信じるな。現地人の言う事を信じればいい」との事。確かに現地人が一番情報を持っている事は間違いありません。タシケントの日本大使館でマザリシャリフですら今や危ないから行ってはいけないと言われましたが、ウズベキスタンのボーダーの町で話を聞くとここ何年もマザリシャリフ、ヘイラットでは大きな事件は起きてないそうです。カブールはノーマルだと言っていました。そして実際にマザリシャリフの中心部ではセキュリティーが居るのでその区域は夜で歩いても平気。もちろんマザリシャリフでは変装かつ完全に髪隠しが必要でしたし以前も書きましたが女性は夜出歩かないので歩いたのは友人のみ。

ここカブールでは日本からのロングスカートに長い靴下、タジクで買った室内用靴にビシュケクで購入した黒いフリース、そして1枚の黒スカーフかつ前髪が出ていても平気。というか周りの女性がもっと派手なスカーフだったりもっと髪を出しています。本来なら派手な1枚を買うべきなのでしょうが意外と物価が高いので・・・。基本的に周りの人々を観察して真似ればそこまで浮きません。

ただ顔が違ったりするのが問題なのでカブール以外ではブルカをかぶるのも1つの手です。ただコミュニケーションが取れない、横が見えないので道路を渡る際に危険なのですが。おそらくヘイラットではマザリシャリフと同じ様な恰好だと思うのでドレス着用だと思いますが。ちなみに私の顔はアフガニスタン女性の顔に近いそう。どちらかというとマイノリティーな部族な方に近いので多くはないのですがそれでもたまにフィリピン人の顔を持つ女性をカブールで見かけます。マザリシャリフに特に多いそうですが皆ブルカを着用していたので私は気が付きませんでした。今まさにフィリピン人顔を持って生まれて来てよかったと実感しています。父よ、母よどうもありがとう!!

そして話をしている内にやはりヘイラットに行きたくなりました。航空券は片道100US$以上するので高いのですが、次いつこの国に来るの?と自問自答すると多分これがラストチャンスでは無いかと思うのです。ニコライ曰くイランから陸路で行けば断然安いと言いますが、幾らトラブゾンでイランビザを取るにしてもダブルビザが手に入るかどうかは解りません。もしトルクメニスタンに行かないのであればシングルビザで十分ですがヘイラットよりもトルクメのガスクレーターの方が優先順位が高いのでイランからは行く事は無さそう。

なので明日アゼルバイジャン行きの航空券の価格をチェックした後にヘイラット行きのフライトを予約する予定。この宿のスタッフに荷物の管理をお願いすると可能だと言うので殆どの荷物を置いてエコ袋かスーパーの袋のみで行ってこようと思います。盛り上がって来たぞ~。

<宿>
Kabul/カブール
・Salsal Guest House・・・シングル/600Afg
 Address:Jad-e Torabaz Khan
 Phone:079 9734 202
 シャワーは初日だけぬるくその後はアツアツ。
 朝にナンとチャイのサービスあり
※ロンプラに載っている最安値のPark Hotelは外国人は泊まれない

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

情報収集

2012/10/29

 今日は午前中は情報収集だけで時間が過ぎて行きそう。航空会社でアフガン内のエアーチケット代、そして今後向かう国へのチケットのチェック。そしてUSBモデムも購入しなければ。ネット予約が安いと判れば自分のラップトップで予約したいし。ついでにロック解除についても聞かなきゃいけません。

まずはエアラインのオフィスに向かいつつモバイルショップでUSBモデムの価格を確認しましたが何と40US$!!ロックは解除されているらしいですがちょっと高くないすか?考えた末に急いで買うのは止めておきました。

そしてエアラインのオフィスに行ったのですが、ヘイラット行きが116US$(one-way)と、とっても高い!!往復割引も無いのです。念の為に他のオフィスでも確認しましたがほぼ同じ価格。バスだと断然安いのですが3日かかる上、タリバンのチェックポイントに引っかかる可能性大。3、4日の滞在の為に232US$払うべきか、ヘイラット行きを諦めるかで大分悩んだんですが結局答えは出ぬまま。

ついでにスタッフの男性にネットカフェを探しているんだけど近くにある?と尋ねるとここのを使えばいいよと言ってくれたのです。しかも念願のwi-fiではありませんか!!更にはカウンターの内側でやりなさいとあたかもスタッフになったような気分で居心地良く使わせてもらう事ができました。そして一気に貯まったブログをアップしe-mailやfacebookのチェック、スカイスキャナーでフライトの価格チェック等しているとあっという間に2時間が経っていました。さすがにやり過ぎかと思いそろそろ行くよというと「行くのはいいけど昼ご飯を私達と一緒に食べてからにしなさい。もちろんお金は払わなくていいよ」何ですって!!何というありがたいお言葉!!遠慮と言う言葉をとっくに忘れ去ってしまっている私は2つ返事でOK。

ちなみに豆のスープにパン、ヨーグルトと私にとっては最高なランチです。豆大好きだもんね~。食後にお礼を重ね重ね言いオフィスを後にしました。また来ちゃいますよ~。宿と同じ道路沿いにあるので迷わず行けます。

宿に戻った後昨日助けてもらったハッサンと一緒にお出かけしました。市内を案内してくれるそうなのでありがたい。まずはカブールにある動物園に行ったのですが、とても小さくクジャク、ジャッカル、ラクダがいるくらいで盛り上がらず。しかし、びっくりした事に檻の中に犬がいるではないですか!!これは今までで初めての事です。動物園に犬がいるとは思いもよりませんでした。ハッサン曰くここらへんの地方にいない犬だとは言っていましたがそれでも犬なのです。

犬が檻の中に
犬が檻の中に

ちなみにこのような場所ででも婚約していない男女が一緒に来ることはできません。もし見つかれば警察行きで家族が呼ばれどのような関係なのか問い詰められるそう。き・・・厳しい。周りを見渡すと男性同士で来ているケースがとても多いのです。というか女性は街ですらほとんど歩いていませんが。なので余計に女性が歩いていると皆じろじろ見るのです。私達はもしどのような関係か尋ねられたら旅行者と通訳と言えば問題ないとの事。実際友達であっても男女では来れないのです。ちなみに結婚前に身体の関係を持ってしまうと2年は刑務所行きだそう。お金を支払えば釈放だそうですが持っていなければ牢獄生活が待ち受けています。

動物園の後はアフガニスタン女性の服を扱っているデパートに行き価格を尋ねると何と5000Afg!!約100US$です。高すぎる!!商店で買えばもっと安いんでしょうけど。もしヘイラットに行くなら服は必要だろうし行かないなら不要です。さぁどうしよう。コインを投げて決めるのがいいのかな。

ハッサン、どうもありがとう
ハッサン、どうもありがとう

<宿>
Kabul/カブール
・Salsal Guest House・・・シングル/600Afg
 Address:Jad-e Torabaz Khan
 Phone:079 9734 202
 シャワーは初日だけぬるくその後はアツアツ。
 朝にナンとチャイのサービスあり
※ロンプラに載っている最安値のPark Hotelは外国人は泊まれない

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

Kabul/カブールへ

2012/10/28

 さすがにアフガンの内の移動を控えているだけあって緊張していてちょっとした物音ですぐに目が覚めてしまい熟睡感はありません。最終的には5:00過ぎのアザーンで完璧に2人も起床しパッキング、朝食をさっさと済ませてしまい6:00には宿を出ました。

宿前からタクシーでバスターミナルに向かったのですが200Afgを150に値下げしてもらい出発です。町から離れた場所にプリサタディーというカブール方面行きのバスが何台も発着しているのですが、ニコライの目的地のサマンガン行きのミニバスはここから発着していない様子。大型バスでも行けますが少々高いのです。私がバスに乗車した後にミニバス乗り場に向かって行きました。

私はと言うと7:00頃までまたされようやく満席となり出発。何度もクラクションを鳴らしながら進んでいきます。それにしても太陽が出ているのに暖房がかかっているのか熱風が身体に纏わりついて気持ちが悪い。その内昨日眠れなかったのも関係してか2時間程寝ていましたが起きるとスカーフが大分ずれていてアセアセ。こういう時ブルカでもよさそうだけど寝ていて息するのが大変そう。

気分は昨日より落ち着いていたのですが前に座っていたイラン系オーストラリア人の女性がバーミヤンへは行くべきではないと言い出しました。というのも少し前に彼女の妹さんに次はバーミヤンへ行くと話していたから。理由を聞くと何と2週間前にアフガニアンの男子学生がバーミヤンへ行く道中にタリバンの検問に合い殺されてしまったそう。その子曰く彼はパソコンやカメラ等を持っていたからといいます。電子機器はアメリカからのイメージが強いらしくそれが原因では?と話していましたが実際の原因は何だったのかわかりません。もしかしたらラップトップの中に何かまずいものでも入っていたのかも?想像する事しかできませんが、とにかくもし私がタリバンの検問に合えばラップトップ等関係なしに殺されるか捕まるかどちらかでしょう。急に恐ろしくなりまずは無事にカブールに到着できるのか不安になってしまいました。

例え飛行機でバーミヤンに行っても周辺にはタリバンが居るのでリスクがあります。いくらブルカをかぶっていても外国人が行けば噂が立つでしょうしすぐにばれるでしょう。なので今回はバーミヤンへの旅行は避ける事にしました。まずは命が大切なので。シルクロードの中心であるHerat/ヘイラットはマザリシャリフ同様に現在は落ち着いているそうなので飛行機が安ければ行くかもしれません。とにかく陸路移動は今回が最後!!

念のために他の現地の人々にも聞いたのですがこのニュースの事は知っていたので真実な様です。ただ、皆そろって考える事は良くない、考えると言う事は悪い事や物を造るだけだから忘れなさいと言ってきました。でもどうにもこうにも悪い事ばかりが脳内を巡ってしまいます。

14:00頃に昼休憩があり久々にケバブを注文したのですが最近肉を食べてなかったので、食後胃の調子が悪く痛みと違和感を感じてしまいました。ドゥシャンベ以降だったので胃が驚いたのかな?ナッツやドライフルーツ、フルーツがメインだったからなぁ。

ちなみにカブールへの道中の景色はなかなか良かったです。マザリシャリフからマイマナ、そしてマイマナからヘイラットへの道中も素敵らしいし北東部のバクハンコリドルに至ってはトレッキングで有名。これで治安がよければなぁ。アフガニスタンの1年間の観光ビザ取得者は約1000人だそう。この中の何人がツーリストなんだろう??この5日間で外国人を見たのは1人だけ、私達を含め少なくとも現在3人はいると言う事ですね。

休憩

道中
道中

カブールに到着したのは16:00を過ぎてから。9時間のバス移動は疲れます。ここから宿までですがタクシーに聞いてもらうと150Afgとか、ちょっと高くない?正直3ドルなので安いのですがここは日本ではありません。北欧で大枚はたいていた奴がそんな事を言うなと言う話ですがここはアフガニスタン。だだを捏ねていたら英語の話せる男性も同じバスだったようで彼も中心地へ行くそうなのでどのミニバスが向かうか教えてもらう事にしました。ミニバスは5Afgと安いですね。約8円です。

ただバスは目的の場所まではやや遠かったのでタクシーで近くまで向かいそこから歩いてようやく宿に到着しました。ここまで連れて来てくれてどうもありがとう!!案内してくれたのはアフガニスタン人のハッサンです。彼はマザリシャリフ出身で現在はUSアーミーで働いているとの事。アフガンの中では給料はとてもいいのですがリスクはやはり高く一度身に危険が生じたそう。ここはそれこそ前線に近いので尚更。彼の妹はイランに住んでいるのですがもう10年も会えていないそうです。もし彼がイランに行けばスパイとしてみなされ仕事をクビになってしまいます。難しい選択ですね。仕事が無ければ皆を食べさせて行けないし仕事をしていると妹さんに会えない。違う国で待ち合わせと言うほどゆとりがあるわけでもない、切ないですね。

夜になりニコライも偶然同じ宿に到着、2週間前にあったという事件を話し陸路でヘイラットやバーミヤンに行くのだけはやめて欲しいと伝えておきました。ヘイラットへは特に南ルートを通るのでタリバンの検問に引っかかる可能性が高いのです。命あっての旅ですからね!!

<移動>
・マザリシャリフ市内→バスターミナル・・・タクシー150Afg(2人で)
・マザリシャリフ→カブール・・・バス/600Afg/約8~9時間
・カブールバスターミナル→宿・・・ミニバス/5Afg+タクシー/20Afg

<宿>
Kabul/カブール
・Salsal Guest House・・・シングル/600Afg
 Address:Jad-e Torabaz Khan
 Phone:079 9734 202
 シャワーあるも、ぬるい。
※ロンプラに載っている最安値のPark Hotelは外国人は泊まれない

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

祝日2日目

2012/10/27

 今日は早朝にニコライが近郊の町に出かけて行ったので今日は終始一人行動。明日まで祝日ですがもうカブールに行きたいので情報収集とUSBモデムやアフガン女性の服を手に入れなきゃ。

ブルカを着用すると誰も見ないのでとても居心地がいいのですがファルシーが全く話せないのでコミュニケーションが取れない!!なのでゼスチャー等も含めスカーフだけの方がいいような気がしたので今日もスカーフのみ。

まずはバス会社のオフィスに行ったのですがやはり今日もどこのお店も殆どが閉まっていて購入できず。USBモデムを探しに行った所で英語の話せるスタッフがいたのでバスについて聞くと祝日でもバスターミナルに行けばカブール行はあるとの事。ついでにファルシーでバスターミナルの名前も書いてもらったので安心。ちなみに中心地からタクシーで100Afgで行けるそう。これで明日の出発が確定しました。USBモデムは開いていた商店3つとも扱っておらず今日閉まっているお店で購入できるらしい。ちなみに明日も閉まっているのでカブールで購入する事になりそうです。

町を歩いていると商店は点々とやっていますが露店は明らかに少ない!!もうクルミが無いので買い足したいのですが探してもありません。1kgくらい買っておけばよかった。空腹対策にザクロ1kgを80円程で購入、やっぱり安い!!

昼頃にもう一度外出して今度は大きな布を買いに行きました。バッグを探したのですが12~35US$とまずまずの値段、後はカブールとバーミヤンだけなので現地の布で隠した方がいいのかなと。私の荷物の量は担がないと歩けない・・・。男性用のスカーフがとても大きなサイズなのでアフガニスタンでよく使われているという物を購入、バックパック丸出しで歩くよりましかな。

<宿>
Mazar-e Sharif/マザリシャリフ
・Aria Hotel・・・ツイン1000Afg(20US$)
 Address:Darwaza-ye Shadian
 中心部のモスクからとても近い、シャワーなし
 水の蛇口とバケツがあるだけ
 wi-fi無し

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

祝日初日

2012/10/26

 今朝も昨日同様に外の音で起きたのですが、昨日より断然静かな朝です。といっても生活音はするのですが明らかに違う。窓から覗いてみると昨日までずらっと並んでいた屋台が1、2つしか見えず寂しい。

お店が閉まっているので今日は中心部にあるモスクに行く事にしたのですが、11:00までは祈りの時間のようで四方八方を警官が囲みゲートにはセキュリティーがずらっと並んでいます。私達も入ろうとしたのですがカメラは禁止と言われ観光であれば11:00以降だったら問題ないと言われました。なので外周を周って一旦宿に戻る事に。

道中商店が開いていたので寄ってみると、スイカジャムが売っているではないですか。でも記載はウォーターメロンでは無くメロン。とにかく好奇心が先行して65Afgで購入してしまいました。早速宿に戻りナンにつけて食べてみたのですが全くメロンの味もスイカの味もしません。しかも色は蛍光の黄色。身体に悪そう。だけど買ってしまったものは仕方がないので少しずつ食べる事にしました。もったいないしね。

スイカジャム
メロンジャム

時間と共に町は騒々しくなってきて朝は少ししかいなかった露店も戻る頃には増えていました。休みたい人もいれば稼ぎたい人ももちろんいます。私達の様な旅人にはありがたい事ですね。

しかしながら昼を過ぎた頃にお店がまた少なくなっていました。私はアフガニスタン女性のドレスを見に行ったのですが開いているのは男性用のジャケットのお店、そして靴屋、生地屋が2カ所開いていたのですが不器用な私にドレスが作れるわけありません。糸ももう少ししか残ってないし・・・。ちなみに今日はブルカを止めてタジクドレスとスカーフ2枚重ねとサングラスで臨んだのですが、1人で歩いているせいでかなりじろじろ見られちょくちょく声をかけられました。超居心地悪し!!ブルカってどうよと思っていましたが今まさにその大切さを実感しました。ただ横、足元が見えないので慣れない内はかなり危険。

外に出たついでにバスオフィスでカブール行きについて尋ねようと思ったのですが、やはり3日間の祝日中はオフィスは閉鎖。移動はタクシー以外選択肢は無さそう。明日も見に行ってみますが移動は少なくとも月曜以降になりそうです。ここに長居するつもりはなかったのですがタクシーでの移動は高すぎるので避けたい所。治安はすこぶるよさそうなのでアフガン生活を今暫く満喫するか~。

余談ですがマザリシャリフで売っているクルミはとても大きくて質もなかなか。ザクロは近隣諸国と比べると断然安いです。もしマザリシャリフに来る事があればぜひ試して欲しい!!ちなみに400gで100Afgでした。

夕方になってから息抜きにモスクに再度行って見る事にしました。今度はセキュリティー無しで普通に入れましたが、やはりモスクの敷地内となるとモスリム以外入れないようです。私はきっとブルカがあれば入れたんでしょうが、そこまでして入るつもりは無かったので最初からゲートには行きませんでした。

中心のモスク

今回は堂々と写真を撮り周辺を歩いていたらものすごいハトの数。白いハトだらけでつい写真を撮ってしまいました。そしてここで初めて欧米人男性を発見。本当に見ないので目につきます。しかも私たちと違って普通の服装でド派手なピンクのスカーフを頭で無く肩にかけていたので余計に目立ちました。皆それぞれですね。

ハトだらけ

ハトの群れ

こんな感じです

夜に今後のお互いのルートについて話し合ったのですが私はアゼルバイジャンビザの期限の問題でそのままカブール入り、彼はインドビザに余裕があるので他の町に寄ってからカブールに来るそう。そうと決まったらさっさと移動してしまいたい所ですが、明後日位にはバス無いかなぁ?明日もう一度リサーチしてみます。

モスクにて

<宿>
Mazar-e Sharif/マザリシャリフ
・Aria Hotel・・・ツイン1000Afg(20US$)
 Address:Darwaza-ye Shadian
 中心部のモスクからとても近い、シャワーなし
 水の蛇口とバケツがあるだけ
 wi-fi無し

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。