とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弾丸桂林ツアーの巻⑤/2010/3

 2010/3/20

 3日目の今日は龍脊棚田がメイン。
片道2時間で到着、疲れからか移動中は熟睡していたよう。
よだれが・・・

棚田に登る前に先にヤオ族の村に入ったけど物売りの
おばちゃんがしつこいしつこい
右から左から行く手を阻まれた。
ヤオ族の女性は髪を切らないらしく頭にぐるぐる巻いていた。
髪型によって独身、既婚、子持ちとわかるようになっているけど
ほとんどが子持ちのおばちゃん。

子持ちのヤオ族女性

ここの土地はもともとチワン族の物らしくヤオ族はチワン族に
お金を払ってお店を開かせてもらっているらしい。
よってチワン族の生活は潤ってるんだって。
営業用に民族衣装は着ているけど普段はジーンズだったりする。

私服

片道1500段といわれる階段を登っていくが一段一段が高くない分
足はそれほど疲れなかった。
一気に頂上へ向かう。

頂上まで行くと霧なのかなんなのかもやもやっとしていて
写真が綺麗にはとれず一歩手前のビューポイントの方が
眺めもよかった。

棚田

月と北斗七星を棚田で現してある・・・とガイドさんは言っていた。
ここにはミャオ族が営業をしていて民族衣装で一緒に記念写真が
1枚1000円とかやってたけどスルー。

ミャオ族の衣装

お昼は半分ほど下山したところにある竹筒料理。
一人一本だと思っていたら4人で一本だった・・・。
せめて2人で1ポ本がよかったなぁ。
その代わりに副菜は食べきれないほどでてきてたけど。

竹筒料理中

竹筒料理

下山後はまたまた約束のお土産物やさん。
何故か中国でラテックス(天然ゴム100%)製の枕。。。
そう、高反発の枕なんです!
よく聞くのが低反発枕なんだけどとやま~んは低反発枕で
首と肩が凝ってしまった。
試しにベッドで横になってみると・・・
あれ?
おかしいなぁ、フィットする。。。
価格は7000円と中国にしてはかなりの高額、でもラテックスって
たしか高かったような気も・・・と考えるうちに
気持ちが大分傾いてきた。
実はとやま~んは合う枕がなく最近は枕なしで眠っていたから。
もし合えば日本で7000円だとこんなもんだよなぁとか
いやいや、高いってとか
自問自答が始まった

そして結局術中にはまりカードでご購入。。
日本では1万以上で売っているという証拠にネットのページを
プリントアウトしたやつも置いてあったけど
そのプリントアウトしてあるのが偽物である可能性もある
でも実際頭をつけてみてよかったことに間違いはなかった。

枕屋さんの後にお茶屋さんに寄ったけど試飲しまくった割には何も
購入せず、だって超高いんですもん
私は昨日スーパーで買ったやつで十分です

夕食は桂林の名物ビーフン料理、日本で食べるビーフンは
細くて味に癖のあるイメージがあったけど
ここの焼きビーフンは太く味も癖がなく食べやすかった
ここでも副菜が多すぎて胃が限界

今日はもう桂林から離れ21:55のフライトで上海に戻った。
空港に隣接している大衆美林閣空港賓館(エア・ターミナルホテル)に
泊まったけどホテルというよりはモーテルという感じ。

エア・ターミナルホテル

シャワールームがガラスで丸見えだしベッドに横になれば鏡に
自分の姿が写る・・・
しかしなぜかティッシュがない。
結局眠ったのは2時で5時にはもうモーニングコールで起こされた。
ねむい、、頭も働かない。

バタバタしながらも朝8:30のフライトで富山に向けて無事飛び立った。
ほんとにシンクーラー(おつかれさまでした)やわ。
普段自由旅行をしているとやま~んにとってはハードすぎて
当分ツアーには参加しないと思います。
添乗員さんって本当にタフやわ~
おそれいります


帰国後ラテックス枕についてネットで調べると通販で3000円台から
1万以上するものまでさまざま売っておりました。
でも直接頭をのせて買えた分後悔はしていない。(ちょっと強がり
そして肩こりも今のところ出ていない。(これは本当)
まだ2日だけど。
この機会がなかったらとやま~んはまだまだ枕なし生活を
してたはずだから結局は買ってよかったんだと思います


スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

弾丸桂林ツアーの巻④/2010/3

 2010/3/19

 本来なら漓江(リコウ)下りから始まり福利古鎮観光をする予定・・・
だったらしいけど、渇水の影響で楊堤から九馬画山までの
往復になり時間の問題で福利古鎮は観光できなくなった

朝まず向かったのは自由市場、市民が毎朝食料を買いにくる場所。
てっきり観光地化してると思ったんだけどそうではなく
観光客はいなかった。
早朝は市場の敷地に税金を支払ってない人たちが無許可で
お店を開いているらしく時間になると逃げるように消えるって言っていた。
ただ安く売ってるみたいだから早朝に買いに来る客ももちろん
いるみたい

自由市場

狭いかごにいっぱい

市場を出たところにある露天でオヤツを買ってみた
甘さ控えめでおいしい

おやつ
2つで3元

ここからバスに乗って漓江下りの出発地点の楊堤まで移動。
バスを降りるとたくさんの遊覧船やイカダが川岸に停まっているのがみえる。

楊堤

わらわらと商売のおじちゃんおばちゃんが「千円千円」といって
写真だとか民芸品のようなものを売りつけようとおしよせてきた。
ここの物価で千円って・・・
それをすり抜けつつ自分たちの船へ乗船。

遊覧船

10時から1時間半かけて九馬画山まで下っていく。
丁度いいくらいに霧がかっていてずっと室外にいたけど飽きなかった。

漓江下り開始

遊覧船の料理場
大抵1階後ろに料理場がある

物売り
物売りがちょくちょく寄ってくる

水量が少ない
水量が少なく遊覧船同士は追い越しできない

九馬画山
九馬画山

私にはどう見ても九つの馬が見えなかった。
九馬画山辺りでUターンして昼休憩、ビュッフェタイプで盛りだくさん

ご飯を食べ終わった頃に楊堤に向け船が再び動き始めた。
戻り途中で虫取り網の長いバージョンを持った人達がお金をくれと
船に近寄ってきていた
何もせずにお金だけもらおうとするなんて・・・
しかも小さな子供を背負って同情を誘おうとするやりかたはちょっと

金ごいの人々

楊堤からは再びバスに乗り陽朔にある月亮山に

月亮山

トイレ休憩の後、桂林に戻りお約束のお土産やさんに連れて行かれた
石のお店はどれみてもやっぱりたっかい
しかもなかなか外に出してくれない

お土産やさんに行く途中に観光バスが人を轢いてしまったらしく人が集まっていた。
私は職場で人が亡くなるのを何度も見ているけど事故で亡くなった人を
見るのは初めて。頭部から血を流して動かなくなっていた
中国の交通マナーは日本に比べれば相当悪く地元民も平気で道路を
横断している。
年間4万人も交通事故で亡くなっているらしい。


夕食の火鍋を食べて解散になったからとやま~んは金星路と漓江の
交差点にある南城百貨へてくてく歩いてみた
ここのは巨大スーパーが隣接していてお菓子とお茶を買い込んだけど
日本円で1000円もかからなかった
うれし~


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

弾丸桂林ツアーの巻③/2010/3


 2010/3/18

 朝の残業を終え母と待ち合わせしている富山空港へ。
空港にはもうすでに同じツアーに参加してると思われる人々が集まっていた。
全体的に年齢層が高くおおよそ定年後の夫婦が占めている様子。

早い集合時間だから結局待たされて時間通り12:30に上海航空便は飛び立った。
上海航空のうれしいところはスターアライアンスであること。
これでまたマイルがたまるわ

時間通りにつけばリニアモーターカーにも乗れそうだから遅れないでほしいな
431キロってどんなんなんだろ~


上海についてからガイドさんと話してると何故かみんなで一緒にいって
オプショナルツアーに出来るかどうか聞いてみますって現地ガイドさんと話をし始めた。
結局1時間もあれば行って帰ってこれるから希望者でぞろぞろいくことに
いいんですか???

18人中13人がリニモに乗ることになってしまった
空港で時間つぶししててもネェ・・・

リニアモーターカーの漢字

空港から30キロ先の駅まで一気に加速して431キロまで上がっていった。
遠くを見てると早い感じはしないんだけど近くを見てるとやっぱり早い

これが切符

時速431キロ
揺れてぼやけた~

さすがにMaxの時はゴーっという音が聞こえてきた。
30キロしかないせいかあっという間に減速して駅に到着。
しばし上海の空気だけ味わってから再び空港へ

上海万博キャラクター
上海はもう万博モード

18時発の中国東方航空便で20:30頃ようやく桂林に到着
仕事明けで半日移動は足がだるくてだるくってむくんでしまっていた
上海が寒かったせいか桂林はなまぬる~くて心地いい。

ホテルに着いたのは22時過ぎ、明日はモーニングコールが6時という早さだから
街歩きはやめて、お風呂でリラックスして早めに休むことにした
ホテルは桂林幸福酒店(フォーチューン コンドミニアム)という
5つ星ホテルらしかったけどただっぴろいだけな感じ・・・
マンションの空き部屋をホテルに改造したような部屋で
キッチンつきでリビング以外に部屋3つ
どうせ寝るだけだからそれよりもアメニティを充実させてほしいなぁ
高級ホテルになれていないとやま~んには身の置き場がなかっただけかも

ひろすぎるホテル


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

弾丸桂林ツアーの巻②/2010/3

 2010/3/17

 数日前、読●旅行から封筒が届いていた。
開けてみると・・・
「大変申し訳ございませんが2日目に予定しております漓江下りですが
3月に入っても渇水が回復しない為本来予定しておりました竹江~興坪の
コースを水量の多い揚提乗船九馬画山往復コースに変更して・・・」

ぇえ~!!がが~ん

そしてそれに伴って福利古鎮への立ち寄り→自由市場の観光

に、変わってしまった。

文句言いませんって言った矢先の出来事で何気にショック。。。
ツアーで行く市場って観光客慣れしていて高くモノをうってる
可能性が高いからさ~
でも陽朔には行けるみたいからまぁ、いいか

出発は明日です♪
楽しんできま~す

でもその前にお仕事に行ってきます(^^;


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

弾丸桂林ツアーの巻①/2010/3

 2010/3/16

 桂林
仙人の住んでいそうな水墨画の世界と聞き
写真で見るたび行ってみたい気持ちが大きくなっていた。

そんな矢先、とやま~んの周りで桂林に個人旅行で行った際に
強盗にあったという実話を聞いた。
シングルに泊まって鍵をかけていたのに(内鍵は元々なかったらしい)
スタッフを装った人がお茶をもって合鍵で入ってきてチップを要求。
それが2回繰り返されたのですぐ荷物を担ぎ部屋を出たら8人くらいに
部屋の外で囲まれて部屋に戻され金を出せと更に要求。
断ったら数々の首を切られて血だらけになってる人と切った人が
一緒に映ってる写真を見せられこうなりたいのか?
って感じで言われ財布を渡したら何故か3万円相当の金額だけ
もって行ったらしい。
その後でフロントの人がおびえていた様な感じだったらしい。
実際はグルだったのかもしれないしそうでなかったのかもしれない。
写真も合成だったのか本物だったのかはわからない。


でもそんな話を去年聞いた後に桂林一人旅をなかなかする気が起きず
今年に入ってしまっていた。
けれど読●新聞をとっているとやま~ん家に
「読●ジャイアンツ優勝記念ツアー」のチラシが・・・
なななんと・・・富山発桂林3泊4日コースが49800円ですよ!!
しかも準5つ星のホテル&毎日お水がついてくる便利さ
普通富山からこのツアーは10万は超えてくるのです。
それが地元発で49800円だなんて・・・。
サーチャージや空港税をいれても安いんです。
家から車ですす~いといけるのもありがたい!!

日本の野球よりもメジャーリーグの方が好きだけど
ジャイアンツ様、優勝おめでとうございます。
そしてありがとうございます

フリープランじゃないところがネックだけどコレだけ安いならまぁいっかぁ


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。