とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊張

2012/1/7

 今朝はちょっとした緊張のせいか目覚ましがなる前に目覚めました。でもすでにフロードは居なかったけど。いそいそと準備をしてチェックアウト。そういえば空港への行き方を知らないので聞いて出発です。宿の正面から出ているトラムで3Stop先まで行きそこから空港へのバスに乗り換えました。

20分もかからないくらいで空港に到着です。見た目かなりこじんまり。でも実際中に入ると・・・やっぱりこじんまり。ダメもとでデタックスの書類を見せ返金を願い出ましたが余りにも小さい空港なのでシェンゲン内への移動がバレやっぱり受け付けてくれませんでした。やっぱりか~。陸路でもデタックス可能なのかなぁ。せっかくだから税金返してもらいたいし。それにしてもなんだかドキドキしてきました。日本出国は船だったしこの旅では始めての空路移動になります。

ブラチスラヴァ空港
ブラチスラヴァ空港

預け荷物は15kg以内なのでオーバーしていないか不安でしたが12.5kgと全然大丈夫でした。もうちょっとくらいあるかもしれないと思ってたけど。オンラインでチェックインもしてあるしあっさりと荷物検査も終わったしゆっくりネットしながら待ちま~す。

時間まで暇つぶし
時間まで暇つぶし

無事到着しますように!!

<移動>
・公共交通機関1時間券・・・0.90ユーロ
・ブラチスラヴァ→Roma/ローマ(シャンピーノ空港)・・・ライアンエアー
 98.35ユーロ(TAX、荷物代等全て込み)
・シャンピーノ空港→テルミニ駅・・・エアポートバス

<宿>
Roma/ローマ
・Hostel Beautiful2・・・4人ドミ
 住所:14,Via Milazzo
 Tel:+3906-44703927
 E-mail:solomonhotels@gmail.com
 鍵が1個しかないのでとっても不便。
 朝食つき(菓子パンとドリンク)

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

Trencin/トレンチーン観光

2012/1/6

 ブラチスラヴァ市内は昨日までに一回りしたので今日はTrencin/トレンチーンまで行ってきます。バスも列車もありますが列車が好きなので若干高いですが前者を選択しました。自由に歩きまわれるしトイレもついているし。ただ、一つ問題なのが今日はスロヴァキアの祝日であるという事です。もしかしてお城は休館かもしれませんがもしかしたらという事もあるし。

外に出るとさっきまで雨が降っていたような天気でした。降らないことを願いつつ駅まで歩きます。チケット売り場は込み合ってましたがどうにか時間に間に合うようにチケットが購入出来ました。でも結局は列車が15分くらい遅れちゃったのでどっちにしても間に合ってたんだろうけど。コンパートメント内はどこも込み合っていてどうにか空席を見つけることが出来ましたがどうやらリザベーションシートだったようです。とにかくトレンチーンまではその客が来ないことを祈りました。まぁ長距離のほんの一部の区間だったので、予約した乗客が乗って来ず。助かった~。

乗車中に結構な雨が降ってきましたが到着する頃には止んだようです。この時期は雨量が多いのかなぁ。外に出ると山の方に雪が積もっているのが見えました。成る程、寒い訳ね。駅を出るとすぐにトレンチーン城が見えたので地図を見ることなく城まで辿り着くことが出来ました。

トレンチーン城
トレンチーン城

トレンチーン城へ
トレンチーン城へ

ただチケットを買った後城までが結構な坂道でヒーヒーです。ツアーの開始まで後10分だというので急いで登りました。時間的にミニツアーに参加しましたが全てスロヴァキア語なのでこれでよかったです。一応英語で書かれたパンフレットを借りましたが文字を読んでいる間に次の部屋に行くことになり効率が悪いので写真にだけ収めてとりあえず展示物に集中しました。

中は武器博物館
中は武器博物館

中庭
中庭

ミニツアーでも塔までは登ることは出来るので景色を見るために登りましたが強風で髪がバッサバサ。でも景色だけは堪能できたのでよかったです。といっても個人的には塔からよりも城入り口辺りからの景色の法が好きでしたが。

トレンチーン城から
トレンチーン城から

ツアーは45分と短くあっという間に終了しました。終わって外に出るとうっすらとですが虹が。なんだか久々に見た気がする。車での旅の時はしょっちゅう見ていたのに。

虹がうっすら
虹がうっすら

まだ列車の時間まで早かったのでカフェで休憩してからブラチスラヴァに戻りました。相変わらずネットの繋がりが最悪なのでPCを持ってマックで数時間存分にwi-fiを使わせてもらいます。一息ついたところで宿に戻ろうと歩いていると声をかけられました。フロードじゃん、奇遇だね。マックに行く前に宿で会って夕食後に写真を見せてとお願いしていたのですが、今からアップロードしに行くけど一緒にどう?と声をかけてくれました。暇なので行きま~す。

マックの並びにある本屋のカフェで彼のプロジェックトである写真を見せてもらいました。毎日毎日たくさんの写真を撮っているのでものすごい量です。負けました。それこそアルタイやモンゴルの時並みの量です。すごすぎる。

今日の写真
今日の写真

彼は今からまだ写真を取りに行くというので、私は宿に先に戻ることにしました。パッキングもしなきゃいけないし忙しい。でも宿に戻るとまたまた日本人に出会い暫く話し込んでしまいました。ついでに私の使わない食料も贈呈。使わず持ち歩くよりも有効利用してくれる人に渡した方が食材も嬉しいでしょうし。それでもまだまだ荷物が一杯。あれだけ送ったのに何故??不思議でしょうがありません。

<移動>
・ブラチスラヴァ→Trencin/トレンチーン・・・2等列車
 往復/12.44ユーロ
 行き9:46発も15分以上遅れる。約1時間20分で着。
 帰りは14:32発16:00着

<観光>
・トレンチーン城/学割ミニツアー1.35ユーロ、
 カメラ代(外観、内部含め)0.70ユーロ

<宿>
Bratislava
・Patio Hostel・・・ドミ5ユーロだが税金が1.65/日かかる
 住所:Spitalska 35
 Tel:+421 2 52925797
 Tel:+421 2 52968130
 E-mail: booking@patiohostel.com
 wi-fiあるも繋がり悪い。リネンあり。
 タウンマップがもらえる。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

本業

2012/1/5

 ブダペストで国会議事堂の見学をしたっきり、観光を全くと言っていいほどしてこなかったのでそろそろ本業に力を入れなきゃ。一度やる気が無くなると挽回するのが大変です。でも目覚ましはかけるつもりは全くなし。体内時計が頑張ってくれるはず、、、とか思っていたら何と10:30に目が覚めました。時・・・時差ボケかな(笑)

さっさとブラチスラヴァ城をやっつけちゃおうと思い外に出たのですが何と雨。しかも小ぶりとはいいがたい感じのモノ。まぁせっかく外に出たのだからとマックでコーヒーを飲んで今日のプランを考えます。明後日にはローマに居ますが格安航空会社なので荷物は15kg以内に抑えなければいけません。どっちにしてもバーゲンで購入して旅行では使いたくないものがあるしお土産もあるのでまとめて送っちゃいます。これでもうこの旅始まって何度目かな、一度送る楽さを覚えちゃったらついね。なんだかイタリアで雑貨とかちまちまと買いそうな自分がいます。

そうと決まったら一旦宿に戻り荷物をまとめます。本、テキストは送りませんが何だかんだとチケットだのなんだのでかさばり結局郵便局で計ってもらったら、何と2.6kgになっていました。2kgいかないくらいだと思ってたのに。ちなみに1stと2ndクラスがあるとの事で2ndでお願いしておきました。ユーロ安万歳!!

中央郵便局に行きましたが最初に箱を購入するのに横の建物内にあるPostShopという解りにくい扉の先にあるお店に行かなければいけません。その後16番窓口で書類を書けば終了です。

ちょっと時間がかかりましたが無事発送が済みました。外に出ると多少小ぶりに。これだったら観光に行けそう。という事で旧市街の方から向かってみることにしました。規模は小さくあまり時間をかけず見て回ることができますが所々に一緒に写真を撮りたくなるような像が建っているので思った以上には時間がかかります。雨でセルフタイマーを使いたくないので通りすがりの人々に何度もお願いし撮ってもらいました。皆様どうもありがとうございます。

こんな像が多い
こんな像が多い

スパイ?
スパイ?

おみやげ物屋さん前
おみやげ物屋さん前

うんうん
うんうん

さて、旧市街もある程度見終わったけどまだ時間があるのでどうしよう。ブラチスラヴァにはヴラチスラヴァ城以外にもデヴィーン城が近郊にあるというので行ってみようかな。ノーヴィーモスト(新しい橋:ちなみにロシア語でも書き方は違いますが同じです)の下にある小さめのバスターミナルまで行きそこで29番バスを待つことにしました。なかなかバスが来ず暇つぶしにガイドブックを読んでいたのですが、何と12月から3月までは城は休館しているそうです。わ~、気がついてよかった。せっかく行ったのに外壁だけだなんて悲しすぎるし。

デヴィーン行きをあっさりと諦めブラチスラヴァ城に行くことにしました。ノーヴィーモストからとことこ階段を登っていけばあっという間に到着です。観光客もちらほらいたのでついでに写真をお願いしました。今日はそうそう外れ無しです。よかった~。

路地
路地

メデューサみたい
メデューサみたい

ちなみにブラチスラヴァ城は今日はまだ年明けなので15:00で終了してしまったみたいです。残念。ちなみに明日は休みになっていたので縁が無かったのかな?ここからは旧市街がよく見えます。ただ風が強くて傘が飛んで行きそう。ここも暖かく天気のいい時に来たいなぁ。

ブラチスラヴァ城から
ブラチスラヴァ城から

再度旧市街をぐる~っと見てお腹が空いてきたので早い夕食を摂る事にしました。今日はもう食べるものは決まっています。やっぱりスロヴァキア料理しかないでしょ♪3日しかないしね。昨日は羊チーズのハルシュキ(BryndzoveHalusky)を食べたので今日はゼミアコヴァー・プラツカ(ZwmiakovaPlacka)を注文してみました。これはパンケーキの一種ですが肉と野菜のスパイシーな煮込みが中に挟まっています。結構なポーションで最後の最後で食べきれず。お肉料理だったのでスロヴァキア産の赤ワインを注文してみましたがやっぱり白の方が好みのようです。

スロヴァキアパンケーキ
スロヴァキアパンケーキ

宿に戻るとドミはすでに真っ暗。ぇえ~、まだ18:00にもなってないのに~。早すぎる。電気をつけていい?と尋ねてつけましたがコモンルームも無くキッチンもかなり小さいのでう~んどうしよう。やっぱり困ったときのマックかなぁ。PCをもって再度マックに行きましたが、暫くして一人の女性が入ってきました。

私の横の方に立ちずーっと店内を眺めています。ちょっとしてから私の正面にすわり何やら話しかけてきます。う~ん、シンナー臭いし前歯が無い。所々ロシア語に似ているので言っている事は大体解りましたがあえて日本語で対応しました。それでもなかなか席は立たず。もう目がいってしまっているので放っておくことにします。その内ご飯を食べたいとゼスチャーしてきたので知らないふりをしていましたが丁度カプチーノを注文した時にチョコがついてきたのでそれをあげると何やらお礼の様な事を言って出て行きました。ふう~、よかったよかった。シンナー臭くて気分が悪くなり始めていたんだよね。

まだやってなかった2日分のロシア語のまとめやらイタリアの宿探しやらとにかく出来ることをやってしまってから宿に戻りました。やっぱりマックは最高です。もう何度も長時間居座りやってるし。日本のファミレスみたいにドリンクバーで居座れるところがあればもっと最高だけどね。余りにも日が暮れるのが早く夜が長すぎるのがちょっと困るところです。

そうそう、昨日私の逆鱗に触れた彼から今朝謝られました。ただ何を言ったかは覚えてないみたいですが飲んだら記憶が無いそうです。他の人を怒らせてないか聞かれましたがそれは聞いてないから知らないとだけ伝えました。実際には怒る以前に相手にされていなかったというのが正しいけど。でも何でもお酒のせいにしないで欲しいですがね。とにかく今日チェックアウトのようでよかった。

まぁ嫌なこともありましたがいい出会いもありました。正面のベッドを使っているノルウェー人のフロードからロシア語を勉強しているの?と尋ねられたのです。もしかしてベッドの上に辞書を置きっぱにしていたからかな?もしやと思いロシア語で「ロシア語を話せますか?」と尋ねてみると「ガバリュー」だって!!わ~、こんなでロシア語を話せる人に出会えるとは!!感動のあまりロシア語での会話にも花が咲きました。といっても私のロシア語はまだまだなので所々フロードに英語で教えてもらいながらですが。彼は10年以上勉強しているそうです。たかだか3、4ヶ月しか勉強していない私とは大きな違いですね。

フロード

<郵送>
・ブラチスラヴァ・・・2ndクラス、2.6kgで25.50ユーロ
            箱代0.86ユーロ

<宿>
Bratislava
・Patio Hostel・・・ドミ5ユーロだが税金が1.65/日かかる
 住所:Spitalska 35
 Tel:+421 2 52925797
 Tel:+421 2 52968130
 E-mail: booking@patiohostel.com
 wi-fiあり、リネンあり。
 タウンマップがもらえる。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

Bratislava/ブラチスラヴァへ

2012/1/4

 さて、列車に乗って幾つかの駅を過ぎた辺りで雨が降っていることに気がつきました。最近雨にあっても小雨程度でしたが、今日のは本格的です。ブラチスラヴァに到着するまでには止んでいて欲しいなぁ。

思いが届いたのか到着する頃には雨が止んでました。やっぱりついているね。しかも北なのにハンガリーよりも暖かいし。

トロリーバスに乗って町の中心部まで行きそこからテクテク歩きます。久々にバックパックを持って歩いたのでなんだか新鮮な感じがしました。チェックインしてからすぐに街の散策に出かけることに。ただ、すでに日が暮れてしまっていたので観光は諦めざるを得ません。とにかく新市街の方を散策して明日は旧市街まで行ってみる事にします。

ブラチスラヴァ市内
市内

ブラチスラヴァ城
ブラチスラヴァ城

市街地ではブダペスト同様にバーゲンセールをしていました。せっかくなので覗きましたが夏物がやはり相当安く売られています。これはイタリアが楽しみだなぁ。一通りぐるっと周るともう18:30頃。お腹も空いたしスロヴァキア料理が食べたい~、という事でちょっと旧市街の方に足を向けたらすぐに見つかりました。羊のチーズの料理を食べてみたかったのでハルシュキとハンガリー産の白ワインを注文。ちなみにシャルドネでした。ハルシュキは小さめの丸っこいパスタに羊のチーズを和えた料理です。臭みと酸味が若干ありますがお酒には良く合います。でも上に乗ってたベーコンが相当しょっぱかったのでヨケヨケしておきました。

羊のチーズ
羊のチーズ

グラスオブワインで大分酔っ払ったので酔い覚ましの為にも外に出ました。旧市街の中心部へ行きましたがクリスマスツリーがまだ飾られています。正教系では7日にクリスマスなのでそれが終わるまでは飾ってあるのかな?

まだまだあります
まだまだあります

宿に戻ると日本語が聞こえてきました。こんな所で会うとは!!と思って話しかけたのが運のつき。彼とはもう二度と話したくないと思いました。なかなかそうなる人はいないのですが、ロシアを全否定&ロシアに興味を持つこと自体おかしいとか、富山県民は変な人が多いだの私のカンに触ることばかり言うのです。あなたがロシアを嫌いだろうが知ったこっちゃ無いけど、他人まで否定するのは最低ですね。その後も酔っ払ってか暇なのか知りませんがベッドが離れているのにすぐ話しかけに来たり、自分の旅の武勇伝を誇らしげに語ったり。いやいや、語る分にはいいんですよ、ですがもう私の逆鱗に触れてしまっている人の話は聞きたくも無いのです。やっぱりブダペストにもう1泊滞在すべきだったのかなぁ。ちょっとため息。

<国境>
・シェンゲン協定国内の移動なので問題なし

<移動>
・Bratisrlava/ブラチスラヴァ市内公共交通機関
 15分以内0.50ユーロ、荷物代0.25ユーロ

<宿>
Bratislava
・Patio Hostel・・・ドミ5ユーロだが税金が1.65/日かかる
 住所:Spitalska 35
 Tel:+421 2 52925797
 Tel:+421 2 52968130
 E-mail: booking@patiohostel.com
 wi-fiあり、リネンあり。
 タウンマップがもらえる。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。