とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オシュへの移動2回目

2012/10/11

 ビシュケクからオシュに行くのはこれで2回目。前回は大分寝ていて景色を逃したので今回は逃さないようにしなきゃ。8:00に朝食を食べ9:00にはデーヴィッド、マイクとハグしてから感謝の気持ちを伝えニコライと共に出発です。

前回同様にオシュバザールの方に行ったのですが1200Comから全く下がりません。なので前回とは逆で西バスターミナルまで移動し交渉すると1050Comまでどうにか下がったので交渉成立。

ですがドライバーがガンガンに音楽をかけるのでニコライと私は大迷惑。どうしてそこまで大音響にするのか理解できず。頭が痛くなってきたのでドライバーにいい下げて貰ったのですがしばらくしたらすぐに音量を戻されます。ニコライが途中から自分で回して音量を下げるとすぐにドライバーが音量を上げるの繰り返し。さすがに限界が来たのでニコライがドライバーに強めの口調でお願いするとしばらくごちゃごちゃ言ってましたが気持ち下げてくれました。

基本的に音楽は好きだしある程度の音量なら我慢できるけど隣の人と会話が出来ないくらいの音量はアフリカでだって無かったぞ。偶然??とにかく途中からは普通の音量に戻ったので長時間の移動も気持ち楽になった気がする。

道中、オシュゲストハウスに電話してもらったのでドミの予約もばっちり。これで何時についてもオッケーです。とか何とか思ってましたが結局到着したのがもう23:00を過ぎてから。到着した頃にはぐったり。しかもドゥシャンベまで1~2日かかると聞き精神的にもさらにぐったりしてしまいました。長いなぁ。タジキスタンでビザ延長する事になりそうだなぁ。

<移動>
・ビシュケク市内バス・・・8Com
・ビシュケク→オシュ・・・1000Com

<宿>
Osh/オシュ
・Osh Guest House・・・ドミ295Com
 男女別の棟にあり、どちらも4階
 Address:Kirgizstana street Apartment 8, flat 48
 Tel:+996 3222 30629,+996 502883093
 E-mail:oshguesthouse@hotbox.ru
 ホットシャワー、wi-fi(有料100Com)
 とにかくわかりづらい、アパートの一室が使われている

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

アフガニスタンビザ取得

2012/10/10

 さて、今日はついにアフガニスタンビザの受け取りの日。振り込んでても出来なかった、諦めてというケースもありそうで起きてからドキドキしっぱなしです。

受取は15:00からなのでそれまでデーヴィッドと夕食の買い出しに行ったりしながら待ちました。14:00になりニコライがバザールから戻って来たので一緒にアフガニスタン大使館へ。当初一人で行く予定だったのですが、もしビザが受け取れなかった場合いろいろ質問したい事もあったので念の為にと言う事で着いて来てもらいました。

時間の少し前に到着したのですが、パスポートを門番の警備員に見せサインをするとすぐに中に入ってもいいと促されます。かなりドキドキで行ったのですが私の出した書類を渡され何か言ってきました。

まさかダメだったのかな?それとも書類不備??とおそるおそるニコライに尋ねると、受け取った日付を書いてと言っているよと教えてくれましたが、という事はビザが出来ているという事!?ビザを見るまでは信じられない気持ちで一杯でした。というか正直な所ビザを見ても信じられないのですが。

アフガニスタンビザ
アフガニスタンビザ

ニコライと行く事を前提に取れたのか、それとも一人でも取れていたのかはわかりません。ちなみにニコライのパスポートは見せていないので彼らは口頭でしかニコライがアフガニスタンのビザを持っているという事を知りません。まぁ、どっちにしても私の手元にはビザがあるのでもう感無量。ちなみに入国日指定なし3か月の内の好きな時に1か月入国できるシングルツーリストビザです。

戻りはトラムで戻ったのですがニコライが郵便局に用事があるというので途中で降りました。そして信号が青に変わり発車した直後に後ろからガツンと衝撃が・・・。はい、またですわ。後ろからマルシルートカがぶつかってきたのです。ウズベキスタンにしてもキルギスにしても運転が荒すぎてこれはもう日常茶飯事な気がする。

もう明日の出発は確定したので手持ちの荷物を少しでも減らす為に夕食は野菜とキノコのスープを作成。ニコライもパスタとサラダを作ってくれたので夕食はいつも以上に贅沢になりました。実は今晩はマイクからデーヴィッドへのサプライズがあり18:30になったら彼らのいるネットカフェに行く事になりました。食事を作り終えニコライに待ってもらいネットカフェに行き3人でスーパーへ。一応私が買い物の用事があるという設定だったのですが実際に買いたいものはないのです。結局見つからなかったという事で宿に戻ったのですが途中マイクが買い忘れた物があるといって来た道を戻って行きました。

実は私の役目はマイクとデーヴィッドを別行動させるという役割。私が居なければデーヴィッドはマイクに着いて行くのでマイクにとってはまずい状態。というのもデーヴィッドも明日タシケントに向け出発するのでケーキを用意しなければならなかったのです。そうしてケーキなのかは解りませんが彼らがカラコルでトレッキングをした時に山頂でマイクがケーキをサプライズで出したそう。まぁおそらくその流れでかなと推測しました。彼らもビシュケクで出会ったのですが2人にはいろいろと共通点があり気が会うのかいつも一緒にいるのでその分別れ際に何かしたいという気持ちがあるのかな。

夕食の後トランプをしてその途中に話の流れで突如ケーキを持って来たのでデーヴィッドは笑いつつも喜んでいました。旅だけではないですが出会うってすごい事だと毎度思います。その時その場所で何かきっかけがあり話しそれからストーリーが始まって行くのでやはり出会いって面白い。私もこの旅で一体どれだけの人に出会ってきたんだろう。やっぱり旅ってなかなかやめられない。

サプライズケーキ
サプライズケーキ

<移動>
・ビシュケク市内マルシ・・・10Com/各
・市内トロリーバス・・・8Com/各

<宿>
Bishkek/ビシュケク
・Sakura Guest House・・・ドミ350Com/day、ツイン900/day
 Address:Mичуринa38
 Phone:380209
 E-mail:kobuhei-hikitahotmail.com
 wi-fi無料

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

お掃除の日

2012/10/9

 今朝ついにトーマスがアルマティへ移動するのにチェックアウトして行きました。一緒にここまで旅してくれてどうもありがとう。今までツインルームだったのでドミに引っ越すつもりでしたが、デーヴィッドが逆に引っ越してくれることになったのでパッキングの必要はなくなりました。どうもありがとう!!

明日のビサ受け取りまでする事が無いので今日はラップトップのお掃除とマザーボードの電池の交換を手伝ってもらう事にしました。まず必要なのはASUSのEeePCに必要なバッテリーの購入。

デーヴィッドのモーターバイクで先にハイアットに連れて行ってもらい足りない分のUS$を下ろしてから中心地にあるBETA STOREでバッテリーについて尋ねたのですが、ここには無いそう。ありそうな場所を地図に書いてもらって行ったのですが旧ソヴィエツカヤ沿いにあるので簡単に見つかりました。お店というか小さな作業場という感じ。時計の修理がメインの場所のようです。

CR1220があるか無いか尋ねたのですが1216ならあるけどこれはちょっと薄いの事。ですがデーヴィッド曰く多少のサイズの違いは問題じゃないし同じ3Vだから大丈夫というので購入する事にしました。

宿に戻り昼ご飯を食べてからデーヴィッドとマイクに電池交換をしてもらったのですが、私にはさっぱり。なので私は外したキーボード等の掃除に集中し後はお任せしました。そしてテストをしながら元の状態に戻したのですがしっかり電源も入るし、今まですぐに熱くなっていたのが収まりそしていつも気になっていた時間のリセットも無くなりました。わ~、どうもありがとう!!とにかく感謝です。ハラショー!!

ここに戻ってから毎日自炊・・・というかデーヴィッド達と交代で作っていますが、彼の料理はおいしすぎる!!食あたりの後の胃にはかなり幸せ。ニコライが来てからは4人でカードゲームをし負けた人が皿洗いとか、勝った人が夕食を手伝わなくていいとかやってます。

前回もそうでしたが居心地が良すぎてつい長居してしまいそう。でもタジキスタンビザの期限があるので明日ビザが取れても取れなくてもタジキスタンに移動しなきゃ。

<宿>
Bishkek/ビシュケク
・Sakura Guest House・・・ドミ350Com/day、ツイン900/day
 Address:Mичуринa38
 Phone:380209
 E-mail:kobuhei-hikitahotmail.com
 wi-fi無料

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

アフガニスタンビザ申請

2012/10/8

 今日は朝からニコライと一緒にアフガニスタン大使館へ行ってきました。住所が少し違っていて何人かに聞いてようやく到着。行ってみるとRedFoxに意外と近かった。ニコライが全て通訳してくれたのでとてもスムーズに事が運びました。大使の女性はとても明るく終始なごやかムード。

書類を書きパスポートと写真を1枚出すとコピーしてくれその後小さな紙切れを渡されました。そこには銀行名、住所、振込金額が書かれておりそこででないと振り込めない様子。タシケントではその場で支払っていましたがビシュケクではダメ。でもこの雰囲気だったら無事取れそう・・・かな?

ニコライはインド大使館に用事があったのでここでお別れして私は人に聞きつつマルシルートカで旧ソヴィエツカヤを北上しNationalBank of Pakistanまで移動しました。メーン通りから近いのが助かります。ここで指示通り支払い、大使館に戻ったのですがニコライが聞いていた当日で無く明後日水曜日のしかも15:00受取との事。まぁこちらとしては受け取れるだけありがたいのですがニコライがタジキスタン行きを急いでいるので、宿に戻った後に確認の電話を入れてもらいました。でもやはり日付も時間も変わりません。

それどころかニコライのインドビザの方も順調には行ってないようで明日もう一度大使館に行くと言っていました。まぁとにかく短くてもあとここに3泊してから南下する事決定です。

まぁ居心地がいいので延びても構わないのですがタジキスタンビザの期限が18日と迫っているのでやはり急がなくては。

<移動>
・旧ソヴィエツカヤ通り→アフガニスタン大使館の近く・・・タクシー/150Com
・ビシュケク市内マルシルートカ・・・10Com

<Afghanistan Embassy in Bishkek>
・Address:J.Pudovkin 24A,Bishkek
 +996312543802/+996312443301
 E-mail:migraftan2009@mail.goo
・旧ソヴィエツカヤ南下、鉄道を越え左手にREDFOXがあるのでそこから2つ目の十字路で左折し
 左手にある大きな白い建物を通り過ぎた所の十字路で右折すると左手にすぐ見える。
・必要書類:パスポート、写真1枚、申請代61US$
・所要日数計3日
 振込:NationalBank of Pakistan、紙に住所が書いてあるので
 マルシルートカで向かう。旧ソヴィエツカヤから近い。

<宿>
Bishkek/ビシュケク
・Sakura Guest House・・・ドミ350Com/day、ツイン900/day
 Address:Mичуринa38
 Phone:380209
 E-mail:kobuhei-hikitahotmail.com
 wi-fi無料

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ちょっとそこまでドライブ

2012/10/6

 そうそう、2週間前にここでスイムタオル(マイクロファイバータオル)を喪失してかなり凹んでいたのですがやはりもう捨てられてしまったようで、Boxにも入ってなければ奥さんも見ていないそうです。なのでビシュケクには何ヶ所かスポーツショップがあるし探しに行って見る事にしました。

まぁそんな話を朝デーヴィッドに話していたら彼はマイクロファイバータオルをイスタンブールの宿で盗まれたそうで、彼も一緒に見に行くよというので2人でお出かけする事にしました。てっきりマルシルートカで行くもんだと思っていたら彼はモーターバイクで行くよと一言。そっか、君はバイクで旅している青年だったね。

最初BETA STOREに行ったのですがここには無く、デーヴィッドの記憶を頼りにREDFOX近くのFETA STORE(どちらも旧ソヴィエツカヤ通り)の中のお店に行くとマイクロファイバータオルがありました!!ナイフやカップ等エクイプメントがそろっています。価格も私が欲しかったサイズは450Comと悪くない。後はこのデパートの中のコロンビアでパタゴニアのフェイクのジャケットを購入。デーヴィッドが店員さんにフェイク?って尋ねるとあっさり認めていました(笑)だけども質のいいフェイクだったら何の問題もありません。

そうそう、ニコライですが実はサクラには泊まっておらず他のゲストハウスに泊まっていたそう(笑)勝手にビシュケクであればサクラだと思い込んでいたけど。明日くらいに湖から戻って来るそうなのでもしかしたらあえるかな?顔見知りに会うのってほっとしますよね。この宿に戻ってきた時に悠平君やデーヴィッド、マイクが居なければ居心地もまた違った事でしょう。だからついつい長居しちゃうこともあるのですが。そうやってだらだらと旅が伸びて行っているような気がします。

<宿>
Bishkek/ビシュケク
・Sakura Guest House・・・ドミ350Com/day、ツイン900/day
 Address:Mичуринa38
 Phone:380209
 E-mail:kobuhei-hikitahotmail.com
 wi-fi無料

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。