とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国

2012/7/28

機内ではあまり眠れず結局映画4本を見てしまいました。やっぱりロングフライトはきつい。寝台列車の方がはるかにましです。足を伸ばせるか伸ばせないかで大分違います。やはりここはマイルを駆使してビジネスクラスにするべきだったかな?スカイマイルも現在大分たまってきていますし。

長いフライトにも無事耐えようやく約14か月ぶりの日本へ降りたちました。アリョーナの学校のスタッフが出迎えているはずだったのですがどこにもおらず。そんな彼女を放っていくわけにもいかないので一緒に探しましたがやはり見つかりません。日本なのにこんな適当な語学学校があるんだとびっくり。他の語学学校のお迎えの女性が居たので彼女の協力でアリョーナの学校へかけてもらい結局連絡がとれ指定された場所へ彼女は向かっていきました。出鼻をくじかれたけど3週間日本を楽しんで!!

私は今晩は東京に住む姉夫婦宅に滞在の予定なのでついでにその女性に携帯を借り姉に電話しました。どうもありがとうございます!!ちなみにスカイライナーに乗る前にスタバでラテを購入しましたがホットかコールドか聞かれてびっくり!!何ですかそれ?と聞いてしまいました。14か月の間何度もスタバに通いましたがそんな事聞かれたこと無し。ホットが当たり前だったのでびっくり。それを説明するとスタッフの女性が外国人に尋ねるとホットだよと答えるのがほとんどだそう。成るほど!!そういう事かとスタッフの女性も納得していました。

姉のお家の近くの駅まで迎えに来てもらいようやく久々の再会。久々に甥っ子にも会いましたが恥ずかしがって目すら合わせてもらえず・・・。おばちゃん悲しいよ。

なんだか日本にいるという事がすごく変に感じられ違和感。多分時間がかかるんでしょうが、サービスが過剰すぎて気持ち悪いというか何というか。外国が適当過ぎるのかもしれませんがここまでだと怖い・・・。きっちりしすぎてる。まぁそれが日本と言われればそれまでですが。ある意味カルチャーショックです。

<移動>
・成田空港→日暮里・・・スカイライナー/2400円
・日暮里→秘密の場所

<宿>
・姉のお家

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

This is it!!

2012/7/27

 ついに帰国、この日がやってきました。今日は長~い1日になりそうです。フライト時間に合わせて空港に行きましたがスウェーデンで購入したスニーカーのリタックスの申請、受け取りなどしていたらあっという間に時間になってしまいました。空港でチューリップの球根を購入するつもりでいたのですがやはり空港価格だったのと購入しようと思っていた青が無く諦め。9月10月だそうです。でも町では何度も目にしたんだけどなぁ。買っておけばよかったよ。残念。

チューリップの球根
街でみたチューリップ市場

フライトはまずはアムステルダムからモスクワへ。久々のシェレメチボに降り立ちました。空港なのでユーロでもいけるかと思いコーヒーを購入する際に尋ねましたがルーブル又はクレジットカードでないとだめだそう。しかもスタッフに英語は通じず錆びてしまったロシア語でどうにかやり取り。言語って重要だなぁとつくづく。

そして3時間のトランジットの後ついに成田空港行きの飛行機に搭乗。隣に座っていた女性は見た目ロシア人だったのでロシア語で話しかけると日本語で返ってきました。といってもまだ片言しか話せないそうなのでロシア語、英語、日本語を駆使。さすがに3カ国語で話すとコミュニケーションはばっちり取れます。彼女は日本で3週間学校に通うそう。しかも自分でネットで調べて単身やってきたので勇気があるなぁ。しかもアリョーナ(彼女の名前)は仕事をしながら独学で2年間勉強したそう。私が搭乗の際に選んだ日経新聞を見て解らない漢字の読み、意味を説明しましたがなんせ経済の事なので私も説明しにくくちょっと大変でした。私の英語も独学なのではっきり言って文法も超適当。すまんね。

<移動>
・アムステルダム駅→スキポール空港・・・列車/4.20ユーロ
・アムステルダム→モスクワ→成田・・・アエロフロート
 乗り継ぎ時間3時間/408ユーロ

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

観光Day

2012/7/26

 昨日は熱も出てたことで観光をやめましたが今朝はまだ調子がいいので出かける事にしました。でもまだ身体が怠く朝食を食べた後もう一度寝入り結局外に出たのは12:00を過ぎてから。

せっかくアムステルダムに来ているのだからアンネ・フランクの家にまずは向かったのですが驚く程長い行列・・・。どうしようか迷いましたがこんな行列待ってられるか!!2人とかだと話しながら待てますが炎天下でぼけ~っと待つのはもったいない。すぐさま諦め外観の写真、家の裏の方にあったアンネの像と一緒に写真を取り去る事にしました。やはりここもツーリスティックプレイス。しかもシーズン中なので仕方ないですね。

アンネフランクの住んでいた家
アンネ・フランクの住んでいた家

そこから向かったのはハイネケン・エクスペリエンス。正直言ってハイネケンの味は好きではないのですがせっかくオランダに居るのだから行っておく事にしました。中心地からここまでは結構距離があるのですが運動の為に歩いてどうにか到着です。中ではもちろん工程や歴史、更には体験型の説明もありなかなか楽しめました。入場の際にリストバンドを貰うのですがそこに3つのボタンがついていて内2つはビールと交換ができます。更にもう1つは中心地にほど近いハイネケンショップでお土産を無料でもらうかそこまでボートで無料で行くか選ぶことが出来ます。まぁうまい事考えていますね。確かにちょっと距離があるしボートに乗る人も多いんだと思います。で、結局お土産を買う羽目になるわけですね。私はもちろん歩いて行き無料でサングラスを貰いました。

ハイネケン

これと引き換えに
これと引き換え

ちなみにハイネケン・エクスペリエンスの中にももちろんお土産がそろっているのですが自分の写真をT-シャツに出来たり自身のボトルを作る事が出来たり。ちなみに私は後者の方を選びました。ちなみに1ボトルに付き6ユーロ。まぁ記念としては十分です。帰国したら早速飲みますが。ふふふ。それにしても自分用と友人用更にバックパックの中には他にもベルギービールのジュピラーが入っているので重い!!まぁ帰国するだけなので最後のひと踏ん張りです。せっかくなので空港から荷物は送らずちゃんと富山まで持ち帰るつもり。

オウンビール
オウンビール

帰りは運河沿いを歩き戻りましたが水に恵まれた町ですね。大雨が降ると大変そうですけど。ホテルに戻る際に昨日寄ったケバブ屋さんに行き今日はポテトだけ注文しましたが今日は娘さんも居てお母さんから私の喉の事を聞いたのか心配してくれました。どうもありがとう!!お父さんは英語は話せずお母さんと娘さんが英語が話せます。娘さんが生まれる前からここで暮らしているそう。とにかくここのフレンチフライズは最高です。日本にもここのようなお店があればいいのに。

ホクホクポテト
ホクホクポテト

ちなみに気になっていたコーヒーショップですが明日帰国だし今回は自制。まぁ次回機会があればいってみようかなと思います。

コーヒーショップ
コーヒーショップ

<観光>
・アンネ・フランクの家/行列で入らず
・ハイネケン・エクスペリエンス/17ユーロ

<宿>
Amsterdam/アムステルダム
・Avenue Hotel・・・シングル/110.20ユーロ(Tax込み)
 Adress:Nieuwezijds Voorburgwal 33,Amsterdam
 Phone:+31-20-5309530
 E-mail:reservation@avenue-hotel.nl
 wi-fiあり、朝食付き

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

Nederland/オランダへ

2012/7/25

 ついにこの旅では最後の国であるNederland/オランダへ移動します。明後日にはモスクワへ向かう飛行機に乗っているとは、まだ実感が湧きません。

昨夕ワインを飲みすぎ今朝起きると二日酔い状態、気持ち悪い。超安いワインだったから余計かもしれない。昼まで寝ていたい気分ですが今日は移動日なのでゆっくりとですが準備をしました。

列車の時間に合わせたのにシャトルバスが来ず結局考えていた時間のには乗れず次の便で行く事になりましたがここからが長かった。本来1回の乗り換えでいいはずが2つ目の電車がファストトレインで104ユーロ別途かかると言われ1stopだけ乗ってICに乗り換え、更には途中駅で急に運休となり別のICに乗り換え。そんなに離れた距離じゃないはずなのに・・・。移動だけで疲れてしまいました。今晩の宿が駅から400mと近いのが救いです。疲れて観光気分では無いので明日1日で周れるだけ周ろうかな。

とにかく空腹だったので夕食を買いに出かけたのですが偶然入ったケバブ屋さん。ここは中国人夫婦の経営する小さな店なのですが奥さんが優しくて私が咳をしていた為のど飴を幾つか小袋に入れて持たせてくれました。どうもありがとう!!ちなみにここでケバブとフレンチフライズを注文したのですが量が多くてびっくり!!ポテトが厚くてホクホクしていて最高でした。明日も行こうかなぁ。

<移動>
・ホテル→空港・・・シャトルバス/無料
・ブリュッセル空港駅→Amsterdam/アムステルダム・・・列車
 49.10ユーロ/片道、直通便は無い

<宿>
Amsterdam/アムステルダム
・Avenue Hotel・・・シングル/110.20ユーロ(Tax別途)
 Adress:Nieuwezijds Voorburgwal 33,Amsterdam
 Phone:+31-20-5309530
 E-mail:reservation@avenue-hotel.nl
 wi-fiあり、朝食付き

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

Day trip to Luxemburg/ルクセンブルク

2012/7/24

 今度こそThis is it!!タイラーとお別れです。縁あって3度も一緒に旅しましたがそれも今日まで。ヨルダンから始まりベルギーまでの計3か月、今となってはとても短い時間に感じます。とにかく今は感謝あるのみ。

ホテル前でお別れする予定でしたがドライバーが空港まで乗って行けば?と言ってくれたので結局空港に到着した時点でお別れする事に。やはりこれだけ長く一緒にいると家族みたいな感覚になってしまい別れもつらいです。Talk to you soon、take care!そう言いお別れしました。今の時代SkypeもFacebookもあり遠くに居ても簡単にコミュニケーションが取れるので本当にありがたい。私は何度Skypeで実家に電話した事か。

別れる前に残りの白ワイン、そして前から欲しいと言っていた人間のエゴについての本を貰いました。私にとっては知らない単語がいっぱいだし、いわゆる教育本なので文章に隠された意味を読み取らねばならないのでハードな1冊ですがエゴの塊である私にとって時間をかけてでも読みたい本なのです。譲ってくれてどうもありがとう!!そして今晩ワインも飲んでしまいます。重いからアムステルダムまで持って行きたくないという理由からなのですが。

見送った後再度眠るのはやめて出かける準備をしました。その前にチェックインをし直したのですが何と私の今晩の部屋はスイートだそう。同じ料金で予約したのに何故だろう。当初移動するのが面倒で同じ部屋でいいと言っていたのですがせっかくのスイートだし移動する事にしました。確かにテーブルやバス等がついていて広いのですが簡易ベッドが2台も更に付き1人ではもてあます感じ。キングサイズのベッドが1台で十分なのに。

さて、今日はせっかくベルギーまで来たのだから多分もう2度と行くことの無いLuxemburg/ルクセンブルクに行く事にしました。日帰りなので早々に出かけなければ。タイムテーブルをドイツのDBのサイトで調べ時間に合わせてシャトルバスに乗り込みました。空港からルクセンブルクまで直での列車は無くNord(北)駅で乗り換えなければいけません。ノルド駅からは終点までは一直線なのでのんびり景色を見ながら過ごす事にします。実はルクセンブルクの情報を持っていないのですが駅で地図を貰えばいいだけの話。戻る列車の時間までにどれだけ見れるかな?といっても博物館は当分いいので町を練り歩く程度になりそうですが。

駅に到着しましたが何とインフォメが無人・・・。結局地図無く中心地のインフォメを探すことにしました。人の流れに沿って橋を渡るとそこはもう中心地。とにかくインフォメーションセンター探しに時間がかかりましたが無事発見!!ついでにパスポートにスタンプを押してもらったのですがここは無料で更には2種類スタンプがあり両方押して貰いました。これ、見れば見るほど入国スタンプには見えません。日付も入ってないし無料だからこんなもの?リヒテンシュタインに比べるとちょっとなんだかなぁという感じでがっくりのスタンプでした。

スタンプ
スタンプon the passport

地図をゲットした事だし町を散策する事にしたのですが急に腹痛が・・・。帰りの列車を観光の為に1本遅らせるか迷いましたがさっさと済ませて15:20の列車で戻る事にしました。インフォメーションセンターでチェックして貰った場所を見て周るとすでに15:00に。

銀行!!
銀行

要塞跡
要塞跡

旧市街
旧市街

急いで駅に向かい出発ぎりぎりでどうにか戻りの列車に乗る事が出来ました。いやいや無理はするものじゃありませんね。まぁ弾丸でしたがとにかくルクセンブルクの町を見る事が出来ただけよかった。次行くかと言われたら、、、多分行かないけど(笑)明日はバックパックを持っての移動なので体調悪くならないで欲しい。やはり健康第一ですね。

<移動>
・宿⇔空港・・・シャトル/無料/30分おき、帰りは
 インフォメーションセンターでホテルに電話をしてもらう
・ブリュッセル空港⇔ルクセンブルク・・・列車/49.80ユーロ
 Nord駅で乗り換えで計3時間半程
 行きは10:09発10:21着、ノルド駅で乗り継ぎ10:42発13:40着
 戻りは15:20発18:20着、ノルド駅で乗り継ぎ18:発18:51着

<宿>
Brussels/ブリュッセル
・Van der Valk Hotel Brussels Airport・・・スイート85ユーロ
 Adress:Culliganlaan 4b Diegem, 1831
 Phone:+32 2 277 2653
 E-mail:aj.fajardo@brussels.valk.com
 wi-fiあり、朝食は18ユーロ!!

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。