とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

日本に戻って早2年、でもやっぱり定住できなさそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂漠へ

2012/5/9

 今日でペトラともお別れ。たったの2日間でしたが一通りは見て周れたと思います。スモールペトラには行きませんでしたがまぁメインのペトラ遺跡が見れたので大満足です。今後についてですが現在シリアに入っても満足に観光も出来ずた通り過ぎるだけになるのはもったいない。そしてまずビザが取れるかどうか謎。という事で目的地を変更、このまま南下してイスラエルに堂々と入国する事にしました。もちろんキングフセイン橋では無いのでパスポートにスタンプが押される事になります。これでシリア、レバノン、イラン等への道がこのパスポートを持っている限り途絶える事になりました。ですがこの現在の情勢ではまぁ間違った選択では無いと信じて移動することにします。

いきなりアカバに行くのももったいないのでWadiRum/ワディ・ラームに寄って行く事にしました。ペトラとアカバの中間ぐらいにあり砂漠が広がっています。ナミビアで砂漠に行きましたがまぁ赤くない砂も悪くないかも(笑)という事で。

まずはネットで情報を調べSkypeで電話をかけるとワディ・ラームタウンからキャンプサイトまでのピックアップドロップアウト、3~4時間程の砂漠ドライブ、夕食、朝食込みで45Jdとの事。全て込みでこの値段だったら悪くないので予約する事にしました。ワディ・ラームタウンまではタクシーで1時間かかるかからないくらいで到着。そういえばヨルダンに入国してからバスに乗ってないなぁ。1人だとバスだけど複数だとタクシーの方が便利です。

運転手と合流してすぐにツアー開始になりましたが大体4時間くらいかけて寺院、泉の湧き出る岩山2ヵ所、石橋2ヵ所を周りキャンプサイトに向かいました。今日は歩かなくていいと思い込んでいましたが大間違い。岩山を登るのは結構大変で今日も汗汗。とても滑りやすく特に下りが大変でした。山にはホースがあったのでてっきりどこからか水を持ってきているもんだと勘違いしていた私。タイラーにそういうと思い切り笑われました。ホースは湧き出る水を集める為のものだそうです。

水があるようです
水が湧き出ているようです

オリジナル?
オリジナル?

2箇所目の泉の出る岩山の休憩所でロシア人家族がいたので久々にロシア語を使ってみましたが相当忘れていてびっくり。そりゃ使ってなければ忘れるよね。中央アジアに行けばまた復活するかなぁ?

この砂漠地帯には2ヵ所石橋があるのですが1箇所は小さくもう1ヵ所は大きい。風の影響でこのようになるのか謎です。ちなみにここは全体的に砂丘だらけな訳ではありません。砂丘があるのはごく一部だけです。

スモール
small

ビッグ
big

ちょっとした砂丘
ちょっとした砂丘

岩がとにかく多いのですが中には2本足で立つ珍しい岩も。やはりこれも風の影響なのかな?とにかく風が強い。キャンプサイトはテントがたくさん張ってあり中にはベッドが設置されていました。夕日に間に合ってよかったけど丁度雲に隠れてしまい今日も結局見ることが出来ず。でも何か力がみなぎっているような素敵な夕焼けを見ることができました。

風がつよい
風が強い

風のせい?
風のせい?

力がみなぎる
力がみなぎる

<移動>
・WadiMusa/ワディ・ムーサ→WadiRum/ワディ・ラム・・・タクシー40Jd

<観光>
・WadiRum入場料/5Jd

<宿>
・SunsetCamp・・・45Jd/ツイン
 夕食、朝食、4時間ほどの砂漠ドライブ込み
 シャワーは水が出なかった。もちろんアメニティーなし。
 wi-fiなし

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ペトラ2日目

2012/5/8

 今日は早々に出発して昨日周れなかった所をくまなく歩く予定にしていましたが結局出発したのは12:00を過ぎてから。というのも昨日はたくさん歩いた上に夜に11%以上のビールを浴びるように・・・というのは大げさですが飲んでしまい起きれなかったという事、そしてタイ(タイラー)のフライトの変更のあれこれであっという間に昼になってしまっていました。まぁその間にためこんだブログの下書きをメモっていたので私も忙しかったといえば忙しかったのですが。忘れてしまうのでブログはため込むものではありませんね。

さて、今日はペトラ2日目ですが昨日はモナストリーまで行ったので今日はHighPlaceまで登る事にしました。ローマシアターの手前に階段がありそこからずっと登っていきます。暑いし何度も水を飲んで30分程かけてトップまで登りきりました。ここからペトラを見渡せるので最高なポイント。

暫く眺めていたら後ろからロバ乗りの仕事の男性2人がやってきました。暫く談話していましたが彼らはとてもフレンドリー。昨日モナストリーの上でアクロバティックな事をやっていたのは2人の内よくしゃべる男性の兄弟だったようです。写真を見せたら笑っていました。

HighPlaceで
HighPlaceで

眺め最高
眺め最高

30分も話していたのか解りませんがロバに乗ってみる?と言われ最初は断ったのですがまぁたくさん話をして感じがいい人だったので乗ることにしました。

ドンキー
ドンキー

ただ、ここからは下り坂だったので怖い怖い。ひぇ~とか言いながらある程度下った所で降りることにしました。チップ程度渡さなくてはと思い差し出すと要らない要らないと断り続け、結局タイが無理やり服の中に押し込む形に。多分私1人だったらラッキーとか思うだろうに彼はチップの国で育っているのでケチな私とは大違い。お礼を言ってお別れしました。ここから更に階段を下るとライオンのモニュメントが。てっきり顔だけで~んとあると思っていたら全身バージョンでした。

ライオンのモニュメント
ライオン

階段を下りきり今度は円柱通りにある遺跡を見て周る事に。GreatTemple(大寺院)、LionTemple、Churchがありましたがおおよそが過去の地震で崩れ去ってしまっていました。

大寺院
大寺院

大寺院から
大寺院から

とにかく広大すぎて今日も結局10km程歩いたと思います。その後も墓めぐりをしたので足がくたくた。かなりいいエクササイズになります、あなどれないペトラ遺跡。

そして今日こそ夕日をと思いましたがホテルのバーに到着した時には若干遅かったかな?まぁ夕焼けが見れたのでよしとします。

バーから
バーから

そうそう、すっかり書くのを忘れていましたが、帰りにシークを歩いていたら3人の子供達(男1名:女2名)が歓声をあげながら近寄ってきました。ただ単にじゃれあいたいだけだと思いましたが1人の女の子がタイラーの足を蹴りました。その後私にも近寄ってきてバックをひっぱってサイドに入っていた紙切れをとったのです。まぁどこかの入場チケットなのでどうでもいいのですが勝手に盗られるのはやはり常識外なので返すように手を出すと逃げる素振りをみせました。その後暫くして返してくれましたが私やタイのカメラやバッグを執拗に触ろうとしてきます。明らかにたちが悪くしかも暴力的、私は蹴られはしませんでしたが思い切り引っかかれたのでもう我慢の限界、知る限りの英語で注意しましたが返事がありません。タイは私より大人なので感情的にはなりませんでしたが静かにたしなめるように子供たちに注意していました。

その後中国人の女の子2人にも絡んでいてお互い顔を合わせて苦笑い。子供といっても10才は越えています。今はまだ子供のしたことで済まされるかもしれませんが後5年もしたら体つきももっと大きくなり3人がかりで来られたら抵抗できないかもしれません。せっかくペトラを満喫して気分良く帰ろうとしているのに最後の最後にこれは悲しい出来事です。今後も私達のように気分を害して帰る観光客が現れない事を祈ります。


<移動>
・ホテル→ペトラ入り口・・・ヒッチハイク/5Jd
・ペトラ→ホテル・・・タクシー/5Jd

<宿>
Petra/ペトラ
・PetraMarriottoHotel・・・シングル81Jd、ツイン89Jd
 住所:WadiMusa
 Tel:03 215 6407
 Fax:03 215 7096
 E-mail:petra@marriotto.com.jo
 URL:www.marriottohotels.com
 朝食込み、プール、サウナがある
 wi-fi有料(24時間で10.5Jd)

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ついにペトラへ

2012/5/7

 昨日は移動&観光で疲れ果てていたので今日は最終シャトルバスの10:00でペトラ入りすることにしました。朝食のビュッフェでしっかりと昼用のサンドウィッチもこしらえて出発です。

ガイドブックによるとチケットは16Jdくらいで2日券が買えるようでしたが現在では3倍以上もする55Jdに跳ね上がっていました。まぁ、ペトラはヨルダン最大の見所なのでいくら値上げようが観光客が絶えずやってくるでしょう。なんだかキリマンジャロと同じように足元見られててちょっと悲しいですね。しかも学割なし。

入場してからシークに行くまではずっとホース、キャメルライディングの勧誘が続きます。まだ疲れてないから乗らないし。シークに行くと急に静かになります。やはり昨日の沢登りをしたワディ・ムジブに似ていて川が無い分ちょっとだけ色褪せてみえてしまいました。逆だったらよかったのかも。シークの壁には水路跡が残っていました。2000年以上前はどのような感じだったんだろう、想像するだけでワクワク。

シーク
シーク

シークの先にエル・ハズネが見えた時にはさすがに気分は高揚、ようやく来た!!という感じです。岩の間から見える神殿はとても神秘的に見えました。

出た~!!
出た~!!

エルハズネ
エルハズネ

先へ進むと今度はローマ円形劇場があり円柱通りに続きますがとにかく広大!!2日で見て周れるかなぁ?今日はとにかく一番遠くにあるモナストリー(エド・ディル)を目指して行く事にしました。日差しが強く水を飲んでも飲んでも喉が乾きます。そしてモナストリーへの道はほぼ上り坂、余計に体力消耗してしまいました。

とにかく広大
とにかく広大

途中の岩のマーブルはとても神秘的。一体どれだけの月日を経てこのように形成されていったのだろう。モナストリーに到着してソーダを飲みつつ休憩していると1人の男性がモナストリーのトップに登っていました。何をするんだろうと思っているとそこで何と逆立ちしようとしています。見ててハラハラでしたが5分程してパフォーマンスを止めて降りてきました。どうやらここで働いている人らしいのですが超クレイジーです。

マーブルの壁
マーブルの壁

モナストリーへの道
モナストリーへの道

パフォーマンス中
パフォーマンス中

ここから戻る途中1人の女の子がずっとロバ乗りを薦めてきました。ずっと断っていたのですがそれでもずっと着いてきて値下げ交渉をしてきます。1人あたり10Jdから3Jdまで値下がったので乗ろうと思ったのですが私のロバがあまりにも小さく乗ったら余計に疲れそうで私は歩くからタイはドンキーライディングをしてねと申し出ました。でも1人で乗るんだったら僕も歩くと結局2人して歩く事に。せっかく値下がったのに申し訳ない。タイはえらくその少女を気に入り購入したポストカードをあげていました。明日大きめのロバがいれば乗るからね~。

今日は10km程歩いたのでクタクタ。すっかり夕日の事を忘れていて見逃してしまいました。明日こそは!!

<移動>
・Marriotto→ペトラ遺跡・・・シャトルバス/無料
・ペトラ遺跡→Hotel→・・・タクシー/5Jd

<観光>
・ペトラ遺跡/i日券50Jd、2日券55Jd、3日券60Jd
 学割なし

<宿>
Petra/ペトラ
・PetraMarriottoHotel・・・シングル81Jd、ツイン89Jd
 住所:WadiMusa
 Tel:03 215 6407
 Fax:03 215 7096
 E-mail:petra@marriotto.com.jo
 URL:www.marriottohotels.com
 朝食込み、プール、サウナがある
 wi-fi有料(24時間で10.5Jd)

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

観光移動

2012/5/6

 今日は昨日と違ってしっかり時計も合わせてあるので時間通りに起きる事ができました(笑)7:00ロビー集合でチェックアウトをしていざ出発です。

2日目に会ったドライバーと合流しましたが彼はこれから病院に行かなくてはいけないと言い出し結局彼の友人のタクシーで今日は移動する事になりました。しっかり価格の方も伝えてもらい再出発です。

朝食を買った後でまずはJabal Nebo(ネボ山)から。ここはモーゼの亡くなったとされている場所らしく(知らなかった)晴れてる日はここからエルサレムが見えるとか。だけど私達が行った時はガスっていてらしきものは見えませんでした。とにかく観光客が多く写真撮るのにごった返しています。ツアーのルートに組み込まれているようですね。

モーゼがなくなった場所
モーゼのなくなった場所

ヨルダンにはモザイクアートで有名な町があるというのでここから南東にあるマダバまで1時間程かけて移動。特に有名らしい聖ジョージ教会に行きましたが今日は日曜日、待っても待ってもミサが終わらないので近くにある他の教会に行く事に。処女教会と12使徒教会に行きましたがどちらもモザイク画がしっかりと残されていました。一通り見た後にもう一度聖ジョージへ戻りましたが終わりそうに無かったので今回は諦める事に。今日はこの後ネボ山、死海、そしてWadiMudib/ワディ・ムジブが待っているので急がなくては。

モザイク画

モザイク画そのに

タクシーはイスラエルとの国境のヨルダン川へ移動。ここでシャトルバスに乗り換えて1時間のツアーに参加しました。ツアーで無いと入れないようです。バスを降りてキリスト縁の場所を見た後にようやく川に辿り着きましたが対岸にはイスラエルの観光客がこちら側の写真をとりこっちはこっちでイスラエルの写真を撮る、不思議な光景です。宗教には無頓着なので全く感動もありませんがやはりここは聖地なのかそれぞれ空のペットボトルにヨルダン川の水を詰めて持ち帰っていました。

ヨルダン川
ヨルダン川

ここから死海まではさほど離れておらず30分程で到着です。ビーチが幾つもあるようですが無料のビーチはシャワーが無いそうなので有料の中でも安いアンマンビーチに連れていってもらいました。といっても16Jdもしますがね。もう朝から水着を着てきていたのでパパっと脱いで死海へGO~!!

死海
死海

写真用アイテムとして小説をデイパックに入れておいたので早速定番のやつをやりましたがやぱり浮きますね。ですが、しっかりバランスを保ってないと一回転してしまうので大変。私はこれで水が目に入りましたが痛くて目を開けていられなくなりました。

定番
定番

充分に浮力を楽しんでから死海の泥パックも試します。肌がつるつるになるというので楽しみです。1人3Jdで泥パックが出来るというので交互にトライする事にしました。最初にタイがしてそれから私。バケツに入った泥を塗っていきますが死海の塩分のせいか何となくヒリヒリ。でも顔も含めて出来るだけ全身真っ黒に。

ハンドプリント
ハンドプリント

作成中
作成中

出来上がり
完成

10分程待ってから洗い流すために死海に再度入りましたが自分の周りだけ真っ黒。そして顔だけは痛いので洗えず。目に入ると痛いし口に入ると強すぎる塩分で苦く唾液が止まりません。

充分に身体を洗って塩を落としてから今度はWadi Mudib/ワディムジブに移動しました。アンマンビーチからは10分程の所にあります。ここは初日にバーで出会った女性が一番お薦めしていた場所なのでガイドブックにもあまり情報はありませんでしたがルートに組み込む事にしました。ここに入る時にはサンダルでなくスニーカー、後はラフティングに準じる格好で望むのがベストです。最初カメラは持っていかないほうがいいと言われたときは何で??と思いましたが行ってみると納得。ただのトレッキングでは沢登りだったのです。

最初は遊歩道があったのですが途中で途切れ川を上っていきます。もちろん浅いのですがそれが徐々に深くなってきてその内腰くらいまでに。そして4ヵ所くらい岩に登らなくてはならずとてもハード。ロープが垂れ下がっていてそれをしっかり握って登らなければいけないのですがいかんせん水の勢いが強くなかなか難しい。途中助けも借りてようやく滝まで辿り着きましたが達成感がありました。滝の下に行くと洗濯機で洗われていると思うくらいすごい勢い。呼吸するのも大変なくらいです。

ここはお薦めでとにかく水が綺麗。エメラルドグリーンで澄んでいます。そして何といっても両サイドの岩が最高。まだペトラには行ってませんが写真で見たエルハズネへの道、シークそのものなのです。シークに水があるバージョン。壁の微妙なマーブル具合に最初から最後まで2人して「Amazing」としかいいようがありませんでした。

私達は水の入ったペットボトルしか持って行きませんでしたが中にはペットボトルの中にタバコを入れて持ってきている人も。そしてデイパックを持ってきている人もいましたが全てずぶ濡れでした。とにかく足から頭まで濡れると想定していった方がいいです。とにかくお薦め。

ここからは2時間かけてWadi Musa/ワディ・ムーサへ。

ペトラへ


ここがペトラ遺跡への拠点となります。私達は中心地から外れたところにあるMarriottoHotelで下ろしてもらいました。部屋からの景色はすばらしかったのですが今日は夕日に間に合わず残念。明日はきっと見れるでしょう。

<移動>
・タクシーチャーター・・・アンマン~WadiMusa/ワディ・ムーサへ
 燃料、チップ込みで125Jd
 
<観光>
・Jabal Nebo(ネボ山)/2Jd
・ヨルダン川/12Jd
・マダバの共通チケット/2Jd
・アンマンビーチ/16Jd
・Wadi Mujib Reserve(ワディムジブ保護区)/16Jd

<宿>
Petra/ペトラ
・PetraMarriottoHotel・・・シングル81Jd、ツイン89Jd
 住所:WadiMusa
 Tel:03 215 6407
 Fax:03 215 7096
 E-mail:petra@marriotto.com.jo
 URL:www.marriottohotels.com
 朝食込み、プール、サウナがある
 wi-fi有料(24時間で10.5Jd)

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

ヨルダン北部遺跡巡り

2012/5/5

 起きると携帯はまだ5:00、昨晩なかなか寝付けなかったので寝たのが多分遅かったと思うのですが意外と早く目が覚めました。まだ早いし二度寝しようとごろごろしていたらノックが。開けるとタイが出かける格好をしています。今何時?と尋ねると「8:35」

ぇえ~!!マジで?今日の出発の時間って8:30だったよね?腕時計の方を見ると確かに8:30を過ぎています。そして携帯は5:30・・・。うわ~、完全にアフリカンタイムだし。それから5分で身支度を終えフロントで待ち合わせして外に出るとすでにタクシードライバーのEmadが待っていました。いやいや、申し訳ない。今日は3ヶ所も周るのですぐに出発です。

最初はJerash/ジェラシュ遺跡から。アンマンの北約50km程の距離にあって1時間もかからず到着しましたが遠くから見てもかなり広い遺跡です。しかも2000年以上前に造られた都市だそう、すごすぎます。

まずはチケットを購入して歩くと凱旋門がありその先には教会や競技場がありました。ここでイベントがあるらしいのですが次は11:30からとちょっと遅すぎる。諦めて先に進む事にしました。フォーラム手前に博物館の表示があったので先にそちらに行きましたが昨日シタデルで見た博物館の内容とほぼ同じ。更に規模も小さく時間もかからず10分程で終了、その先には左右にずっと円柱が続いている通り。

円柱が並んでいます
円柱が並んでいます

その先にも大聖堂や北劇場等ありますが劇場の上に登って景色を眺めていたら急に押されてびっくり。タイが冗談で私を突き落とそうとしたのです。もちろんデイパックをしっかり支えていてくれたので落下する事は無かったのですが心臓バクバクだし思いっきり叫んでしまいました。これが彼のセンセヒューマらしいです(笑)時々ねと言ってましたが。

北劇場
北劇場

ここの隣にアルテミス神殿があるのですが何とここの円柱は押すと動くのです。隙間に小石2つ、そしてその間にスプーンが挟んであるのですが押すとスプーンが上下に動きました。自分の指もそっと入れましたがたしかに揺れている。びっくりです。

スプーンが動いた
スプーンが動いた!

そういえばガイドブックに南劇場の上からが一番眺めがいいと書いてあったので戻る途中に寄って行きましたが何かイベントをしていたらしくすごい人と音。掻き分けて上から写真を摂りましたが確かにジェラシュが一望できます。

イベント中
イベント中

南劇場から
南劇場から

時計を見ると何ともう12:00近く!!今日はまだ2ヵ所行くのに大丈夫かなぁ?とにかく急いで戻って昼ご飯を食べるためにレストランに寄ってもらいました。ここでケバブとナンを注文しましたがかなり大きくてびっくり。ちなみにケバブは羊とチキンが両方出てきてさらにこの大きさのナンだったので食べきれず。もちろんケバブについて来た小さめのナンも3枚程ありましたがこれは全くの手付かず。

ナンでかい!
ナンでかい!!

胃が満たされたので今度は更に北、シリアとの国境近くにあるUmQais/ウムカイスへ。これがなかなか遠く結局1時間近くかかり到着したのがすでに15:00です。

規模はジェラシュに比べると大分小さく時間はかからなかったのですがここから眺めるゴラン高原の景色は最高でした。

ウムカイから

ウムカイで

ウムカイ

ここから戻る頃にはすでに17:00過ぎ。今から最後の目的地のQasrAmra/アムラに向かっても大分距離があるし閉まっているでしょう。タイと相談しアムラ城を諦め初日に飲みに行ったマーフィンズというレストラン兼バーでドロップアウトしてもらう事にしました。せっかく城まで行くんだったら中まで見たいしね。外観だけとっても仕方ありません。

今日は遅くないしイスラムの週末では無いので席に座る事が出来ました。ビールで乾杯しましたが今日は疲れていたのでいつも以上に酔いがまわり易い。タイと明日について話し合いましたが明日は2日目に出合ったタクシードライバーにお願いしいろいろ寄りつつ最終的にペトラ遺跡近くにあるホテルでドロップアウトしてもらう事に決定しました。今日以上に忙しい1日になるでしょうが遺跡だけでなくトレッキングもするので楽しみです。時間間に合うかな?

ちなみにタイはすでにペトラで泊まるホテルを予約していて何と私からしたら鼻血が出そうなくらいのホテル。私はさすがに無理だなと思っていましたがシングルからツインの変更も可能だそうで価格もほぼ変わらないそう。なので差額分を支払い私も星がついているホテルに泊まる事に決定しました。寝袋あるから床でもどこでもいいんだけどね。

毎度高いホテルに泊まっているのか尋ねると大抵はお湯が出る安宿でペトラの様にスペシャルな場所の場合は奮発するらしい。ちなみに彼はカナダで8年医者をしていて仕事を辞めて1年間の旅に出ているそう。最初職業を聞かれて看護師だったというと笑いだしたのでどうしてかと思ったらそれが理由でした。今まで医学生にはたくさん会って来ましたが実際に働いていたという人に出会うのは初めてです。ちなみに救急だそうで旅の後に働く場所は決まっているのか尋ねるともちろん決まっているそう。だけどやは仕事を忘れてしまうので長期でも1年。後2ヶ月です。

その10ヶ月で日本も訪れたそうですが歌舞伎町でアルコールに薬物を混入されていたらしくカードが消え2000US$が使われてしまっていたそう。外国人が同じような目にあっているとポリスから言われたらしいです。せっかく日本に来てくれたのに残念な出来事。日本は好きか尋ねたら歌舞伎町以外はねと笑っていました。幸いにもカード保障があるので幾らか戻ってくるそうですが。

<移動>
・タクシー1日チャーター・・・60Jd+燃料(30Jd)+チップ10Jd
 2人でシェア

<観光>
・Jerash/ジェラシュ・・・8Jd(学割でも同じ値段だそう)
・UmQais/ウムカイス・・・3Jd(ヨルダンの学生のみ学割あり)

<宿>
Amman/アンマン
・AsriHotel・・・ツインルーム/15Jd
 住所:PetraStreet Behind Al Hussein Mosque
 Tel:06-4621480
 Fax:06-4649810
 E-mail:asri-hotel@hotmail.com
 ホットシャワー、タオルあり。
 wi-fiあるが私だけ繋がらず。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。