とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

お別れ会

2013/7/15

 明日ついにこの宿泊施設を去り出国します。8日後に戻って来ますが荷物だけ受け取り他に移らなければいけません。もう働いてないしね。年末年始に泊めさせて頂いたパトリックに23日から泊まれないか尋ねるとOKとの返事が返ってきました。やったね。カウチサーフィン万歳!!

実は明日出発なのに空港行きのバスもReykjavik/レイキャヴィックでの宿泊先も予約していません。結局都合で1人でアイスランドに行く事になったのでレンタカーを借りるかどうかも悩ましい所。とりあえず明日の宿の予約だけ取って後は現地で決める事にします。それにしても19GBPの宿とは高すぎる。さすが高いと聞いていただけの事はあります。13GBP程の宿もありましたが中心地からは結構離れていて何をするにも不都合。それだったらちょっと出して便利な場所の方がいいのです。しかもそこでレンタカーも借りれるそうなので相談してみようかな。

もうハネ君やミッツとはお別れなので今晩はお別れ会をしていただけるそう。ミッツとはトマティーナで会えますが1か月以上後の再会になります。いろいろ腹を割って話をした分なんだか一気に寂しくなりますが別れの後はまたもや素晴らしい出会いが待っているはず。

料理を作って貰っている間私は図々しくもボスとバーでビールを一杯飲み出来上がりの電話に合わせて戻りました。海老の生春巻きに鍋という嬉しいアジアな夕食。しかもソースが2種類もあるのでその分楽しめます。

生春巻き!!
生春巻き!!

どうもありがとう
どうもありがとう

私は先のビールで出来上がってしまいソファーでグダグダしていましたが最後の夜を十分に楽しめました。どうも皆ありがとう!!明日は6:00起きだけどもう3:00だ!!

<Sleeping>
London/ロンドン
・バイト先の宿泊施設

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

アフタヌーンティー in レインズボロー

2013/7/10

 前回のブラウンズホテルに引き続き今回はこれもまた5つ星ホテルであるLanesborough/レインズボローでアフタヌーンティーを体験する事になりました。ホテルに泊まるだけの予算は無いのでせめてアフタヌーンティー位はね。あらかじめの予約が必要ではありますがラッキーな事に当日予約で空席が開いてました。ちなみにリッツホテルに電話したら9月まで埋まっているそうです。さすがロンドンで一番格式の高いホテルという事だけありますね。そこまで言われるのならアフタヌーンティーでのサービスもすごいんでしょうが今回はタイムリミットで無理なので将来新婚旅行ででも予約します。結婚出来ればの話ですけど(笑)

さて、予約してから忙しくまずは職場に報酬の小切手を取りに行き戻ってからシャワーを浴びてすぐに出発したのですが到着したのが本当にぴったりの16:00です。ヨーロッパ時間だろうと思ったのですが格式高いホテルだし一応時間通りに到着出来て良かった。

内部に入って驚いたのはとっても空間が明るいと言う事。吹き抜けになっているので日差しが入りまぶしい位。ブラウンズは歴史のある建物でしたが全体的には暗い雰囲気だったので印象が全く違うものとなりました。そして何と落ち着いたピアノの生演奏もあるなどゴージャス!!

明るい
明るい

まずはトラディショナルのアフタヌーンティーコースを注文したのですが、こちらのホテルにはスターターなるスイーツが出てきました。バナナ味のムースに何らかのハーブのジュレ、そしてクリームにカリカリしたナッツがまぶしてある口当たりの良い上品な仕上がり。最初からこれだったら期待が出来ます。この時点でブラウンズよりも得点が高いかな。

スターター
スターター

その後注文したアッサムティーがサーブされたのですが、ブラウンズと違い残量が少なくなるとすかさず注いでくれるのです。価格はこちらの方が安いのですがサービスや雰囲気はこちらの方が上に感じました。サンドウィッチ、スコーン、スイーツも出てきたのですが味においてもこちらの方が洗練されているように感じます。そういう目で見るからではないと思うのですが。

レインズボロー

ちなみにマカロンも繊細。他のスイーツもですが酸味と甘みがバランスよく交わっているし何が使われているか想像しながら食べるだけでも楽しい。ブラウンズだけしか行ってなかったらアフタヌーンティーはそんな物と思えていたでしょうけど、食べ比べしてみるのもよいですね。そういう意味では最高峰と言われるリッツを制覇したかったのですが。ちなみに税金込みで約43GBPでした。約6500円です。高いです、高いけどこれがロンドン。だけど今後行くアイスランドはもっと物価が高いと言うから鼻血が出そう。日本に戻ったら働くぞ~。

マカロン
マカロン

見てるだけで楽しい
見ているだけで楽しい

<Sleeping>
London/ロンドン
・バイト先の宿泊施設

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

バイト終了

2013/7/9

 長かったバイトも今日でようやく終了しました。結構長く感じましたが終わってみればそうでも無かったような。バイトが終了したからと言ってすぐにお家を出なければいけない訳ではないので助かります。とりあえず16日までは滞在できるのでそれまでにパッキングしておかなきゃ。

残り1週間ありますがまだ予定は決まってません。毎日のように友人とは出かけているのですが基本的にはカフェに行った後、公園でのんびりしています。

日本では公園は何だか子供の為にあるイメージですがヨーロッパでは大人が楽しめる場所に思えます。ロンドンでは中心部に幾つか大きな公園があるし、皆それぞれ昼寝したりピクニックしたりスポーツに勤しんだりと健康的。日本でも大人の為の公園、というよりは休みに何処かに仰々しく出かけるんじゃなく家族や友人と公園でのんびり過ごすという日があってもいいんじゃないかなって思います。

<Sleeping>
London/ロンドン
・バイト先の宿泊施設

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ロンドンについて

2013/7/8

 ロンドンに住みついてから早2か月ちょいです。と言っても16日にはアイスランドへ行きその後早々にフランスかポルトガルかスペインへ移動する予定なので後もう1週間程で去りますが。

現在ポンド高と言う事もあるのでバイト代は助かります。現在それを頼りにしてギリギリの生活を送ってますが本当に厳しい。最初はアフタヌーンティーやミュージカルなんて優雅な事やってましたが現在はバースやストーンヘンジに行く予算すらない。

多少な金額をカジノで増やしたのはいいのですがそれでも元金が少ないので無茶賭けは出来ず移動費、スーパー代と言った感じで消えて行きます。残りでもう一度行く気にもなれないのでお給料が入るまで地道に暮らさなきゃ。。とか言いながら中心地に行く事があればまた行きそうだけどね。

ですがスーパー暮らしもなかなか高つきます。1ポンドと書いてあれば安いように見えるけどレタス等が150円もするという状況なのです。お金の桁が違うので安いイメージで購入してしまうのですが後で計算してみると結構高かったりする、、、。バイト代が無かったらこんな所に2か月以上も居られません。ふう。

基本都会と言うのはお金が無いとエンジョイ出来ないのでせっかくロンドンに来るのであれば予算を大目に持ってバックパッカー的な旅はしない事をお勧めします。無料のパークでも楽しめるけどパークと博物館だけでは。夏には日中からバーでビールを飲むのもお薦め。といっても室外の席の方がより陽気に楽しめます。

給料が入ったらアイスランドに行く日まで何をしよう。せっかくだからここで楽しめる物がいいんだけど、やっぱりリッツホテルでアフタヌーンティーかなぁ?予約が1-2週間前からだそうなのでもう間に合わないかも。

<Sleeping>
London/ロンドン
・バイト先の宿泊施設

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ようやく夏が来た

2013/7/7

 たった1週間まではまだまだ寒くジャケット2枚体制で出かけていたのですがついにロンドンにも夏がやってきました。今日は何と29℃で晴天。温度差がありすぎて逆にばてる程。

14:00からウィンブルドン・ファイナルの試合があるので時間までにスーパーでお買い物を済ませたのですが片道15分で汗が流れます。アフリカで46.5℃を体験した事が数年前の様に感じます。たかが29℃なのに!!

お家に戻って同僚の梅酒を飲みながらウィンブルドンにチャンネルを合わせます。マレーとジョコヴィッチの戦いですが私は断然ジョヴィッチ派。単にセルビアが好きなだけかもしれませんが格好いいなといつも応援してます。

残念ながら今日はストレート負けしましたが相手はブリティッシュだし審判もマレー寄りだったような。でもフィジカルはマレーの方が良かったので仕方なかった結果ですね。次回に期待します。梅酒も無くなっちゃったし次は同僚の赤ワインでも・・・。いやいや、昼間からこんなんじゃダメだと自制。

これから1週間程天気が良いようですが特に予定は無し。同僚のハネ君とミッツは昨日から急遽スコットランドに飛んでしまったし明後日まで暇だなぁ。明後日はバイト最終日なので明日もう1日のんびり過ごすのもいいかも。日本に戻ったらこんなにのんびり出来ないだろうしね。

<Sleeping>
London/ロンドン
・バイト先の宿泊施設

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper