とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万里の長城に泣く(3)

 2009/11/28 <北京市内>

 胃は夜中まで北京ダックやけしていたけども
朝目覚める頃にはすっきり消化されていてビュッフェも
スムーズに受け入れてくれた。
我ながら頑丈なものを持っていますわ

北京といえばやっぱり故宮博物院でしょ
せっかく近くのホテルなんだし学生証も使っておかないと
今年で期限が切れちゃう。

東交民巷路を西へ進むとかの有名な事件のあった天安門広場に到着。
ここには人民英雄記念碑や毛沢東祈念堂がで~んと建てられ
故宮博物院の方まで左右に大きな柱が何本もあった。

天安門広場
天安門広場

人民英雄記念碑
人民英雄記念碑

ここの広場に入る前に地下道を抜け上がった先で
荷物チェックがあった。
特に何も指摘されずスルー。
大きな広場を北の博物院に向かっててくてく歩く。
徐々に博物院に近づくにつれ掲げてある毛沢東さんも大きくなってきた。

国旗掲揚台と故宮

それでもてすぐに入れるわけではなくて地下道をくぐらないといけない。
すぐには着かないのね・・。

チケット売り場で国際学生証を提示すると半額となった。
まずは午門から入場。

中央からは入場できない
中央からは入場できない

金水橋を渡って太和門をくぐると太和殿が待ち構えていた。

金水橋
金水橋

ここの正面に3つの階段があるけども中央は一枚岩で出来た
龍の彫り物がでで~んと存在感をアピールしている。

龍の彫り物
龍の彫り物

それを見ながら混雑している人ごみを掻き分けながら前に出た。
中は入場禁止だから遠くからしか見れないのです。
玉座がどんと置いてあった。

太和殿
太和殿

屋根の龍ほこ(皇帝の数と先頭が仙人)
屋根の龍ほこ(皇帝の数と先頭が仙人)

皇帝の玉座
玉座

夏はいいけど・・・冬はありえないくらい寒いよね、きっとさ。

中和殿、保和殿を越えた先に乾清門がありここまでが皇帝が
行事や外国の使者との謁見を行っていた外朝と呼ばれている。

乾清門から先が内廷と呼ばれ、日々の執務や、日常生活の場となっていた。
それにしてもでかい!でかすぎる!!

乾清門をぬけたところ
乾清門をぬけたところ

最後は神武門から退場して寒い中身をちぢこめながら王府井(ワンフーチン)に
向かって歩いたけどなんだろう、上海より都会には思えないような閑散ぶりだなぁ。
寒すぎるせい??
博物院の外の堀のお水?はもうかちかちに凍ってしまっていた。

凍ってるよ~
凍ってるよ~

王府井大街で右折して大通りを南下、
やっぱり大通りにはスーパーなんてないよね。

結局ウルムチでも入ったスーパーマーケット、百盛(パークソン)
デパートまで行くことにした。
地下鉄に乗って複興門で下車、百盛デパートの横の建物内に
超一(スーパーマーケット)を発見
ここも百盛デパートの一部なのかな?
お土産のお菓子類をスーツケースに入りそうなだけ購入。

お昼ご飯はチェーン店の麺屋さんに入ってみたけどちょっと微妙・・・。
屋台のほうがおいしいなぁ

一度ホテルでゆっくりしてから王府井に戻り東安門大街で
適当につまみ食い。

東安門大街
東安門大街

さつまいもが激うま!甘~くて最高です。

あま~いさつまいも
あま~いさつまいも

パンダのピンバッチをゲットしたけどここの売り子は本気で腕つかんでくるから
本気で抵抗してしまった。
大の男に腕つかまれたら痛いでしょ。もう。



<観光>
・故宮博物院・・・学割で40→20元



 11/29

 ANA956便8:45のフライトに乗るため朝5時起きでささっと準備をして
現地スタッフからお弁当をもらい中の甘くないクッキーをボリボリ。
お水も2本も入っていたけどスーツケースはもうお菓子でいっぱいだし
手荷物はアウトだから結局スタッフさんにあげちゃった。

無事日本に到着したのはいいけど京成電鉄の路線で人身事故が・・・
おかげさまで新幹線に乗るまで上野駅構内を息切れするくらい
走るハメとってしまった
日曜だから混むと思って指定席とっちゃってたんだよね。
さすがにコレは想定外でした。


スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

万里の長城に泣く(2)

 2009/11/27

 現地ツアーバス、遊1か2で万里の長城へ向かうべく朝早起きして
前門駅周辺に繰り出すもなっかなかバスの姿が見当たらない。
それらしき看板はあっても肝心なバスがないのだ
看板の近くにいたおばちゃんに筆談で「遊1、2」や「万里長城」等と書き見せると
ついてきなさい、というようなそぶりで前門東大街に停まっているバスまで
案内してくれた。
「八達嶺?」と書くと「only」といわれ料金は50元だという。
ん?only?

現地ツアーバス
遊旅バス

ガイドブックに載ってるような遊バスではないみたいだけど
遊旅バスで10時出発の夕方5、6時に帰ってくるっていうからonlyはおいといて
周りにそれらしきバスがなかったのもあって参加することにした。
本物の偽学生証で気持ち安くなった。

待ち時間まで時間があったからバスの中から外を見るとクレープ屋さんかしら?
朝ごはん食べたにもかかわらずせっかくだから試してみることに

クレープ屋さん
クレープ屋さん?

こんなの

生地がぱりぱりしてて中に卵や野菜などが入っていて巻き巻きしてある。
しょっぱかったけど1つを2人で食べて丁度良いくらいだった。

焼き芋屋さん

焼き芋屋さんも気になったけどさすがにお腹がいっぱいで諦めた

1時間半くらいでバスが停車、待ちに待った八达岭长城(八達嶺長城)に到着。
トイレが遠いという話を聞いていたけどそんなことはなかった。

途中でトイレ休憩があったのと長城の駐車場付近にもトイレがちゃんとあった。
ドアが壊れてるのもあったけど。。。

長城入り口
長城入り口

長い

集合時間がよくわからなかったから同じバスに乗っている人々の後を
意識しながら左側の通称男坂に登り始めた。

けっこう急です

最初から結構な急坂です
時間を気にしながらだからハイペースでどんどんかけあがって・・・

先は長い

まだまだ先が長い・・

下るのも大変

下るのも大変なくらい・・・

まだ雪が・・・

身体は暑いから風はきもちいい
もう雪が積もっていた。

長城から

7割方登ったところでどんどん呼吸がつらくなってきて、眩暈と頭痛、吐き気が
一気にきた!!
もうちょっと、もうちょっと・・・と足を先に進めたけどふらついて登れない・・・。

まさか高山病??
ちょっと休んでは数歩、また休んでは数歩・・・と繰り返していたけど
体が限界なのがわかった。
元々80台の低血圧が更に下がって・・・このままだと、出る(何かは内緒
・・・
・・・・
・・・・・ということで何かが出る前にあきらめて下ることにした。

キナバル登山や、トンガリロ登山では平気だったのに・・・。
明らかに自分のペースではなかったのが原因だった
友人は一気に最高地点まで駆け上がって下りて来ていた。

今回登れなかったから次回北京にくる目標ができました
今度は自分のペースで登ってリベンジしなきゃ!

いずれまたきます
いずれまたきます

長城を下る頃には気分はすっかり良くなっていて
バスに戻ると殆んどの人達がすでに戻ってきていた。
みんな早いなぁ~~
中にはヒールで来ている人もいて驚かされた。

一行はさっそくお土産屋さんに連れて行かれ現地人の皆様は
スーパーの袋いっぱいにこまごましたお菓子を詰め込んでいた。
すごい買いっぷり
お土産屋さんの横にある食堂のような場所で冷え切った食事が出されたけど
10人以上なのに魚が1匹かいっと、突っ込みたくなった。
勿論他にも副菜だとか、チャーハン、チャーメンはあったけど
母娘で来ている娘さんに
「日本人ですか?」と日本語で聞かれてびっくり。
なんと日系の会社で働いているらしく、ある程度の日本語が話せるらしい。

周り全員が中国人だからちょっと助かったよ~
でも聞いてると明の十三陵には行かないんだって。
てっきりセットだと思っていた。
やっぱり遊バスではないからなのかしら?
でも長城の入場料とお昼ご飯代込みだったからまだ安いよね。

木の実屋さん

食堂の目の前にあった木の実屋さん。
みんな勝手に幾つかとって試食してたから私も何種類か試食

昼からは昔風な建物のある場所に連れて行かれた。
通訳してもらったけど昔のいわゆる「遊郭」のあったところらしい。

昔の遊郭のあった場所

説明がわからない

ここに暫らくいた後2連ちゃんでお土産屋さんめぐりだった。
石屋さんとお茶屋さんだったかな?
現地人のツアーのほうがお土産屋さんに寄るのかもしれない。
みんなどんどん買っちゃってるもん。

なんだかんだで外はもう暗い。
広州生まれの香港育ちの兄弟に英語で話しかけられ彼女らと話していると
どうやら門前駅周辺には戻らず
オリンピック会場近くの地下鉄駅で降ろされるらしい。
なんだとぉ~
上海で地下鉄は乗ってたから要領はわかるけどさ、
出発地と到着地が同じだと思っていたから一瞬頭が真っ白になってしまったよ。

香港からの兄弟はこのままオリンピック会場を見学するらしく
誘われたけどお腹が空いてきたのもあってお断りさせてもらった。

私達はせっかくだから北京ダックを食べに有名な「全聚徳」に行ってみた。
天安門広場付近の方のお店に行ったから地下鉄駅から近くて便利。

いただきます

ハーフサイズがなく2人で1羽になってしまいがんばって食べたせいで
胃もたれしてしまった

北京ダックさばき中
北京ダックさばき中

ちょっと辛味あり

これ以外にもスープも頼んだけどやっぱり完食できずに終わってしまった。
北京ダックって最初の何口かはおいしいって思うんだけど、
途中から同じ味に飽きちゃって気持ち悪くなってしまうんだよね・・・。
何種類も味付けがあればいいのになぁ

天安門広場から
天安門広場から

・・・そうそう、ツアーバスの「only」というのは長城の中でも八達嶺の1つしか
行かないよの意味だったみたい。


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

万里の長城に泣く(1)

 2009/11

 正社員になってしまって数ヶ月、旅行に出れない苛立ちに
悩まされていた。
サービス業で休日もカレンダー通りではなく年末年始も休まず営業。
連休は年に1度くらいなら4連休どうにかとれないかなぁと
勤務希望表に書き込んでみた。
手持ちで元をまだ持っていたからとりあえず中国で
3泊でいける場所で行ったことないとこといえば・・・北京、桂林、西安・・・

成田発の格安フリープランツアーを探してフライトの時間を確認すると
夕方出国昼帰国の地方生活者にとっては丁度いい北京行きを発見!!

サーチャージ込みで21300円で3泊だったら安いなぁ。
それよりも東京までの往復で同じくらいかかってしまうのは悲しいけれど



 2009/11/26

 夜勤明け、急いで家に帰りぱぱっとシャワーだけ浴びて
家族に駅まで送ってもらい各駅停車で魚津駅に到着すると、
越後湯沢行きの特急がもう正面に着いていた。
指定席に行くと先の駅から乗った友人が手を振って合図している、
今回はバックパックでなくスーツケースだったから
列車内での移動はちょっと面倒に感じた。

越後湯沢からは新幹線であっという間に上野駅まで移動
そこから京成電鉄に移動して成田空港まで向かった

無事出国審査を終えて17:20発のANA955便で北京に向かう。
到着は20:10の予定。
夕食は豆ご飯とお蕎麦

機内食

仕事明けで食後はうつらうつらしてしまって気がついたらもう着陸態勢に入っていた。

北京に到着して現地のスタッフと合流して
3泊する宿東交民巷飯店に移動。
11月ってけっこう寒いんだぁ、ダウンできてよかったよ
今日の最低気温はマイナス2℃・・・

東交民巷飯店

ホテル内が温かかったのが救いだった
明日はさっそく万里の長城へ行ってみよう



<宿>
・東交民巷飯店・・・〒100-006 中国北京東城区東交民巷甲23号


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。