とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブル国境越え

2012/4/15

 今日は一気にジンバブエの首都Harare/ハラレを目指します。出来たらビクトリアフォールズまで行ってしまいたい。胃腸と相談しながらになりそうです。ちなみに下痢は続いていますがようやく出血は治まりました。何だったんだろう。

ハラレ行きのバスは南アフリカのヨハネスブルク行きで私は途中下車する形。8:00発でしたがバスがなかなか来ず結局9:15発になりました。道路の状況がいいのでどんどん飛ばして行きます。さすがに高いバスだからかチェックポイント以外は途中途中停車がありません。出発してすぐ水と食事が配られました。けっこうなボリュームだったので嬉しい。

道中は岩山が所々に見えますが緑で覆われていて美しい。国境付近にひときわ目立つ岩山がありました。

岩山
岩山

最初の国境はマラウィ側のMwanza、ここには11:00に到着しました。出国だけなのに1時間かかりその後モザンビーク側のZobweへ。こちらは30分程で終了し国境を出たのが13:00。

マラウィ側国境に到着
マラウィ側の国境に到着

モザンビークはマラウィに比べると道路状況が悪く所々ガタガタしていましたがそれでもケニアよりはマシです。Tete/テテ以降はスムーズになりました。モザンビークはより家が質素になったような気がします。水浴びしている家族がいたり荷物を頭上に載せ歩く女性達、アフリカでは日常的な光景。

モザンビーク2

モザンビーク

村


国境までの間に大きな川が2つありどちらも立派な橋が建設されていました。そしてそれに沿うように家々が建っている。何の目印か判りませんがモザンビーク内の至る所に大人の人間サイズの土が盛ってありました。これはマラウィ側では一切目にしなかったのでこの国にとっては何か意味のある事なのかも。

ジンバブエへ抜ける国境Cuchamanoに到着したのは16:40、こちらはとても簡素であっという間に出国できたのですがジンバブエ側のNyamapandaが長く国境を出るときには外は暗くすでに18:30になっていました。ちなみに国境でマルチプルビザを願い出て見ましたが最大でダブルビザしか発給していないそうでダブルビザを取得する事に。無いものは仕方ありません。今後どのようにナミビアに抜けるか考えないと。

ジンバブエダブルビザ
ジンバブエビザ

朝食を食べてから何も食べてなかったのでここの国境で食べ物を買おうと思っていたのですがNshima/ニシマ(いわゆるウガリ)しか無くチキンも全て売り切れ。結局1US$でゆで卵4つ買ってその内3つが私の夕食になりました(悲)ブルンジまでは順調に体重が増えていましたが長距離移動&マラリアで今度は減り気味です。食べ過ぎるとお腹がすぐにぐずつくので移動中は少量ずつしか食べれないというのも理由かも。リロングウェで話をしたUKの女性は下痢は1ヶ月以上続いたと話していました。今後も長距離移動が何度もあるのでげっそりだ。心が折れなきゃいいけど。

ジンバブエの首都ハラレに到着したのは21:30、バスターミナルでは無いただの道端に下ろされそうになったので抗議してバスターミナル近くで下ろしてもらいました。タクシーすら停まってない暗がりで下ろされても困るし。まだ治安がどんなかもわからないのに。

それでもまぁ離れた場所に降ろされ尋ねながらバスターミナルへ。勝手な想像でヴィクトリアフォールズまで夜行バスがあるだろうと高をくくっていましたが何と無し。Bulawayo/ブラワヨへのバスですら。夜行バス自体が無いそうで宿を取り明日の朝移動するしか選択肢がありません。仕方ないのでタクシーでガイドブックに書いてあった一番安い宿に向かう事にしました。

ジンバブエではジンバブエドルが使われておらず南アフリカランドかUS$がそのまま使えます。なのでタクシーもUS$で支払い。ただ物価がどうにも高く長居はしたく無い感じです。一番安い宿も何と25US$まで値上がっていました。しかもネットも無ければシャワー・トイレ共同だし。明日は間違いなくヴィクトリアフォールズ入り決定。もしバスの乗り継ぎが悪そうなら明日はグレートジンバブエ遺跡に行ってもいいし。とにかく明日のバス次第です。

<移動>
・Blantyre/ブランタイヤ→Harare/ハラレ・・・バス/NKHUNZI EXPRESS COACHES
 13000MWK/2度も国境越えるためか知らないけどとにかく高い。
 8:00発予定が9:15発21:30着、水、ソーダ、1食付き

<国境>
・マラウィ側Mwanza/時間がかかる。形式的な荷物チェックがある。
・モザンビーク側Zobwe/ビザをあらかじめ持っていたのでスムーズに入国。
 イエローカードの提示要
・モザンビーク側Cuchamano/出国なので特に問題なし。形式的な荷物チェック。
 イエローカードの提示要
・ジンバブエ側Nyamapanda/とにかく時間がかかる。並ばされるがビザが必要な
 人だけ建物内にすぐ通される。

<モザンビークビザ>
・リロングウェのモザンビーク大使館で取得
・月~金の9:00~12:00申請、同日14:00~15:00受け取り
・料金
 シングルトランジット:5200MWK/ダブルトランジット:6500MWK
 シングルビザ(30day):6700MWK/ダブル(30to60day):6900MWK
 シングルビザ(90day):8800MWK
 マルチプルビザ(90day):11100MWK/マルチ(180day):14100MWK

<ジンバブエビザ>
・国境で取得可能。シングルビザ30US$、ダブルビザ45US$
 お釣りが無いので注意。
 
<宿>
Harare/ハラレ
・Jacaranda Lodge・・・シングル25US$/日、トイレ・シャワー共同
 住所:41 Selous Ave
 Tel:04-700408
 ミニバス乗り場から比較的近い

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。