とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルワンダビザ取得

2012/3/29

 ようやく今日ルワンダビザを取得予定。ってかバスのチケットもこの手にあるのでビザが取れなかったらアワワ・・・。そういえば入国予定日何日にしたっけな。30日?っだったら国境を越える時間が2時くらいなので大丈夫なはず。受け取ったらすぐに確かめなくちゃ。それにしてもゴリラのホログラムの為にどれだけカンパラに費やしたのやら。国境でビザシールが取れたらいいのにね。

チェックアウトをすべく荷物をパッキングしているとおとついから同部屋だったドイツ人も今日チェックアウトの様で少し話をしましたが、これからルウェンゾリ山地に向かうようです。ルウェンゾリといえばキリマンジャロよりも登るのが難しく2週間ほどかかるし価格も高いとか。でも彼は登山ではなくトレッキングコースを2日程かけて歩くと話していました。とても美しい山だそうで私も行ってみたい気持ちはありましたがタンザニアで度重なる出費で懐が。しかも期間を延ばしたので余計に厳しいのです。手持ちのドルにも限りがあるし。彼が去る前に1冊の本を頂きました。ヘミングウェイのGreen Hill of Africaという本です。丁度アフリカにいるので辞書片手に読みきりたいと思います。

もらいました
もらいました

荷物を預かってもらいビザ受け取りの時間までネットにいそしむ事に。そういえばこの街で1歩歩けば相当な視線を浴び、それと同時にチャイナ攻撃が始まります。それに混ざってムズングという言葉も聞かれるのですがこれはいわゆる白人に対して使われる言葉です。白いという意味があるそうで昨日オランダ人女性とこれについて話していましたがそれでもチャイナの方が言われたくないと言っておきました。彼女もムズングと言われるのは嫌と話します。そうえいばマリオンとマリアもムズングについて話し合っていたなぁ。やっぱり差別的な言葉を言われるのは誰でも気持ちいいものではないですもん。

でもチャイナとムズング、どちらも差別的な要素はありますがムズングの方が薄い気がします。というのも実際にそのムズングを彼女、彼氏にしたいと思っている人々も多い様子。実際に異色カップルを見かけることは何度かありましたが、アジア人とのカップルは今のところ目にしません。旅行する数自体も違うんでしょうが、それでもインド人はインド人、中国人は中国人とコミュニティーの中でくっついてしまうのかもしれません。

私は一人なので好奇な目で見られることが多く誘いの言葉も受けます。でもそれって魅力があるからじゃなくて珍しいからカラカイなんでしょう。でもとにかく街をちょっと歩くだけでチャイナと言われ続けるのは気持ちいいものではありません。なので、ジェラルド達は私にとってはオアシスのようなもの。まぁ彼らは外国人と関わる事が多いからかもしれませんが。

ネットをしていると彼らがやってきました。熱はないか尋ねられたので今日は大丈夫と話します。彼らのエデュケーションセンターに来ている子供がマラリアに罹患して入院しているそうなので今日はお見舞いに行くとか。この国では幼い内にマラリアに罹患しその後抗体がついちゃうんだろうなぁ。

昼になりなんだか身体が熱く感じたので熱を測ったらまたもや微熱。でもマラリアだと高熱に見舞われるはずなので生理前のホルモンバランスの問題の熱なのかも。とか思っていたら生理が来た。いつもより数日早めでびっくり。大体規則正しく来るのですが、環境が変わったからなぁ。

16:00受け取りなので15:00過ぎに宿出発。ミニバス&ボダボダで向かいましたが結構早く着いてしまいました。暫く待つこと20分、ついにパスポート返却です。ゴリラのホログラムつきのビザシールがパスポートに貼られて戻ってきました。これを取るためにセセ諸島から戻ってきたのだからちょっと感激。ようやく手に入りました。しかも申請した2週間では無く1ヶ月有効です。まぁ居て数日ですが何かうれしいですね。

ルワンダビザ
ルワンダビザ

さて、無事手に入ったのでこれから宿にとんぼ返り。バスターミナルに向かうのが18:45位なのでそれまで情報収集せねば。

そして時間が来たのでバスターミナルへ。バスは時間通りに出発しました。ちなみにボーディングタイムは19:30との事ですが皆ぎりぎりです。道路の状況は良く舗装されていましたが、時々スピードを出させない為がぼこっと盛り上がった箇所が幾つかありその都度目が覚めました。

jaguarbus
jaguarbus

夕食を食べてなかったのもありどんどん空腹感に襲われます。22:00頃にどこかの町に到着した時にワラワラと売り子が近寄ってきたので何があるか見てみるとウガンダに入国した時と同じ牛の串を持っている人が居ました。速攻で2本購入、丁度お釣りを受け取った時にバスは出発、危機一髪です。胃が満足したおかげで眠気が出てきました。国境までまだ3時間程あるので少しでも眠らなきゃ。

<移動>
・宿⇔中心部・・・ミニバス行き700Ush、戻り1500Ush何で毎回違うの??
・中心部→ルワンダ大使館・・・ボダボダ4000Ush
・ルワンダ大使館→中心部・・・500Ush
・中心部→Jaguar busのオフィス・・・ボダボダUsh
・カンパラ→Kigari/キガリ、ルワンダ・・・国際夜行バス、40000Ush
 Jaguar bus、2列3列の計5列シート。20:00発。ちなみに19:00発もあれば
 日中の便もあり。約9時間。

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ビザ待ち

2012/3/28

 ビザ発給が明日なのでどうにもこうにも身動きがとれず退屈な1日を過ごしています。唯一の救いは宿にネットがあるという事。充分すぎるくらい暇つぶしが出来ます。

そういえば覚えていますか?旅の始まりは車だったという事を(笑)。モンゴルで死にかけてロシア中央部のノヴォシビルスクでりかちゃんとハイエースとお別れしてそれから私はバックパッカーに。旅を始めてもうそろそろ10ヶ月になりますが本当にこの期間にいろいろありすぎました。

どうして急に過去を振り返ったかというと、そのりかちゃんが来月4月14日からハイエースで再出発するのです。しかも今度は1人きりで。今度はそのままロシアを横断するわけではなく途中中央アジアに寄ってから。で、その時期が何と丁度私の中央アジアの訪問にかぶりそうなのです。もしかしたらどこかで1日くらい合流できるかも。約1年ぶりなので過去の旅行話の事を語れそうです(笑)

今後の予定ですが時間があるのでいろいろルートを考えています。とにかく4月23日のジンバブエ/ハラレからヨルダン/アンマンの航空券を変更する事は確定しました。というのもせっかくなので南アフリカまで行ってみたい!!という気持ちが強くなったのです。

更には出発地だけでなく目的地もヨルダンからトルコに変更しなくてはいけません。というのもサイプロスで仲良くなったヨルダン人のジャーベルと一緒にヨルダンを旅することになったので一旦サイプロスで合流してそれからヨルダンに行きます。10日程しか一緒に行けませんが気持ちが嬉しい。ヨルダン人は親切だと聞きますが本当にその通りですね。久々の再会が待ち遠しいです。

さて、出発地と目的地が決まったので今度は日程を決めなくては。どれくらいでヨハネスブルクまで行けるかなぁ?当初ケープタウンまでで考えていましたが夜行バスでヨハネスブルクまで行けるし最悪どこからでも飛べるのでやっぱりヨハネスブルクで決まりです。日程はどれだけ延ばそう。せっかくの変更なので数週間・・・う~ん。5月の半ばくらいまでかなぁ?それにしても東、南アフリカで3大治安の悪いと言われているダルエスサラーム、ナイロビ、ヨハネスブルク全てに行く事になるとは思ってもみませんでした(笑)はい!!充分すぎるくらい気をつけます。そして楽しんできます。

ここ数日37℃の微熱が続いているので念のためマラリアチェッカーを買うべく街のショッピングセンターに出かける事にしました。消耗品も無くなったしビザが安く済んだ事でお金も余っているし。んで、結局消耗品を買ったらお金が足りなくなったという間抜けな話です。でも最近シャンプー使ってなかったから髪の毛気持ち悪かったし新しいマリヤを発見してしまったしティーマサラはどうしても欲しかったし(言い訳大好き)で、結局マラリアチェッカーキットは発見出来ませんでした。

ティーマサラ
ティーマサラ

このティーマサラ、シナモンも入っているのでダメな人はダメでしょうが、アフリカンティーにとっても良く合います。ちなみにアフリカンティーは生姜ミルクティーの事です。

そろそろKigari/キガリ行きのバスチケットを購入しなければ。ジャガーバスとカンパラコーチがダイレクトでキガリまで運行しているようですが、中心地からオフィスが近いジャガーバスのオフィスに向かいました。近いといっても荷物を持ってないが為行けたような物で当日は絶対にボダボダで行く!!と思わせるくらい暑い日差しではきつい上り坂でした。夜行バスは19:00発と20:00発があったので後者で。それでも到着が朝の6:00くらいだそうなのでもっと遅いのがあってもいいのにな。

宿に戻るとスタッフからジェラルドが探していたよと伝言が。夜に彼が戻って来たので聞いてみると昨日私が熱があると言っていたのでマラリアのチェックの為に病院に連れて行こうと友人と一緒に来てくれたそうです。何て優しいんだ!!今は熱は治まっているし頭痛も無いので多分大丈夫でしょう。

<移動>
・宿⇔タクシーパーク・・・ミニバスでタクシーパークまでは500~1000Ush、
 逆は1200~1300Ush

<宿>
Kampala/カンパラ
・Backpackers Hostel・・・8人ドミ/18000Ush/泊
 朝食無し、wi-fiあり
 住所:Nateete Road Lungujja
 Tel:+256 0 772430587/+256 0 774114499
 E-mail:backpackers@infocom.co.ug
 URL:http://www.backpackers.co.ug/

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ルワンダビザ申請

2012/3/27

 昨日はルワンダビザの申請に間に合わなかったので今日こそは必ず行かなきゃ!!今日もまたミニバス&ボダボダで行こうかと思っていたら昨日一緒に出かけたジェラルドが送ってくれるそうです。ラッキー。嬉しいな。

10:00頃に大使館に到着し窓口に行くと今日はちゃんと申請用紙をくれました。2枚に渡って質問が書かれているので書けるだけ書いて写真2枚とパスポートと一緒に提出しましたが写真は1枚だけでよかったようです。そして肝心の料金もですが情報では129000Ushのはずが何と77400Ushとの事。あれ?これってトランジットビザと勘違いされて無い?2週間のツーリストだよと尋ねましたが短期間なのでこれでいいそうです。もしかして料金改正で安くなったとか?はてはて。嬉しい話なのですが何か拍子抜けしてしまいました。ちなみに受け取りは2日後の16:00だそうです。

申請が終わったので宿まで送り届けてもらいましたがその前に若者達でやっているエデュケーションセンターに連れていってもらいました。小さな子供達の為に勉強やダンス等を教えているそうです。何とそこの壁にアフリカの大統領マップが貼られていました。やっぱり目に付いたのはムバラクさんとカダフィーさん。このマップ内では健在でした。

アフリカ大統領マップ
アフリカ大統領マップ

宿に送ってもらいましたが身体がずっと火照っていて熱いので体温測定。するとやはり37℃を越えてきます。ただ悪寒はなく頭痛も無いのでおそらくマラリアでは無いでしょうが多少は気になる所。ちょっと様子を見ることにします。多分強い日差しに当たりすぎたせいなんだろうけどもしもという事もあるしね。

<ルワンダビザ情報>
・月~金の9:00~12:30に申請可能。受け取りは2日後の16:00と指定。
 必要書類等:パスポート、申請書1部、写真1枚、
 費用:シングルビザ77400Ush、ちなみにツーリストビザの所に129000Ushと
 書かれていたのに何故か安く済みました。トランジットじゃないよと
 伝えましたが短期(2weeks)なので大丈夫との事。
 住所:Plot No.2,Nakaima Road
 Tel:+256 41 344045,333541
 Fax:+256 41 258547
 E-mail:ambakampala@minaffet.gov.rw.rwanda@utlonline.co.ug

<宿>
Kampala/カンパラ
・Backpackers Hostel・・・8人ドミ/18000Ush/泊
 朝食無し、wi-fiあり
 住所:Nateete Road Lungujja
 Tel:+256 0 772430587/+256 0 774114499
 E-mail:backpackers@infocom.co.ug
 URL:http://www.backpackers.co.ug/

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ナイトライフinカンパラ

2012/3/26

 今日はカンパラに戻ると決めていましたが早朝から雷と共にスコールがやってきました。ものすごい勢いだったのでこれは今日出発できないかもしれないと思いましたが朝食を食べていたらどんどん雨脚が弱まり出発する際には完全にストップ。よかったよかった~。

どうにかやみました
どうにかやみました

行きと同様に2等のチケットを購入してさっさと甲板にある座れる台のスペースを確保しておきました。所がやっぱり天気があまり良くなく大降りではないのですが2時間ほどしてからポツポツと雨が。仕方ないので中に入りましたがトイレの近くの席しか空いておらず揺れと匂いでちょっとだけ吐き気がやってきました。どうにか耐え抜いて雨が止んだのを見計らってすぐに外に出て新鮮な空気を取り入れます。行きは揺れなかったのに帰りは風があったのでちょっと厳しい時間でした。

エンテベからカンパラに戻りましたが今回は前回のMukwanoGHには戻らず、カンパラで有名なBackpackersHostelに行く事に。中心地から2km程離れていますがNatete行きのミニバスが目の前を通るので移動は楽チンです。しかもwi-fiがあるのがポイント。ってか、これが一番の目的だったんだけど(笑)かなり重要です。

チェックインしてからルワンダ大使館の情報を調べていましたがビザ申請の時間がはっきり解らず。スタッフに尋ねると17:00までやっているというので一か八かで行ってみる事にしました。もうすでに14:00なのでもし12:30までだったら門前払いの可能性が充分にあります。それでもちょっとでも早くルワンダに行けるのだったら・・・。

ミニバスで中心地まで行ってから大使館近くを通るミニバスが止まっているカンパラロードまで歩く予定でいましたが人に尋ねるとボダボダで4000Ushで行けると何度も言われた、というか諭されたので(笑)ボダボダで行く事決定。地元の人にお願いしてドライバーに聞いてもらうと5000Ushと言って来たので4000Ushで交渉した所意外とあっさりOK。よかった。

中心地から大使館は少し離れた場所にあります。ウガンダ博物館の所で奥に入って行けば大使館のゲートがありました。ここで名前と時間等と記載しましたが目的にビザと記入すると12:30までだから明日出直しなさいと一言。いやいや、ミニバスとボダボダでここまで来たのだからどうにか申請できないかな?と尋ねるとじゃあレセプションまで行って見なさいと入り口を指さされました。

ルワンダ大使館
ルワンダ大使館

中に入ると右手にすぐレセプションがあったので尋ねてみるとやっぱりダメだそうです。大使館員がもういないから申請できないとの事。あ~、大人しく宿でネットでもしておけばよかった。私と同じ時間に来たフィリピン人の家族がいましたが彼らはホームページでオンラインビザ申請してちゃんとアプライを取っていたので門前払いではありません。いいなぁ。

帰りは博物館前の道路でミニバスを拾って中心地まで行く事が出来ました。もうお腹も激減りだったので通りかかったインド料理店へ。たくさんの種類のカリーがありましたがここはやはりチキンマサラでしょう。ちょっと高めですが美味しかった~。大使館に行かなきゃここに来てなかったのでまぁ無駄足ではなかったという事で。

チキンマサラ
チキンマサラ

宿に戻って情報収集をしていたら現地の男性が話しかけてきたので暫く話していましたが毎週月曜にマイナーバンドのライブが中心地で開かれているそうです。この宿からもたくさんの西洋人が行くというので私も行ってみる事にしました。宿からボダボダで会場に行きましたが本当に白人だらけ。ってか、アジア人やっぱ私だけ?西洋人と現地人が半々くらいいて特に現地の人々が音楽に合わせて踊っていました。カメラ持ってこりゃ良かったとちょっと後悔。夜だから身軽で着ちゃったんだよね。

1時間ほどで終わってしまったのでその後で皆でバー兼クラブに行く事にしました。アフリカ初なのでワクワク。ローカルの人々がやはり多いのですがやはり西洋人も多々。そしてアジア人は皆無。ダンスを観察していましたが身体を揺らす程度の人が多く、ロシアでちょくちょく目にしたような全身で踊るようなタイプのものではありませんでした。なのでビール片手に見よう見まねでローカルミュージックに合わせて踊ります。国によって曲もダンスも違うので比べるのも面白いですね。

<移動>
・宿→フェリーポート・・・宿の無料ピックアップサービス
・カランガラ→エンテベ・・・フェリー/2等/10000Ush
・エンテベポート→ミニバス乗り場・・・ボダボダ、2000Ush
・エンテベ→カンパラ・・・ミニバス、3000Ush
・カンパラのニュータクシーパーク⇔Backpackers・・・ミニバス
 行きは登りなので1200Ush、戻りは1000Ush
・中心地→ルワンダ大使館・・・ボダボダ、4000Ush
・ルワンダ大使館(博物館沿いの道から)→中心地・・・ミニバス、700Ush

<宿>
Kampala/カンパラ
・Backpackers Hostel・・・8人ドミ/18000Ush/泊
 朝食無し、wi-fiあり
 住所:Nateete Road Lungujja
 Tel:+256 0 772430587/+256 0 774114499
 E-mail:backpackers@infocom.co.ug
 URL:http://www.backpackers.co.ug/

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

カランガラ散策

2012/3/25

 早いなぁ、3回目のマラリアの薬を飲む日になってしまいました。アフリカ旅行ももう期間の半分を終えましたが正直時間が足りなさ過ぎる。まだ3ヶ国目だし。来月の24日までに余裕でハラレには行けるでしょうが私の中ではout地の変更を考えているのでそうなると間に合わない可能性が。う~ん、日程も延ばそうかなぁ。なかなかアフリカには来る事が出来ないのでせっかくなのでいろんな国に行きたいというのが本音です。

何だか海岸沿いのホテルに泊まっている様な雰囲気で目が覚めました。気持ちがいいです。少しだけ早朝の白浜を散歩し朝食を食べました。朝食は何が食べたいか聞かれたのでパンケーキとコーヒー、ジュースと伝えるとソーセージも追加してくれたようです。残念ながらフルーツはありません。

25朝


今日はこの島で一番大きいと言われているカランガラの中心地までマリオンと行く事にしました。このホテルもカランガラではありますが中心地はもっと高台にあります。宿から上り坂を汗をかきながら登る事30分でようやく町に到着。ガイドブックには電気は無いと書いてありましたがちゃんと電線もあればネットカフェまであります。マリオンがネットを使っている間私はベビーカーに乗った子供に話しかけていましたがめったに見ない外国人の為か完璧フリーズしてしまったようです。泣きも笑いもしませんでしたが私のモンゴルのブレスレットにだけは反応しました。何度も引っ張るので渡すとじっとみて握り締めたまま離しません。そのままこの子供にと思いましたが多分この子以外の手に渡るだろうから止めておきました。それに自分にとってもラックアイテムでもあるのでせめてアフリカに居る間は肌身離さず持っていたい気持ちもあります。なので私の手首にそっと戻しました。

25シャリフ君
シャリフ君

25決めポーズ
決めポーズ

チャパティーやバナナをつまみながら町をぐるーっと周り宿に戻ります。道中レンタサイクルについて尋ねるために他の宿に行きましたがそこでサルを発見!!多分サファリでも見た男性の局部が蛍光の青色をした種類です。人間からちょくちょく餌付けされているのかある程度まで寄るまで逃げませんでした。

25チャパティ屋さん
チャパティ屋さん

25バナナを食べる
バナナを食べる

25帰り道
帰り道

宿に戻ってちょっとしてからビーチでくつろぎましたがせっかくなのでヴィクトリア湖で泳ぐ事に。ロンプラにも泳いだ後はすぐにシャワーに浴びた方がいいと書かれていたとボランティアで来ているマリアに教えてもらい速攻でシャワーを浴びておきました。ちなみにヴィクトリア湖にはカバもクロコダイルも居るそうですがこっち側には居ないそうです。居たら怖くて泳げない。

夕方になりマリアの友人がフェリーで来るとの事で皆でフォートまで迎えに行くがてら散歩する事になりました。ビーチ沿いを30分程歩くと到着です。道中幾つものホテルがありましたがやはりローシーズン、人がどこも少なかったです。

迎えに
迎えに

無事合流出来ましたが私とマリオンはそのまま周辺を散策する事にしました。民家が連なる所を歩きましたが台風が来たら吹っ飛んでしまいそうな装いです。この島はとても治安がよさそう。というのも商店に鉄格子が無いし店によっては店員が居ない。ジンジャやカンパラではあり得ない事なのでびっくりしました。島だからこそなのかもしれませんね。

<宿>
Kalangala/カランガラ
・Mirembe Resort Beach Hotel・・・ツインルーム朝食付
 105000Ushを95000Ushにディスカウント。
 朝食無しだったり朝食+もう1食だったり選べます。テント、コテージあり。
 ネット無しだがUSBモデムを購入可能。
 フェリーポートまでの送迎無料。
 Kanpala Booking Office
 Tel:+256 751 067122 Shri Ganeth Plaza,L4-shop 8 Entebbe Road
 E-mail:reservations@miremberesort.com
 URL:www.miremberesort.com

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。