とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシアの銀行って!!

2011/8/29

 今晩ようやくサンクトペテルブルクから出発です。
チェックアウトは12時なのでそれまでにシャワーも済ませ、明日以降の北の大地の気候に備えパッキングをし直しました。夜までは荷物を預かってもらう事にして、とりあえずランチをしに出かけます。初日、2日目と訪れている見て選ぶタイプのカフェに行きました。

ランチ

満腹になってから宮殿広場の近くのHSBCへ。というのも、ちょっと重要な物(カードではない)を紛失しまして・・・。再発行できないかなぁとダメ元で向かったわけであります。入るとかなりガランとしていてお客さんの姿が見えません。受付のお姉さんに「●●の再発行はできますか?」と尋ねると「What?」と帰って来てもう一度伝えると、そのような物は聞いたこともないしATMすらも無いとの事。確かに入ってきたときに違和感があったのですが本来ATMが設置してあるはずの場所に何もない・・・。ではここの銀行は何をしているの???

モスクワでもどうせ同じだろうなぁとか思いますが、数日後に再訪する時にあれば聞いてみます。ちなみにHSBCのウェブサイトから質問も送ってますが、海外の支店受け取りとか出来たらいいのになぁ。※実はこの日の夜にびっくりするような場所から●●が出てきました。灯台下暗しとはこの事でした。

CITIバンクもメーン通りに2ヶ所あったのでカリーニングラードまでに必要そうなルーブルを引き出しておきました。でも悲しいことに5000p札が出てきたのです!!これはありえない!!以前これを細かくするのにどれだけ大変な思いをしたことか。どこでもおつりが無いといわれるこの5000p、CITIのATMから出てきたんだからここのカウンターで変えてもらおうじゃない・・・って「No」の一言。何度懇願してもその言葉以外出てきません。ついには買い物をすればおつりがくるだなんて、どの口がそういうの??じゃあ、5000pでおつりが来る安いカフェでも教えてもらおうじゃないの。外国人旅行者だからって皆高い店行くわけじゃないんだよ!!と、心の中で言いつつ(笑)CITIを後にしました。

本当にロシア政府に言いたい!!
おつりも簡単に出せないようなお金を作っちゃいけない!!
もっと一般市民の生活の実情を知ってくださいよ。もう(怒)

この2つの銀行にしか行ってないのに、どっと疲れが出てしまいもうどこに行く気もしなくなりました。1つ教会か、聖堂か行く予定にしていましたがキャンセルし宿に戻ります。

列車時間の1時間半前に宿を出てラドーガ駅へ向かいました。この駅が始発なので30分前にはすでに乗車可能で乗り込みます。私達の開放寝台の下のベッドは高齢の女性達でしたが、出発と共にベッドメーキングをしすぐに眠ってしまいました。それはいいのですが2人ともすごいいびきで夜中に途中途中目が覚めてしまい熟睡感なし。明日はキージ島観光の予定なのでちゃんと眠りたいんだけどなぁ。無事キジ島への船のチケットが取れますように。

<宿&移動>
・Санст-Петербуг→Петрозаводск
 夜行列車/No,658A/3等開放寝台/22:02発、翌6:50着/726.2p

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

再会

2011/8/28

 まだ行き先が決まらぬまま朝を迎えました。
幾つかの時間を紙に書き出してから駅に向かいます。

駅に行くまでにノヴゴロドでなくペテロザヴォーツク行きを決めたので後は日の問題です。今晩0時を過ぎてからの列車はやはり3等は埋まっていたので、明日22時過ぎの列車を取る事になりました。昨晩オンラインで見た時には下段は1席開いていましたが、すでにリザーブされてしまっていて結局2人も上段です。まぁ、寝て起きたらもう到着なので問題ないでしょう。これがムルマンスク行きであればキツイですが。

チケッティングが済んだので、今度は宮殿広場へ向かいます。実はスーズダリで会った日本人バイカーのヒラメ君とブランチの約束をしていたのです。せっかく同じ街に居るのだからね。

10:30に待ち合わせをして広場近くの見て選べるタイプのカフェに入りました。実はここ、車やバイクで旅している人ならわかるであろう、M-●●号線沿いにあるようなタイプのカフェなのです。1回入ってなんとなくお気に入りの場所だったりします。サラダの種類が多いしリーバ(魚)もあるしケーキも安い!!昼頃まで話をしてバイバイしました。明後日にはもうバルト入国だそうです。運転気をつけてね~!!次はトルコ辺りで会えるかなぁ?

ヒラメ君と

食後のんびり宮殿広場でぼけ~っとした後にトロリーバスに乗りスモーリヌイに向かいます。ここはエリザヴェータが修道院として創設しその後エカテリーナ2世が女学校を開いたそうです。外壁は塗りなおされているのでしっかり色がついています。現在はコンサートホールとして活用されているそうです。ちなみに毎日のように花嫁さんを目にしますが今日も例外ではありません。3組もここで目にしました。

花嫁さんだらけ
新郎新婦が写っています

ここを出て向かったのはエカテリーナ教会。
エカテリーナの名に惹かれてやってきましたが、中は講堂のような感じで殺風景でした。

エカテリーナ教会

なんだか、サンクトペテルブルクでの観光疲れの為か何だか怠く、公共交通機関を毎日バンバンに使っています。ロシア広すぎて観光するのも大変です!!明日は出発まで何しようかな。

この宿にチェックインしてから毎日のようにセルビア人のウラジーミルと顔を合わせていましたが、今晩タリン行きのバスに乗るということで今日でおさらばです。明後日また戻ってくるそうですがその頃には私達がすでにチェックアウトしています。今後のルートにセルビアも組み込んだらウラジーミルと再会できるので考慮してみようかな。フレンドリーで陽気なセルビアン、楽しかったよ!

ウラジーミルと

<Санкт-Петербург市内>
・スモーリヌイ行き・・・トロリーバス5番、11番
            ネフスキー通りより。

<宿>
Санкт-Петербург
・Fredericks
 最安値です。wi-fiあり。少しの動きでベッドの軋み音が。
 住所:St.Nekrasova28,Apartment31
 最寄のメトロ駅:マラコフスカヤ
 ネフスキー通りから2本ほど北の道
 1泊当たり270p→250pに値下がり
 Tel:+8(812)275-28-08
 e-mail:fredericks@yandex.ru

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

手詰まり

2011/8/27

 昨日ストレッチをしっかりやってから眠ったのにも関わらず、朝起きると軽く足が怠重い状態でした。まだ軽いだけいいのかなと考えることにします。

まだ8/1にノヴォシビルスクからEMSで送った荷物も日本へは届きませんが、ロシアが遅いだけ?EMSは早いと勝手に思い込んでいたので本当に届くのか不安になってきました。とにかく待つのみですね。来月に入ってもまだ届かなかったら追跡してみようと思います。

今日はサンクトペテルブルク周辺の世界遺産「クロンシュタット」に出かけます。メトロのスタラヤージェレヴニャ駅を出たところの奥にあるバス乗り場から101番のバスに乗り約1時間で終点まで。私は途中まで居眠りをしていましたが偶然目覚めた時にバスが停まっていて、クロンシュタットか乗客に尋ねるとそうだというので急いで下車。しかし実際には町の入り口なだけであって中心地まではまだバスで10分ほど先へ進まなければならないとの事。結局5分ほど後に来た101に再度乗車する羽目になりました。とほほ。

バスはセントラルの方まで行きましたが、結構寂れた町・・・いやいや平和そうな町です。海の大聖堂(サボール)はどこか、尋ねながら進むと約1km程先に大きな聖堂が見えてきました。でもなんだか様子が・・・。

サボール

なんと工事中で近寄ることが出来ないのです!!
中は現在は博物館になっているそうですが、せっかくの世界遺産登録されている場所なので中も拝みたかった。外観も悲しいことになっていて気分が一気に沈んでしまいました。

マカロフ提督さんも後姿だけしか見れず。

マカロフ・・・

周辺には一部だけ大砲が残されていたりイカリが置いてあったり雰囲気だけは残されています。だけどやっぱり聖堂が見たかったので残念。

要塞の雰囲気が残っています

結局聖堂の周りをぐるっと一周だけしてまた1時間かけてサンクトペテルブルクに戻ってきました。ロシアで見る最後の世界遺産がこれじゃなくてよかった・・・。キジ島やノヴゴロドに期待します!!

今晩はロシア旅行の最初の方から決めていた鶏の丸焼きを購入してみました。もう少しでロシアを抜けるのでその前に実行しておきました。

いただきます

2人でシェアしたのですがそれでも一杯で食べきれず!!
野菜やご飯も一緒に食べたから仕方ないですね。

今後の予定が定まらず、とにかく駅まで行き時間と値段とを確認しました。すると明日のペテロザヴォーツク行きもムルマンスク行きも3等開放寝台が売り切れていてありません。どうしようかなぁ、ここにもう1泊泊まって翌々日の列車を取るべきかそれとも行き先をノヴゴロドに変えるか・・・結局夜中になっても話が進みませんでした。明日の朝もう1度駅に行きそれで決めることにします。

<移動>
・サンクトP/メトロ駅スタラヤージェレヴニャ→クロンシュタット
 (バス)101番で21p

<宿>
Санкт-Петербург
・Fredericks
 最安値です。wi-fiあり。少しの動きでベッドの軋み音が。
 住所:St.Nekrasova28,Apartment31
 最寄のメトロ駅:マラコフスカヤ
 ネフスキー通りから2本ほど北の道
 1泊当たり270p→250pに値下がり
 Tel:+8(812)275-28-08
 e-mail:fredericks@yandex.ru

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

観光疲れ

2011/8/26

 もうそろそろロシア滞在2ヶ月が過ぎようとしています。毎日精力的に観光しているつもりですがそれでもまだまだ見所があるなんて、何?この国の大きさは!!一体エストニアに入国できるのは何時になるのでしょうか?

今日は世界遺産であるペテルゴーフへ行くことにしました。
ここへ行くにはメトロ&バスか高速船の2通りありますが、高速船が高いので行きはメトロ&バス、帰りは高速船を利用することにします。どうせガイドブックよりも値上がっているんだろうし。

ブルーラインのメトロ駅のバルティスカヤで下車しすぐ改札を出た先にあるバス404にピトラドバリエーツ(ペテルゴーフの別名)が書いてあったので運転手に確認して乗車しました。もうすでにバスは一杯で立ち席です。連日かなり歩いているので足が朝から怠かったのですが、次のバスがいつくるかも判らなかったのでそのまま行ってしまいます。ただ、40分も立ったままとは!!眠いし怠いしでつらい40分間でした。到着する頃にはもうクタクタです。

バスは「上の庭園」前で停車。
上の庭園には5つの噴水がありましたが、それぞれ形が違います。どうやらここは全体が噴水の公園になっているようです。

ネプチューンの噴水
ネプチューンの噴水

上の庭園を先へ進むと大宮殿正面に到着です。
この前には太陽時計が置いてあり時間がすぐわかるようになっていました。

太陽時計
太陽時計

大宮殿
大宮殿

ここの左右から下の公園に抜けるゲート&カッサがあります。下の公園先に高速船乗り場があるので利用する人は必ず入場しないといけない仕掛けです。ずるいなぁ。400pに値上がっていたので即効学割を試します。「モージナ、イポーニャカード?」等といいながら運転免許証を提示。じーっと見て番号をメモし始めるのでドキッとしましたが、まぁ調べようがないので大丈夫でしょう。案の定すぐに学生料金の提示をされたのでカードで支払いました。ちなみにツタヤカードでもOKでした。

下の公園もたくさんの噴水が待ち構えていて更に敷地もでかいし歩くだけでやっとかっとです。木がたくさん植えてあるのが救いですが太陽が出ているので暑い暑い。全ての噴水を周ったつもりではいますが、その一部を紹介します。

まずは入場してすぐに目に飛び込んでくるのがサムソン像と大滝です。かなり煌びやか。

大滝とサムソン像

北方向に進むと左右に分かれて設置してあるアダムとイヴ。

アダムの噴水
アダムの噴水

イヴの噴水
イヴの噴水

アダム君の近くに昨日見たピョートルさんの若かりし頃の像発見。観光客は彼に向かい小銭を投げていました。

若かりし頃のピョートルさん

そして滝も幾つかありました。

チェスの山の滝
チェスの山の滝

黄金の山の噴水
黄金の山の噴水

他には珍しいもので傘の噴水とか

傘の噴水
入るときにずぶぬれ

通ると仕掛けが発動するいたずらの噴水とか

仕掛けの噴水
仕掛けの噴水

くるくる回る太陽の噴水とか

太陽の噴水
太陽の噴水

ピラミッドがこんな所に!

ピラミッドの噴水
ピラミッドの噴水

他にもイタリアやフランスの噴水等まだまだあります。
噴水コレクションなのでマニアの方にはたまらないと思います。

かな~り敷地内をくまなく歩いたのでくったくたになってしまいました。もう明日は更に怠くなりそう。明日はもう歩きたくない!!観光するのも大変な国です。帰りは贅沢して高速船で戻ります。せっかくだから違った乗り物を使います。やっぱりガイドブックより高くなっていました!!大人500pで学生は450pです。迷い無く学生というと特に証明もなにも見せなくともOK。ちなみにクレジットカードは利用不可能でした。

高い高速船

せっかく豪遊したのに、30分間最初から最後まで熟睡してしまいました。もったいない!!到着後もまだ頭がぼけっとして頭が働きません。でもせっかくエルミタージュ美術館の近くに到着したので宮殿橋を渡り灯台の方まで歩くことにしました。足取りは重く時間がかかりましたがようやく到着。

灯台のシンボル

歩いているとこんな所でスフィンクス発見!!

こんなところにスフィンクス

夕食はバーガーキングをロシアで初めて見つけたので感動して入ってしまいました。結局バーガーでなくラップを注文。個人的にはマックのラップの方が好きでした。

ロシアで初バーキン

モスクワに居るはずのヒラメ君にずうずうしくも荷物の輸送をお願いしたのですが、時すでに遅くもう同じサンクトペテルブルクに到着してしまったとの事。やはり責任持って自分達の荷物は自分達で取りに行かねばなりませんね。今後のルートについては幾つか選択肢はあるのですが、荷物を受け取ると重量が増えるので他を周ってからモスクワに戻ろうと思います。ノヴゴロドもサンクトペテルブルクから往復せずモスクワの後に訪れる事にしました。ロシア・・・一体いつまでいるのだろう。

<移動>
・サンクトペテルブルク/バルティスカヤ→ペテルゴーフ(バス)
 60pで約40分間、No404
・ペテルゴーフ→サンクトペテルブルク/エルミタージュ美術館裏
 高速船、約30分/大人500p、学生450p(学生証提示不要)

<市内>
・市内循環バス/21p

<観光>
・ペテルゴーフ
 上の庭園/無料
 下の公園/大人400p、学生200p(運転免許書提示でOK)
 大宮殿は別途料金がかかります。

<宿>
Санкт-Петербург
・Fredericks
 最安値です。wi-fiあり。少しの動きでベッドの軋み音が。
 住所:St.Nekrasova28,Apartment31
 最寄のメトロ駅:マラコフスカヤ
 ネフスキー通りから2本ほど北の道
 1泊当たり270p
 Tel:+8(812)275-28-08
 e-mail:fredericks@yandex.ru

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

気のゆるみ

2011/8/25

 昨日ストレッチをしっかりやってから眠ったので朝までに疲れが取れ身体が軽くなった気がします。ちゃんと毎日ケアしないといけませんね。

今日はサンクトペテルブルク到着日に見れなかったネフスキー通り周辺の聖堂等観て来ようと思います。見所がありすぎて時間もお金もかかります。もうすぐ旅に出て3ヶ月になるのにまだ3カ国目のロシア・・・。でも見所が多すぎる国なのでもう少しだけ(?)滞在しようと思います。

今朝はゆっくり出発して宿からネフスキー通りまで出て中心のある西側へ徒歩で出かけます。まずはカザン聖堂から、観光です。

カザン聖堂

ここはカザンの聖母のイコンを安置するために建てられたそうです。
昨日行ったパブロフスク宮殿の主、パーヴェル1世が指揮しカトリック系の聖堂になったらしいです。元々は無神論博物館だったらしいですがソ連崩壊後にロシア正教会へ返還されてからは、ロシア正教の中心となったそうです。実際に礼拝のために訪れている信者がたくさん来ていました。

カザン聖堂内部

この次に向かったのがストロガノフ宮殿。

ストロガノフ宮殿

迷った挙句、メーン道路のネフスキー通りにででんと建っていました。何度も往復しその挙句、スリ集団に囲まれリュックは全開。私の前にいたおじさんがわざとゆっくり歩き抜かせないようにしていたので嫌な予感がして早歩きをすると、後ろに居た数人の男性がくすくす笑いながら散って行きました。リュックは全開でしたが何も盗まれていませんでした。というのも、今日に限ってパソコンは入れず、代わりにレインコートをたたんで最後に入れていたのでそれが邪魔になって何も獲れなかったようです。ウランバートル以降何気に気が抜けていたので気をつけなければなりません。基本リュックには貴重品は入れないようにはしていまずがパスポートの入ったポーチは入っていたので早速場所を変えました。

ちなみにストロガノフ宮殿には行ったものの、興味がもてず撤退。
その後はエルミタージュよりも西にあるイサク聖堂へ。

イサク聖堂

ここは1858年に建てられたそうです。かなり大きく1万4000人を収容できるとか。中はまたかなりゴージャスでステンドグラス「キリストの復活」も素敵でした。たくさんの観光客で埋め尽くされていました。世界遺産でもないのにツアー客がこれだけ来るということはそれだけ重要な教会なんでしょう。

イサク内部

まるで美術館

ちなみに展望台は別のチケットを購入しないと入場できないようで残念ながら諦めました。

ここを出るともう14時を過ぎてしまっていました。もうかなりお腹がすいてペコペコです。以前からイタリアへは今回行けないけど美味しそうな所でピザを食べようという話がありました。2日前に偶然道でピザのみ半額チケットをもらったので今日そこに行ってみることに。場所は血の上の救世主教会正面のすぐ近くの薄いオレンジの「PARK」というレストランです。ここに住むロシア人から言わせると金額は普通らしいですがメニューを見ると旅行者からすれば高い!!半額だしピザは美味しいものを食べたかったので金額は無視して食べたいものを注文しました。私はキノコ系と海老の入っているのにしてゆかちゃんはカルボナーラをチョイス。どっちも唐辛子入りのオリーブをつけて食べましたが美味しい!!量も大目でしたが2人して間食しました。ハムの塩がきつくなくてよかった~。

おいしそう

十二分目くらい食べたので食後は眠気が襲ってきました。天気も丁度よくここに芝生があったら眠ってしまいたい!!でも時間ももったいないので続けて観光に行きます。ネフスキー通りからブルーラインのメトロで1つ南のゴーリコフスカヤに降り立ちました。ここにはペトロパヴロフスク要塞なるものがメトロ駅正面に建っています。

ペトロパブロフスク要塞

ピョートル大帝がスウェーデンとの戦いの為に建てさせた物らしいのですが、結局戦争でなく監獄として利用した要塞だそうです。しかも第一に投獄されたのはピョートル大帝の息子さんで拷問され殺害されたそうです。謀反を起こしたとかでらしいですが、暗黒の時代にどこの国でも親も子も無いんですね。恐ろしい。私がこの中で唯一入場したのは聖堂だけです。この中には本当かどうか知りませんがピョートルさんのお墓があるとか。

ペテロパブロフスク聖堂

内部は予想通りゴージャスです。

とにかくゴージャス

入って右奥にピョートル大帝の棺が安置されていました。上にはコイン等置いてありすぐにわかりますしキリル文字で名前も書かれています。その2つ左がエカテリーナ1世、そしてその奥が2世の棺になります。他にも碧石や薔薇輝石でできた墓石もあり目立っていました。

ピョートル大帝の棺
ピョートル大帝の棺

手前が1世奥が2世
手前が1世奥が2世

碧石と薔薇輝石
碧石と薔薇輝石

今日はもうくたくたなのでいつもより早めに宿に戻ります。
数日前から今後ロンプラの情報が必要だなぁと考えていて誰かに見せてもらって必要な情報だけデジカメで写真を撮りたいと思っていた所、この宿であった日本人バックパッカーの大悟君がほぼ全ての国の分のロンプラのデーターを持っていたのでロシアだけでなく全ていただく事が出来ました。ラッキー。HDD持ってきておいてよかった。旅の心強いパートナーとなってくれるでしょう。どうもありがとう、とても助かったよ!!

<Санкт-Петербург市内>
・カザン聖堂/無料、写真×
・ストロガノフ宮殿/大人300p、学生150p、写真200p
・イサク宮殿/大人250p、学生150p(国際学生証要提示)
 クレジットカードOK、写真OK
 ドームの展望台/150p
・ペテロパヴロフスク要塞
 共通チケット/大人350p
 ペテロパヴロフスク聖堂/大人200p、学生90p
 (学生証要提示だが、運転免許証やツタヤカードでOK)
 聖堂と監獄のセットもあり学生料金だと150p

<宿>
Санкт-Петербург
・Fredericks
 最安値です。wi-fiあり。少しの動きでベッドの軋み音が。
 住所:St.Nekrasova28,Apartment31
 最寄のメトロ駅:マラコフスカヤ
 ネフスキー通りから2本ほど北の道
 1泊当たり270pです、ハラショー
 Tel:+8(812)275-28-08
 e-mail:fredericks@yandex.ru

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。