とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市内観光

2012/7/4

 昨日は近郊の町へ行ったので今日は首都観光へ。風邪の調子が芳しくなく咳が止まりませんが狭いドミに缶詰になっているよりは新鮮な空気を吸ってた方がマシ。プライベートルームだったら寝ていたかもしれないけど。咳がうるさいのでちょっと申し訳ない。

朝食を食べてからまずはRosenborg/ローセンボー離宮によりそれからリトルマーメイドを見に行きましたが、一体どこにいるのやら。陸に居るマーメイドは見つけたのですが海に居るのが一向に見つからない。何度も訪ねようやく到着しました。さすがに近くまで来るとものすごい人だかりだったのですぐに判りました。過去に爆破されたりもしたそうですね。

ローセンボー離宮
ローセンボー離宮

これじゃありません
これじゃありません

定番
こっちです

それから街を南下してNyhaun/ニューハウンと呼ばれる地区へ。そこへの道中にサンドアートを発見!!面白そうだったので行ってみたのですが何と入場料がかかるんですね。まぁそこまでして見なくとも対岸から見ちゃったからいっか。

砂の像
砂の像

そして目的のニューハウンに到着。ここはカラフルに彩られたカフェが立ち並び、観光客でとても賑わっていました。せっかくなのでここでトラディショナルフードでも・・と思いましたがやはり高い!!結局諦め駅へと続く歩行者天国の道を歩きケバブをゲット。でも実はこのケバブもとても高かったのですが。溜息。

ニューハウン
ニューハウン

とにかくカードが使えそうな所でポストカード、切手、ピンバッチを購入してから宿に戻りましたがくったくた。足に水膨れが出来ているので余計にかな。宿でビール片手にwi-fiを使っていると近くに座っていた韓国人の男性が声をかけてきたので暫く話しましたがどうも男1人ではチボリ公園に行きにくいのでもしよければ一緒にどうですか?との事。その話が出る前に1時間ほど話をしていたので快諾し21:00から出発することに。チボリ公園はいわゆるアミューズメントパークで普通の公園ではありません。ちなみに23:00位までやっているそうなので21:00からでも遅くないようです。この時期暗くなるのが遅いしね。多分22:30くらいからかな?

そしてチボリ公園に。多少酔っぱらっていたせいか足がそう痛く感じず助かりました。公園内は観光客で一杯。でもやはり敷地が狭いためかそこまで・・・かな。私たちはディズニーランド規模を知っているせいかただ単に歩き彼は競馬ゲームを1回したきりで終了。

チボリ公園
チボリ公園

チボリ公園内

競馬ゲーム

韓国へ行く際はよろしく

う~ん、微妙だね、とかいいつつ戻ってきました。子供には十分楽しめる場所ではると思うのですが。せっかくお近づきになれたのに私は明日早朝に出発、彼は彼で韓国へ戻るそう。多分旅の最後は韓国だと思うという話をしたら3日前に教えてくれたら韓国を案内してくれるとの事。わ~、ありがとう!!久々にナミビアで会ったセイフンにも会いたいなぁ。

<宿>
Kobenhavn
・Hostel Jorgensen・・・ドミ/170DDK/day
 Adress:Romersgade 11
 Phone:+4533138186
 E-mail:hoteljoergensen@mail.dk
 wi-fiあり、朝食込み、シャワールームが超狭い。

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

観光に集中

2012/7/3

 正直なところ観光する気分でもなく朝からディープブルーなオーラが自身を包み込んでいます。でもだからといってこのまま何もしなければ何の為にここまで来たのか解らないしふさぎ込んでいたって何の解決にもならない。なので気を紛らわすべく近郊の町へ出かける事にしました。

気になっていた世界遺産の町、Helsingor/ヘルシンオアとRoskilde/ロスキレ。前者はコペンハーゲンの北にあり後者は西にあり方角がばらばらですが24時間券もあるし日が落ちるのも22:00近くだし両方行くことにしました。エストーという近距離列車と中距離列車Reを乗り継いでいったのですが24時間券がフォローしているらしく追加の切符は必要ありませんでした。最初買った後に1回券の方がよかったかもと思ってましたが今になっては正解です。

宿を出る頃に雨がポツポツ降って来たのでレインコートを取りに戻り再出発。1時間以上かけてようやくヘルシンオリに到着しましたがようやく天気が回復してきました。この町はハムレットの舞台となったクロンボー城があるとの事でとにかく城へ向かいます。とてもこじんまりしている町で城までも結構近い。ただ近道が丁度工事中で遠回りをする羽目になってしまいました。

クロンボー城
クロンボー城

入場券は何種類かあるのですが私は一番安い大聖堂と地下牢のセットのチケットを購入。まぁそれなりには楽しめましたが正直地下牢は暗すぎて足元がまったく見えず歩くのが大変でした。しかも結構距離があるし。ライトもとても薄暗く壁づたいに歩かなければ急にちょっとした段差で足をひねったりするので危ない。中を見た後は城外も一周して町の中心部を通って駅に戻りました。

一旦コペンハーゲンまで戻りそれから今度はロスキレへ。ここへもエストーと中距離列車Reを乗り継いで到着。こっちの方は車掌さんが周って来ず24時間券で事足りたのかは正直わかりません。駅を出ると真正面にどでかいツボが3つも!!

どでかいツボ
どでかいツボ

何の為かはわかりませんでした。町の中心まで歩行者天国があり歩いてくと世界遺産であるロスキレ大聖堂が建っています。。。と思ったら立派なインフォメーションセンターでその隣に今度こそ大聖堂が建っていました。

これが世界遺産の大聖堂
世界遺産の大聖堂

入場するには学割でも40Dkkするのですが実はここへ来る前に駅で明後日のストックホルム行きの列車のチケットを現金で購入した為すでに18DKK程しか財布の中には入ってません。現金が無くともここはクレジットカードがどこででも使えるし・・・とか高をくくっていたらなんとここの機械が私のカードを読み取らず。現金を下ろしてきてねと言われましたがこれの為に手数料とられたくないと思い、開いている扉からちょっと覗いて入るのをやめました。まぁ中は至って普通の教会・・・に違いない。たしかデンマーク王と王妃の遺体が安置されているんでしたっけ?

天気もどんどん良くなってきたので町の北へ散歩することにしました。ビール片手に歩いていたのですがどれだけ観光しても今は心に大きな空洞があるので集中はなかなか出来ません。ですがヴァイキング博物館から見る景色がよく気分は少し晴れました。

天気がいいので気持ちがいい
気持ちがいい

コペンハーゲンに戻る途中残りの現金でビールを購入し残金を数えたらたったの3Dkk。よく見るとハートのデザインでとってもかわいい。これは記念にその内荷物が増えたら日本に郵送することにします。

ハートが
ハートが

そういえば余談ですがバルセロナ入りしたタイラー。中心地に到着して2分でバックパックが盗まれたそう。だからあれほどスペインでは特に気を付けてねと口をすっぱく言っておいたのに。まぁ金銭は幸いにも盗られなかったそうですが後1か月も無いのに。私も最近油断しまくっていたので気をつけなきゃ。

<移動>
・公共交通機関24時間券

<観光>
・クロンボー城/大聖堂、地下牢だけだと30Dkk
・ロスキレ大聖堂/学生だと40Dkk

<宿>
Kobenhavn
・Hostel Jorgensen・・・ドミ/170DDK/day
 Adress:Romersgade 11
 Phone:+4533138186
 E-mail:hoteljoergensen@mail.dk
 wi-fiあり、朝食込み

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

別れ、そして新たな国へ

2012/7/2

 ついにこの日がやってきました。本来ならプラハで別々の道を歩む事になっていましたが何だかんだとベルリンまで一緒に行動する事になりあっという間にお別れの日に。気が張っているのか目覚ましより1時間早く目が覚めました。シャワーを浴びパッキングをしているとうるさかったのかタイラーも目が覚めたようです。出発ぎりぎりに声をかけて涙が出ない内に宿を出たかったのに作戦失敗。

出発までのんびり部屋で過ごしましたが何と駅まで送ってくれるそう。これはまずい、悲しいお別れになる事間違いありませんが、優しさを素直に受け取る事にしました。

10:00になり宿を出発、SとUバーンを乗り継いで駅に行きましたがどのチケットを購入していいか解らず多分間違っているけど最安値のチケットをゲット。そしてついに駅にたどり着いてしまいました。もうすでに幾度となく涙が出ているのにプラットホームに到着したらこれでもかって程涙が・・・。ほとほと嫌になるこの涙腺の弱さ。列車が時間通りやってきてタイラーが私のバックパックを車内まで運び荷物置きにあげてくれました。そして一緒に旅してくれた感謝、後はたくさん迷惑をかけたので謝罪の気持ちも伝えハグしてお別れ・・・のハズだったのですが、両サイドからベビーカーがやってきて八方ふさがりに。その内ドアが閉まり列車がゆっくりと動き出してしまったのです。

笑いながら席に着いたのですが隣の婦人に聞いてみると次の駅は数分後でSバーンがあるとのこと。ホッと一息です。ごめんよ、荷物を運んでもらったばっかりに。今度こそ降りなければ行けないのでブレーキがかかった頃にもう一度お別れをして今度こそ確実に出口の方へ向かって行きました。どうもありがとう!!帰国するまでいい旅を!!

手を振るタイラーを見送った後暫く悲しい気持ちで一杯でしたがKobenhavn/コペンハーゲンに向けての情報収集もしなくてはいけません。PDFで街の情報、パス等について調べましたがこの町はそこまで大きくない感じなので市内観光は1日で大丈夫そう。コペンハーゲン近郊の町に世界遺産に指定されている町が2箇所あるようなので3泊の間に行けたら行ってみようかな。当分は寂しさを紛らわす為にも観光に集中しなければ。

コペンハーゲンまでは2度列車を乗り継がなくてはいけません。まずはHamburg/ハンブルクで、そしてもう1箇所はLubeck/リューベック。長い旅路ですが乗り換えのおかげで短く感じられそう。

1回目の乗り継ぎは何事も無かったのですが2度目の乗り継ぎ地リューベックに到着の際駅手前でしばらく待つ事になりかなりあせあせ。発車時間がどんどん近づいてくるのでドキドキでしたが無事間に合いました。というか、次の列車も少し遅れてやって来た為余裕だったのですが心臓に悪い。最後の列車、これは2等が3両しかなくかなり込み合っていて座席に座れず。4時間ちょいあるのに!!と思ってましたが次の駅で婦人が席を離れるのを確認してささっと確保しました。ラッキー。

1時間ほど経った後にアナウンスが聞こえ皆ぞろぞろと列車を降ります。隣の婦人がここで降りなきゃいけないのよというので降りるとそこはすでにフェリーの上。下調べをしていなかったので知りませんでしたがコペンハーゲンに行くにはフェリー移動をしなくてはいけないんですね。全くの無知でした。

デンマーク
デンマーク

フェリーで50分移動をしてから再度列車に戻りましたが、ここからがまた長い。列車トラブルがあるとかで到着が遅れる様子。結局コペンハーゲンに到着したのは19:30になってから。ここから宿へ移動しなければいけないのですがメトロ乗り場がここには無いそうで結局Sと書いてある近郊列車で宿の近くへ行くことに。24時間券を購入したのはいいのですがパンチをし忘れ・・・結局ばれずに降車するの至ったのですが明日はさすがにパンチしないと。

駅に降り立ちすぐにスーパーを見つけたので今晩は自炊しようと野菜を購入したのですが何と宿にはキッチンが無いそう!!わ~、ドミがありからてっきりキッチンがあると思い込んでたよ・・・。丁度明日チェックアウトしてキッチンのあるかもという日本人の女の子に出会いマッシュルームと玉ねぎの一部を渡す事が出来ました。お肉、悩んだ挙句購入しなくてよかった・・・。それにしても久々に日本語が話せて嬉しかったな。

<移動>
・ベルリン市内共通券1回券/1.40(3stopまで)
・Berlin/ベルリン中央駅→Hamburg/ハンブルク
 11:12発12:54着
 ハンブルク→Lubeck/リューベック
 13:06発13:48着
 リューベック→Kobenhavn/コペンハーゲン
 14:06発18:16着
 オンライン割引で89ユーロ
・公共交通機関24時間券・・・130DDK

<宿>
Kobenhavn
・Hostel Jorgensen・・・ドミ/170DDK/day
 Adress:Romersgade 11
 Phone:+4533138186
 E-mail:hoteljoergensen@mail.dk
 wi-fiあり、朝食付

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。