とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興奮のボストン(1)

 2007.8.14~16

■出発当日■

 2007年、プロ野球・西部ライオンズで活躍していた
松坂大輔がメジャーリーガーとなった。
8月にニューヨーク州に行く予定としていた私は
ボストン行きを即効で決めた。

8月14日のノースウエスト航空、
デトロイト経由バッファロー(NY)行きの飛行機に乗り込んだ。

ハイシーズン空港は人であふれかえっていた。
結局入国審査でつまってしまって乗り換えに間に合わず
5時間も空港で待ちぼうけ・・・
空港は冷房が効きすぎていて日向でうつらうつらして過ごした。

そしてまちにまってデトロイトから脱出、バッファローまで1時間くらいで到着。
もっと早くつけるはずだったのに~!!



■ボストンへ出発■

 14日(時差も為1日戻る)朝に、バッファローにある
エンタープライズに予約してあった車を借りに行った。
普段は1BOXカーを運転していた私には普通車は大きく感じる。

車をゲット
車をゲット

カロリーの高そうなドーナツもネタで購入♪

激甘ドーナツ
激甘ドーナツ

でも食べれたものではなかったけど・・・。
甘すぎて気持ち悪い。。
午前のうちに出発。

バッファローからハイウェイをずーッとずーッと東へ進んでいく。
地図で見ると大した事無いのにさすがアメリカは土地が広い。
進んでも進んでも同じような風景が続いた。

延々と走る
延々と走る

昼になりお腹もすいたところで休憩所でランチを摂った

胃の機嫌も治ってきた頃に再び出発。
この日は運転で始まって運転で終わっていった。
おかげでモーテルでも熟睡!



翌日は近くのビーチまで朝日を見に行くことになり、
早くチェックアウトして向かった。

早朝の為だれもいなくて小波の音だけ聞こえていた。

ちょっとしたビーチ
ちょっとしたビーチ

明るくなってきてからボストンに向けて出発。

昨日の時点で半分以上進んでいたけど
ボストンにはいるやいなや渋滞に巻き込まれた。

アクセルよりもブレーキばかりでんなかなか進めない。
日本と違う交通ルールで頭が痛くなりそうだった。
フェンウェイパークに行く前にまずはチェックインしようと向かったけど
球場がホテルの近くで人も車も半端じゃないくらいあふれかえっている。

遠くにフェンウェイパーク
遠くにフェンウェイパーク

もう少しで試合が始まってしまうのに~!!
気持ちだけがあせった。
どうにかチェックインできたけど
これからチケットをイベント会社まで地下鉄をつかって
取りに行かなければいけなかった。

入場券
レッドソックスVSデビルレイズのチケット→2008年よりレイズに改名。

チケットを取りにいっている間にプレイボールの時間になってしまった。
実はこの時点で今日誰がマウンドに立ってるかは知らなかった。
松坂だったらいいなぁとか話しながらフェンウェイパークへ。

フェンウェイパーク
フェンウェイパーク

周辺に行くと歓声があがったりブーイングが聞こえたりしていた。
やばいっっ、ドキドキしてきた。

K
K

自分たちの入り口を探して階段を駆け上がった。

入り口
入り口

階段を上がると頭が一瞬真っ白になった。
球場はすごい盛り上がりだった。

ついに入場
ついに入場

・・・・あれっ?もしかして松坂???
双眼鏡で見ると確かにマウンドには立っているのは18番!!
松坂だぁ!!!

松坂だぁ

とにかくまずは席を探した。
もう満員で自分の席に行くのが
人ごみを押しのけていかなければいけなかったから大変だった。
やっとの思いで席へ到着。。

対戦相手はデビルレイズ。(2008年からチーム名がレイズとなる)
デビルレイズの1番バッターといえば岩村である。
(2009年にパイレーツへ移籍)
メジャーに限ってなのだが日本人のピッチャー対バッターだと
どちらにも活躍して欲しいからどっちを応援していいか悩んでしまう。
でも今日は松坂にがんばって欲しい!!
とか思ってたらやっぱりヒットが飛び出した。
予感はしたけどやっぱり~

掲示板

投げました~!

ラミレスやバリテック、ルーゴもがんばってくれたけども
結局松坂は負け投手に・・・。せっかくだったのに残念。
でもたくさん叫ばせてもらったからすっきり!!
ノドがガラガラする~
また日本で応援しよっと

さすがに国旗がトップに
さすがに国旗がトップに

試合が終わってからも興奮は覚めやらず・・・
松坂の首フリ人形と応援グッズをゲットした!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

サウザンドアイランズでのひととき

 2007.6.1~

 4月に帰国後2ヶ月後再びバッファローに来ることを決めていた。
そして今、バッファローにいる。
仕事の都合で1週間しかいれないので遠出はぜず、
バッファロー周辺に滞在することにした。
前から話を聞いていて気になったところは「サウザンドアイランズ」
アメリカとカナダの間にあって1000個の小さな島が点在してるという。
そして今回のメインはボルト城
バッファローから近いため日帰りで行くことになった。



■サウザンドアイランズへ■

 翌日、船着場からアメリカ側からクルーズ船に乗り込んだ。
観光客は少なくなかった。家族連れ、カップル、、友達同士・・・。

ボルト城行き

甲板からの風は気持ちがいい。
かつらでも大丈夫なくらいのさわさわとした風。
でも少し小雨が・・・お願いだから晴れて・・・
1000個の島というくらいだからポツポツ島が見えてきた。
なかなかアナウンスの英語は聞き取れなかったけど、
世界で有名な方々の別荘ばかりだそう・・・。
マックの社長ってのだけはしっかり聞こえた。
国境の間ということもあって島に国境の旗が建ってたりして面白かった。
勿論小さな島に税関はないらしいけども。

別荘
別荘

国境
国境

いろいろ説明を受けながら一行は「ボルト城」へ向かった。
大変な資産家のボルト氏が体の悪い奥様のために建てようとしたお城。
でも建設途中で奥様がなくなってしまいそのまま今も残っているという。
現在は私たちの入場料で少しずつ建設が進んでいるって話もしていたよ。

ボルト城

早速上陸した。
ここはアメリカ側の島なので入国の手続きも不要。
すぐ自由行動だったので決められた時間までは好きなように歩き回れる。
建物や内装にハートが刻まれていてかわいいお城だった。
奥様はハート好きだったのかな?
庭を歩いてまずは子供部屋へ。

子供部屋
子供部屋

中は立ち入り禁止のテープが張られていたりして制限されていた。

お城内にも入場。
規模はそこまで大きくないけど別荘にしては十二分すぎるほどのものだった。
雨さえ降っていなければもっとすてきなのに。

のどか
のどかだわ~

ディズニー世界のお城の雰囲気があって素敵だった。
ボルト氏の奥様へのだったんだね。



■ナイアガラ国境■

 やっぱりバッファローにきたら何度でもナイアガラの滝へ行きたくなる。
いつもは車で国境越えをしていたけど今回は歩いて国境越え
最初はアメリカ側に車を置いて歩いて税関を通る。
カナダに入るときはたいした質問はされなかった。
税関を過ぎると橋になっていて
橋の中心にアメリカとカナダの旗が建っていた。
どうやらそこが国境らしかった。
いつも車で一瞬のうちに国境越えをしていたから実感がわかなかった。

もう辺りは真っ暗でナイアガラの滝のライトアップも始まっていた。
今日はレインボー。

カラフルなライトアップ
カラフルなライトアップ

ナイアガラ

明るい時間の滝も素敵だけどライトに照らされているのも雰囲気がある。

実はこの後のアメリカ再入国の税関で
難しい単語を並べ立てられ思いっきりあせった・・・。
毎度毎度勉強不足だわ

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

リンク集

■旅を計画するにあたって情報を参考にさせていただいています■

omnipot blog・・・単身で車両でのユーラシア大陸横断をした
            小柄な女性、青山さんのブログです。

地球で迷子・・・PONさん&KAOさんの黄金のコンドルを探す世界旅の記録。
           現在一時帰国中。



■旅ブログ■

世界中 自由気ままに のらりくらり 旅日記・・・
            私と車で世界周遊の相方、「りかちゃん」のブログ。
            ユーラシア/アフリカ大陸の後オセアニア/アメリカ大陸をも
            車で周遊予定のつわものです。2011/6~出発

京女の世界旅・・・まりちゃんのブログ。現在日本に帰国、今後はアフリカへ。

地球のらくがき~脱サラ課長の世界一周記~・・・オセアニアから世界一周
            を開始した”たいたい”さんのブログ(旅行中)

1年間の休暇・・・バイカーHirame君のユーラシア横断の記録(旅行中)

OneWorldScouting・・・少年の旅ブログ(帰国)

YunaとEnoのホッコリ世界旅☀・・・西回りで世界一周中のYunaさんと
                        Enoさんのブログ(旅行中)

One World One Life 旅・・・コユミさんの世界旅ブログ(旅行中)

旅日和-ぽちたび-・・・ぽち君のマイペース世界一周ブログ(旅行中)



■ブログ■

マリノ☆旅ゴコロ・・・まりちゃんの日々のブログ

わるまるのいろいろ育てる・・・とやま~んの姉の育児奮闘ブログ



リンクに関しては自由に貼ってください。
その際は一言知らせていただけますと嬉しいです。

むぎのブログ・・・むぎの日常が紹介されています。

タイニーの気まぐれ体験記・・・ちびっこタイニーの体験記です。

开门见山・・・ロシアで会った彦ちゃんのブログです。

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

世間知らずの26才、北米へ(8)

 2007/3/17

■セントパトリック・デー■

 3月17日。それはセントパトリック・デー
聖パトリックの祝日は、
アイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリックの命日。
そしてカトリックにおける祭日。
アイリッシュ系民族の多い町でパレードが行われる。
シャムロック(3つ葉の草の総称)を服につけたり、
緑色の物を身につけて祝う日で、「緑の日」とも呼ばれる。
特に、川やプールをフルオレセイン(例:バスクリンの着色料等)で
緑色に染め上げる風景は有名。
アイルランド系やカトリック教徒以外の者も参加することが多い。
この日はバッファローでもパレードが行われると聞いて
早速パレードが行われるというストリートまで出かけた。

パレード

参加者だけでなく見に行っている人々も
緑色の服や小物を見につけていた。

パレード

パレード

ミスバッファロー
ミスバッファローも

終わった後は、ビールやお菓子やグッズで道はゴミだめ~!!
祭りの後はしかたないかぁ。



 2007/3/25

■カナダ・カサ・ロマへ■

 カサ・ロマはナイアガラの滝の水力発電で
資産家となったヘンリー・ペラットの邸宅。
1914年に350万ドルを費やして建設されたらしい。
今は一般公開されている。
カナダ・トロントまで車で約3時間。
トロントは、メジャーリーグのチームもある街。
カサ・ロマは少し離れたところに建っていた。

カサ・ロマ

中は一部博物館のような感じで軍服などが飾ってあった。

内部
ベッドルームもあり



 2007/3/31

 もう数日後には日本へ帰国。
せっかくなのでカナダに渡りオンタリオ湖で一息。

オンタリオ湖

帰りにもう何度も行ったナイアガラの滝へ。
今日はライトアップの時間まで。

カナダ側

カナダ側

ライトアップ開始
暗くなってライトアップ開始

5分ごとくらいに色がぱっと変わり
全部で何種類あるのかは分からないけど、寒さでずっとはいられなかった。

赤

緑

青

カラフルなナイアガラも味わったし、もう思い残すことはないかな
あっという間に3ヶ月がすぎちゃった。
でもその間に私は何回学校にいったのだろ~。
・・・。・・・。ま。まぁまぁ。
それよりも日本に帰ってからの仕事の方が心配。
私の席はまだ残ってるかな??

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

世間知らずの26才、北米へ(7)

 2007/3/13~15

■射撃■

 翌日向かったのは、一度やってみたかった射撃
ライセンスを持ってないとできない州もあるらしいが、
ここペンシルベニア州ではライセンス無しで射撃ができるらしい。
早速パンフレットを見ながら射撃場まで移動。
けっこう山の中まで入ったあたりにそこはあった。
発砲音が大きいからだとわかったのは勿論車を降りてから。

パスポートを見せてからアイプロテクターと耳栓を貸してもらった。
他に2人の客が先に練習していた。
青年がひとりガイドでついててくれた。
最初は小さめなモノからだったがあとでライフルに。
でもライフルは反動が強くて支えきれる自信がなかったからやめておいた。
小さいのですら反動がきて片手撃ちなんて絶対無理。
撃った後に手首が上がってしまった。

ちょっとドキドキ
ちょっとドキドキ

耳栓をしてても強烈な音。
映画やドラマでのあの音はサイレンサーをつけているんだね。
ちなみに7発中6発は心臓、1発は脳を撃ち抜いた。
もちろん動いてない的だけど・・・

鍵でくくりつけてある
鍵でくくりつけてある



■陸軍士官学校■

 ニューヨーク州に移動して陸軍士官学校(ウエスト・ポイント)へ。
途中川や滝があり途中途中休憩しながら向かった。

移動中立ち寄った川

滝もあった
滝もあった

そしてウエストポイントに到着。
敷地面積は65平方キロ以上もある。

陸軍士官学校

設立前は要塞だったらしい。
外には戦車など飾られていた。

戦車

中には戦争に関するものやトレーニングの様子が紹介されていた。
日本に落とされた原爆の模型まで、原寸大で展示されていた。
これ1つで・・・おそろしい。。。考えただけで身震いがした。



■つかの間のマンハッタン■

 ウエストポイントからマンハッタンに向かった。
前回来た時に自由の女神を全く見てなかったから
今回は遠目でもいいから見たかった。
マンハッタンに車で来たのは大間違い。
郊外に停めてこればよかった~。大・大・大渋滞。
やっとの思いで、バッテリーパークへ。そこからリバティー島が見えた。

帰りがもう悲惨だった。
猛吹雪がニューヨーク州を襲い視界が見えなくなった
ハイウェイを、小走りした方が早いくらいのスピードで進む。
おかげさまで12時間以上使ってバッファローにたどり着いた
帰ってからはくたくたで2~3日はぐったり。

関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。