とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19時間の列車の旅

2012/7/8

 ついにストックホルムを出てNorway/ノルウェーのNarvik/ナルヴィクへ。ここの列車はとても長く何と19時間もかかります。もちろん寝台列車なのですが価格はもちろん15000円程します。これでも6人部屋のクシェット(簡易寝台)なので一番安いんですよ。カウンターのお姉さんのはからいで女性部屋ししてもらいました。個人的にはMixでもいいのですがやはり着替えなどで一回一回外に出てもらうのも申し訳ないしいびき率がぐっと下がります。といっても今の私はもしかしたら夜の咳き込みでいびき以上に迷惑をかけるかもしれません。今から謝っておきます。できることならそのコンパートメントな内は実は私だけだった!!というのが助かりますが他の旅行者ともコミュニケーションを取りたいし1、2人はいてほしい。でも多分オンシーズンなので一杯でしょう。

今日は観光する気は全くなかったので列車の時間1時間前くらいまで宿でwi-fiを使うことにしました。でも11:00にチェックアウトしてキーデポジットの100SEKを返してもらったのでそのお金を握りしめスーパーに。昼ごはんは昨日作っておいたハヤシライスがまだ残っているのですが問題は列車内。19時間も乗っているのでバケットに葉物、トマトにポテトサラダ、サラミを買って出発までにサンドウィッチを作ることにしました。でもまだお金が余っているので後は駅で使い切るしかないかな。

宿に戻りwi-fiを使っていたらマイケルに遭遇。今日は6:00に帰って来たらしい。若者のパワーすごいな!!とちょっと関心。彼らは明日飛行機でアイルランドに戻るそうです。彼の英語は早かったけどまだ聞き取りやすくてよかった。彼の友人のは私には難しかったけど。会話する時に私の英語は最低だからと先手を打っておく作戦を最近は使っていますがそうすると結構ゆっくり話してくれたりするので助かります。でも少しすると元のスピードに戻るのでひぇ~ですけど。

まだホームシックが取れておらず昨日マイクとイヤホンを買い替えたのもあり早速実家に電話をしました。最初に使っていたものが断線して聞こえなくなりセルビアで携帯を購入した時についていたイヤホンを代わりに使っていたのですがとっても質が悪くとても聞こえが悪かったのです。さすがに多少高かったからかとても聞こえがいい!!それにしてもSkypeは便利です。実家でもSkypeに登録しておけば無料ですがそうではありません。ですがそれでも超安い!!便利になったもんですね。これが無ければとっくに帰国していたかも。私を知っている人なら解ると思うのですが心はとっても弱いのです。人の言うことも気にしていた時期もあります。今はどうでしょう、多少は図太くなりましたがそれでも元の部分は変わりません。ホンのちょっとの通話ですが私には救いなのです。

さて、3食分のサンドウィッチも作成したしwi-fiでこれからの情報収集や過去のマイル申請とかクレジットカードの利用履歴のチェックだとか面倒くさい事を今の間にやっておきました。これが本当に時間がかかる。早くユーロの国に行きたい!!

16:30になり重い腰をあげ重いバックパックを持ち駅へドスドス向かいます。やっと自炊が出来て荷物が減ったのもつかの間。結局喉用のシロップ(瓶だし重たい)だとか新たに米1kgを買ってまだ2回分しか使ってないので余計重たくなりました。しかも2リッターの水も持ち歩いてるし。そういえば報告を忘れていましたが首と肩の痛みは完璧に無くなりました。1か月も治癒に時間がかかりましたが首のずれは戻ったのでしょうか?同じ時期に同じ症状をもっていたヒラメ君(ロシアで知り合った)も治まったのかな?聞いてみなければ。

駅で残りの63SEKを出来るだけ使い切り残りは2SEKのみ。これは毎度の如くお土産にします。いずれ金属が超必要になるかもしれないし(笑)お札を残すよりは有用に違いない!!ただ余っただけだけどね。ついでに駅でもwi-fiが使えた!!駅専用の奴は繋がらなかったけど近くのEspressoHouseというのが無事繋がり結局またもや時間までパチパチとブログの下書きを。観光をしてない分とっても書きづらい。でも今はどうも観光気分では無いのです。

列車は多少遅れプラットホームも変更で大移動になりましたがNarvikに向けて無事出発しました。早速ビールを開け同室者のスウェーデン人女性とお話タイム。何とスウェーデンのテレビは基本英語で字幕がスウェーデン語だそう。超簡単に英語を話せるようになるじゃん!!日本とスウェーデンの違いについて話したり旅でここがよかったという話をしたり。とてもフレンドリーな女性でしかも英語のアクセントも聞き取りやすく有意義な時間を過ごせました。彼女はスウェーデン側で下車しハイキングをしながら8日間かけてノルウェー側まで行くそう!!すごいタフ!!バックパックには3日分の食糧が入っていて足りない分は道中にあるハットで購入できるらしい。ハット2つおきにドライフードが売っていてちゃんとガスまであるそう。それで私が今までで登った山の中でニュージーランドのトンガリロ山が一番素晴らしかったという話をしたら彼女も登った事があるそうでやはり最高だったと2人でその時の感動を分かち合いました。湖もありカラフルな岩に硫黄の煙、ジャングルもあるし多様性のあるトンガリロ。キリマンジャロにも途中まで登りましたが正直景色はトンガリロにはかなわない。もちろん最後のハットまでだったので頂上まで行けばまた違ったのかもしれませんが、エメラルドグリーンの湖のそばで寝そべってちょっと昼寝するのはもう最高!!私が今ホームシック中だと話すと移動をやめて1カ所にしばらく何もせず滞在するのもいいとアドバイスを受けました。観光疲れもあるんじゃないの?と。確かに観光意欲が無いのは確かです。でも月末まではフライトの関係で暫く移動が続くのは致し方ありません。

私の脳内は常に何かを考えていてずっと忙しい。君は常に考えすぎだとトーニーにもタイラーにも言われましたがどうやったら「無」というか「静」の状態になれるのでしょう。そりゃ常に肩に力が入っていれば疲れるのは当たり前ですが。正直雑念がありすぎるしエゴもある。自分の欠点もそれなりに解っているつもりだし直そうという努力もしている。だけどこの心の弱さ、一体どうやったら頑丈になるのか?結局こうやってずっと考えているのが余計にダメなんだけど(笑)

旅をしていると君は勇気があると言われる事が多々あるけど正直勇気が無くとも旅はできる。私は勇気は無いけどただ好奇心があるだけ。最初の1歩さえ踏み出せれば後はなるようになる。だけど心が折れそうになったら?最近は旅の終わりについて考える事が明らかに増えました。この山を通り越せばまた復活するという事ももちろん解っているけど。19時間というこの長い列車の旅は私にとっていい方に働くのかそれとも?少し心の休養が必要なようです。今は悩み事があるのでそれが解決すれば気分も晴れる事でしょう。丁度このタイミングで北欧に行けてよかったのかもしれません。

<移動>
・Stockholm→Narvik/Norway・・・寝台列車/クシェットで1241SEK
 17:50発13:19着も25分遅れで出発14:00すぎ着。トランプがもらえるよ!!

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ちょこっと散歩

2012/7/7

 今日は何をしようかと考えましたが宿のスタッフに歩いて行ける島にお勧めの博物館があると聞き行ってみることにしました。バスでも行けるそうですが現金はもう限られています。博物館ではカードが使えるだろうから現金が無くても問題なし。カードは便利ですが使いすぎてしまう傾向にあるので極力使いたくないのです。それに毎回レシートを保管していてオンラインでチェックするのも結構面倒くさい。日本にいてもカードを使いますが旅行中程ではない。便利だけど・・・。というかヨーロッパが日本に比べどこででもカードが使えてしまうのでついね。後は現金を残したくないので計算しながらわざとカードを使ったりもしているので余計なのですが。だって国際キャッシュカードで下ろすのは極力1回だけにしたいもん。手数料の問題でね。

出発前にマイケルに会いましたが何と6時くらいに帰ってきたそう。まだアルコールが抜けてない感じです。何とバー3軒梯子したらしい。今晩ジャズバーに行くので一緒にどう?と誘われたので夕方に会えばね!と言っておきました。そして観光に出発です。宿から東方向に歩いて約30分で橋に到着。橋を渡ると公園が広がっていてその中にVasamuseetという博物館があるのですが長蛇の列!!皆ツーリストカードを持っているからなのかそれともただ単に人気なのか?結局あっさりと諦めて宿に戻ることにしました。ちなみにここにはスウェーデン版タイタニックがあるらしい。ちなみにここへ行くまでの道中は景色がよく楽しめます。ただの散歩だけでも天気が良かったので気分転換にはいい。

かわいい
かわいい

帰り道にショッピングセンターがあったので寄ったのですが丁度よい靴に出会い、インソールも合わせて購入しました。ナイキの靴も履きやすかったのですが最近穴が空いた事、今になって靴擦れを起こすようになりやっぱり今が変え時。多分この新しい靴でこの旅最後まで行くと思います。

今日は身体の調子があまり良くなく(風邪のせい?)夕食を作り早々に部屋に籠る事にしました。実はこの宿、アルコールの持ち込み禁止なのですが皆それぞれにカモフラージュして飲んでいます。私は普通にキッチンで飲んでましたがばれませんでした。今晩は部屋でおとなしく飲むことにします。

<宿>
Stockholm/ストックホルム
・Interhostel・・・14人ドミの予定が同じ料金で6人ドミへ/22ユーロ/日
 Adress:Kammakargaten 46
 Phone:+46 84 11 23 11/Fax:+46855002538
 E-mail:info@interhostel.se
 wi-fiあり、キッチンあり

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

PartyPlace

2012/7/6

 今日はスウェーデンの首都に移動します。コペンハーゲンと同じような感じなのかな?以前からですがもうヨーロッパの街並みを見てもなんとも思わず。もしかしたら日本の歴史的な街並みを見た方が感動するかも。というくらい麻痺してしまっています。そりゃそうかも、だってヨーロッパで行ってないとこってもう10カ国くらい?中央アジアに行くまでに後5カ国は少なくとも行くので残すは5カ国なのです。マルタ、アイスランド、モナコ、アンドラ、スペイン。アルバニアとかコソボを入れるともうちょい増えるけど。これらを制覇してから中央アジアへ行くべきなのですが精神面でも予算面でもちょっと・・・。中央アジアの後にやる気があれば戻ります。だけどそのまま日本に帰りたいという気持ちが今は強く。もしかしたら中央アジアに行く前に帰ることもありうるかも。

実は数日前にタイラーとアムステルダムで再会できることが決まったのですがそれでもホームシックは収まらず。今回のが一番ひどいかも。今までは1、2日で収まっていたものが未だにダメ。精神面に以上を来すような前兆があればすぐに戻りますが。場所変わればまた気持ちも変わるかもしれません。

以前バルトで知り合った周子さんに日本経由で次の国へ行けばとアドバイスをもらいましたが確かにその通り。世界一周というのは別に日本に戻ってはいけないとかいうものでもないし。そもそも今回のこの旅は世界一周が目的ではなかったはず。なので気にせず自分がしたいようにすればいいだけ。

6時間半程かけてようやくカルマルからストックホルムに到着しました。車内はwi-fiが使えたので長い時間でも退屈せずに過ごすことができます。宿までは20分もかからないので近い。今日は何もせず夕食用の買い物だけして終わる予定でしたが宿のスタッフに聞いてみると旧市街のGamlaStan/ガムラスタンが歩いて行ける距離だと聞いて今日このまま行ってみることにしました。

道中歩行者天国になっている通りを歩いたのですがう~ん、どこも一緒。大した面白味もありません。ショップもどこにでもあるお店ばかりで代わり映えしない。私の脳みそはやはり麻痺してしまったのか?

道中国会を通って旧市街へ行ったのですがやはり何とも思えず。もしかしたら田舎に行った方がまだいいのかもしれません。明後日はNorway/ノルウェーのNarvik/ナルヴィクへ移動するのでまた違った感情が出てくるかも。と信じたい。というかÅ(オー)が北欧での一番の目的なのでそこに行けばまたちょっと違うかなぁ?

議会
議会

ツーリスティック

古い町並み

宿で夕食を作っていたらアイルランド人のマイケルが話しかけてきたのでしばらく話してましたが、彼らはこれからバーに行くそう。私はすでにビールを飲んで酔っ払っていたのと彼らからもらったウイスキーで大分きていたので断りましたが周りにいる子はクラブやバーに行く気満々。皆ドレスアップして靴も履き替え男の子たちはT-シャツを交換し出かける準備をしています。確かにタイラーもバーに行く前はシャワーに入ったりしていたけど、勝負服には着替えてなかったぞ。観光というよりもパーティー目的で来ている子達も多いのかな?アジア人のバックパッカーでバーやクラブに行ってた子にはあまり出会わなかったなそういえば。

皆ちゃんとドレスの1着は持ってきているのね。バックパックの中に入れたらくっしゃくしゃになりそう・・・。ヒールの靴を買うつもりはないけどそろそろ靴を買い替えなきゃ。穴が開いてたんだった。

<移動>
・Kalmar→Stockholm・・・バス/319Dkk
 6時間半程/1日3~4便ある

<宿>
Stockholm/ストックホルム
・Interhostel・・・14人ドミの予定が同じ料金で6人ドミへ/22ユーロ/日
 Adress:Kammakargaten 46
 Phone:+46 84 11 23 11/Fax:+46855002538
 E-mail:info@interhostel.se
 wi-fiあり、キッチンあり

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ステップ

2012/7/5

 多分誰も気が付いてないと思うのですが生涯での入国数を74から75に増やしました。もちろんスウェーデンも入れてです。どこの国が増えたかというと過去にさかのぼるのですが「パレスタイン」、そうです、、、いわゆるパレスチナ自治区。

以前タイラーにパレスタインは国だからカウントするべきだと言われた事を何故か急に思いだし調べると日本はまだ認証していませんが、西欧、北欧、韓国、ミャンマーを除いたユーラシア大陸、4カ国程を除いたアフリカ大陸、2カ国を除いた南米、一部の中米ですでに国家としての認証がなされているのです。日本、アメリカ、カナダ、オーストラリアでは認証されていないのでイメージとしては自治区なのですが、ここまで認証国が多くまた実際にパレスタインに行ってみて明らかにイスラエルとは違う場所であることも理解しているので自分の中で国として判断する事にしました。日本が国として認証するのは一体いつになるのやら。まぁ他の国と歩調を合わせ・・・という形になるでしょうがアメリカが認証しない限りなさそうです。でもアメリカはイスラエルの友人なので遠い未来になるでしょう。

昨日スペインで泥棒に会った彼の話を書きましたが、おじいさんの思い出の地のポストカード、コイン、砂はバックパックの中に。そうです、せっかくザガーンまで行ってたくさんのお土産を購入したのに全て度棒の手の内に。コインは闇市で売られる事になるでしょう。

私もコインを1枚、ポストカードを1枚購入しましたがもう93才になる友人のおじいさんの為に譲る事に決めました。私にとっては正直そこまで重要ではないので手放すのは惜しくありません。なので送付先の住所を尋ね近々カナダに送ります。もうちょっと多めに買っておけばよかったよとちょっと後悔。タイラー自身も記念として欲しかっただろうに。

さて、今日はSweden/スウェーデンへの移動が待っています。それにしてもヨーロッパ内の移動は面白味がありません。せっかくなのでスタンプを頂きたいのに。いずれパスポートを見ながら過去を思い起こすのも楽しいと思うのですがここではそんな事通用しません。何気に出入国審査はドキドキするので好きなのですが。

昨晩は咳のしすぎで同室者に迷惑をかけてしまいました。でも今日チェックアウトだから許してね。今晩の宿はプライベートルームなので咳し放題!!でも明後日のStockholm/ストックホルムの宿では14人ドミなのでもし空き部屋があればある程度高くても移動する予定です。気を遣いながら咳を我慢するのはほとほと厳しい。いつ風邪ひくってわかってりゃ苦労しないのに。本当に迷惑なタイラーの置き土産となったもんです(怒)

コペンハーゲンから今日向かう予定のKalmar/カルマルまでは時間弱。多少うつらうつらしながらだったので気持ち的には早く到着したように感じます。まずはチェックインをしてエーランド島に向かう予定でいたのですが身体があまりにも怠く、暫く休憩してから出かけることにしました。実はこのホテル、フロントの近くにホットウォーターとコーヒー、そしてティーパック、更にはクッキーが用意されていて24時間サーブ自由なのです。うれしい!!私はアフリカで風邪をひいた際に船上でトーニーに貰っていた残りの喉の薬があったのを思い出し早速ホットウォーターで溶かし服用する事にしました。

暫くしてから観光に出かけようと重い腰を上げたのですが、まずは薬局でタブレットを購入する事に。シロップもありちょっと悩んだのですが今日はタブレットだけにし明日Stockholm/ストックホルムで気が向けば購入する事に。シロップだとビンだし液体だし重くてね。

駅横から出ている黄色いバス101がエーランド島のBorgholm/ボリホルムに行くそうなので早速乗車、約50分で到着なのですがその間に世界遺産に指定されているらしいAlvaretが見られるのでカメラ片手に外をじっと見続けます。その前に6km程の橋を渡るのですが丁度天候がよくなく真っ白で対岸が見えません。ここの景色も楽しみにしていただけに残念。さて、問題のアルバレットですが、多分これかな?

多分これ
アルバレット

いわゆるステップ(草木の生えていない草原)がここに存在するらしくミニアフリカの風景がちょっと体験できるわけです。まぁここでは珍しいので登録に至ったらしい。ただ島の南の方が多くみられるそうですね。私の向かったボリホルムは橋を渡ったら北に一直線なのでそこまで。ですが道中かなり古そうな風車が見られたりとそれなりに楽しめました。

無人島
橋から

目的がボリホルムではなかったので正直町に到着しても特にあてもなくフラフラ歩くのみ。どこにでもあるような町なので余計にかしら。適当にバーでビールを飲んだのですがこれが超高い!!1杯で600円を超えてくるってリヒテンシュタインと同じようなもの。もしかしたら島だからここは特別に高いのかもしれません。北欧ではバーにはもう行かない!!

1杯飲んだ後どうしようかと思いましたが天候も悪く小雨が降るような状態だったのでさっさとホテルに戻ってゆっくり身体を休める事に決~めた!!ちなみに明日の首都行きのバスチケットも駅で購入しときました。ゆっくりチェックアウトしたかったんだけど6時間以上移動にかかるので結局一番早い8:30。

早く眠らなきゃいけないのにこういう時に限ってなかなか寝付けません。明日は車内でゆっくり眠ればいいだけか。

<移動>
・コペンハーゲン→Kalmar/カルマル・・・列車/2等/308DKK
 9:12発13:58着
・カルマル⇔Borgholm/ボリホルム(エーランド島)・・・バス/56SEK
 約50分で到着
 
<宿>
Kalmar/カルマル
・Stadshotell・・・シングル/944SEK
 Adress:Stortorget 14
 Phone:+46 480 49 69 00/Fax:+46 480 49 69 10
 E-mail:calmarstadshotell@profilhotels.se
 URL:www.profilhotels.se

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。