とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どきどきバルト~トルコ1人旅(27)2008/9~11

 2008/10/24 <クロアチア>

 起きるとまず喉の痛みを感じた。
昨日船酔いして気分が悪く早めに休んだけど疲れも溜まってきたのか
風邪をひいてしまったらしい
でも吐き気がない分全然まし。
チェックアウトの準備をしていたらここに泊まっている夫婦の旦那さんが
もう起きていて喉スプレーと飴をもらった
ありがとうございます。

早くにチェックアウトしてバスターミナルまで歩いていると
途中の道でばったりその旦那さんと会って話った。
毎日朝コーヒーしているらしくバス出発の時間までコーヒーを
ご馳走になってしまった、本当にありがとうございます!!

時間が来たからとやま~んは旦那さんに挨拶をしてから
モスタル行きのバスに乗車した。
ここのルートはグネグネグネグネしていて前日に酔ったばかりだから
フラッシュバックしてしまいすぐに気分が悪くなる。
早く到着してくれるのを祈った。

宿がバスターミナルから近いのが救い。
オーナーのレナさんは綺麗な女性だった。
宿は改装しているのか工事もしていた。

宿の看板

モスタルの街には戦争の跡がまだ残されている建物が残されていた。

戦争の傷跡が残してある

かわいい壁発見

かわいい壁

スターリ・モスト周辺はお土産やさんがごちゃごちゃしてて
見てるだけでたのしい。
ほとんどがユーロ表示になっていて1ユーロ=2マルカに設定されていた。

お土産屋さん

石橋の近くの川辺から橋を眺めている人に混じって私もぼんやりしたり
本を読んだり・・・あっという間に時間が過ぎていく。

石橋

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ独立戦争で1993に壊された橋が
2004年に再建されたらしい

石橋が壊された年
'93を忘れるな

ミニ石橋
ミニ石橋も発見

ケーキ屋さんにも入ってみた。
甘いの大好き。

久々のカフェ




<移動>
・スプリット→モスタル/ボスニア(バス)・・・90クーナ
                      荷物代別途7クーナ
<観光>
・コスキ・メフメット・パシナ・ジャミーヤ・・・5マルカ
<宿>
●モスタル/ボスニア
・Hostel Lena,Mostar・・・3人ドミ 10.9ユーロ/day リネンあり
 キッチンはあるが用具がほぼなし
 バスターミナルから近い


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

どきどきバルト~トルコ1人旅(26)2008/9~11

 2008/10/23 <クロアチア>

 そういえば、ここに来てまだビーチにいってないなぁ、
そう思い人がほとんどいない朝のビーチを歩いてみた。

朝のビーチ

ぼんや~りした時間をすごしてからフェリー乗り場へ行ってみる。
どこか近い島に行きたいなぁ・・・と考えてチケット売場に
行ってみると丁度フヴァル島(スタリーグラード)行きのフェリーがあった

フヴァル島行きフェリー

約1時間半、バスは高いのにフェリーはそこまで。
最初デッキで外を眺めていたけど風が冷たくてすぐに船内に入った。
到着した正面にバスが4台くらい停まっていてフロントにHvarと書いてあって
すぐにわかった。

そろそろ到着

青みが強い

バスに揺られて数分後には城壁が遠くに見えてきた。

城壁

下車後に向かった先はとりあえずビーチ。
綺麗な海だから真っ先に言って見た。。。
でも、砂浜の範囲がせまっ。。
所々にベンチがあったから座ってみる。
太陽の光が海面に反射してゆらゆらきらきら。。

ゆらゆら

海なのに磯の香りほとんどしない、ドヴロヴニクはもっとしないって聞いた。
プランクトンがいないからって言ってたけど魚はたくさんいる。

フランシスコ会修道院に行ってみたけど学割を出すと何も言わず
手招きされ無料で入ることができた。
最後の晩餐も飾ってあった。

フランシスコ会修道院

変わった木

敷地内にこんな木もあった

街全体も見てみたくなって城壁へ。
ここで1時間ほどぼけーっと街を眺めた。

城壁からの景色

15時くらいから日差しがどんどん強くなりバス亭に行ってみると
丁度スタリーグラード行きのバスにエンジンがかけられた。
次は何時になるかわからなかったし日差しが痛かったからバスに乗り込んだ。

港につくとスプリットからの船が到着したところらしく乗客が下船した後
すぐに乗車。
行きのフェリーではチケットをチェックされなかったけど帰りは
しっかりチェックされた。

いつの間にか船が動き出しフヴァル島からすこしずつ離れていった。
そういえば広場にいたときに小さな女の子が何も言わずに
ガラス製の貝殻を差し出してきたけどなんだったんだろう
でもせっかくだから記念にもって帰ろう

日記なんて書いていたら徐々に吐き気がしてきた
最近無かったものだから油断してた。。。
完全に船酔いだぁ、外を眺めるようにして気分を紛らわしてみたけど
時すでに遅し。

ベッドに横になってもまだ波のように揺れていた。

夜景




<移動>
・スプリット⇔フヴァル島/スタリーグラード(フェリー)・・・往復76クーナ
・スタリーグラード→フヴァル(バス)・・・片道25クーナ
<観光>
・城壁・・・20クーナ
・フランシスコ会修道院・・・学割20→無料


関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

どきどきバルト~トルコ1人旅(25)2008/9~11

 2008/10/22 <クロアチア>

 朝早く起きたのもあって7:30のバスでシベニクに向かった。
バスからの景色が楽しい・・・海が綺麗ってあきない

バスの車窓から

9時過ぎくらいに到着。
細い路地が多いけど坂になっているから迷いにくかった。
聖ヤコブ大聖堂では丁度ミサが行われていたので静かに見学。

聖ヤコブ大聖堂

その後聖ミカエル要塞まで道を登った。
旧市街を練り歩いたけど小ぢんまりした街だったから
一回りするのにそう時間もかからない。
このままトロギールに行くのもなんだからクルカ国立公園に行くことにした

要塞からの景色

インフォメで聞くとスクラディン(skradin)という町まで
バスで行けばいいといわれバスターミナルで時間を確認。
1番乗り場で11時と聞いていたのに時間になってもバスは来ない
地元民に尋ねてみると9番乗り場と教えてくれた。
行ってみると、もうバスの中には人がたくさん乗っていた。
あぶなかった~、どうもありがとうございます

スクラディンまで行くと行き過ぎてしまうよと乗客に
教えてもらいクルカ国立公園を少し過ぎたところで途中下車した。
ここからとことこ歩いて国立公園に到着。

入場して1キロほど砂利道を下っていくとインフォメ発見。
2~3時間で歩けるルートを教えてもらい地図を見ながら探索してみる。

けっこう短いルートで小1時間ほどで一周してしまっていた。
ちょっとした滝もあったけど、全体的にはプリトヴィッツェの後だから
物足りない感じ・・かな。

クルカ国立公園内

公園内の滝

近くの小島にいくフェリーがあるみたいだけど聞いてみると
「Too,late」と言われた。
どうやら30分も前に出発してしまったらしい
まぁ、あきらめてトロギールに行こう。
下のインフォメで聞くとここからは17時のバスしかないわよだって。
上のインフォメで聞いてみてというのでまた1キロほどの砂利道を
今度は登る・・・。
ううっ、きつい。足場が安定しない分きついわぁ
日差しも強く汗汗しながら一歩一歩進んだ。
それなのに、上のインフォメでは「知らないわ」
ですって~!!

ただバスストップは2キロ先にはあるわって聞いてその方角に向かって
歩き出す。
坂道じゃない分ましだけど日除けがないから暑い暑い。
1キロ程歩いたと思われるくらいで救いの手が・・・
後ろからバスが来た~~!!
もしやと思い手を振って合図をすると停まってくれた。
しかもバスにはシベニクって書いてある、ラッキー。

シベニクに到着の後時間もまだまだあったからとやま~んは
トロギールに向かった。
ここはシベニクより観光バスも停まっていて人が多い。
聖ロヴロ大聖堂は個人的には好きな場所だった。

聖ロヴロ大聖堂の入り口

大聖堂内

スプリットに戻ってから昨日見れなかったディオクレティアヌス宮殿の
反対側が開いているか見に行ったけど今日も閉まっていた、縁がないのかなぁ



<移動>
・スプリット→シベニク(バス)・・・65クーナ
・シベニク→スクラディン(バス)・・・17クーナ
・クルカ国立公園→シベニク(バス)・・・13クーナ
・シベニク→トロギール(バス)・・・38クーナ
・トロギール→スプリット(バス)・・・10クーナ
<観光>
・聖ミカエル要塞(シベニク)・・・20クーナ
・クルカ国立公園・・・学割100→50クーナ
・聖ロヴロ大聖堂(トロギール)・・・10クーナ


関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ちょっとずつ車の準備

 車での生活がメインになれば車の準備もそれなりに
必要になってきます

先ずは内装から、今回は一部カーテンを付けてみました
これが無いと着替えを堂々と出来ないし外から中が見えると
強盗にあう可能性も上がるのでまずは試しに後部と後部側面に。
(bBには後部座席の後ろだけでトランクがない!)

レールの向きを間違えてしまったけどどうにか無事装着。
とやま~んは不器用で何気に黒のビニールテープで補強してある部分も・・・

後部側面
素人ではちょっとここが限界(ちょっと言い訳)


開いた状態

後部

後部の曲線で失敗
ビニールテープ様様です。

出発前に前部側面と後ろの小窓に取り着ければ出来上がり
の予定・・・。
フロントはサンシェードで隠せばゆっくり眠れるかなぁ??



 2010/5/20

 結局取り付けたはいいけどアメリカで車購入ということになり
一旦外しアメリカに輸送、両面テープで取り付けるということになります。


 2010/6/9

 結局再び西ルートとなったけど、大きなバンを購入するので
取り外しバンに設置予定。


 2011/1
 
 残念ながらハイエースにはサイズが全く合わず、オークションで売却する
ことになりました。いやぁ、早まっちゃいけんわね。

関連記事

テーマ:旅に出る前に - ジャンル:旅行

どきどきバルト~トルコ1人旅(24)2008/9~11

 2008/10/21 <クロアチア>

 久々のホテルでの朝食
もちろんビュッフェだから12分目に食べてしまった。
スプリット行きのバスの時間までにまだ1時間半もあったから
朝のプリトヴィッツェ湖へ。
フロントで入場スタンプをもらえた。
誰もいなくて水のせせらぎだけ聞こえてくる。

朝のプリトヴィッツェ

最短コースG2に決めボートに乗って出発。
P2から40分ほどで一周歩いて帰ってこれた。
ボートが対岸にとまっていたから大きく手を振ってアピール。
ゆっくりボートが動いて迎えに来てくれた。

朝のプリトヴィッツェ2

バスはタイムテーブル通りに来たので手を振ってアピール。
夕方4時に到着するという。
そんなに大きな国だっけかなって思ってると休憩が長~かった。

スプリットに着いてから今日の宿「苫屋」を探した。
実はとやま~んの持っていた地図の肝心なところが切れていて
わかりにくかった。
地元民に聞いてみると一緒になってさがしてくれた。
ありがとう!!

ここの国の人々は道を聞くと連れて行ってくれる率が高い!!
偶然かもしれないけど。。
皆様、ありがとうございます。
どれだけ道聞いてるんだって話

スプリットはザグレブと違いアドリア海があり、
そうかと思えば山もあり、岩もある。
自然に恵まれている国。
1カ月くらいのんびりしてたいなぁ、物価がもっと安ければだけど。

旧市街

ディオクレティアヌスの地下が片方しか入れなかったのが残念だった。
今日は夕日が見れると思っていたけど雲の中に消えて
あっという間に暗くなってしまった。


ディオクレティアヌス宮殿内

夜景




<移動>
・プリトヴィッツェ→スプリット(バス)・・・147クーナ
                      荷物代別途7クーナ
<観光>
・ディオクレティアヌスの地下宮殿・・・学割25→10クーナ
<宿>
●スプリット/クロアチア
・苫屋(とまや)・・・ドミ130クーナ/day
 夜景が綺麗、キッチン用品充実、ジャグジーあり、ネットフリー、
 ランドリーあり


関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。