とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

モロッコ旅行その6

12/1/2015

 ついにUKに戻る日が来てしまいました。まだちょっと微妙だけど体調が大分戻ってきたので移動時の心配も少なくて済みます。朝食は昨晩の内に用意して貰ってパンとチーズだけ頂き出発しました。

リヤドのゲート近くからタクシーで行こうかバスを待とうか考えていましたが、現地人に尋ねるとバスがもうすぐ来るそう。なので暫く待ってNo,2のバスでフナ広場に向かいました。乗車料は3D/約50円という嬉しい金額。

フナ広場から空港行きは、空港からのバスが停車した場所と同じ場所。てっきり道を挟んで反対側と思っていましたが、鉄道経由の空港行きとルートが行きと違いリンク状になっているので空港行きは30分程かかりました。

空港のトイレには相変わらずのおばちゃんが入口近くに居て、利用客からこっそりチップを頂いています。私は残金0Dだったので最初にお金は無いと言い切ってから利用しました。観察していると使い切れなかったのか20Dをあげているおばちゃんもいました。それはあげすぎでしょと思いますが、ディルハムは空港ではゴミ同然、幾ら持っていても使う事が出来ません。ちなみにユーロは使えます。そしてモロッコ以外でのディルハム両替は出来ないので出国前に使い切るか誰かモロッコに行く人にあげましょう。それだけ信用の無い通貨という事なのでしょうか。空港ですら使えないって・・・。

余談ですが私はロンドンルートン空港からは電車でピーターボロに戻りましたが予約の際にLuton parkwayとバス何とかってあって私はParkwayを選んだのですがそうすると空港から駅行きのバス代1.6ポンドを徴収されます。歩くと約20分くらいの距離ですがこの日は雨が降っていたので私はバスを利用しました。おそらく事前に予約していたら同じ金額だったと思うのでもったいない事をしました。

ちなみにその区間だけネット予約すると学割で1.05となりますが、予約手数料で結局の所1.60を超えるので最初から予約する事をお勧めします。

<移動>
・マラケシュ市内・・・3D バスNo,2
・フナ広場→マラケシュ空港・・・往復券利用(50GBP)
・マラケシュ空港→ロンドンLuton・・・42.15GBP/Ryan air
 10:45発14:30着
・ロンドンLuton空港→Luton Parkway・・・1.60GBP/bus/10分
・Luton→London ST Pancras Int 16:35→17:06/Thameslink
 London Kings cross→Peterborough 17:49→18:35 East coast
 15.95GBP 事前予約(レイルウェイカード利用)

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

モロッコ旅行その5

11/1/2015

 気付けば今日が観光最終日、明日にはUKに戻ります。今日は最初からのんびりしようと決めていたのでゆっくり起きて朝食を頂きました。胃の方は正直調子がまだ戻っておらずヨーグルト、ジュース、パンを少々で止めておきました。

まず最初に向かったのは鉄道駅より北にある植物園から。ここには、かの有名なイブ・サン・ローランの遺骨の一部が散骨されたという事で記念碑が建てられています。それ以外にも彼が生前にマラケシュで撮られた写真や彼自身の作品が少ないですが展示されています。

RIMG0882.jpg

植物園自体は竹から始まりアロエ、サボテンまで、雰囲気は一歩はいると外の喧騒を忘れさせてくれるかのような静けさがあります。

RIMG0871.jpg

RIMG0886.jpg

RIMG0888.jpg

更に別の博物館が別途料金でありましたが私達は入場しませんでした。植物園を出ていつものローカルカフェでミントティーとアボカドジュースを満喫してからもう1つまだ行ってないBadiaパレスに向かいました。

RIMG0889_20150115063709e3a.jpg

2種類のチケットがありモスクなしだと10Dでありだと20Dです。今まで何度もモスク訪問しておりこれ以上見てもと思ったので10Dの方にしておきました。

RIMG0892.jpg

こちらのパレスはBahiaと違い壁以外は殆ど残っていません。イマジネーションを駆使して当時を想像しなければなりません。

RIMG0903.jpg

RIMG0910_201501152004281ba.jpg

RIMG0922.jpg

敷地内には写真博物館もありこちらはどちらのチケットにも含まれています。

さて、最後の晩餐はフナ広場のマーケット。私達はタジンとスープを注文しましたが胃にやさしくて気分が悪くなる事無く間食できました。明日、時間の流れの速いUKに戻ります。

RIMG0926.jpg


<観光>
・植物園50D、学生証があれば30D
・Badia Palace & Musee de la photographie/10D
 モスク付きだと20D
・墓/閉まっていました。16:45まで。

<物価>参考までに
・水5Lボトル/ 9.20D、 1.5L/ 6D、 地元民用のカフェでのミントティー/5D、
・バナナジュースやアボカドジュース/10~15D
・マーケットでのスープ5D、タジンやクスクス/20~30D
・レストランでのタジンやクスクス/40~70D
・トイレチップ/1Dかそれ以下。正直空港では入口に立っていても払う必要は無い。
 空港で20D/2ユーロ払っている人が居たがやり過ぎだと思う。



<宿>
Marrakesh/マラケシュ
・Dar Zouar・・・ダブルルーム5泊162Euro
 住所:14 Derb Mahrouk Bab Taghzout Medina, Marrakech
 電話:+212661241696
 朝食付き(パン、パンケーキ、オレンジジュース、コーヒー、ティー等)
 Wi-fiあるもエリアが限られる
 初日は本当に探すのが難しい。
 フナ広場からバスNo,2で宿近くのゲートまで行ける。3D

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

モロッコ旅行その4

10/1/2015

 リヤドのスタッフからエッサウィラ行きのバスは9:30にあると聞き早めに朝食を摂りタクシーで鉄道駅横にあるSupra tourのオフィスに向かいましたが、実際にはその時間に無く次のバスは9:30のコンフォートプラスというグレードの高いバス、それか10:30まで待って普通のバスという選択肢しかありませんでした。

丁度到着時に行ってしまった8:30のバスが普通価格だったのが残念ですが片道3時間なので高くてもとにかくエッサウィラに行く事にしました。コンフォートというくらいだからどんなもんかと思いましたが正直普通のバスと変わらず片側が1列シートという気持ちゆったりシートという違い、wi-fi、トイレがついていることくらいでしょうか?

RIMG1481.jpg

ただ運が悪く私達の席は最後部で全くリクライニングが出来ず、前に座ったスペイン人のおっさんががっつりシートを最大限倒してきたので途中でこちらの状況を説明して多少あげて貰いました。ですが1時間後にはまた元通り。くそう。

丁度3時間で目的地のエッサウィラに到着しました。リヤドのスタッフから到着時にリターンチケットを購入するように勧められていたのですぐに列に並んで購入、リターンは80Dの普通バージョンので予約です。

RIMG1485.jpg

購入後、早速ゲートをくぐりメディナに突入しましたが雰囲気がマラケシュとは全く違います。まず壁の色、マラケシュは茶色、ピンク調に比べこちらは白で青野窓枠がくっきり塗られています。チュニジアのシディブサイードや、南スペイン、ギリシャの島々の雰囲気に多少似ています。そして最大の違いは呼び込みのリラックスさ。マラケシュではあれだけうるさかったのにこちらでは殆ど話しかけられないか、話しかけられても軽くかわせる程度。

RIMG1488.jpg

商品を見てても話しかけられないって幸せです。そして売り物にちゃんと金額表示があったりその価格がマラケシュより安かったりと発見がありました。お土産物は買うとしたら最終日にしようと思っていたのでマラケシュではまだ購入していなかったのです。

RIMG1489.jpg

この美しい器たちは1つにつき1ユーロで売られていました。喉から手が出る程欲しかったのですが、今後の移動の事(日本にすぐには帰らない)などを考えるとちょっと手が出ませんでした。

RIMG0803.jpg

歩いていると砦に到着したので坂道を登ってみましたが今日は波が荒いです。どかーんどかーん波が岩にぶつかっています。

RIMG0812.jpg

暫くこの砦でゆっくりしてから町を歩きつつお昼ご飯を探しました。ここは港町なので魚のフライ屋さんをよく目にします。1皿25だというので試しに頼んでみる事にしました。UKに戻ったら魚なんぞ高くて早々食べられません。

RIMG0816.jpg

3種類の魚に海老がついていてう~んおいしい。すぐに食べきりせっかくなのでもう1皿注文しました。狭い店内には地元客が所狭しと座り魚のフライをほおばっています。

RIMG0833.jpg

食後は港の方へ足を進めてみました。観察していると地元の人たちは写真に撮られたくないようで、観光客がカメラを向けると手で合図して撮らないように伝えているようでした。たしかに毎日たくさんの観光客が来て勝手に写真を撮っていくと言うのは深いだと思います。ただ、観光地なので避けようも無くといったところでしょうか。

RIMG0838.jpg

写真を構えると逆に呼び寄せ案内してあげると言ったそぶりを見せる人もいましたが、皆お金を徴収されることを嫌がってか断っていました。造船場だったのでおもしろそうだったのですが金額が不透明だったので私も避けました。

RIMG0848.jpg

港町の為、鳥が多く漁師の獲った魚を常に狙っているといった様子。鳥も猫もプクプクしています。

RIMG0858.jpg

RIMG0864_2015011506355344e.jpg

エッサウィラは1日日帰りで十分の規模、片道3時間でしたがマラケシュでの疲れが個々では癒せます。ここで話を終えたい所ですがまだ続きがあります。

食後30分位してから胃のむかつきが発生してマラケシュに到着した時には歩いて宿に戻れない位気持ち悪くなっていました。なので割高ですが夜のタクシーを利用してリヤド近くまで戻りその後は宿で嘔吐。

夕食を食べる気分にもなれず、相方にヨーグルトを購入してきてもらいましたがちょっと食べた後に噴水の様にまたまた嘔吐。その後は大分すっきりしましたが、そういえば天ぷら系が昔からそんなに得意じゃなかった事を思いだしました。衣が嘔気を催すので衣を外して食べる事もあったくらい。魚がおいしかっただけに残念です。

<移動>
・宿近くのゲートから駅近くのSupra Tour office・・・20Dタクシー
・マラケシュ→エッサウィラ・・・110D/Supra tour
 Supra tourには普通とコンフォートプラスがありこちらは後者
 約3時間/9:00発12:00着、wi-fiあり、水サービスとあるが配られず
 トイレがあるにも関わらず道中20プンのトイレ休憩アリ
 普通の方のエッサウィラ行きは8:30,10:30,14:30,17:00,19:00
 アガディール行きは1日10便ある
 Beni Mella,Ouarzazate-Tinghir,Merzouga-Zagora,Khenifra-Meknes-Fes行き等

・エッサウィラ→マラケシュ・・・80D/Supra tour普通
 16:00発19:00着、他には7:00,9:15,11:45,15:15,18:00あり
 コンフォートプラスは17:00のみで110D
 ネット、トイレ無し
・駅前→宿近くのゲート・・・30Dタクシー、深夜価格

<物価>参考までに
・水5Lボトル/ 9.20D、 1.5L/ 6D、 地元民用のカフェでのミントティー/5D、
・バナナジュースやアボカドジュース/10~15D
・マーケットでのスープ5D、タジンやクスクス/20~30D
・レストランでのタジンやクスクス/40~70D
・トイレチップ/1Dかそれ以下。正直空港では入口に立っていても払う必要は無い。
 空港で20D/2ユーロ払っている人が居たがやり過ぎだと思う。



<宿>
Marrakesh/マラケシュ
・Dar Zouar・・・ダブルルーム5泊162Euro
 住所:14 Derb Mahrouk Bab Taghzout Medina, Marrakech
 電話:+212661241696
 朝食付き(パン、パンケーキ、オレンジジュース、コーヒー、ティー等)
 Wi-fiあるもエリアが限られる
 初日は本当に探すのが難しい。
 フナ広場からバスNo,2で宿近くのゲートまで行ける。3D

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

モロッコ旅行その3

9/1/2015

 マラケシュ周辺での観光スポットといえばEssaouira/エッサウィラかOurika valley/ウリカ渓谷が検索で上がってきます。私達には後3日間猶予があるのでどちらにも行けそう、最終日はのんびりがいいねと話していたので今日どちらか1つに行こうという話になりました。私はすっかり忘れていたのですが今日は金曜日、そうイスラム教の休日です。宿のスタッフに相談するとエッサウィラは平日にした方が良いと言うのでウリカ渓谷に決定。

ただスタッフからウリカよりもその先にあるセティ・ファティマの方が良いと言う話を伺いました。ウリカは小さいらしくセティ・ファティマに行けばウリカに行く必要はないとの事。なのでまずはセティ・ファティマに行き時間があればウリカに寄る事にしました。というのもウリカは道中にあるからです。

出発は11:00を過ぎてからと言う遅い時間だったのでグラン・タクシー乗り場に辿り着いたのは12:00になってから。最初は宿のスタッフから言われていた6人乗りのグラン・タクシーで行くつもりだったのですが私達以外客がおらず金額も高かったのでミニバスの方に行きウリカに行きたいと言うと6Dとの事。最初こちらをタクシーだと思い込んで金額も60Dだと思い込みぼったくられてたまるか根性で応戦しようとしたらたったの6Dで拍子抜け。ミニバス万歳です。

約1時間かけてウリカに辿り着きましたがにぎやかな場所でこんな所に渓谷があるの?と思う位。おそらく他の乗り物で渓谷まで行く事になるんだろうな。同じ場所からセティ・ファティマ行きのミニバスがあったのでそのまま飛び乗りました。ただがっらがらでいつまで待たなきゃいけないんだろうと思ってましたが5分もしたら大分一杯になっていて出発となりました。

ここから目的地までは40分位。上り坂なのでスピードはゆっくりです。到着と同時位に雨がぽつぽつ降ってきて徐々に強まってきます。標高が高いのもあり寒い!!お昼ご飯を食べてないのでハイキングする前に雨宿りがてら腹ごしらえする事にしました。

RIMG1424.jpg

何ヶ所かのレストランを除きましたがやはり観光地というのと、競争がすくないので高い!!セットで100Dで単品のタジンでも6Dと強気で来ます。高いからいいよというと小さな声でディスカウントするよとの事。結局前菜、メイン、デザートのセットで60Dで頂きました。レストラン内にはストーブもあり暖かい。早く雨が止めばいいのに。

暫く待って雨脚が収まってきた頃に出発しました。どこからともなく自称ガイドがやってきますが、はっきり「不要だ」と伝え自分たちで歩き始めました。ちょいちょい現地の道を知っていそうな観光客もいて後を追いましたがそれでも道中ちょいちょいガイドが声をかけてきます。たしかに彼らからしたら仕事を見つけなきゃいけないんだろうけど、不要なものは不要なのです。

RIMG1426.jpg

RIMG1429.jpg

RIMG1442.jpg

3カ所位滑りやすい岩を超えてようやくたどり着きました。

RIMG1450.jpg

ここらでまたもや雨脚が強まってきました。この滝の前にあるお茶屋さんで雨宿りしていましたが団体さんがさらに先に進んでくのがみえました。てっきりここが最終だと思っていたけどまだ先があるらしい。しかも梯子を上る際にガイドがお金を梯子の主に払っているではないですか。そして彼らが登りきると梯子を取っ払ってしまいました。なんじゃそりゃー!!

RIMG1456.jpg
左手に梯子が見えます

雨も降り滑りやすくしかも梯子代を払ってまでの滝が見れるのかどうか考えるとなんだかテンションダウン。明日にはエッサウィラ旅行が控えているので風邪をひくまえに退散する事にしました。

ウリカに戻った時にはすでに18:00で暗くなっていたのでそのままスルーしてミニバスを探しましたが見当たりません。ローカルに尋ねるとタクシーで20Dと言われましたがしばらく探す事にしました。BBQ屋さんに尋ねると銀行の近くだと言うので歩いていたのですが、道路に立っていた人が偶然マラケシュ行きのミニバスを停めてくれたので便乗させてもらいました。戻る時には乗り場は無いのかもしれません。

RIMG1470.jpg

軽く夕食を食べ広場を歩いていましたが金曜だからかたくさんの人であふれかえっています。どこからともなくインストゥルメンタルや歌が聞こえお祭り状態。釣り竿の様なものでペットボトルのジュースを取るといったちょっとしたゲームもやっていました。

RIMG1478.jpg

<移動>
・フナ広場向かいのミニバス乗り場→ウリカ・・・6D/ミニバス、約1時間
 6人乗りのタクシーだと30Dらしい
・ウリカ→セティ・ファティマ・・・10D/ミニバス40分
・復路も同じ価格

<物価>参考までに
・水5Lボトル/ 9.20D、 1.5L/ 6D、 地元民用のカフェでのミントティー/5D、
・バナナジュースやアボカドジュース/10~15D
・マーケットでのスープ5D、タジンやクスクス/20~30D
・レストランでのタジンやクスクス/40~70D
・トイレチップ/1Dかそれ以下。正直空港では入口に立っていても払う必要は無い。
 空港で20D/2ユーロ払っている人が居たがやり過ぎだと思う。



<宿>
Marrakesh/マラケシュ
・Dar Zouar・・・ダブルルーム5泊162Euro
 住所:14 Derb Mahrouk Bab Taghzout Medina, Marrakech
 電話:+212661241696
 朝食付き(パン、パンケーキ、オレンジジュース、コーヒー、ティー等)
 Wi-fiあるもエリアが限られる
 初日は本当に探すのが難しい。
 フナ広場からバスNo,2で宿近くのゲートまで行ける。3D

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

モロッコ旅行その2

8/1/2015

 昨日は移動で疲れていたのか朝はゆっくり起きて朝食をぎりぎりの10:30位から摂りました。まぁここはモロッコ、時間はあってないような物なのであくせくする必要はありません。

RIMG1326.jpg
宿のサイン

RIMG1324.jpg
宿への道「アッラーを呼ぶことを忘れないように」と書いてあります

中心地へは12:00近くなってから出かけました。ホテルから出るとさすがに昨日所々にいた少年たちは学校に行っているのか見る事はありません。歩くにつれてお土産物屋さんが多くなってきてほぼ全ての呼び込みに「ジャパン」「サムライ」等と声をかけられましたが、日本人だと言う事が解られたくなかったのであえて聞こえないふりをして英語で話しかけられた時のみ「Later」「No,thank you」と返事をしました。心が狭いのかもしれませんが1人1人に対応していたら先には進めません。その位メディナにはお店が密集していて呼び込みだらけ。

お土産屋をゆっくり見たい所ですがまずはチラ見程度にしてフナ広場に足を進めます。フナ広場には4Dでオレンジジュース屋さんが並んでいます。どこのお店も同じ価格なので滞在中に試してみようかな。

RIMG1337.jpg
フナ広場

フナ広場の近くに存在感があるモスク/Mosquee de la Koutoubiaが見えたので行ってみました。今日は20度近くあって更に晴天なのであついあつい。サングラスが必要でしたがベルファストに居る時にマラケシュ行きを決めたので残念ながら持ってきていませんでした。

RIMG1348.jpg

メディナに戻り当てもなく練り歩き14:00位に小腹がすいたの歩いていて偶然見つけたローカル客用のカフェに入店。そこでミントティーを注文しましたが広場では10~15Dくらいで売っていたのがこちらではたったの5D。やっぱりローカル用は価格設定が安めです。久々のミントティーは胃をさっぱりさせてくれる素敵なリフレッシュメントです。

RIMG1351.jpg

休憩後は観光スポットであるBahia Palaceへ。道中おいしそうな香りを漂わせているBBQ屋を発見しましたが、今晩はタジンを食べたいので我慢です。

RIMG1361.jpg

パレスは入場料10D/約1ユーロとお手頃な価格。さすがのイスラミック建築物、美しいとしかいえません。写真を多めに載せたので是非ご覧ください。

RIMG1366.jpg

RIMG1374.jpg

RIMG1376.jpg

RIMG1379.jpg

RIMG1380.jpg

RIMG1383.jpg

RIMG1389.jpg

RIMG1393.jpg

RIMG1395.jpg

どうでしょうか?見がいのあるパレスだと私は思いました。中でモロッカンガイドが日本人観光客に説明しているのをちょっと盗み聞き。王の部屋だとか2番目の妻の部屋だとかそんな説明でした。メディナを歩いていても思ったのですがアジア人では日本人が多いのかなと思ってしまいます。チャイニーズとはたまにしか言われません。それにしても所謂ヨーロピアンと歩いていても私だけがいろいろ言われるのってなんでだろう。アジア人の方がここではめずらしいからなのだろうか?

RIMG1411.jpg

夕食は広場から近い3階建てのレストラン。若干広場が見渡せて価格もほどほどだったので選んだのですが、想像以下のポーションにがっくり。タジンでお腹一杯にならないってやばい。景色だけはすこぶるよかったのですが胃が満足しなかった汗。

RIMG1416.jpg

という事で、広場の夜だけ開かれるマーケットに行きスープを頂きました。たったの5Dだったのでお財布と胃にやさしい1品です。ここのマーケットはたくさんのお店があるのですがほぼ同じ品物を同じ価格で売っています。とにかく顧客獲得競争が激しく普通に歩けません。内のがベストだといい必ず最後に店番号を伝えてきます。いや、いいよというと来年の為にとか新年早々に言って来るところが笑えます。

RIMG1420.jpg

<観光>
・Bahia Palace/10D

<物価>参考までに
・水5Lボトル/ 9.20D、 1.5L/ 6D、 地元民用のカフェでのミントティー/5D、
・バナナジュースやアボカドジュース/10~15D
・マーケットでのスープ5D、タジンやクスクス/20~30D
・レストランでのタジンやクスクス/40~70D
・トイレチップ/1Dかそれ以下。正直空港では入口に立っていても払う必要は無い。
 空港で20D/2ユーロ払っている人が居たがやり過ぎだと思う。



<宿>
Marrakesh/マラケシュ
・Dar Zouar・・・ダブルルーム5泊162Euro
 住所:14 Derb Mahrouk Bab Taghzout Medina, Marrakech
 電話:+212661241696
 朝食付き(パン、パンケーキ、オレンジジュース、コーヒー、ティー等)
 Wi-fiあるもエリアが限られる
 初日は本当に探すのが難しい。
 フナ広場からバスNo,2で宿近くのゲートまで行ける。3D

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper