とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

アゼルバイジャンビザ取得

2012/10/5

昨晩は最悪の夜だった。とにかく下痢で目が覚めトイレに通うので眠れたもんじゃない。自分だけかと思ったらトーマスも調子が悪いらしく、夜中から吐いていたらしい。間違いなく昨日昼・夕食を食べたZaminという近くの食堂が原因に違いないだろう。私はサモサ、トーマスはあげ饅頭の様な物を食べたけど、中身は同じだったのでそれとしか思えない。揚げてあるから大丈夫と思いきやこれで当たるとは。タシケントで2回もとは思わなかったわ。幸いにもダーシーは大丈夫だったみたい。彼も今日移動日でジョージアに向かうので私たちより長旅です。

今日は移動日なので、ついてないなぁ。ってかウズベキスタンに入ってから交通事故、探しまくった挙句にビザ不取得、食あたり2回とトコトンついてないのです。キルギスに移動したら状況が変わることを願う!!

兎に角時間まで休んで、9:30を過ぎてから出発しました。もちろんタクシー利用です。ダーシーも穴痔様な時間に出発だったのでハグしてお別れの挨拶をしました。一緒にここまで旅してくれてありがとう!!と感謝を伝えヨーロッパのどこかでまた会えるね!!と言っておきました。2人とも同じような時期に西欧に向かうのでどこかで会えるでしょう。どうもありがとう!!さわやかな笑顔に癒されました(笑)

宿前で車を止めてもらいまず向かったのはビザ取得の為にアゼルバイジャン大使館へ。時々その日に貰えない事もあるそうなのでドキドキしながら向かったのですが無事取得出来ました。タジキスタンビザ同様に手書きです。シールはなんだかインパクトの薄いあっさりしたもの。もっと前面に旗の色でも出てるのかと思たけど。

とにかくビザをゲット出来たのでこれで15日以降いつでもアゼルバイジャンに行く事が出来ます。よかった。門番をしていた警備員にお願いし空港まで乗せてくれる車を止めてもらい5000Somで交渉。そこまで遠くないのが救いです。空港でチケットを貰っていたのは知っていたのですが降りた時にパーキングのチケットを貰ったから6000Somだと言い出しました。正直残り20000位は持っていたのですが話が違うので断り5000Somだけ手渡し空港内へ。チケットを貰う前に客に確認するのが筋だと思っているので。

空港では荷物チェックが厳しいと聞いていたのですがあっさり入る事が出来ました。チェックインの後なのかなぁ?手荷物だけ厳しいとか?とにかくチェックインの時間が来るまで空港の無料wi-fiを思う存分使って待ちます。実はサクラゲストハウス、現在も相当込み合っているらしく予約はしたものの泊まれるかはわからないそう。ビシュケクの空港に着いたら電話して欲しいと言われていますがあえて電話せずに向かおうと思います。3階でいいのでお願いします!!ちなみに夜到着するのでまだウズベクビザ待ちの(ってかもう1か月?)悠平君に夕食の用意を昨日メールでお願いしたので(超ずうずうしい)どうしてもサクラに行かなきゃ!!それまでに2人の胃袋も状態がよくなっているでしょう。きっと。

そうこうしている内にトーマスがやってきました。昼近くまで眠ってから来たそうですがまだ下痢は続いている様子。私は比較的落ち着いて来ていますがまだ吐気が残存しています。ってか水飲まなきゃ行けないんだけどトイレに行くのが億劫で。細菌を出さなきゃいけないのは解ってはいるけど。

3時間前にチェックインして入国審査もあっという間に終了。厳しい荷物検査って陸路だけ??とにかく時間までトイレ通いしてぐったりした状態で飛行機に乗ったのである程度は眠れました。空港からはしんどくもう面倒くさかったのでタクシーであっという間に宿まで移動。宿近くでデーヴィッドとマイクを発見しましたがタイミングが悪くあっという間に行ってしまいました。まぁ宿に行けば会えるからね。

ベッドがあるか心配でしたが、ツインルームが偶然空いたそうでラッキーにもチェックインする事が出来ました。チェックイン後すぐに悠平君からシチューを頂き幸せ絶頂!!味は・・・とかいいつつ超おいしいし!!ありがとう!!!

久々のデービッドとマイクとも久々で調子に乗ってデーヴィッド作のリゾットを食べているとかなり胃がきつくなってしまいました。朝のヨーグルトしか食べてなかったからつい食い意地が(笑)旅に出てから料理を作る素敵男子によく遭遇します。いやいや、素晴らしすぎる!!私も見習わなきゃなぁ。さっさと眠ればいいもののマイクのラップトップで「たけし城」を見たりゲームをやっていたらいつの間にやら深夜になっていました。明日は土曜で大使館も閉まっているから好きなだけ寝まくろうかな。

<移動>
・宿→アゼルバイジャン大使館・・・タクシー/4000Som
・アゼルバイジャン大使館→タシケント空港・・・タクシー/5000Som
・タシケント→ビシュケク/キルギス・・・飛行機/150ユーロ
・ビシュケク空港→宿(SakuraGuestHouse)・・・タクシー550/Com

<宿>
Bishkek/ビシュケク
・Sakura Guest House・・・ドミ350Com/day、ツイン900/day
 Address:Mичуринa38
 Phone:380209
 E-mail:kobuhei-hikitahotmail.com
 wi-fi無料

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

Football game in Tashkent

2012/10/3

 今日は列車で7時間の移動。車やバスの7時間よりは全然マシ。なんせ歩き回れるのですから。今晩ウズベキスタンとオーストラリアのサッカーゲームがタシケントであるそうなのですがチケットが取れるかどうかは行ってみてからのお楽しみ。

寝台列車ではないので7時間というのはとても長く感じられます。座席だと熟睡出来ないので結局2時間程だけ寝て後は辞書片手に読書をして過ごしました。

そしてようやく到着しメトロでさっさと宿に向かいチェックイン。移動日って何もしないのに疲れる。とにかくシャワーを浴び暫く休んでからお腹を満たしに食堂でラグマンを注文。お米が恋しかったのでプロフを注文したのですが結局無く麺で落ち着きました。

ゲームは19:00キックオフなので18:00に宿を出て歩いて1km先にあるスタジアムに行ったのですがまだまだチケットは余っているようで簡単にゲット。しかも価格はたったの10000Com、4ドルもしないなんて嬉しすぎ。中央の席は売り切れていたので少し端の方でしたがそれでも十分です。

チケット購入

エキサイティング

とにかくすごい歓声とオーストラリア側がボールをキープした時のブーイング。そして私たちの頭上からはブブゼラが・・・。とにかくエキサイティング!!

始まった

相当なもりあがり
相当な盛り上がり

かなりの数の警備員が居たのですが皆仕事そっちのけで試合を見ていました。まぁ気持ちは解らないでもないけどさ。結局オーストラリア側のパスミスが目立ち試合は3-2でウズベクの勝利でした。ダーシーが一緒だったのでオーストラリア側を応援していたのですが残念です。

ウズベクの勝利

移動の後の試合だったのでもうぐったり。いつもよりだいぶ早い時間ですがもう起きてられません。明日は何もしないだろうな、きっと。

<移動>
・Bukhara→Tashkent・・・Sharq/急行/55000Com
 8:00発14:50着
・タシケント市内メトロ・・・700Com/乗り換え自由

<宿>
Tashkent/タシケント
・Gulnara BB・・・ドミ42000Com/day
 Address:Озод40
 Tel:+998 98 360 0774
 E-mail:gulnarahotel@gmail.com
 wi-fi無料、朝食付き

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

relaxing day

2012/10/2

 今晩の夜行列車でタシケントへ戻るつもりでチケットを購入しに行ったのですが3人分の席が空いていないというので明日の朝のチケットを購入し今晩もう1晩ブハラで泊まる事になりました。夜行列車も楽しみだったのですが仕方ありません。

今日は出来るだけゆっくり過ごそうという話をしのんびり歩きながらアルク城の方へ散歩する事にしました。何故だか知りませんがこの城の壁から木がいくつも頭を出しています。壁の強化の為なのか??

城


城は現在工事中で中には入れませんでした。ただヨーロッパ等にある城とは明らかに形が違うので新鮮な感じです。この城の近くに牢獄があった場所があるというので行ってみると小さな博物館兼牢獄となっていました。規模はとっても小さくあっという間に見て周れる感じ。ただ写真の手の意味が解りませんでしたけど。

刑務所内
刑務所内

疲れたのでTeaHouseで休憩する事にしましたが、ここは1人11000Comで5種類のお茶、そしてコーヒーが飲み放題になっています。高いですがまぁたくさん飲めるしちょっとしたつまみ付なので結構胃袋は満たされました。ジンジャーティーが個人的には一番ヤミヤミー!!

ティータイム
ティータイム

宿に戻りメールチェックをするとビシュケクのニコライからメールがありガイドブックに載っていたビシュケクのアフガニスタン大使館の情報が間違っていて探すのに時間がかかった様子。そして電話をしてくれたそうで、日本人でもレターが不要だそう。パスポートに写真2枚、後はインタビューがあるだけだとか。まぁ下手な事を言わなければ大丈夫かな。

ロシア語で聞いてくれているので間違いない情報だと信じて私もビシュケクへ戻る事にしました。といってもレイジーな私は空路を選択。土日以外はウズベキスタン航空で150ユーロだったのではっきり言って中央アジアで考えると安い!!タシケントからドゥシャンベなんて380ドルだったしね。早速航空券を注文しましたが同じ日の同じ便でトーマスがビシュケクに飛ぶのでサクラゲストハウスまでご一緒する事になりました。まだビサ待ちグループの方々は居るのかしら?2週くらいだしなぁ。ニコライはソンコルに行ってくるとの事で金曜に戻って来るそう。私のフライトも金曜なので宿の予約をしたのですが今は一杯だそうでビシュケクに到着したら電話して欲しいとの事でした。3階で(が)いいので泊めさせてほしい!!月曜に大使館に行き即日で取れればいいのですがどうなる事やら。なかなか中央アジアから出られそうにありません。

予約等が全て終わったのでこの町に来てから気になっていたコウノトリの鋏を見に出かけたのですが、見てみると鋏よりもナイフの方が気になってしまい結局後で購入してしまいました(笑)ナイフは以前旅人に貰ったやつがあるのですがとっても使いにくいので切れ味のいいこちらをこれからの旅の相方にする事にします。折りたためるしね。

買っちゃった
買っちゃった

そうそう、後はシーシャ。ヨルダンやイスラエルに比べると安いので3人でシェアしてアップルフレーバーを注文しました。ただちょっと強すぎて灰を飛ばしたりしたのですがなかなか。最後の方にようやく丁度いいくらいになったのでここぞとばかりに皆でプカプカ。タバコは嫌いですが水タバコは好きなんですよね。カザフスタンは急ぎましたがキルギス、ウズベキスタンでの滞在は充実している気がします。

シーシャの時間
シーシャの時間

<観光>
・アルク城/現在閉鎖中
・牢獄/2300Com

<Guesthouse>
Бухоро/ブハラ
・Rustam-Zuxra・・・4人ドミ8US$/day
 Address:ナクシュバンディ通り16
 朝食2US$別途、wi-fiあり

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

Bukhara/ブハラへ

2012/10/1

 何ともう10月!!時間が経つのが早すぎてこんなにゆっくりしてていいのかとあせってしまう。といってもアゼルバイジャンビザの受け取りが金曜なのでそれまではこの国から離れれませんけど。

今日ニコライが大使館に電話して推薦状が必要なのか、女性1人で行っても取得出来るのかを聞いてくれるので返事次第では航空券を予約したりと忙しくなりそう。今さらですがアゼルビザをエクスプレスで取っておけばよかったと後悔。でもあの時は大使がとっても帰りたがっていたのでどっちにしても無理だったかもしれません。とにかく後はメールの返事を待つのみです。

ブハラ行きの列車が11:50なので朝はゆっくり起き、朝食を食べパッキングしてから駅にタクシーで向かいました。1人だとバスを使うんでしょうが数人なのでタクシーを使っちゃいます。どんどんレイジーになって行っている気がする。チヒロちゃんも駅に用事があるというので一緒に行く事になりました。

駅に到着しましたがダーシーが一緒に購入してくれたので私たちは一緒なのですがトーマスは後からジョイントした形なので別席です。到着までの3時間半は本を読んで過ごしたのですが、解らない単語の発音はダーシーに聞けば正しい発音を教えてくれるのでありがたい。ただあまりにも自分にはレベルの高い本だったので到着までの2時間は熟睡してしまいました(笑)

到着後マルシルートカで中心部にあるラビハウズという池の近くまで移動したのですが、ここからトーマスお勧めの宿までは歩いて1分。近いって素晴らしい。もうとにもかくにもお腹が空いているので速攻で食事を摂りに出かける事にしました。ラビハウズの近くのシャシリークプレイスで私はプロフを注文。お米が恋しかったので最高においしく感じられます。トーマスとダーシーはがっつりシャシリークを4串+ナンを完食していました。昼ご飯無しでもう16:00だもんね。

胃袋が満たされたので観光に出かける事にしましたが、サマルカンドと違ってここはベージュの世界です。個人的にはこっちの方が居心地がいい。サマルカンドは綺麗に整えられすぎなんですよね。偶然かもしれませんが人々もとってもフレンドリー。楽しく街歩きが出来ました。

美しい
美しい

好きな街

場所は知らないのですが適当に歩いていたらおばちゃんがビューポイントがあるから2000Comでどう?と持ちかけてきたのでディスカウント交渉をして1000Comで交渉成立。そこまで高い場所では無いのですがそれでも十分に満足できる景色だったので最高!!10分ほど経った頃にフィニッシュフィニッシュとせかしてきたのでお金を支払い出る事にしました。一応ユネスコマークがあったのですがどの建物だったのだろう?適当ですみません。

景色がよい
景色まずます

明日から4日までどこで過ごすか話し合ったのですがヒヴァまで行くと戻りがリスキーなので(皆5日にタシケントを去る)、シャフリサーブスに行くか、適当な町で降りるか・・・。結局明日の夜行があればそれでタシケントに戻る事にしました。私としてはもしイランでトルクメビザを取るのであればウズベクにもう一度戻ってくるのでその時にヒヴァに寄ればいいのでリスクを冒してまで今回行かなくてもまぁいっか。

サンセット
サンセット

<移動>
・宿→サマルカンド駅・・・タクシー/10000Com(4人でシェア)
・サマルカンド→Бухоро/ブハラ・・・列車/21000Com
 10:50発12:30着
・ブハラ駅→ラビハウズ・・・マルシ/500Com

<Guesthouse>
Бухоро/ブハラ
・Rustam-Zuxra・・・4人ドミ8US$/day
 Address:ナクシュバンディ通り16
 朝食2US$別途、wi-fiあり

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

Sick day

2012/9/30

 昨晩からなのですがお腹の調子が悪く今朝は食後に胃痛まで。これはおそらく食あたり。嘔吐は無いだけいいのですがそれでも調子が悪いと気分が下がってしまいます。

今日ダーシーと一緒にブハラ行きの列車のチケットを購入しに行く予定だったのですがいつ何時トイレが必要になるか判らないので彼にパスポートを預け私の分も買ってきてもらう事になりました。どうもありがとう、ダーシー。私はというとネットでビザ情報を調べたりとあれこれ。で
すがその間も急に胃がきゅーっと絞られるようなような痛みが襲ってきました。やっぱり健康一番です。そのくせお腹が空いたりするもんだからやっかい極まりない。

さすがに何もしないのも何なので昼を大分過ぎて15:00になってからモスクを見に行く事にしました。トーマスに聞いていたので値段を聞いてあえて、やっぱり入るの止めるというと「セニョール、8000?」と言ってきます。それでも高いからいいよというと「5000Com」というのでそれでOkして入る事にしました。チケットをくれなかったのでポケットマネーになったんだろうなぁ。

モスク

色調が素敵
色調が素敵

細かい

モスクだけ見てまた胃が痛くなってきたので宿に戻って休むことにしました。といても中庭でごろごろしてただけですけど。夜になりまたもや4人でネットをしに別館へ。メールにはニコライから明日大使館に電話して聞いてみるよと嬉しい返信がありました。助かります、どうもありがとう!!さて、明日ですがトーマスも一緒にブハラに行く事になったので3人での出発が決定しました。ヒヴァも無事行けるといいけど。

夕日に間に合わず
夕日に間に合わず

<観光>
・ビビハニムモスク・・・入場料11000→8000→5000Com

<GuestHouse>
Samarqand/Самарканд/サマルカンド
・Bahodir・・・ドミ
 Address:Мулакандова 132
 Phone:2312543
 wi-fiあるが繋がらい事が多い、朝食付き
 3US$で夕食が注文できる
 500m程離れた系列店でwi-fiが無料で使える

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper