とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

カリーニングラード最終日

2011/10/12

 昨晩風邪薬を飲んだ影響で寝覚めが悪く目覚めると9時を過ぎていました。まだ頭がぼんやりする。でも今晩出国なので昼前にはチェックアウトして残りの観光と買い物をしなきゃ。幸いにも晴天なので観光日和です。

バスターミナルには一時荷物預かり所が無かったのでチェックアウト時にホテルに荷物を預かってもらい出発です。毎度の37番バスが丁度来たので乗り南駅&南バスターミナルへ。ここで初日に巻物を食べたお店に行くつもりでしたが、昨日食べることの出来なかったボルシーが安価で置いてある見て選ぶタイプのカフェを発見、巻物のお店は帰りに寄る事にしてこのカフェに入る事にしました。昨日見たボルシーは90p以上のものばかりでしたがここは何と35pで頂けます。カリーニングラードは物価安と思っていたけどカフェはモスクワより若干安いくらいでここまで安いお店は見つける事が出来ませんでした。なのでかなり嬉しい。

大抵はビーツが入って赤色のボルシーですが、ここはビーツ無し。本土に比べると基本薄味であっさりなのでボルシーもそうかなと思いきや、液面にはサラダ油のぎっとりした感じがあからさまに出ています。出た~、ロシアのボルシー!!

ボルシー

笑いを堪えつつ一口。。。やっぱりサラダ油こってり。炒めるとき以外にももしかしたら、最後にサラダ油を再度投入しているんじゃないかと思ってしまうくらいでした。最近食べてなかったのですっかり忘れていましたがそうだね、本土もこれくらいだったね。

ただ、本土と何が違うかと言えば塩加減でしょうか?本土ではいつも味が濃かったのですが、やはりヨーロッパの一部と化しているこの州は味薄です。更には肉もボルシーでは初のひき肉、そして私の大好きなお米が入っていました。食べ比べが出来るので食べておいてよかったです。

ボルシーだけでは足りないので昨日、日が暮れて行けなかった門を見た後に昨日に引き続きマックに行くことにしました。駅から西方面に500m程進んだくらいで右手に門を発見。交通量が多いのでなかなか写真が撮れず。

ブランデルブルグ門
ブランデルブルグ門

これで4ヶ所の門は制覇です。後2ヶ所はどこにあるのか解らず仕舞。ここからレーニン通りに出て3km程北に行くとようやくマックに到着です。本当大きな街過ぎて歩くの大変。しかも晴天でも風が冷たいので寒いし。

マックでは昨日食べなかった新商品のВифРолл(ビーフロール)を注文。ちなみにФишРолл(フィッシュロール)が92pに対しこちらは112pです。ビーフのラップの方が味は濃いです。てっきりスライスして焼いた牛肉が何枚か入っているのかと思えば、ハンバーグが巻いて入っているだけ。後は少々レタスとカリッとした触感のものが入っていました。何となく物足りず。だけどもボルシーを飲んだのもあり胃袋的には満腹です。

ビーフロール
ビーフロール

食後は動物園に行ってみました。マックから徒歩約10分程。入場券を買い中に入るときにおばさんにチケットを手渡すと何とチケットを千切ったまではいいのですが、何と両方ゴミ箱に捨ててしまったのです。ぇえ~、普通は半券返すでしょ?捨てるなら何で千切る必要があった訳?半券返してとゆかちゃんが言うとおばさんはゴミ箱の蓋を開けて「どうぞ」と。やる気ないなぁ、もう。

気を取り直して園内へ。感想としては動物の数も種類も少ないし、網が細かすぎてちゃんと見えない。道が穴ぼこだらけ。最後に行ったのがシンガポールのナイトサファリだったので微妙としか言いようがありません。でも動物達を見て癒されたので計110p出しても高いとは思いませんでした。

食べ物くれるなら

かわいいふくろう

動物園を出て南駅までレーニン通りを南下していきます。途中広場があったのですがここでレーニンさん発見。こんな所にいたんですか!!探しましたよ。本土よりちょっと肥えたレーニンさん、カリーニングラードの食が合ったのかなぁ(笑)

レーニンさん久しぶり
レーニンさん久しぶり

南駅近くに大型スーパーを発見したので最後の望みをかけアルペンゴールドのカプチーノを探しに行きました。結果見つからず。カリーニングラード州に入ってから幾度と無く探しましたが結果0。新商品は発見したので買いましたがカプチーノ以上の喜びは無し。

最新版
最新版

カリーニングラードへは、観光以上にボルシーとカプチーノチョコ探しが主な目的だったので相当がっがり。ルーブルも余りそうだしこれはまたロシア本土に戻りなさいという事かなぁ。まだカフカスのマハチカラ周辺にも行ってないしサハリンにも行ってないし。

スーパーで相当時間を費やしもう19:00チョイ前。急いで南ターミナルにある巻物のお店に行き初日に買ったシャベルナという巻物を購入しホテルに戻りました。21:00のバスなので急がなきゃ。ついでに隣のカフェでЩи(シシー)も食べたいし。

荷物をピックアップしインターナショナルターミナルへ向かう37番バスに乗り込みます。中心部は渋滞でしたが余裕を持って到着することが出来たのでカフェ直行。シシーがあるか尋ねるとサリャンカしかないとの事。う~ん、サリャンカは嫌いでないけどあっさりとシシーで締めたかったのに。悩んだ挙句サリャンカではなく魚料理にしました。白身魚のムニエルの上にスメタナ(サワークリーム)、キノコ、とろけるチーズが乗っかっているロシアではスタンダードな料理です。魚の臭みも無くキノコの味もしっかり出ていて最後に美味しいものが食べれました。どうもありがとう。

最後の晩餐
最後の晩餐

出発10分前に食べ終わりターミナルへ。そこにはユーロラインが停まっていました。3年前に幾度と無くお世話になったバス会社です。懐かしい。チケットが無くても車内で無事購入することが出来たので良かったです。しかも最初聞いていた値段よりも安く600pでした。リガ行きのバスで途中下車なので中途半端に3時過ぎに到着するらしいのですが、食後すぐなのでまだ眠りたくない。明日は眠いまま十字架の丘まで行けるかなぁ?

国境に到着したのが23:30、荷物を全て出し出国審査所で並びます。荷物検査用の機械が壊れていて何のチェックもされないままパスポートコントロールへ。スタンプが多い為かずっとペラペラページをめくる音だけ聞こえその内別室へ行ってしまいました。まぁ出国なので問題は無かったのですが微妙なこの待ち時間は嫌なものです。無事出国スタンプが押され一安心です。

<観光>
・動物園/100p(学割無し)
 別料金で見れるものあり。お魚/10pなど。

<移動&宿>
・リトアニア、シャウレイ行きの夜行バス泊
 ユーロラインで600p

<国境>
・出国・・・ロシア/Советск
      時間はかかるが問題なく出国
・入国・・・リトアニア/Panemune
      シェンゲンなので180日で3ヶ月以内であれば問題なし

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

カリーニングラード観光

2011/10/11

 久々のホテルのベッドは暖かく目覚めるといつも以上に熟睡感がありました。今日はカリーニングラード観光をしたいのですが、外は雨。ただ、降ったり止んだりしているのでタイミングを見計らって中心部に行く事にしました。

カリーニングラードの街は1990年代初めくらいまでは軍事色が強く外国人の立ち入りは完全に禁止されていたそうです。それから20年たった今ではこうして自由に観光も出来るようになりましたが、それでもやっぱり外国人は殆ど居ません。見所の問題もあるかもしれませんが、それにしても少ない。第二次世界大戦前まで700年以上ドイツ領でしたが戦中イギリス軍による空襲で街がほぼ全壊しスターリン率いるソ連赤軍も突撃しここに住んでいたドイツ人、リトアニア人は殆どが殺されるかシベリア送りになったそうです。その代わりにソ連各地から送られてきた住民がドイツ人、リトアニア人とそっくり入れ替わって今に至ります。現在のこの姿は明らかに旧共産国ですが、ドイツ領(ケーにヒスベルク)だった時代は一体どんな姿をしていたのでしょう。今の姿を見た後では想像がつきません。

観光の前にリトアニア行きのバスの予約の為にインターナショナルバスターミナルへ。この街には2つの鉄道駅とバスターミナルがあり少々ややこしいです。宿近くのバス停から37番バスがインターナショナルバスターミナルまで運行しているので約1時間かけて移動しました。この街に来た時に降りたターミナルはローカルの方でしたがインターナショナルより規模が大きくまた中心部にあります。でもインターナショナルの方はバス1台停まっていないので最初気づかず教えてもらってやっと解ったくらい。

バスターミナル

中でリトアニアのシャウレイ行きのバスのチケットを買いたいと言うと明日の分は売り切れとの事。ただ、保有しているチケットが無いだけで当日にバスドライバーから直接買う事が出来るようです。最初にそれを言ってよ~、びっくりしたし。

明日の夜行バスでカリーニえーングラード州を出る事が決定したので、今日出来るだけ観光を進めておくことにしました。まず37番バスに乗り北駅で降ります。この目の前は勝利広場ですが居るはずのレーニン像が居ません。おかしいなぁ、せっかくロシアに戻ったのだから挨拶しておこうと思ったんですけど。なのでレーニン像の代わりにロシアの母像に挨拶しておきました。

母像

この時点でもう12:30になっていたのですく目の前のマックに入ります。さてさて、どんなラップメニューがあるかワクワク。見ると3種類のラップがあり、内ビーフラップは新発売か期間限定かという感じで売り出されていました。私はビーフでなくフィッシュラップを注文。これは本土でも見かけてなかったので初です。フィレオフィッシュを半分に切ったのがラップに入っているといった感じで黄緑色の濃厚なソースがかかっていました。ロシアのマックはバルトのようにサイズを選ぶことが出来ないので、やはり少なめです。あっという間に胃の中へ収まってしまいました。

フィッシュラップ
フィッシュラップ

食後は北駅周辺に大きめのロシア正教会があるので向かいます。相変わらず煌びやかな教会で信者もポツポツ訪れていました。

駅前のロシア正教会
駅前のロシア正教会

次の目的地は遠いのでバスで移動です。北駅前から37番バスでバスターミナル方向に暫く行くと王の門があるのでここで下車。中は博物館となっているので外観のみ写して次の門へ移動しました。この街には6ヶ所も門が残されているそうですが、ガイドブックでフォローされているのは4ヶ所のみ。でもそれだけでも周ってみたいと思います。

王の門
王の門

2つ目の門は琥珀博物館の横にありすぐに判りました。名前をロスガーター門といいます。門の下には何故か鯉。王の門にしてもロスガーターにしてももちろん完全に修復されていました。

ロスガーター門
ロスガーター門

琥珀博物館は上の池に面していて池沿いには琥珀を売る露天が連なっていました。カリーニングラードで琥珀がたくさん採れるようですが、特にぐっと来るものが無くそのままスルー。

琥珀売り
琥珀売り

塔に寄った後は街の南に移動して小島にある大聖堂へ。もうすでに17:00を過ぎていたのでもう閉館してしまっていました。それでも観光客は多々見られたので人気のあるスポットのようです。

大聖堂
大聖堂

大聖堂から東に行くと十字架教会があり丁度閉館と言われましたが中を覗くことは出来ました。ここもロシア正教です。

十字架教会
十字架教会

もう大分暗くなってきたので後2ヶ所ある門の1ヶ所だけ寄って残りは明日訪れることにしました。

フリートレンデル門

これが南駅から東に行ったところにあるフリートレンデル門です。この門が唯一修復がされずに綺麗に残っている門だそうです。周辺は工事中で雨も降ったため足場がグチャグチャになっていました。今日は一日中降ったり止んだりが続いています。身体も大分冷えたようで頭痛がしてきました。最後は南駅から37番バスで宿に戻りましたがやはり宿も寒くとにかく熱いシャワーを浴びて身体を温めます。今はとにかくタブに浸かりたい!!風邪薬を飲んで眠ることにします。

<移動>
・市内バス・・・12p

<宿>
Калининrград
・Дейма/Deima・・・エコノミーツイン(ディスカウント価格)2人で800p
 住所:Ул. Генерала Толстикова 15/2
 Tel:+74012710814
 E-mail:service-tur@mail.ru
 部屋の暖房が効かず寒い。フロントにいうと電気ストーブを持ってきてくれた。
 レジストレーション可。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

Калининrград/カリーニングラード州へ

2011/10/10

 リトアニアの出国が済み少し進むとすぐにロシア側の入国審査所があります。今度は荷物を全てバスから出し建物内に入りました。特に問題も無く無事入国スタンプを手に入れれたのでこれでロシア入国です。ロシア側の地名はКрушская коса。

ロシア出入国スタンプ
マルチビザはすばらしい

ここは丁度細い地形の中心くらいでしょうか、1本道をカリーニングラードに向け進んでいきます。相変わらず道路が所々ツギハギでガタガタ車体が揺れると何となくロシアに入国出来た事を実感し嬉しくなってしまいました。目が覚めるごとに少しずつ景色が変化しどんどん建物が増えていきます。ただ、モスクワやサンクトペテルブルクに比べるとどこか色褪せて見え東ロシアで感じた灰色なイメージをこの街にも持ちました。ただ、飛び地とは言え相変わらず街がデカイ。今晩の宿が無事見つかるか心配です。ノヴォシビルスク以降なかなか簡単にロシアの宿の場所が見つけられず毎度困っていたことも思い出しました。

バスターミナルに到着し右も左も判らないのでターミナルのスタッフに住所を見せどのように行くことが出来るか尋ねたら「ニズナーユ(知らないわ)」と一言。まぁそんなもんですね。こういうのも懐かしい。外に出てマルシルートカのおばさんに尋ねるとタクシーを指差し彼なら知っていると言いましたがタクシーは使いたくないのでどうしようか考えていたら見かねたのかおばさんがタクシードライバーに聞いてくれました。てっきりタクシーの営業をされるかと思いきや親切にも道の方向を教えてくれ、更には歩いていけるよと助言もくれました。

歩く前にまずは腹ごしらえ。久々にロシアでの食事なので嬉しい。ターミナル周辺の小さな店を除くと西ロシアよりも安い価格表示に驚きです。てっきりヨーロッパ価格かと思いきや、うれしな誤算です。お店の人と話をするとすぐに地震の事について尋ねられ、今朝出発前に地震があったニュースを目にしていたので今日もまたあったよ、と伝えておきました。店主も奥さんもフレンドリーであ~やっぱりロシアいいなぁと気分がほくほく。もちろん皆が皆良い訳ではありませんが少なくとも、こちらを見てあからさまに笑うような事はありません。そればかりか1聞くと10近く返って来くるので翻訳できず???になってしまいます。

ちなみに昼ごはんに選んだのはラップです。やっぱりこれでしょ。野菜がた~んと入っているのでバランスもまずまず、味もロシア本土よりもあっさりしているので美味しくいただけました。

早速ラップ

食後は道行く人に確認しながら宿に向かいます。順調にキエフスカヤ駅を南方向に歩いていたのですが霧雨が降り始めました。徐々に強まってきそうだったのでバスで近くまで行けるかもしれないと、ミニバスを止めて尋ねると首を縦に振ったので乗り込みます。ロシアのバス、ミニバスは物価に対してかなり安いので気軽に使うことが出来るのがいい所。T字路で降ろしてもらい言われた方向に進むと今晩からの宿が見つかりました。迷うような場所でなくてよかった。

今晩の宿

チェックインも終わり部屋に入室してびっくり。暖房が効かない!!昨日あれだけもう暖房の無い所には泊まりたくないとか言っておいて早速暖房が壊れている宿ですか。寒いので何もする気になれずベッドでごろん。いつの間にか2人も意識が・・・。目覚めると1時間ほど経っていました。やっぱり寒い。ごそごそとダウンジャケットを取り出し羽織ると少しだけマシになったけどまだこんな時間からこの寒さはまずいでしょう。あとからレセプションで暖房について聞いてみなきゃ。

せっかくロシアに来たのだからまずはスーパーのチェックから。レセプションで場所を聞き向かいましたが徒歩約5分程の近い場所にまずまずのバリショイスーパーがありました。全体的に面白みのないスーパーでしたがそれでも小1時間位はウロウロしていたと思います。まずはアルペンゴールドのカプチーノ探しですが、シリーズでは唯一ブルーベリーのみ。マリヤに関しては前回本土で購入した物もありましたがビニル袋に入れられたマリーもあり今回はカリーニングラードのマリヤという事でこちらを購入。

カリーニングラードのマリヤ1

これは完全にしけっていましたが個人的には嫌いではなくむしろ好き。エストニアのマリヤに比べ香ばしくなくラトヴィアのマリヤに比べると麦の味がせず、まぁモンゴルのマリヤに近いです。でもモンゴルのマリヤはしけってはいませんでしたがかなり乾燥しているかつ味に深みが無く美味しいとは思えず。しかも25%増量なので食べきるまで時間がかかりました。

現在のマリヤランキング
1:エストニア(とても香ばしい)
2:ラトビア(麦の味がする)
3:カリーニングラード(しけっていて香ばしさもないけど嫌いでない)
4:日本(マリー)
5:ロシア本土(若干甘みがありパリッとしている)
6:モンゴル(味が薄く乾燥している)

※新種マリヤ購入次第再度発表します。くだらないけどお付き合いください

現在のチョコランキング
1:アルペンゴールドのカプチーノ/ロシア
2:木の実(ブルーベリー)のホワイトチョコ/エストニア
3:PERGALEのミルクリキュール/リトアニア
4:アルペンゴールドの紫色のパッケージのやつ/ロシア
5:木の実(イチゴ)のホワイトチョコ/エストニア
6:カフェカプチーノ/エストニア

現在はこんな所でしょうか?チョコは範囲が広すぎて全部試せないのでランキングとしてはイマイチですが。こちらも継続していきます。

かなり話がそれましたがスーパーでマリヤ以外にも懐かしの製品を購入。こってりとした牛乳も久々です。

懐かしのロシア製品

今日の内に観光を幾つか済ませようと思ったのですが時間的にもお天気的にもよろしくなく明日午前中から観光に出かけることにします。レセプションで明日の天気を尋ねると雨とのこと。お願いだから外れてね。

<国境>
・出国/Nida、リトアニア・・・シェンゲン協定国からの出国は90日以内なので問題
 なし
・入国/Крушская коса、ロシア・・・マルチビジネスビザ保有にて
 問題なく入国。ビジネスビザのくせして観光と言っても何も言われず。
 
<移動>
・市内マルシルートカ/17p

<宿>
Калининrград
・Дейма/Deima・・・エコノミーツイン(ディスカウント価格)2人で800p
 住所:Ул. Генерала Толстикова 15/2
 Tel:+74012710814
 E-mail:service-tur@mail.ru
 部屋の暖房が効かず寒い。フロントにいうと電気ストーブを持ってきてくれた。
 レジストレーション可。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper