とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Prizren/プリズレン

2012/12/7

 怠け心が働いて一瞬今日の宿を予約してここからプリズレンに日帰りで行こうかなと考えてしまいましたが一蹴。戻って来る分のお金や移動時間を考えるとやはりプリズレンで泊まった方が得策なので重い腰を上げて出発する事にしました。ここからプリズレンへのバスはたくさんあるようなので予約も何もなしで朝食を食べてから向かいます。

バスターミナルの5番乗り場からバスに乗り約2時間弱でプリズレンに到着しました。プリズレンに到着ちょい前から雪がチラホラ。ここでもかぁ、はぁ。まずはティラナ行きのバスのチケットを取る為にオフィスを探したのですが何とバスは6:00か夕方の17:30しかないのです。これは早起きして6:00で行くしかないでしょう。ここに夕方までいても仕方ないし。

予約してから宿に向かいましたが歩いていると毎度のチャイナでは無く、「ジャポネーゼ」と声がかかるのです。プリシュティナでも前者だったので正直驚き!!日本人旅行者が多いと言う事かしら?「コニチハ」とも声がかかったりします。チェックインしてから街歩きをしましたがやはりジャポンと声がかかるので拍子抜け。

ここではユネスコサイトのヴァージン教会に早速向かったのですがバリケードがしてあって入る事が出来ないのです。鉄線まで張ってあり正面にはガードまで。微妙な場所なのはわかってましたがまさか入れないとは。グラカニッツァの方はガードも無く自由に見て周れたのでここもかと思っていましたが思い違いでした。

入れない
入れない

諦めて町を見渡せる砦に行きましたがひさびさの上り坂でひーこらしつつどうにか登頂。ゆっくり景色を見たかったのですが現地の若者たちの露骨な性的な表現の下品な冷やかしがひどく適当に写真を撮って降りる事にしました。ちなみに下山途中に同じ宿に泊まっているカナダ人とフランス人の旅行者に出くわしましたが皆行く場所は決まって同じですね。彼らは男性なので、もちろん冷やかし以前に話しかけられる事も無かったそう。

街並み
街並み

下山した後は適当に町を練り歩いて宿に戻りました。ここのネットはプリシュティナの宿に比べると十分に早いので助かります。ここ数日間西アフリカについて調べていましたが北ルートに関しては大体の情報は把握しているのですが南ルートの情報がいまいち。確実にフランスでビザが取れるかと言うのも謎。英語で調べたらフレンチのサイトが出てくるので翻訳にかけてはみたのですが、翻訳機能自体が微妙。そこに記されていた大使館にメールをしてみましたがメールアドレス情報が間違っていて戻ってきてしまいます。それだったら寒いのを我慢してフランスからモロッコまで移動するのもありかなと考えなおしてみたり。そうするとロジャーと再会は難しくなるのですが、西アフリカで心が折れ次第トルコに飛べばいいだけなので逃げ道も出来ます。というか、東で折れかかったのだから西で折れる自信あり。

マリがアルカイダのおかげで未だに危険なので慎重に情報収集をしなければいけないしどのように国境を越えればいいのやら悩みどころ。ドゴンに行きたかったのに・・・、残念でなりません。西アフリカでのフライトはどこへ行くにも高いので下調べをしっかりせねば。とかいいつつ宿のスタッフにラキ(アルコール度数45%)やビールを頂いたのでそんな状態で調べれる訳は無く・・・。

<Transport>
・Pristina→Prizren/プリズレン・・・Bus/4Euro
 9:50→11:40,There are a lot of bus.

<Sights>
・Orthodox church of the Virgin of Levisa
 I couldn't enter to inside!!There was barricades.
・Fortress/Free

<Guest house>
Prizren/プリズレン
・City hostel prizren・・・9Euro/day/3Bed dorm
 Add:Ilaz Kuka 66,Prizren
 P:+386 49 46 63 13
 wi-fi,HotShower,Incl:breakfast

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

Gracanica Monastery

2012/12/6

 昨日と違い今日は青空は見えないにしても雨、雪、風が無いのでずいぶん観光しやすい天候です。ここまできたらもう青空でなくてもいいと思ってしまう。

プリシュティナ自体にそこまで興味が無く、ここから8km程離れた町にあるGracanica/グラカニッツァ修道院に行く事にしました。ロンプラに寄れば未だにアーミーが警備をしパスポートも必要かもと書かれていましたが、全くそのような雰囲気は微塵のかけらもありません。本当にここか尋ねたくらい静かな感じなのです。ちなみにプリシュティナのバスターミナルから20分くらいで到着しました。ドライバーに行っておけば近くで降ろしてくれます。

グラカニッツァ修道院

外部はありきたりの建物で大したことないのですが、内部はオリジナルのフレスコ画が比較的綺麗に残っていました。ただ薄暗くなかなか写真では表現しきれないのが悲しい所。

オリジナルの絵が残る

こんなのとか

修道院の中にある教会は小さくゆっくり見ても時間はかかりません。じっくり見た後にプリシュティナに戻ろうとバスストップを探したのですがどこから乗ったらいいのか解らず。何人かに聞いてようやく発見しました。修道院を背に右側に暫く歩くと左カーブになっていてそのカーブの始まり辺りに人が集まっています。判らなければアフトーブス、プリシュティナ?と尋ねれば教えてくれるはず。

行きはバスターミナルからでしたが帰りは適当な場所で降ろされたので位置がさっぱり判りません。通行人に尋ね中心地のマザーテレサ通りまで連れて行って貰いました。どうもありがとうございます。中心地に戻った所でそのままコソボ博物館へ。ところが様子がおかしい。入口が開いているのにスタッフが誰もいないのです。確かここって入場料取られる所だと思っていたけど・・・。開いていると言う事は入っていいことだよね?と勝手に納得して勝手に見て周りました。実は夜にアメリカ人の旅行者とも話したのですが彼の時も誰一人いなかったとか。展示品を持ち出されても気が付かないのでは?と思うくらいの状態でした。ちなみに質としてはそこまでの物ではなかったと思います。

目的の場所を見終わったので銀行へ行きルーマニアレウの両替が出来る場所を探したのですが全滅。マケドニアでもセルビアでもコソボでもダメというのならどこで替えればいいのか・・・溜息です。ブルガリアには行く予定はないしアルバニア、イタリア、フランスの空港でダメであればトルコで試すしかないか。この旅の1つの重要な課題になりそうです。

<Transport>
・Pristina→Gjilan・・・Bus/0.5Euro/20m
・Gjilan→Pristina・・・Bus/0.5Euro/20m

<Sights>
・Gracanica Monastery/Free

<GuestHouse>
Pristine/Kosovo
・Hostel Pristine・・・8Euro/day/5 beds Dorm
 Add:16 Musine Kokalari,Pristina
 Phone:00386 49187791
 wi-fi,Hot shower,kitchen

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

意外と大変、Kosovo/コソボへの道

2012/12/5

 初めての国に入国する日は若干緊張とわくわく感が入り混じった感覚に支配されます。しかも今日で90カ国目。入国数と言うのは自分にとっては重要ではないのですが、パスポートスタンプが記念になるのでそれが嬉しいのです。

プリシュティナへの直通バスは12:00以降しかないというのでとにかくNoviPazar/ノヴィパザールへ向かう事にしました。ちなみに9:00発ですがスコピエからの道と違いクネクネしていて移動にも時間がかかります。到着したのが15:00位なので約6時間。そこでプリシュティナ行きのバスを聞いたら何と早朝にしかないとの事。雪が降っていて超寒い中この言葉を聞いて頭が真っ白に。ってかここで1泊したいと思えない。

タクシードライバーにプリシュティナまで幾らか尋ねると60ユーロ。た・・・高い。その手前のMirovicaまでだと50Eユーロと言います。その男性が英語を話せなかったので他の人を中間に入れて通訳してもらいディスカウント交渉をした所その町までで40ユーロ。私は4ユーロ分くらいのディナールを持っていたのでそれと35ユーロで話を付けました。オンラインではバスは1時間おき位にあったのに。状況が最近よくないと言っていたので(前からですが)それが関係しているのかもしれません。

セルビア側としては国境ではないのでパスポートチェックも何もありません。そしてコソボサイドに行ったのですが異様な雰囲気。寒い中たくさんの人々が道路上に立っているのです。中にはカメラマンまで。後で同乗してきた男性が通訳してくれたのですが人垣でバリケードを作っているそうです。コソボ側は国境を作りたいと思っているのですがセルビア側はもちろん拒否。それは2年前から続けられているやりとりだそうですが5日前から余計に状況が悪くなったとか。そういえば至る所にKFOR(KosovoForceの装甲車が)ガンを持ったアーミーの姿もチラホラ見られます。そしてコソボ側で入国審査の為パスポートを預けたのですがスタンプがありません。

国境
国境

装甲車
装甲車

今後アルバニア側に抜けるので入国スタンプが無いと厄介な事になると説明したのですがスタッフがおここではスタンプはあげられないんだと一言。でも何か証明が欲しいと言うとレターを作成してくれました。それを見るとコソボでは無くUNのスタンプが押されています。そっか、この国境はUNによる国境だったんだ。もしアルバニアやマケドニアから入国すればコソボの入国スタンプが貰えるのですが、ここ微妙な国境。てっきりUNは撤退しているものだと思い込んでいたのですがまだまだ解決の日は遠いようです。

UNからのレター

物々しい国境を後にしミトロヴィッツァに向かったのですが計1時間半程かかりました。それを考えると40ユーロ相当だと妥当なのかな?と思ったり。バスターミナル近くで降ろしてもらったのですが、この町にもバリケードがあるそうでセルビア側からでは車で通過出来ないそう。なのでここから歩いてプリシュティナ行きのバスを探さなくてはいけません。ちなみにこのミトロヴィッツァ、セルビアに近いだけあってたびたび問題が起こっているそう。彼らにとっては最前線なので敏感に成らざるを得ないのでしょう。暫く歩くとバスターミナルでは無くバス停がラウンドアバウトの近くにありそこからバスがしょっちゅう出ているそうです。ものの1~2分で早速バスがやってきました。すでに外はド真っ暗だったのでバスがあるかちょっと心配していたのですが取り越し苦労だったようです。

バスに乗車したのが17:30、そしてプリシュティナに到着したのが19:0040km程の距離ですが何度も停車するのでとにかく時間がかかりました。そしてもうあまりにもクタクタで宿まで20分ほどかけて歩く気になれずタクシーで向かう事に。実はスコピエの宿にいた女性がコソボで同じ宿に泊まっていたらしくタクシーだと2~3ユーロだったと言っていたのを覚えていたのです。雪の降る中彷徨いたくないしとにかく身体を休めたいと言う気持ちで一杯。

タクシードライバーに住所と地図を見せ3ユーロで交渉成立。これで今日の長い一日は終わった・・・かのように思えたのですがここからが長かった。実はタクシードライバーのおじさん全く場所を把握してなかったのです。あっちをウロウロこっちをウロウロ。いろんな人々の助けを借りようやく宿に到着したのが19:30、しかもこれだけ彷徨ったんだから5ユーロだと言ってきたのです。いやいや、これは私の過失では無くあなたの過失ですよね?ましてや知らないものを知っていると言ったの誰ですの?たかだか2ユーロですが、納得いかないものには払いたくないのでとにかく断り宿のスタッフに事情を説明。タクシードライバーも食って掛かった挙句スタッフが何と1ユーロだけあげたのです。いやいや、私が払うのならともかく何故第3者のスタッフが払うの??それだったら私が払うよと言ったのですが必要ないと言われたので申し訳ないけどひくことにしました。何か俄然としないというかもやもやする。タクシードライバーが場所を知らなかったツケを客が払うっておかしな話だけどなぁ。これがコソボ流??

ともかくようやく宿に到着したのですが、何とイブラハムがバスターミナルで17:00から待っていてくれたそうでぐったりした顔で戻って来たのです。てっきり宿で待ってくれているものだと思っていたのですが私の思い違い、とても申し訳ない事をしてしまいました。とにかく謝罪しましたがとにかく疲れているので眠るよとすぐにベッドに向かっていきました。大反省です。私も昨日から長時間移動の疲れが溜まっていてまだ早い時間なのに眠気が・・・。明日の観光の為に早く眠る事にします。
※実は5日前にコソボ人を殺害したセルビア人の裁判があり有罪が濃いと思われた所無罪だったそう。そのせいもあり余計に国境はピリピリしているそうです。

<Transport>
・Belgrade/Serbia→Novi Pazar/ノヴィパザール・・・バス/1520D
 9:00発15:00着
・Novi Pazar→Mitrovica・・・Taxi/40Euro相当
 There was no bus in afternoon!!
・Mitrovica→Pristina・・・Bus/1.5Euro
 1.5 hours
・Pristina→GuestHouse・・・Taxi/3Euro

<GuestHouse>
Pristine/Kosovo
・Hostel Pristine・・・8Euro/day/5 beds Dorm
 Add:16 Musine Kokalari,Pristina
 Phone:00386 49187791
 wi-fi,Hot shower,kitchen

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

マルコと再会

2012/12/4

 昨晩ホットシャワーが使い切られていたので今日は早めに起きて目覚めのシャワーから。たまに温いシャワーとかありますが個人的にはアッチアチ希望です。

イブラハムも起きて来たので一緒にバスターミナルに行く事にしました。彼は10::00発のPristine/プリシュティナ行きのチケットを購入。私はすでにチケットを持っているのでお別れをしてバスに乗り込みました。ところがやはり荷物代を別途支払わなければならず30Dとの事。ポケットをどんだけ探ってももちろん2Dしか出てきません。結局1ユーロ支払いましたが細かいコインが無かったらおつりが返って来たのか謎。もう1ユーロ残っているからきっと大丈夫かな?

9:25発のバスは11:10にマセドニア側の国境に到着しパスポートを回収されました。降りなくてもいいんだとちょっと喜んでいたら荷物チェックだと言われ結局降りる羽目に。今日は昨日と打って変わってすこぶる天気がいいのが救いです。自分の荷物を指さしパスポートを見せたらもう行っていいとの事。超簡単だし。日本のパスポートの偉大さに感謝です。

11:40に国境を出てすぐにセルビア側に到着しました。こちらでもパスポートを回収されその後荷物検査。こちらはマセドニアサイドとは異なり中身を簡単にではありますがチェックされました。私のバックパックはサイドにアクセスするチャック等無いのでこういう時ちょっと不便なんですよね。国境を出たのが12:10位。後はベオグラードへ向けて移動するバスの中でのんびりしていればいいだけ。雪も所々屋根に積もっている位で道路上には微塵にもありません。

途中ニシュで止まった時にトイレに寄ったのですがトイレ代が何と30Dもするのです。いやいや、たったの30円なので安いんですけど前回のディナールの残りで今回やり過ごそうと思っていたので両替せざるを得なくなりました。バスターミナルと新市街の往復だけなのでそれこそ80円位でいいんですけど・・・。プリシュティナへのバスはクレジットカードで支払おうと思っているのですがどうしよう。ルーマニアレウでチケット分まで両替しようかなぁ。オフリド湖でルーマニアレウから両替したいと両替商で申し出ると「ありえない!!」と冷たく言い放たれたのが記憶に新しいので期待はしませんが。

15:00位には太陽が大分下がり若干暗くなり始めています。日が暮れるのが早いと観光時間も必然的に短くなるので切ないシーズン。早く西アフリカのロンプラを手に入れなければ。

ベオグラードへ到着したのは16:30過ぎ。すでに辺りは真っ暗です。まずはプリシュティナ行きのバスの時間と金額を尋ねたのですが何とダイレクトバスは12:00以降しかないそうです。それは到着が遅くなると言う事なので避けたい所。基本新しい町には夕方以降到着しないように心掛けています。幾ら安全な国であろうと何が起こるかわかりません。なのでコソボとの国境の町、Novi Pasar/ノヴィパサールで乗り換えというのが望ましい。ノヴィパサールへはバスがたくさんあるそうなので12:00まで待つよりはいいかな?

その後トラムに乗る為にチケット売り場を聞く為に商店を周ったのですが10軒周って成果なし。結論、駅周辺ではどこにも売ってない。これ、前回も前々回もなんですよね。チケット無しで乗ればいいと前回言われたのですがキセルって心臓に悪いので好きではないのです。なので運転手からチケットを購入する事にしたのですが何と150Dもする!!約150円ですよ!!1回の乗車で!!かなりびっくりする物価のあがり具合。もちろん払いますけど最近アゼルバイジャン以外は物価の比較的安い国を周って来たのでダメージが大きい!!

ダメージを受けた状態でマルコ宅(ウラジーミルは不在なので)へ突入。久々だったので降車ポイントを間違えてしまった!!出入り口のチャイムを押しても開かないので同じアパートの人が開けるのを待ってアパートメントに侵入。更にもう1カ所ドアの前にドアがあるのですがこちらのチャイムを押しても出てきません。もしかして不在なのかな?と思いながらドアをどんどんやっていたらようやく奥のドアが開き、手前のドアも開きました。そこに立っていたのは久々のマルコ!!

中にはニコラでは無い別の男性が食卓に着いていました。マルコの友人でDarko.V/ダルコというサッカープレイヤー。社会人サッカーだと思っていたらちゃんとチームに所属していたんですね。後からYoutubeで彼の勇士を見せてもらいました。ちなみにポジションはディフェンダー、過去にはアゼルバイジャン、スロヴェニアでプレイしたそうです。おそらくセルビアではちょっとした著名人なのかもしれませんが、私があまりにもサッカーに疎くそれについての質問は殆ど出来ず。申し訳ない。他の話ばっかりしていました。プリシュティナ行きのバスの時間を調べてくれたりと親切な男性です。

ちゃっかりマルコの作ってくれた夕食をたくさん頂き幸せいっぱい。食事をしながら最近の出来事について尋ねたのですが彼らがこのフラットにいるのは年末までだそう!!ついに解散の時がやってきたようです。マルコは彼女と同棲、そしてウラジーミルは家族のもとへ戻り彼女も一緒に暮らすそう。一体どの彼女よとつい突っ込んでしまいましたけど(笑)ともかく私にとっても今回が最後の訪問になると思いますがなんだか残念です。誰かが結婚するまでこのシェアルーム無は続くと思い込んでいただけに本当に残念。今晩はウラジーミルの部屋を使わせてもらう事になりましたが荷物が殆ど持ち出されてガランとしていました。

そして肝心の荷物ですがこんなにあったかなぁと思うくらいの量!!これは間違いなくイタリアかフランスで再度送る事になりそう。個人的にはアルバニアで送ってもいいくらい。といっても全て必需品なので困ったなぁ。フランスを離れる前にジャケットとウラジーミル宅に置いていた靴+αを送るくらいかなぁ。アフリカには出来るだけ軽装備で挑みたいので(盗難も考慮して)荷物を見直さなくては行けなさそう。今後は出来るだけ駅やバスターミナルにより近い場所で宿を取る事を心がけます。肩も腰も傷めたくないしね。明日はマルコがバスターミナルまで送ってくれると言っていたのですが丁度8時から9時まで都合が悪いそうで自力でバスターミナルまで行く事になりました。もともとそのつもりだったので問題ありませんがその気持ちがありがたいですね。グルジアで購入したワインを皆で飲み久々の再会を楽しめた夜になりました。

<Transport>
・Skopje/Macedonia→Belgrade/Serbia・・・Bus/1300MKD
・Serbia Tram・・・

<Sleeping>
・Vladimir&Marko's flat

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。