とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

Kisumu/キスム

2012/3/17

 4:45くらいにちょっとした町に到着しました。トイレついでに場所を確認すると何とここがキスムだそう。45分も早く着いちゃったし。まだ外は真っ暗なのでCrown社のオフィスで明るくなるまでうつらうつらしながら待つ事に。

明るくなってからオフィスの人に目的のゲストハウスの場所まで連れていってもらいました。どうもありがとう!!とにかくシャワーを浴びて洗濯してからちょっとの間身体を休めます。毎度の事ながらすすぎの水が茶色い。宿からはヴィクトリア湖が遠くに見えます。治安がよければのんびり散歩できるのに。

ヴィクトリアレイク
ヴィクトリアレイク

ちょっと落ち着いたところで待ち歩きしながら昼ご飯を食べに行きました。昨日から食事に当たりが無いのでハズレの少ないインド料理店に足を運びましたが何とべジタリアン用のお店。今まで食べた事の無いターリーを注文しましたがう~ん、微妙。ケニアでまだ美味しい物に出会ってないのでちょっと凹み気味。夜こそは美味しいものを食べたい!!

微妙なターリー
微妙

町は結構平和な感じで昼間歩く分には危険を感じません。もちろん視線はものすごいしお店はもちろん鉄格子ですが。宿の2軒隣にネットショップがあるので暫くしましたが閉まるのがとっても早い。平日は18:00に閉まってしまいます。これ以降露店も閉まり人の出も少なくなってくるので宿に篭る事しか出来ないのが辛い所。せめてバーとかwi-fiでも飛んでいたらいいのに。

町並み
町並み

夕食を近くの食堂で食べましたが今度こそおいしい中華風チキンでした。でも実はこれ、チキンマサラらしいです。全くカリーの味がしませんがおいしいので許します(笑)それにしてもタンザニアから来た身とすればこの物価高は結構悲しい。宿代はそう変わらないにしても食費や移動費がかさむのが痛いです。まぁ数日の辛抱ですが。

カレーじゃないけど美味
カレーじゃないけど美味

ちなみに夜暇なので屋上で外を観察していましたがやっぱり殆ど人が歩いていません。歩いていたとしても歩道でなく車道を歩いています。怖くてやっぱり夜は歩けません。

キスムの夜
キスムの夜

そしてこの宿に繋がっている建物があるのですが、そこは売春宿でした。1回の相場は1500シリングなので約1600円と言った所です。この町では4食ぐらい食べれる金額。彼女らとっても陽気で顔を合わせると声をかけてきます。んで、仕事が終わるとバスタオルを巻いた格好で外に出てきて他の女性達とぺちゃくちゃ話し始める。それが彼女らにとっての日常ですがこっちからしたら一瞬ドキっとしちゃいます。遺伝子が違うというのもありますが胸とお尻の出方が半端ないし。向こうからしたらこっちは顔も身体のラインも平たい人種なんだろうなぁ。

売春宿とくっついている
売春宿

<宿>
Kisumu/キスム
・Mona Lisa GH・・・シャワー、トイレ付き、蚊帳あり、ファン無しで
 1000シリング/ツイン/泊
 住所:P.O.Box1435 Oginga Odinga Rd
 Tel:0245058/0724205847
 朝食無し、1階にレストランがあるが水が激マズなのでコーヒーも
 不味くて飲めたものでは無い。宿を背中に左隣にパン屋、その隣に
 ネットカフェあり。無線もあるが開かず。
 最初の20分が20シリング、その後は1分で1シリング。
 宿は売春宿と繋がっている。

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

Nairobi/ナイロビへ

2012/3/16

 目覚ましで起きる事が出来たので今日はケニア行き事決定。今日を逃したらもう週末なので犯罪率が上がる中の移動は出来なくなります。目的地はビクトリア湖沿いにあるKisumu/キスムですが今日辿り着けるかな?

宿がとってもお薦めするRiversideというバス会社のバスが25US$/人でナイロビまで行くそうですが高いの値切って約16US$(25000シリング)にしてもらいました。宿が朝食付きだといっていたのにレストランに行ってみると別料金とか言われる始末。せっかく楽しみにしていたのに残念。

7:30頃に宿にピックアップカーが来たのでバスストップまで連れていってもらいます。そこから中型バスに乗り換えてケニアとの国境へ。8:00頃に出発して約2時間で国境のNamanga/ナマンガに到着しました。

ここではまず出国審査。黄色い紙が配られているのでそれに記入して提出すればOK。指紋の認証もありましたが特に問題なく出国スタンプゲットです。

出国が済んだら次は入国。国境を歩いて越えて入国審査場へ。もしトランジットビザが72時間くらいあるのであれば20US$なのでそちらにしようと思いましたが24時間のしかないそうで諦めてTouristVisaを購入する事に。3、4日しか居ないのに50US$は痛すぎる。ガイドブックに学割もあると書かれていたのでISICカードを出して学割は効くか確認しましたが何の事?って感じで軽くあしらわれました。本当に高すぎだよ。

11:00位にケニア側のナマンガの町を出ましたがここから2時間でナイロビ到着だと思っていたら渋滞にはまってしまいました。んで、結局到着したのが14:30くらい。これからキスムに移動となると夜中に着いちゃうかなぁ。心配しつつRiverside社の横のCrownのオフィスで尋ねると20:30の夜行のみあるとの事。ただし到着が朝の5:30。う~ん、もうちょっと遅く着いてくれてもいいんだけどな。

他の会社と比べるかどうか悩みましたがオフィスが離れている事もあり結局夜行でキスムに向かう事にしました。マタツ(乗り合いバス)で無いから強盗の可能性も薄いと信じます。

時間までご飯を食べ危険な時間とされる16:00を越えた辺りでバス会社に戻り下書きをしながら待ちました。今日は朝から移動しているのでもうすでに眠たい。

ようやく時間になり30分遅れで出発しましたが、ストップを出て向かったのはまずナイロビのポリスオフィスです。ここで全員下ろされ荷物&ボディーチェックの後ようやくキスムに向けてバスが動き出しました。もう眠くてすぐに寝ましたがナクルを越えた辺りから道の程度が悪くなり座っているのにお尻が浮いてその度に目が覚めます。元々ボロいバスですがその内後部から焦げ臭い匂いまで漂ってくる始末。大丈夫だろうか?

ボディーチェック
ボディーチェック

<移動>
・アルーシャ→Nairobi/ナイロビ・・・バス/Riverside Shuttle社
 25US$→16US$(25000Tsh)へ値切る。8:00発14:30着。
・ナイロビ→Kisumu/キスム・・・1000Ksh/Crown社
 20:30発(実際には30分遅れの21:00発)翌4:45着

<国境>
・タンザニア側Namanga/ナマンガ・・・出国カードに記載の上、指紋認証を
 パスすれば無事出国
・ケニア側Namanga/ナマンガ・・・入国時に写真を撮られるので写真不要、
 トランジットビザは24時間のみで20US$。ツーリストビザは50US$。
 写真を撮られるにも関わらずビザシールには写真はつかない。指紋認証あり。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper