とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラノ観光3日目

2014/1/6

 天気予報では晴れという事だったのでがんばって早起きしました。予報通りなので今日こそは観光日和です。

中庭6
中庭

まずは南西部の川沿いを歩くためにメトロ駅、Porta Genovaまで行きそれから中心地に向って歩きましたがやはり青空の下写真を撮るのは気持ちがいい。昨日まで白や灰色の背景より全然映えます。

散歩6
散歩

中庭6
中庭

散歩を楽しんでからマルコに勧められていた骸骨の装飾のあるS.Bernardino alle Ossaという礼拝堂へいったのですが今日は祝日の為、残念ながら扉は固く閉じられています。しばらく待ったのですがダメ。

仕方ないので昨日に引き続きカンパリに行ったのですがここも今日はお休み。ここは毎週月曜が休みらしいです。天気も昼から曇って来たのでドゥオーモに上るのも止めまだ行ってないお城に行く事にしました。中の博物館には入らず中庭と周辺を歩きましたが、冬なので庭は微妙です。一回りしてからアパートメントに戻りました。

6

今日は18:00に大家さんが尋ねてくる予定なのでそれまでに戻らなければいけないのです。明日チェックアウトなのですが2人共早いので借りのチェックアウトを今晩行うという流れです。掃除の事、鍵の事など聞き挨拶して終わり、明日は私が後に出るのでちゃんと聞いておきました。

夕食は外には出かけずお家でサラダ、外で買ってきた適当な揚げ物やパン、フランスからのワインとチーズ。当分このおいしいチーズが食べれないと思うとついたくさん食べてしまいます。それとヴィンセントからのお土産のパティスリーのチョコレート。胃袋がどんどん大きくなってきています。イエメンではどんな料理に出会えるか、お酒は飲めないのでその分楽しみます。

美味しそうなチョコ
美味しいチョコ

<Sightseeing>
・S.Bernardino alle Ossa・・・祝日の為休館

<Transport>
・ミラノ公共交通機関共通10回券・・・13.50ユーロ

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ミラノ観光2日目

2014/1/5

 引き続き今日も雨ですが昨日と比べると小雨なのでまだマシ、天気予報によれば明日は晴れらしいのでそれを考えながら観光をします。

今日は北西部にあるCimetero Monumentaleという墓場に行ってきたのですが、この墓場は普通の墓場では無くむしろ博物館と言った方がよさそう。かなり大きな立派な墓から小さな墓までシンプルな墓を見つけるのが大変なくらいすごい。墓のコンペティションとでも言うべきでしょうか?いつの時代でも財力の競い合いはあったと思いますがまさかここまでとは。なかなかユニークな墓地なので一見の価値はあります。墓場で写真を撮るのは不謹慎かもしれませんがすごいものが多く、つい撮りたくなってきます。

墓場15

墓場25

墓場35

墓を十分に堪能してから「最後の晩餐」のあるChiesa Santa Maria delle Grazieまで行きましたが予約してないので中には入らず、中庭と外観だけ眺めて中心地に移動しました。そして今日こそはスカラ座に入ろうと思っていたのですが何かイベントがあるのか午前中のみで昼からはやってないらしい。ドゥオーモ周辺はいつもアフリカからのミサンガ売りがたくさんいるのですが今は冬なのと雨なのでとても少なく更にはミサンガでは無く傘を売っていました。状況に応じて売り物が変わるようです。

最後の晩餐の場所5

休憩がてらに近くにあるCampari/カンパリであえてカンパリでは無くカプチーノを注文しましたが立ち飲みだったのでたったの1.5ユーロ。ちなみに座ると約3倍の価格になります。見ているとチョコレートドリンクにたくさんホイップクリームが乗っていておいしそう。明日ぜひ試そうっと。

カンパリ5

今晩の夕食はせっかくなのでレストランで。前菜にチーズとハムの盛り合わせと、ホタテ料理、メインにワイルドマッシュルームのリゾットを頂きます。久々にお米を食べれたので嬉しい、やはりお米は私にとって重要らしい。もうすぐコシヒカリが食べれると思うとテンションもあがります。

前菜5
前菜

<Sightseeing>
・Cimetero Monumentale/無料

<Transport>
・ミラノ公共交通機関共通10回券・・・13.50ユーロ

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ミラノ観光

2014/1/4

 私は3度目のミラノですがヴィンセントにとっては初めてなので観光にはりきって出かけたい所ですが、まずは残り3泊分の精算+デポジットの支払いを済ませてから。集金は10:00という事で話をしていたのですが昨日ヴィンセントが到着したのは0:00を過ぎてからだったので約束の時間は早い位。大家さんが来るのに合わせて起き、支払いをしてそれから朝食を摂りお出かけの準備をしました。外はあいにくの雨。しかも結構な大振りです。ゆっくりブランチを食べてから出掛けることにしました。

まずメトロで10回券を2人で使用しようと思ったのですが、改札を出る時も機械に通さなければならず必然的に1人用。10回も乗るかなぁと考えましたが、3日あるから何気に使うかもしれませんね。

まずは中心地北西部にあるSant' Ambrogioという教会に行ったのですが丁度休憩中で入れず。明日以降に出直しです。その近くにあるフランスのガイドブックでオススメしてあったChiesa di San Maurizioという教会兼博物館に行きました。

教会の方はフレスコ画が美しくノアの箱舟やジーザスが十字架に打ち付けられるまでのストーリーが描かれていました。内部は広くサイドから奥の方に行く事ができます。

ノアの方舟4
ノアの方舟

その次に向かったのはドゥオーモ周辺ですが雨も収まらないしカフェで休憩する事にしました。たださすがミラノの中心地、カプチーノが普通のサイズで4.5ユーロもする!!今のレートでは600円もします。田舎に行くと安いけどやはり第2の首都なだけあります。

ドゥオーモ4
ドゥオーモ

後から気がついたのですが立ち飲みであれば3分の1位の金額で済むのです。最初に気付くべきでした。この後でブランド物アーケードを歩きスカラ座に行きましたが今日は17:00で閉まるらしい。ですがもうすでに16:20なのでここも明日以降にします。やはり出発が遅いとこうなりますね。明日はもうちょっと早くお家を出る事にします。


・Sant' Ambrogio/閉館
・Chiesa di San Maurizio/教会は無料


・ミラノ公共交通機関10回券・・・13.5ユーロ

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ミラノへ引っ越し、そしてまたもや再会

2014/1/3

 今日でお世話になったマルコとお別れ、今日はミラノに移動します。14:00近くまでのんびりしてミラノまで直で行ける列車駅まで送ってもらいました。4日間どうもありがとう!!至れりつくせりで大満足な年末年始を送れました。

約40分でミラノ中央駅へ。相変わらずここは人だらけです。駅からメトロ駅へ行きM2で今晩の宿のあるMoscova駅まで移動しました。たったと3駅なのであっという間。ここから600m程歩くと今晩の宿があるのですがホステルやゲストハウスでは無く、アパートメントなので大家さんにまずは合わなければいけません。

ゲートをくぐった所に管理人さんのお部屋があり、事情を説明して大家さんを呼んでもらいました。待つ間管理人さんのお部屋でお茶とお菓子を頂きほんわか。言葉が通じなくてもどうにか説明できるもんだ、この旅で何度も実感した事です。もちろん現地の言葉を話せるに越した事はありませんが、数え切れない数の言語があるので最低限の言葉しか基本話せません。後は適当な英語とボディーラングェージで乗り切ります。

暫くすると大家のアナがやってきました。彼女はスペイン語、フランス語、イタリア語が話せ英語は少しだけ話せます。アパートメントの説明をしてもらいwi-fiのパスワードもゲットしました。ただダウンロードだけはやめて欲しいとの事。基本使わないときはスイッチを切って欲しいと言う事ですね。

アパートメントは十分なファシリティーがあるので言う事無し。建物自体は古いのですが改装してあるので十分です。とりあえずまずは1泊分だけ払い明日残りの3泊分を払う事になりました。私1人では払いきれる現金が無いので今晩合流するフランスからのヴィンセントを待ちます笑。両替しなきゃ・・・。

アパートメント
アパートメント

鍵ももらった事だし夕食とウェルカム用のワインを購入しにスーパー探しに出かけてきます。大きなスーパーは見当たらなかったのですが十分な規模のはあったのでサラダ、オリーブオイル、バルサミコ、チーズ、ワイン、パン、ヨーグルトを購入。これでとりあえず明日の朝まで何とかなるでしょう。こっちの食事には慣れたけどそろそろおいしいこしひかりが食べたいな!!

ヴィンセントが来るまでワインは・・・と思いましたが喉が渇いたし酸化させた方がまろやかになるから1人で開けちゃいました笑。到着は23:00頃だと聞いていたのでゆっくり待つ事にします。

<Transport>
・Verdello-Dalmine→Miran・・・4.55ユーロ/列車
・ミラノ公共交通機関1回券・・・1.5ユーロ

<Sleeping>
Milan/ミラノ
・アパートメント・・・55ユーロ/day
 Add:2nd floor,4 Via Montello,Milan
 P:335/6853571,335/7071231
 E-mail:ferdizanchi@gmail.com/annamaria.maffeis@alice.it
 Moscovaメトロ駅から600m程離れている
 Homelidaysというアパートメント用サイトから予約

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

クレスピ・ダッダ

2014/1/2

 今年2日目は12:00に起きるというぐうたら生活を送っております。今日は外出の予定なのですが結構大ぶりな雨。とりあえずしばらく様子を見る事にしてその間はブランチを食べたり洗濯物を干したりネットをしたりして14:00前位に雨が大分治まったので防寒+傘を持ち出発しました。

今日連れて行ってくれる所はCrespi d'Adda/クレスピ・ダッダという世界遺産の村で19世紀後半に織物工場で働く労働者の為に理想的な村を企業家が設計し作ったらしい。上から眺められるポイントがあるのですがそこからは城が目立って見え高台には薬局の人のお家、司祭の家と3大権力者のトライアングルが伺えます。大きな工場がありその近くには均等に建てられたお家があり、遠くにはお墓があり。

新年で1人が歩いてないせいかちょっと不気味な雰囲気がします。マルコが言っていましたがホラームービーを作るにはうってつけの場所、確かに頷ける。人間味がしないのと丁度雨が降っていて暗い感じ、そしてお墓へ続く道。。。

お墓に続く道
お墓に続く道

ここのお墓にはたくさんの子供達が葬られていますが見てみると1~2歳で亡くなった子供が多い。何か流行病でもあったのでしょうか?

子供のお墓が多い

村のシンボルにもなっている四角形が2つ重なったものがどこにでも目につくのですが、これらがダビデの星に似て見える為この企業家はフリーメイソンだったのではないかという話もあります。

これが村のシンボル

工場
工場

村を歩いていると何かコンクリートで作ったものがあったのですが、どうやらこれは一昔前まで使われていた公衆の洗濯場だったらしい。現在では使用されていませんが、ベルガモのアッパータウンにもあったらしい。私は気が付きませんでした。

公衆洗濯場

この村を出てからコーヒー休憩がてらに近くにあるダムのある町へ行きました。ちょうど川がS字になっているのでいい立地なようです。今日は天候がすぐれませんがそれでも水は透き通って底が見えるくらい。夏の青空の下だったらもっと美しいんだろうと容易に想像が付きます。このダムは40km程進むとあのコモ湖に合流するらしい。コモ湖と言えば去年私のCX4を飲み込んでくれたあの湖。あれからカメラには運が無く3台程ダメにしたのです。現在のCX6は旅の終わりまで持ち続けます!!

ちなみに今晩のご飯はペペロニ・リピエニというペペロニの中にお肉や野菜、米を詰め込んだオーブン料理。見た目も可愛いし余った食材で作れる家庭料理。とりあえず作り方はしっかりみておいたのできっと作れるでしょう。どうもごちそうさまでした!!

ペペロニ・リピエニ

出来上がり
出来上がり

<Sleeping>
Bergamo/ベルガモ
・マルコのお家でホームステイ

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。