とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

レンヌからロンドンへ

2012/12/28

 念願のMSMにも行けた事だし今日の夕方発でパリに戻りその足でロンドンまで一気に移動します。今日の車の時間まで時間があるのでゆっくり部屋で休ませてもらう事にしました。移動日は何気に疲れるのです。ただ今回のドライバーと何故か連絡が取れないのでなんだか嫌な予感。無事ピックアップしてもらえればいいけど。ちなみにピックアップされなければ手数料だけ引かれるというシステム。ただこっちとしては80ユーロも払って列車で移動したくないと言うのが本音です。レナウドは今日ももちろんお仕事なので鍵の返却方法を教えてもらいお礼もちゃんといいお別れしました。ホストより後に部屋を出るって2回目ですが何とも不思議な感覚です。私のお家じゃないからさ。

時間まで写真のバックアップに今後のプラン等何気にする事があり忙しく時間が過ぎて行きます。実はまだロンドンにどのくらい滞在するかすら決めておらずホストのパトリックにもあいまいな返事しか出来ません。カウチサーフィンに希望を出した際に多い日数で書くと受け入れてもらえ無さそうだったので(しかも年末年始)、29日から3日間だけにしたのですが毎日やり取りのメールをしていると「1月1日以降はどうするんだい?もしロンドンに居る予定だったらもう数泊泊まっていっていいよ」とありがたいメールを頂いたのです。これは相当嬉しい、というのも1月2日位までは大体の宿がまだスペシャルプライスを保持しているのです。郊外であると大分価格は下がって来るのですが中心部だと平気で30ユーロ超えという恐ろしい価格。

前回UKではロンドン周辺にしか居なかったので今回はスコットランドの方まで移動し12日のフライトでフランスに戻ります。場所はリヨン。またか?という感じかもしれませんが、チュニジア行きのフライトがパリ同様に安い、そして一番の目的はフランス語を暫く勉強する事。今後チュニジア、アルジェリア、その後西アフリカへ行きますがフランス語は必須。若い世代の子たちは英語を話せるとは聞きますが都市部だけな気がするし、やはり少し話せればロシア語圏同様ぐっと居心地がよくなるはず。そして何とありがたい事にリヨンでのホストであったヴィンセントが再度私をホストしてくれる事、フランス語を教えてくれる事を快諾してくれたのです。そしてそれにあたって1つ取り決めをしました。ワインは夕食時に1杯まで(笑)というのも真剣にフランス語を覚えなければいけないのでグデグデになる訳にはいきません。とにかく決めたので突き進むのみ。やる気があれば少しずつでも出来るはず!そう信じたい。

時間30分前に今日のドライバーのアーネストから電話がかかってきましたがフレンチさっぱり理解できず。うにゃうにゃこっちも言っていると奥さんらしき女性が電話を代わり英語で通訳してくれました。どうやら30分遅れるらしい。まだアパートから出てなかったから問題ないです。どうせロンドン行きのバスは23:30とまだまだ時間に余裕がありますし。そして16:30に向けアパートを出ました。隣駅なので歩いても時間はかかりません。

時間に合わせて待ち合わせの場所に行ったのですがなかなか車が来ない。もしかしたら嫌な予感的中か?と思いつつ30分待った所で電話。すると何やらトラブルで後10分程遅れるそう。英語があまり話せない感じなので聞き取りも難しい。フランス語を理解できない私に問題があるのですが。

幸いにも雨が降っていなかったので待つのに苦はありませんでしたがちょっと風邪の引き始めという状態なので悪化しない事を祈ります。レンヌからパリまでハイウェイで3時間半程。パリに着いた所でドライバーの奥さんらしき人が車酔いの限界に来たらしくちょっとばたばたしましたが無事メトロ駅に到着。ここからは乗り継いでバスターミナルに行くのみです。

すでに20:00をまわっていたのでメトロはそんなに混んでません。3番線最終のガリエニ駅で降りバスターミナルへ。ユーロラインのバスの表示が解り易く難なくチェックイン。バスの出発は23:30という事ですがバスがやって来たのがその時間丁度で出発したのが0:00になってからでした。長い夜明けになりそうです。


<移動>
・Rennes/レンヌ→Paris/パリ・・・Shareing car/23Euro+charge
 by Covoiturage
・Paris/パリ→London/ロンドン・・・Night Bus/夜行バス
 59Euro/23:30→7:30

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

モンサンミッシェル

2012/12/27

 ついにMSM攻略の日がやってきました。MSM、そうモン・サン・ミッシェルの事です。ここ毎朝10:00前後の起床でしたが何と6:55に目が覚めた!!我ながらよくやったと思う。目覚ましの5分前に起きるという事はそれだけ無意識に緊張していたと言う事かしら。

レナウドも仕事に行く為に起きて来たので一緒に朝食を頂きました。朝からサーモンをパンに乗せて食べるとは、、、さすがフランス人。(何でもかんでもフランスでまとめてしまっている)MSM行きのバスはレンヌ駅近くのバスターミナルから9:40に出発するのでそれに合わせてメトロで駅まで向かいました。バスターミナルには明らかにこれからMSMに行きますと言う観光客がずらり。そしてアジア人多し!!ターミナルでチケットを購入しバスに乗り込みました。

MSMまでの1時間半はほぼ熟睡、MSMホテルなる場所で一旦停まりその後すぐに見えてきました!!わ~、ここで降りたい!!と思ったのですが降車ポイントは決まっているので我慢我慢。後から歩く事にします。MSMの目の前でバスは停まり降りてまず海風の洗礼を受けました。しっかり二の足を地につけていないとよたる位の風の強さ。とにかく遠くからの写真は後からにしてまずは敷地内へ入る事に。道中は雨がぽつっと降りかけていたのですが到着して間もなく青空が見えて来たのです。これにはかなりテンションがあがりました。そして古い家々が素敵すぎる。小路を歩き階段を上り写真をとにかく撮りまくりました。久々に観光に意欲的になった気がする。

きた~

外観や街並みに興味があったので修道院の中には入らずとにかくウロウロ。その後で外観の写真を撮る為に30分ほど強風の中を歩きましたが写真を取るにも風が強く一苦労。この滞在した3時間で100枚はゆうに写真を撮りました。いやいや、とにかく大満足です。

修道院
修道院

古いお家
古いお家

離れて
離れて

戻りは14:20のバスでしたがバスを待つ場所の周りに防風になる壁がなかったので短い時間でも厳しく長い時間に感じられました。そしてようやくバスが来た時にはほっと一息。まっすぐ立ってられないくらいだったので立っているだけで疲れてしまった。

今晩は3種のきのこの炊き込みご飯とわかめと玉ねぎのみそ汁を作ってみました。まぁ簡単に作れるものしか作らないというか作れないというのが事実。そしてぎりぎりの所で醤油が切れてしまった!!レナウドには申し訳ないですが薄味で。そして昨日同様に赤ワインで乾杯。明日は夜行バスだから飲まないけど明後日からロンドンでフランス人のお宅に年越しまでお邪魔する事が確定したので間違いなくワイン漬けになりそう。しかも年末はホストの友人であるフランス人のシェフとその彼女であるタイ人の女性がミニパーティーを開くそう。私もお邪魔していいそうなのでとっても楽しみです。フレンチとタイ料理を同時に味わえるとはなんて素敵な年末でしょうか。クリスマスが味気なかった分年末年始はエンジョイ出来そうです。

<Transport>
・Metro in Rennes/レンヌのメトロ・・・1.4Euro/per
・Rennes/レンヌ→MSMichel/モンサンミッシェル・・・12.1EURO
 9:40(weekday),11:35(weekend),12:50,16:45発About1,5hours
・MSM→Rennes・・・12.1Euro
 8:55(weekday),9:20(weekend),11:20,14:20,17:15発1,5hours

<Sleeping>
Rennes/レンヌ
・Couch Surfing

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

Rennes/レンヌへ

2012/12/26

 クリスマスだったのでブログをさぼってみました。というか書く事がなかった(笑)結局クリスマスだしバスが運行しているか分からなかったのでヴェルサイユには行かず仕舞い。いやいや、何かを残してきた方がまた次行こうって気になるもんね(言い訳)正直にいえば起きたのが10:30以降だったからなのです。なんてレイジーなんだ。結局数時間街歩きをしてパッサージュを満喫。ショーウィンドーにはおいしそうなスイーツに小さな木彫りのおもちゃ。パリはただ歩いているだけでおもしろいのです。ちなみにウイーンのクリスマスよりはマシ。昼からでも幾らかお店は開いていました。ギリシャは完全にゴーストタウン化していたらしい(笑)

おいしそう

今日でパリを離れRennes/レンヌへ移動します。といっても後にロンドンへ行く為に戻って来ますがね。レンヌ行きのシェアカーは15:00発なので時間に合わせて待ち合わせ場所へ移動しました。まだパリに戻る分の予約をしていないので今日のホストに手伝ってもらって探します。というのも出発地の場所まで私が行かなければいけないので便利な場所があるか現地の地理に詳しいホストに聞いてみなければ。どうしても89-90ユーロを払いたくないので見つかりますように!!

時間通りに指定された場所でドライバーのジーンと合流しいざ出発。私のほか同乗者が3人、皆レンヌでは無くサン・マロ?だのとにかくレンヌから近い場所に行くそう。そして皆口々にすばらしい場所だから行くべきだと言ってました。あ~、でも今回は行けないのだよ。もうロンドン行きのチケットを取っちゃったしね。

15:00に出発し到着したのは約5時間後の20:00ちょい前。どうしてこんなにかかったかというと高速を使ってないからです。Covoiturageで選ぶ際に高速を使うか使わないかのマークがあるので出発時間、そして高速のマークを見て自分の都合に合わせて選ぶ事が出来るので本当に便利。しつこいですがお勧めです。英語でも検索できるのですが何故か検索件数がぱったりと減るので前回も書きましたが(実は書き直しました)、フレンチで調べるのが吉。私のフレンチは全くもって初心者なので分からない単語は翻訳にかけています。ただ登録の際に携帯番号が必要なので注意が必要。無くてもいいのかはわかりませんが予約した時に番号がテキストメッセージに送られてくるのでそれを下車前にドライバーに見せなければいけません。ちなみに事前にクレジットカード払いなので現地で支払う必要はありません。

さて、ドライバーが駅では無くホストとの待ち合わせのメトロ駅まで送ってくれたので早速ホストのレナウドに電話をしたらものの1-2分で迎えに来てくれました。そしてとっても近く解り易い場所なので方向音痴というアビリティを持つ私としてはありがたい。レナウドのお家は新しくしかもおしゃれ。レコードの収集家でたくさんコレクションが。そして早速ウェルカムワインで迎えてくれました。どうもありがとう!!どこのお宅にも常にワインボトルが置かれているのでイメージそのもの。ずうずうしくフランス版の肉じゃがまで頂き胃袋も大満足です。ひさびさにカブラを食べました。

そして食後はパリ行きの車を探すのを手伝ってもらい無事に予約。何とパリからロンドン行きも約45ユーロで何人か募集していました。もしかしたらイギリス国内でも募集してたりして?まだ調べていませんがロンドンから今回はエディンバラまで北上する予定なので後日調べてみます。今しない所がこのレイジーさゆえ(笑)何とモンサンミッシェルまでもレンヌから約6-7ユーロで発券したのですがすでに満席でした。残念。とにかく明日はフランスでの一番の目的地であるモンサンミッシェルに行くのではやいとこ眠らなきゃね。

<Transport>
・Paris metro&bus ticket・・・1.75Euro/per
 For 10 ticket should be cheaper around 12Euro
・Paris→Rennes/レンヌ・・・Shared car/17Euro+small charge
 (Covoiturage)
・Metro in Rennes/レンヌのメトロ・・・1.4Euro/per

<Sleeping>
Rennes/レンヌ
・Couch Surfing

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

Merry Christmas!

2012/12/24

 Merry Christmas!!パリでは至る所でクリスマスモード。皆プレゼントを買う為にそこら中でショッピング。寒いけどイルミネーションも綺麗だし丁度いい時期に来たのかもしれません。バーゲンは1月からなのでまだですが(笑)

今日は世界遺産でもあるFontainebleau/フォンテーヌブローに行く予定でメトロに乗っていたのですが、昨日あまりにも疲れたせいかまだ眠たい。6時間は眠ったのですが。どうせ明日ヴェルサイユ(クリスマスで閉まっているけど)宮殿に行くし2日連続で宮殿に行っても何の印象も残ら無さそう。それに世界遺産だから見に行くと言うのもなぁ。どんどん気が乗らなくなり途中で下車してシャンゼリゼ方向に行くメトロに乗り換えました。今日は自分自身へのクリスマスプレゼントを買おうじゃないか。

マカロンのお店
マカロンのお店

89ユーロ!!
1時間89ユーロ?

ちなみに去年はピアスをオーストリアで購入、それは暫くウラジーミル宅で眠っていましたがピックアップしたので現在は私の右耳に装備されています。18金だと思って購入したら16金で、金属アレルギーを持つ身としては微妙な所。このピアスを左耳に付けるとものの数秒で痒くなりその内膿んでくるのですが右耳に付けると最初若干痒いだけで我慢すればその内引いてきます。そして膿む事もありません。丁度右には2つ穴があるのでリングを右に2つ付けている状態。不思議な体質です。左右で違うとは。

今年は何にしよう。適当にショップを覗いていると目についたのがバナナ・リパブリックのコート。明らかな冬用のコートでは無いのですが色も形も好み。パリに入っていろいろショップでコートを見てますが黒が圧倒的に多いし外を歩いている人達も黒々した格好をしています。全員ではありませんが。私が選んだのはダークレッド、いわゆるえんじ色です。母からしたらまたかと思っているかも?私はえんじ色だとか紫が好きなのです。見ていると落ち着くと言うか何というか。他のショップよりは若干高いバナナ・リパブリックですがクリスマスだからと自分を納得させて購入しました。

キルギスで購入したトレッキング用のジャケット。これからロンドン、スペイン、ポルトガルと西欧が続き、そして西アフリカへ南下すれば暖かいしこの旅ではもう不要でしょう。このジャケットは今日購入したコートと共にスペインで購入予定のバーゲン商品(笑)と共にスペインかモロッコから送る事にします。モロッコまで行けばコートは不要だよねきっと。

シャンゼリゼ通りを満喫し毎度のスタバでのwi-fiタイム。オペラ近くのスタバに入ったらカフェラテが0.2ユーロずつ安かった!同じパリでも価格が違うのね。ブログのアップ、カウチサーフィンの返事等していたらあっという間に2時間程経過していました。

凱旋門
凱旋門

暗くなるまでに時間があったので、サント・シャペル、コンシェルジュリー周辺をウロついてから宿に戻りました。

念の為に明日の食料を確保しにスーパーへ。日本では考えられませんが、ほとんどのショップが閉まるのです。去年はオーストリアで邊っちと過ごしましたがショップが閉まっていて結局唯一開いていたケバブ屋さんでチキンをゲットしました。パリではどうでしょう?明日出歩く予定ですが予想では昼からはケバブ屋さん以外は閉まってそうです。

突然ですがCSで知り合ったパリ在住の医学生君が町を案内してくれることになり大聖堂、図書館、病院(笑)を案内してくれました。セリーとは全く違うタイプなので興味のポイントが正反対。私としてはいろいろ見る事が出来て面白いですが。早々に宿まで送ってもらったのですがなんだか寝付けず。最近夜更かししすぎで昼夜逆転気味なのでどうにかしないと。すでに3:00を過ぎてしまっています。明日起きれないだろうなぁ。

深夜の散歩
深夜の散歩

<Transport>
・Paris metro&bus ticket・・・1.75Euro/per
 For 10 ticket should be cheaper around 12Euro

<Sleeping>
Paris/パリ
・Wood stock Hostel・・・21.99/6Bed Dorm
 12/24,25・・・27.99Euro!!
 Address:48 rue Rodier 75009 Paris
 Phone:+33 (0)1 4878 8776
 E-mail:flowers@woodstock.fr
 Luke shower,Incl Breakfast,wi-fi is not good

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

Louvre Museum/ルーブル美術館

2012/12/23

 ついにルーブル美術館攻略の日がやってきました。おそらく1日かかるので気合を入れて行ってきます。メトロ駅が美術館前まであるのでとっても移動が便利。パリのメトロ地図を見ていると頭が痛くなりますがそれでもどこにでも行けるのでありがたい。ちなみにジャックの勧めでiPhoneのアプリにあるパリのメトロマップをダウンロードしているので一回一回地図をひろげなくていいのです。便利になったもんですね。

美術館に到着したのは10:30位ですがもう観光客でうようよ。中庭の入口からエスカレーターで下りついに入場です。チケットを買った後にオーディオガイドをどうしようか悩んでいたのですが、5ユーロかかるし同じ宿に泊まっていたブラジル人がガイドを聞いていたら1日じゃ絶対無理だと言っていた事もありオーディオガイド無しで挑みます。どこから入場していいのかもさっぱりでしたがまずはリシリューと呼ばれるフロアから。三銃士を思い出しつい選んでしまったのです。

ルーブル美術館
ルーブル美術館

結局5時間昼休憩無しでずっと見て周りましたが有名な作品以外は殆どしっかり見ずに流しただけ。それでもこの時間のかかりよう。足も疲れたし何と言っても脳が疲れた。写真も最初はしっかり撮っていたのですがそれも最初の30分だけ。とにかくものすごい量のコレクションに唖然。いやいや、当分美術・博物館には行かなくても十分すぎるくらいに満足です。

モナ・リザはやはり人気が高く写真の通り常に人だかりが出来ています。思ったよりは小さくしかも他の作品と違って近寄れない。なのでいいカメラを持ってないと、ぼけた写真になってしまうのです。悲しい。

モナリザに群がる人々
モナリザに群がる人々

モナリザ
モナリザ

見終わった後は久々のスタバでwi-fiを数時間使い情報収集。宿のwi-fiがまともに繋がったらなぁ。ちなみにレンヌ行きの列車は往復で120ユーロ!!リヨンより近いのに年末年始にかけて恐ろしい金額の上がりようです。なので前回同様Covoiturage/シェアリングカーを調べると、丁度よい時間にあるではないですか!!しかもたったの17ユーロ!!手数料入れても19ユーロなので超助かります。早速予約を入れるとすぐにドライバーのジーンから電話がかかってきました。英語の話せる人でよかった~。日付と時間、待ち合わせ場所の確認と念の為にテキストメッセージを送ってもらうようお願いしました。メトロ駅の近くなのでとっても助かります。

そして念の為に今朝の内に年末年始のロンドンでのステイ希望をカウチサーフィンに載せておいたのですが、返事がありました!!これで話がまとまれば29日から3泊、年越しをクレイジーな価格の宿に泊まらなくても済む事になります。やはりカウチサーフィンは素晴らしいシステムですね。今まで言語を気にして敬遠していましたが、そこまで英語を話せなくても何とかなるもんです。後は再会を約束しているデーヴィッドと調整がつけば言う事無しなのですが、彼は今日からボランティアを年末まで続けるので何気に忙しそう。でも同じロンドンに居るのであればきっと会えるでしょう。

<Transport>
・Paris metro&bus ticket・・・1.75Euro/per
 For 10 ticket should be cheaper around 12Euro

<Sights>
・Louvre Museum/ルーブル美術館/11Euro/Normal Ticket
 Audio Guide/5Euro

<Sleeping>
Paris/パリ
・Wood stock Hostel・・・21.99/6Bed Dorm
 12/24,25・・・27.99Euro!!
 Address:48 rue Rodier 75009 Paris
 Phone:+33 (0)1 4878 8776
 E-mail:flowers@woodstock.fr
 Luke shower,Incl Breakfast,wi-fi is not good

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper