とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何かが落とされた

 2月末で科目申請の期限が終わったのでそろそろ面接授業の合否が分かるのではないかと放送大学のページにログインしてみました。するとどの科目かは分かりませんが請求される予定の金額が未納分として出ていました。

あれ?計算していた分より1万1千円安いではないか。放送授業に関しては定員がないので落ちる事はないのですが、面接授業は人数が多ければくじとなるらしく、この差額から分かる事は4科目申請したうちの2科目は落ちたと言う事。ただ支払い期限がありそれまでに支払わなかった人がいれば再度募集するのでそれで受かる可能性もあります。どの科目が受かっているのかはまだ表示が無いので分かりませんが出来ればこの学期で単位を全て取ってしまおうと思っていたので誤算です。人気のなさそうなのにしておけばよかったよ。

予想ではドイツ語の文化編と老年看護学が落ちているような気がしています。近々わかるでしょう。面接授業の方はいつもいっている分校でなくてもいいので他の分校でトライする事も出来ます。またの単位は正直どのタイプの授業でとってもよいので2学期にオンライン授業で最後の2単位を取得してもよいのです。ただ、この先いろいろ予定があるので終わらせておきたかっただけなのであとはくじ運にかけます。

それにしても支払い額が大きいな。8月の航空券も最近買ったので請求が痛い。買いもしないくせに宝くじあたればなーとか一瞬でも思ってしまう自分が情けない。笑。
スポンサーサイト

テーマ:通信教育・通信講座 - ジャンル:学校・教育

2016年2学期単位認定試験の結果

 2月13日から2017年度1学期の科目申請が出来るので裏技で8科目中少なくとも6科目が合格していることはわかったのですが(2科目は2017年度から新たに編集され'17に変更になる為科目名が同じでももう調べられません)、まだ2日しか経ってないのになんとなく気になってウェブサイトを開いてみると、単位認定試験の結果がすでに出ていました。

面接授業の3科目であるドイツ語:初歩、現代社会とこころの健康、職場のメンタルヘルスと精神疾患は1度も休まず通ったので合格。これで3単位。放送授業の8科目も全て合格していたのでこれで16単位、合計19単位を2016年度2学期で取りました。

1つもおとしはしませんでしたが、ちょっと予想外に災害看護学・国際看護学('14)はなんとB判定(70-80%)、たしかに適当に答えた質問はありましたが手ごたえはそれなりにあったつもりなので予想外。認知症と生きる('15)は手ごたえはむしろなかったのですがこちらは予想以上によくA判定でした。他の6科目は全て○Aだたのでほっとしました。ドイツ語は最後勉強が中だるみしていたのですが運良かったとしかいえません。

これで卒業までに必要な単位は放送授業で22単位、授業形態を問わない単位は4単位の計26単位になりました。ここまで順調にきています。

早速2017年の1学期の科目登録をしましたが、ちょっと守りに入り無難そうなものを選んでしまいました。基本看護に関するもの、それ以外に宗教や生死学といったものも入れてみました。面接授業に関しては希望したからと言って受けれるわけではなくクジになるみたいなので結果は来月に持越しです。4つとも受かりますように!!

テキストが届くまでは仕事に励みます。

テーマ:通信教育・通信講座 - ジャンル:学校・教育

2016年2学期単位認定試験

 ようやく終わりました。今回は科目が多かった分長かったです。仕事をしながら旅行にも行きながら面接授業を3科目通い8つの放送授業を終わらせました。

今更ながらですが夏期集中コースの6科目は無事全てパスしました。全て90%以上の〇A(マルエー)を狙っていたのですが、小児でカバーしてなかった質問が出てこちらは一ランク下のA。B、Cがなくて良かったです。

今回の2学期は以下の8科目だったのですが、今回は〇Aを果たしてとれるかどうか。けっこうまじめに学習していたのですが最初に勉強したものって後からになると結構忘れていたりして、復習ノートを読むのでさえ疲れる量でした。仕事にゆとりのある今年度のうちに卒業したいものです。今回受けたものの手ごたえをメモしておきます。

・ドイツ語Ⅰ(’15)
 通信指導と同じ問題はさすがにでなかったが、似たようなパターンのものがありました。少なくとも2~3個問は間違っている気がする。持ち込み禁止

・疾病の成立と回復促進(’11)
 全部で10問だったのですが、いまだかつて症例に出会ったことのないレイノー病なんて出てきて記憶の奥から引っ張り出してきて答えたつもりですが、自信なし。こちらも幾つか間違えている気がします。持ち込み禁止

・在宅看護論(’11)
 こちらは持ち込み可で一通り教材は読んでいるので手ごたえあり。

・災害看護学・国際看護学(’14)
 予想外に4択ではなく5択だったのでその分迷った問題がありました。問題数15問。持ち込み禁止。過去問と同じようにトリアージについての問題はありました。歩行状態、気道、呼吸、とう骨動脈触知、回数、指示入り可能か等ポイント抑えれば難しくないです。(現実ではないので冷静に考えれます)あと、何とかの定義についても質問がありましたが正直適当に答えてしまいました。

・感染症と生体防御(’14)
 これは持ち込み可だったので問題ないと思います。

・今日のメンタルヘルス(’15)
 持ち込み不可ですが、過去問ににているものもありしっかり復習すればいけるとおもいます。

・認知症と生きる(’15)
 これが何気に一番難しかったです。過去問を集中的にやってしまい教材を再読しなかったのが運のつき。60%は超えていると信じていますが、結果をみてみないとなんとも。持ち込み不可

・公衆衛生(’15)
 持ち込み可能だったのでどうにか出来てると思います。

結果が気になるところですがもうそろそろ2017年度1学期の科目申請について考えなければいけません。今回の8科目が全て合格したらの話ですが、残りは26単位となります。内22単以上は放送授業を受けなければいけないので少なくとも11科目の放送授業とそれ以外で4単位分のインターネット授業、面接授業が残ってますが、1学期と2学期で半分に分けるか放送授業だけでも一気にかたづけてしまうか。悩みどころです。看護の学士の申請は包装大学卒業後と決まっているのでその為に動き出すのは来年以降になりそうです。それまでモチベーションもたせるぞー。

テーマ:通信教育・通信講座 - ジャンル:学校・教育

ドイツ語学習

放送大学のドイツ語のテキストが届いてから空いた時間で少しずつ自己学習を進めています。ただ本当に難しくて投げ出したくなる事も多々あります。日本語には無い冠詞においては英語の時も四苦八苦しました。ですが今度はそれが男性名詞、女性名詞、中性名詞によって分別されしかも名詞の性分化には理由が無く、ただ覚えるのみ。更には名詞の格変化などなどなんだそりゃって感じです。

今はどうにかテキストの半分ぐらい終わり人称代名詞あたりにいます。ここまできて気がついたのですが、ドイツ語ってルールが多いけど一通りルールを覚えれば後はパズルのように合わせていけばいい。英語の方が取っ付きやすいけど、まずスペルと読み方が一致しなかったりイレギュラーな事が多すぎてレベルが上がるにつれて複雑になっていくと思います。でもまだドイツ語は現在形の途中で出だしもいいとこ。今後レベルが上がった時に英語の様な複雑さを見つける可能性はあります。

ドイツ語で果たして上級までいけるでしょうか?今後が楽しみです。まずは11月末までには他の科目同様通信指導の答案を提出しなければならないので急ぎ気味で進めていきます。

テーマ:通信教育・通信講座 - ジャンル:学校・教育

夏期集中科目:怒濤の6連続試験

 ついに終わりました。もう疲れました。1日6科目ってしんどいですね。4科目目までは大丈夫だったのですが、5科目目から集中力が持ちませんでした。

大体は、過去問とほぼ同じだったりなのですが、精神看護学が6つの中では一番難しかったように思います。消去法で行くと2択で悩むという問題が多かったです。全ての問題は思い出せないので思い出せる範囲で答え合わせをしたのですが全体的にぼちぼちだったかなと思います。ただ問題によって点数配分が違うという話を小耳にはさんだので私の間違えた質問の配点が高ければ微妙かもしれません。全体的に点数が悪ければ平均値を上げるためにも操作するという話も聞きましたが。

小児看護学、母性看護学はおおよそ過去問から出たので問題ありませんでしたが予想外の問題も。老年があれ?と思う問題が更に何問かあり成人看護学はぼちぼちでした。残る看護管理と医療安全もすでに間違えがちらほら見つかりましたが手応えはそこまで悪くなかったように感じました。そういいながらD、E判定だったら笑うしか無い。結果は11月上旬との事ですが、仕事をかけもちながらやるだけの事はやったつもりなので、どんな結果でも受け入れます。

今後は来年1月末にある2学期の試験に向けて取りかかる事になりますが、試験を受けるためには郵送またはWeb上から通信指導問題を放送科目の分提出しなければいけません。私はWebからなので11月9日まから11月30日までが期間です。日だけ見るとまだまだだって思いますが科目数が多いので2週間程のんびりしてゆっくり始めたいと思います。

テーマ:通信教育・通信講座 - ジャンル:学校・教育

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。