とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決断

2012/7/18

 突然ですが来週の土曜(7/28)に日本に戻ります。1か月程充電してからまだ周ってない国々に行こうと思いますがとにかく今は休みたい。今はベルゲンでのんびり過ごしています。
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ぷらぷら観光

2012/7/15

 さて、今日は何をしよう。この町の美術館にはミロとかピカソの絵が多く展示されているそうなので行こうかなぁ?学割もある事だし。

今日はササが山に登るというのでそれを待ってからフィッシュマーケットで昼食を摂る約束をしたのですが、何と11:00~15:00までの4時間は宿に留まっていてはいけないそう!!何か掃除の為とか・・・マジで?彼女が出かけている間明日の宿の場所の情報だとか友人との待ち合わせについてのやりとりとかしようと思っていたのに!!追い出されるとは思いもよらなかった。

結局彼女はすぐには山には登らないそうなので適当に町をプラプラ歩いてからマーケットで昼食を摂る事にしました。機能と同様にブルッゲン地区に行ってから適当に近くの公園を歩きそれからマーケットに。

古い町並み

ここで働いているスタッフは国籍バラバラ。というのも観光客用のマーケットなので観光客の言語に合わせなければならないというかサービスというか。でもその分呼び込みがしつこい。

アンコウ
アンコウ

おいしそう
おいしそう

結局蟹か海老かで迷いましたが今日は海老を注文しましたがさすが観光客用!!高いです。そう何度も食べることはできません。これで2000円ちょいくらい。

昼食
昼食

食後は美術館に行ったのですが思っていた料金より値上がっていて100NOKもするようです。私は学割があるので50NOKで大丈夫ですがササは持っていません。まぁ私は明日から3日あるのでその間に行ってこようかな。この町自体は小さく1日で観光十分だもんね。

夕食用の食材を購入しようと思っていたのですが何とスーパーが閉まってた!!まさかとは思っていましたが。ヨーロッパでは日曜は休みの事は多いのですが悲しい。今晩何食べようかなぁ。ちなみにマックのミールセットも1300円くらいするので溜息です。スイス並み。貧乏旅行者にはきびしい環境です。

<宿>
Bergen/ベルゲン
・Intermission・・・54人ドミ!!!/190NOK
 Adress:Kalfarveien 8 Bergen,5018
 Phone:+4796796744
 E-mail:post@intermissionhostel.no
 wi-fiあり、キッチンあり

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ベルゲン散歩

2012/7/14

 2日前まで眠れてなかったのですが昨日から爆睡モード。今朝もなんだかんだと行動開始したのが10:00から。途中で目が覚めるのですがメールをチェックしようとラップトップの電源を入れた所でまた眠っているようです。完璧にネット中毒。日本に居る時は携帯が大好きでしたが今は目覚まし代わりのNOKIAの最低限の機能のついたものしか持っていないのでやはり頼れるものはラップトップ。しかも今はまだそこまで気分が上がってないので余計に必要なのかも。

スタッフの居ないホステルを出て速攻で元々予約していた宿へ。ただ到着したのが11:00過ぎ、んでチェックインが15:00だったのでそれまで何をしようかな?チェコ人の女の子お勧めのハイキングにでも行ってこようかな。幸いにも雨は降ってないし。

目的の山はFloyen/フロイエン山という320mくらいの標高の低い山で、ハイキングルートがあり道なりに進んでいけば所々景色の見える場所がありそこからは町が見渡せます。ですが曇り空のおかげでそこまでの感激は無し。まぁ町の景色って今となればどこでも一緒に見えます。

フロイセン山から

妖精?と
妖精?と

歩いているとその内小雨が降り、頂上まで到達した時には更に雨脚が強くなってきました。丁度休みたかったのもありレストランで久々にレアチーズケーキとコーヒーを注文。一体いつぶりのケーキ?アイルランドぶり?アフリカでなっかなか甘いものが食べれずそれに慣れてしまったのが原因なのかそこまで甘いものを欲さなくなり久々に食べると甘すぎると感じるようになってしまいました。でも今日は歩き疲れたので身体に糖分が必要だと判断(ただ食べたかっただけ)、早速頂きましたが甘すぎず酸味が多少あり食べやすかった。でも当分はいいや。あれほど甘いのが好きだったのに変な感じです。

雨が止んだのを見計らって下山しましたがそれでも途中からまたポツポツ。チェックインまでもうしばらく時間があったので夕食の為にサーモンとサラダを購入してから宿に戻りました。身体が濡れてしまっているのでシャワーに入り必要最低限の洗濯物だけ済ませてしまいます。片づけていたら横のベッドの女性と目があい声をかけると何と日本語で返事が返ってきました。といっても彼女は日本人では無く中国人。かなり流暢に日本語を話します。彼女の旦那さんはオーストリア人で彼女も少し前までオーストリアで現地の子供に看護を教えていたとの事。一体何カ国語話せるの??

夕食を作っていたら今晩の夕食どうしようとキッチンに暫くいたのでこれでよければ・・・と一緒に夕食を食べることになりました。食後にフィッシュマーケットまで出かける事に。さすがに夜なので寒いですがジャケットを着ればまぁ大丈夫。

夕食
夕食

一通りマーケットを見てからまだ足が元気だったので世界遺産に登録されているらしい古い町並みまで行って見る事にしました。といってもマーケットのすぐそこだったのですが。木曜までここにいるのに今日見てしまったら行く所が無くなってしまう~。

このブリッゲン地区は木造建築の為何度も過去に焼け落ちたそう。家と家が近いのでその分リスクが高いんだろうなぁ。

木の魚
木の魚

一通り見た後に宿に戻りましたが、ふう、初の54人ドミ。眠れるかなぁ?というか私の咳がうるさかったら申し訳ないなぁ。

<宿>
Bergen/ベルゲン
・Intermission・・・54人ドミ!!!/190NOK
 Adress:Kalfarveien 8 Bergen,5018
 Phone:+4796796744
 E-mail:post@intermissionhostel.no
 wi-fiあり、キッチンあり

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

初心に

2012/7/13

 今日は久々に7時間程眠れました。同室だったチェコ人の女性と夜中まで話をしていたので寝るのが遅くなりましたがお酒が入っていたのもあり熟睡。尚且つ2度寝まで出来たので幸せ。

朝食をたんまり食べてからギリギリにチェックアウトしました。でも私のフライトは15:00なのでまだ時間があります。13:30までコモンルームでSkypeをしていましたが、いろいろありまして急遽フライトのキャンセル(ベルゲン→アムステルダム、アムステルダム→トルコの分)が決まり、それに伴い宿のキャンセル等でばったばた。シーズン中は空きが少ないので早めに予約しておいたのが仇となりました。しかも殆ど返金ないし、悲しい。時間が無いので新たな宿の予約は今晩ベルゲンでしなきゃ。ふう。自分でもこの短い時間の中で一体何が起こったのやら訳が解りません。でもこれを機に日本に戻る選択肢も出来ました。

駅前から空港までは徒歩30分かかりましたが上り坂だったのできつい!!バックパックがなければそこまでだったけどまだ水が1L程あったのでひょえ~。どうせ飲みきれないんだから半分ほど捨てとけばよかったと空港に着いてから気が付きました。でもそんなくだらない後悔よりもかなり大きなダメージが・・・。

何と私の予約したフライトって昨日だったらしい。アホだな~。もちろん返金も何もないのでそこでそのまま新たにチケットを購入する羽目になってしまいました。旅の最初の方って何度も確認とかしてたけど慣れてくると変に自信がつくというか何というかまぁいろいろと疎かになっていたようです。数日前にちゃんと確認しておけばボーデの宿をキャンセルして昨日の内にベルゲンに行けたのに。間抜けすぎる!!安い席はもう無いと最初に言われましたがどうにか894NOKで搭乗する事が出来ました。

空港に向かうまでは大丈夫だったのですが搭乗の際には雨と風で寒っ!!昨日テレ(女医さん)に天気予報を教えてもらったのですが数日内ではベルゲンでの晴れは土曜のみだって~。ガーン。フィヨルドを楽しみにしてましたが、急遽ベルゲンでの滞在が木曜までになったのでその内晴れるでしょう。晴れの明日は何をしようかなぁ。チェコの子が近くの山でのトレッキングが最高だったというので行ってみるのもよさそう。

2時間もかからずしてベルゲンに到着しました。飛行機ってやっぱ早いな。雨が降っていた形跡はありませんが風が冷たい。風邪が悪化しそうです。シャトルバスで駅まで行きそこから上り坂を食いしばってどうにか宿に到着したのですが、あれっ?おかしいなぁとスタッフが。何とBooking.comで予約していて予約番号まであるにも関わらず私の情報が行ってなかったようです。ロフォーテンでもオーバーブッキングだったしノルウェー大丈夫??3日ともではなく今日だけのようですが。

結局いくらかのやり取りの後に他のホステルを紹介すると言われましたが何とバスで10分とか。その分1泊分は無料にしてくれると言われましたが中心地まで行くのにバスで行かねばならないのは苦痛。だってノルウェーはバスも高いじゃん!!結局自分で駅に近い所を探し提示してみるとレシートを持って来てくれたら180NOK返金すると言ってくれました。もっと高い宿だけどごねた分仕方ありません。

明日戻るからね~!と言い残し今晩の宿に移動したのはいいのですが、何ともまぁ変わった宿を予約してしまったようです。まず扉があかないしインターホンも無し。コードなんて知らないし。偶然戻ってきたスペイン人のカップルに教えてもらいようやく中に入ることができましたが何とここのホステル、基本スタッフが居ないそうです。予約して後にコードだのベッド番号だのがメールで届くみたい。いやいやそんなインフォメーション無かったし20分前に予約したばっかだよ。もちろんメールを見ましたがまだ届いていません。

スタッフが居ないという事はレシートも無し??その後来た韓国人の男性も同様に驚いてましたが扉に何かあれば近くのバーまでと書いてあったので聞いてきてもらうことにしました。もちろん彼自身も聞きたい事がたくさんあった様子。

結局レシートは手に入れることが出来ませんでしたがメールで送ると約束してもらったそうです。どうもありがとう!!すでにもう20:00近いので今日はスーパーに行き夕食の材料を買って終わりそう。ここにきて咳がひどくなった気がします。長居する事になったしなかなか治らないので受診でもしようかなぁ。

<移動>
・Bode/ボーデ→Bergen/ベルゲン・・・飛行機/894NOK
 14:55発16:45着
・ベルゲン空港→駅・・・シャトルバス/100NOK

<宿>
Bergen/ベルゲン
・Dorm.no Bergen・・・12Bedドミ/275NOK
 Adress:Marken 26 5017 Bergen
 Phone:+47 55544160/Fax:+47 55544169
 E-mail:support@dorm.no
 wi-fiあり、キッチンあり。もし予約するなら早めに。スタッフが基本不在なので
 入口のコードやらBed番号やらが後に送られてきます。12Bedルームのみで
 シャワーは1カ所のみ

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

Bode/ボーデ

2012/7/12

 昨日も結局明るくて眠れず3時間程のみの睡眠でした。考え事をしていたというのもありますが遮光カーテンが必要だな。今日は少しだけ南下しますがまだぎりぎり北極圏内。今晩も眠れなさそう。アイマスクがあるのですが暑くてずっとしていれないのです。

ボーデに行くにはもしかしたらバスもあるのかもしれませんが高速船で3時間半で到着できるそうなので6:30に間に合うようにフェリーポートへ。人が数人しかおらず、ここでいいのかな?と思ったくらい。来る人来る人確認しているのが印象的。さすがに出発時間に近づいたらスタッフもやってきて乗客もそれなりに集まってきました。そして出発。

私は乗り物酔いがあるので心配でしたが3時間半無事何事も無く。というか眠たすぎて4つ席が繋がっている所でごろんと横になり2時間は眠っていたのでとっても楽になりました。起きたら乗客で一杯。座席を占領しちゃっててごめんね。

今晩の宿はポートから10分ほど歩いた場所にありなかなか便利。明日は飛行場まで行かねばなりませんが徒歩30分もかからず行けるそう。まぁそれだったらバスじゃなくて歩きでいっか。正直今日は何もする気が起きません。まだ午前中ですけど。明日からBergen/ベルゲンだしその為に体力を温存しておくことにします。

・・・と、思ったのですがこの町でひょんな事で知り合ったノルウェー人の女性とカフェに行く事になりました。ポート近くにあるカフェでカプチーノをごちそうになり、更には彼女の同僚達と一緒にバーでビールまで!!ちなみに同僚達は10人以上居たのですが全て医者、しかも若いし女性が多い!!もちろん彼女も医者。最近精神的に参っていたので聞き上手の彼女にたくさん聞いてもらって気持ちが少し楽になりました。明日からのベルゲンが楽しめそうです。

<移動>
・スヴォルヴァー→Bode/ボーデ・・・高速船/学割で172NOK

<宿>
Bode/ボーデ
・Vandrerhjem・・・3bed女性ドミ/325NOK
 Adress:Sjogata 57,8006 Bode
 Tel:+47 75 50 80 48
 E-mail:bodo@hihostels.no
 URL:www.hihostels.no/bodo

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。