とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世間知らずの26才、北米へ(8)

 2007/3/17

■セントパトリック・デー■

 3月17日。それはセントパトリック・デー
聖パトリックの祝日は、
アイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリックの命日。
そしてカトリックにおける祭日。
アイリッシュ系民族の多い町でパレードが行われる。
シャムロック(3つ葉の草の総称)を服につけたり、
緑色の物を身につけて祝う日で、「緑の日」とも呼ばれる。
特に、川やプールをフルオレセイン(例:バスクリンの着色料等)で
緑色に染め上げる風景は有名。
アイルランド系やカトリック教徒以外の者も参加することが多い。
この日はバッファローでもパレードが行われると聞いて
早速パレードが行われるというストリートまで出かけた。

パレード

参加者だけでなく見に行っている人々も
緑色の服や小物を見につけていた。

パレード

パレード

ミスバッファロー
ミスバッファローも

終わった後は、ビールやお菓子やグッズで道はゴミだめ~!!
祭りの後はしかたないかぁ。



 2007/3/25

■カナダ・カサ・ロマへ■

 カサ・ロマはナイアガラの滝の水力発電で
資産家となったヘンリー・ペラットの邸宅。
1914年に350万ドルを費やして建設されたらしい。
今は一般公開されている。
カナダ・トロントまで車で約3時間。
トロントは、メジャーリーグのチームもある街。
カサ・ロマは少し離れたところに建っていた。

カサ・ロマ

中は一部博物館のような感じで軍服などが飾ってあった。

内部
ベッドルームもあり



 2007/3/31

 もう数日後には日本へ帰国。
せっかくなのでカナダに渡りオンタリオ湖で一息。

オンタリオ湖

帰りにもう何度も行ったナイアガラの滝へ。
今日はライトアップの時間まで。

カナダ側

カナダ側

ライトアップ開始
暗くなってライトアップ開始

5分ごとくらいに色がぱっと変わり
全部で何種類あるのかは分からないけど、寒さでずっとはいられなかった。

赤

緑

青

カラフルなナイアガラも味わったし、もう思い残すことはないかな
あっという間に3ヶ月がすぎちゃった。
でもその間に私は何回学校にいったのだろ~。
・・・。・・・。ま。まぁまぁ。
それよりも日本に帰ってからの仕事の方が心配。
私の席はまだ残ってるかな??

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

世間知らずの26才、北米へ(7)

 2007/3/13~15

■射撃■

 翌日向かったのは、一度やってみたかった射撃
ライセンスを持ってないとできない州もあるらしいが、
ここペンシルベニア州ではライセンス無しで射撃ができるらしい。
早速パンフレットを見ながら射撃場まで移動。
けっこう山の中まで入ったあたりにそこはあった。
発砲音が大きいからだとわかったのは勿論車を降りてから。

パスポートを見せてからアイプロテクターと耳栓を貸してもらった。
他に2人の客が先に練習していた。
青年がひとりガイドでついててくれた。
最初は小さめなモノからだったがあとでライフルに。
でもライフルは反動が強くて支えきれる自信がなかったからやめておいた。
小さいのですら反動がきて片手撃ちなんて絶対無理。
撃った後に手首が上がってしまった。

ちょっとドキドキ
ちょっとドキドキ

耳栓をしてても強烈な音。
映画やドラマでのあの音はサイレンサーをつけているんだね。
ちなみに7発中6発は心臓、1発は脳を撃ち抜いた。
もちろん動いてない的だけど・・・

鍵でくくりつけてある
鍵でくくりつけてある



■陸軍士官学校■

 ニューヨーク州に移動して陸軍士官学校(ウエスト・ポイント)へ。
途中川や滝があり途中途中休憩しながら向かった。

移動中立ち寄った川

滝もあった
滝もあった

そしてウエストポイントに到着。
敷地面積は65平方キロ以上もある。

陸軍士官学校

設立前は要塞だったらしい。
外には戦車など飾られていた。

戦車

中には戦争に関するものやトレーニングの様子が紹介されていた。
日本に落とされた原爆の模型まで、原寸大で展示されていた。
これ1つで・・・おそろしい。。。考えただけで身震いがした。



■つかの間のマンハッタン■

 ウエストポイントからマンハッタンに向かった。
前回来た時に自由の女神を全く見てなかったから
今回は遠目でもいいから見たかった。
マンハッタンに車で来たのは大間違い。
郊外に停めてこればよかった~。大・大・大渋滞。
やっとの思いで、バッテリーパークへ。そこからリバティー島が見えた。

帰りがもう悲惨だった。
猛吹雪がニューヨーク州を襲い視界が見えなくなった
ハイウェイを、小走りした方が早いくらいのスピードで進む。
おかげさまで12時間以上使ってバッファローにたどり着いた
帰ってからはくたくたで2~3日はぐったり。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

世間知らずの26才、北米へ(6)

 2007/3/11~12

■アーミッシュの村へ■

 今日はペンシルベニア州にあるアーミッシュの村の近くまで進む予定。
アーミッシュはアメリカに住むドイツ系移民の一派のこと。
アーミッシュは電気を使用せず、
現代の一般的な通信機器も家庭内にはないという
原則として、現代の技術による機器を生活に導入することを拒み
昔ながらの生活をしているらしい。
服装はきわめて質素で子供は多少色のあるものを着るが、
成人は決められた色のものしか着ない。
そんな部族の住む村にむかった。

あたりも少し暗くなり始めた頃に到着。
周りは田舎、畑がちらほら見られた。
今日は村の中までは入らずモーテルで休息。
翌日すぐ近くの村まで出かけた。とてものどかな雰囲気だった。

キルトや食器のお店もあって立ち寄った。

キルト屋さん
キルト屋さん

かわいい食器屋さん
食器屋さん

女性は白い布のようなものを頭につけていた。
電気や化学製品を使わない彼らの移動手段は馬車。

馬車

そして馬車に乗れる牧場があったので飛び入りで乗せてもらった。
広い畑を1周まわる。パッカパッカとヒズメの音が響く
アーミッシュのおじさんに聞いたのだが、
本当に携帯も電話ももってないの?って。
やっぱり全員がもってないわけではなく
家の外までいって電話してる人もいるらしい(笑)
ある年齢になるとアーミッシュの町を離れて郊外に出た後、
また町に戻って家業を継ぐか、そのまま郊外で仕事に就くかは選べるという。
この時に戻らなければアーミッシュとして認められなくなるそうだ。



■ハーシーズ・チョコレート工場へ■

 ペンシルベニア州に戻ったついでにキスチョコで有名な
ハーシーズのチョコレート工場に行ってみることにした。

ハーシーズ・チョコレート工場
ハーシーズ・チョコレート工場

ペンシルベニア州のハーシーにチョコレートワールドはあった。
敷地内に進むとハーシーズの設立などなど
歴史について書かれていてその先に進むと乗り物が・・・。
早速乗ってみた。ディズニーのリトルワールドのような感じで進んでいく。
チョコレートの製造過程がわかりやすく見学できた。
最後にはキスチョコを2つもらって終了
(キスチョコってスライムみたいな形だよね)

よくみるパッケージが
ハーシーズ・チョコの種類

カフェでチョコレート・ドリンクを飲んで胃はチョコだらけに

チョコレートシャワー


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

世間知らずの26才、北米へ(5)

 2007/3/9~11

■ワシントンD.Cへ■
                                                  
 3月初旬、ワシントンD.C、マンハッタン周辺にTAKと車での旅に出た。
オイオイ、学校は??
・・・もちろん休みます(笑)
車では飛行機と違いハイウェイを使っても時間がかかった。
休み休みメリーランド州方向に向かう。
初日はペンシルベニア州の南のあたりのモーテルで泊まった。

翌朝、再びワシントンD.Cに向けて走り出した。
メリーランド州に入ると町並みが急に整ってきたのを感じる。
州を抜けD.Cに入ると建物もこぎれいな感じで
オフィス街というのが似合う場所だった。

パーキングに駐車してまず向かったのはモール地区。
エジプトのオベリスクのようなこの建物は
映画やアメリカドラマにちょくちょく出てくる。

ワシントン記念塔
ワシントン記念塔

ワシントン記念塔というものらしい。
知らなかったが中に入れたらしい。

そのまま歩いて、ホワイトハウス前へ。
敷地が広くて見えてるのになかなか着かないっっ。
テロの問題もあって今はホワイトハウスにはなかなか入れないらしい。
残念だな。

ホワイトハウス
ホワイトハウス

そして第二次世界大戦記念碑へ。
戦死した人々のために立てられた石碑のようだ。
各州の石碑がサークルを作っていた。

第二次世界大戦記念碑
第二次世界大戦記念碑

その後でリンカーン・メモリアルへ。
ここにはたくさんの観光客がいた。

リンカーン記念館
リンカーン記念館

リンカーン像
リンカーン像

リンカーン記念館より
リンカーン記念館より

メモリアル前のプールの水は干からびていて何もなかった。

そして駐車場にもどって大変なことに気がつく。。。それは。。。駐禁!!
キップきられたぁ!!
よくよくみると障害者専用だった。。

テンションを戻して市内を車で廻って気になったスパイ博物館へ。
すっごく混んでいてなかなか順番は廻ってこなかった。
予約制だったのでチケットをとって時間までブラブラ

スパイ博物館
スパイ博物館

ようやく時間となって列に並んだ。
ここでは世界にいるスパイたちの7つ道具や潜入の仕方などなど
紹介してあった。
もっと英語がわかればもっともっとおもしろいんだろうなぁ。

翌日はペンタゴンの近くまで車を走らせた。
もちろん敷地には入れないから遠くから。

ペンタゴン
ペンタゴン

国会議事堂にもせっかくだから行ってみた。

国会議事堂
国会議事堂

ここもテロ騒ぎのせいかパトロールの警官が目立った。

最高裁判所
最高裁判所

早々にワシントンD.Cを離れ、マンハッタンではなくペンシルベニア州へ逆戻り。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

世間知らずの26才、北米へ(4)

 2007/2/14~15

■マンハッタン3日目■

 寝起きの悪い朝。
起き上がると吐気がこみ上げてくる。
だめだ・・今日は出かけたいけど歩くこともままならない。
周りがトイレだらけなわけないし・・・
あっちゃんごめんよ~迷惑かけて。。。
今日は自然史博物館いっといで~
って・・・言ったけど人情にあつい子でした。
お粥作ってくれたりフルーツきってくれたり・・・
ありがとう!!申し訳ない!!
でもおかげで夜にはすっきりして気持ち悪いの気すらなくなっていた。
全快!!!



■マンハッタン最終日■

 最終日は別行動、16時くらいに
J・F・K空港で待ち合わせということとなった。
私はロウアーマンハッタンまで地下鉄で一気に南下。
バッテリーパークに向かおうと思ったけど、
ワールド・トレード・センター跡地に引かれ、
足はグラウンド・ゼロに向かっていた。
もうテロから5年経つけどまだ今でも工事中だった。
事件の日の出来事が時間刻みで細かく展示されてあった。

ワールドトレードセンター跡
ワールドトレードセンター跡

事件の詳細や写真が展示してある
事件の詳細や写真が展示してある

グラウンドゼロ内は工事中で立ち入り禁止
グラウンドゼロ内は工事中で立ち入り禁止

そしてすぐ近くの敷地に建っているトリニティ教会へ。
ここはとても古いネオ・ゴシック教会だそう。

トリニティ教会
トリニティ教会

ここの近くのカフェで一息ついてからセンチュリー21へ。
ここのデパートではブランド品が
50%オフ以下で売っていてうはうはだった。
レスポとか超やすい!!
ありえない安さでレスポの夏用のショルダーバッグをゲット。
うふふ

ここで時間を使ってしまいもう昼をゆうに過ぎてしまってので
そろそろ空港へ向かうことにした。
列車を数回乗り継いで空港へ。
空港内はびっくりするくらいの人・人!・人!!
週末でもないのにおかしいなぁ。。
でもどうにかあっちゃんと合流。
とりあえずチェックインしとこうか~。ってすごい行列。
全然進まないしまにあわないよ~。
スタッフにフライトを確認すると3時間遅れらしいという事がわかった。
そのまま列にならんでチェックインをしたけど
椅子という椅子は埋まっていて地べたで寝ている人もたくさんいた。
雪の影響で欠便がたくさんでているらしい。
バーガーを食べつつ待っていたけど時間になっても動きがみられない。
結局またまた時間が遅れることになり
最終的には5時間くらい空港で待つことに
そして搭乗場所も3度変わってくたくた・・・。

やっとフライト時間になって空席が目立つ機内へ。
上空からの夜景も素敵だった。
うっとりしてたらシャッターチャンスを逃して
中心街からすこし外れたあたりでパチリ

飛行機から
飛行機から

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。