とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

車の事故その2

 金曜日に車のスペシャリストが訪問して来ました。この方が車の状態を総合的に判断して金額を出しいくらぐらいまでの修理金額が妥当か判断してくれるそうです。この方は保険会社から頼まれてきていますが、直接雇用ではなく個人の立場なのでニュートラルな視点で判断してくれるはず。

20分ほどかけてみてもらいましたが、次の火曜までに判断し連絡するとのこと。近距離の運転には支障はありませんが、マフラーが今固定されていない状態なので長時間の運転はやめたほうがよいとのことでした。ランプの一部が破損されているのと内側のへこみについては2年に1度の車検で特に問われることはないそうなので、修理金額だけもらい別の安い修理工場または自分達で気になるところだけ直すということも可能だそう。

保険ですべて直るならそれがいいですが、なんせ30万の車ですからね。火曜の返事を聞いてからどうするか考えます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ドイツ生活 - ジャンル:海外情報

語学学校用のビザ申請その6

 土曜日だったので期待していなかったのですが、買い物から戻ってきて初のキムチ作りにいそしんでいると私宛の封書が届いていました。Landratsamt(私がビザを申請した場所)からだったのでまさかと思いながら見てみると、もちろんすべてドイツ語なので内容はまったくわからず。2枚目にはPINコードとPUKコードが隠されていたのでとりあえずビザの準備ができたのだということはわかりました。

パートナーに読んでもらうとこれはeATというカードが滞在許可代わりになるのでそのカードが手に入ったらオンライン上で暗証番号を変更などしなければならないそうです。次のレターが届いたらようやくビザを取りにいけるようです。ここまでが長かったのであと一分張りです。ビザが手に入ったら銀行、運転免許証、ジョブセンターでの今後の相談などが待っています。

とりあえずビザの心配がない状態で誕生日が迎えられそうです。
関連記事

テーマ:ドイツ生活 - ジャンル:海外情報

ドイツ語A1試験

 10月17日にドイツ語の一番下のレベルの試験がありました。
リスニング、ライティング、リーディング、スピーキングの4種類でそれぞれ15点ずつで計60点ですが、それを100点満点に計算しなおして60点以上が合格となるシステムです。

学校で試験対策がよく行われていたので手ごたえはまずまずです。結果は来週かその跡になるらしいのですが、クラスの先生の祭典によれば

リスニング: 12/15
ライティング: 不明だがよかったとのこと
リーディング: 15/15
スピーキング: 15/15

だったらしいです。採点するのは本部の方なのでもしかしたら上記は間違っている可能性もありますが少なくとも60%は取れているので一安心です。ただこの学校はA1からB1まで一貫でほかにクラスがないということもあり60%以下だからといって再度A1やり直しということはないそうです。そういう意味ではB1になるまでについていける生徒とそうでない生徒の間に差ができ授業の効率は下がりそうなきもします。私も今後ついていけるようにしっかり復習していかなくてはいけません。すでに試験翌日からA2が始まっていますがこのレベルの試験は12月半ば頃にあります。B1の試験DTZ対策もすでに開始されているのでより難しくなっています。

看護師になるためにはB2まで受けなければいけませんが、このB1のDTZはドイツで仕事を探すためには重要な試験となります。私のクラスメイトの殆ど(特に難民達)はB1まで習うことになっています。B2まで行くのはおそらく1-2人くらいになりそうです。
関連記事

テーマ:ドイツ生活 - ジャンル:海外情報

車の事故その1

 9月に車を購入したばかりというのに早速の衝突事故。
先週の金曜日の学校が終わり土砂降りの中の帰宅中のことでした。エコのためか青に変わった後すぐに信号の色が消えるシステムの交差点で反対車線の車両が全て停車しており歩道の脇には女性が。この女性がわたるためにとまっていると思いゆっくりブレーキを踏んだのですが停まってしばらくすると首に衝撃が!!

そのときのことは記憶があいまいではっきり覚えていないのですがすぐ路肩に停車して、Ein Moment, Ich muss meinen Freund anrufen(少し待ってください、私の彼氏に電話しなければいけません)と、知っている限りのドイツ語で伝え早速電話しました。ちょうど仕事を終えたところでしかもちょうど近い場所を走っていたようですぐに駆けつけてくれました。相手は自分の非を認めてくれ保険の名刺を渡してくれたのでそれを受け取り車の写真を念のために撮り運転して帰りました。ここで相手が自分に非がないといい平行線だったり相手からアルコールの匂いがする場合は警察(die Polizei)を呼ぶそうです。

消える信号機だったので自分の非もあるのかとへこんでいましたがどんな状況にしろ後ろからぶつかったほうに非があるとの事を言われ気分が少し晴れました。ドイツでは最低限相手の車の修理代がでる保険には必ず入らなければいけないそうで保障の心配はしなくてもよいそうです。

すぐに保険会社に電話をしてもらうと保険会社で修理工場を探すのでそこから彼のに連絡があるとの事。また車に乗れない間の代車は不要と伝えると(必要な場合は彼が運転すると伝えました)その間は一日あたり車両のランクによって決まっている保証金が出るということでした。病院にいった場合も保証されるということで安心して医者にかかれます。念のために保険会社が提示してきた修理工場に夕方電話してもらったのですがこの時点でまだ保険会社から連絡がないとのこと。月曜までまって連絡がなければ再度保険会社に連絡するようにとアドバイスをもらったそうです。

すこしめまいと頭痛と背中の痛みがありホームドクターにかかることにしたのですが金曜の午後なのでほとんどあいておらずネットで探したところは17時からオープンと記載してあり家で待っている間、自分の鎮痛剤を服用して休むことにしました。運の悪いことに17時になってから行ったクリニックの表示板の金曜の夕方の診療はテープでかくされていました。この時間からもうあいているホームドクターはないだろうということであきらめ半分でしたが病院は開いているとの事。何も対処せずに後に後悔はしたくなかったので病院に連れて行ってもらうことになりました。

金曜だからか閑散としていましたがエマージェンシーでなく普通の一般診療で20分ほどまって自分の番がやってきました。一通り説明して(してもらって)その後で触診をうけたのですが左肩が相当硬いとの事。これは今回のものではなく以前からのものでこの事故でさらに痛いのでは?とのことでした。確かにイギリスで首を痛めてから背中の左側がよく張るようになったことに加えてドイツ語学習中に同一体位をとることが多くなりよく頭痛を持つようになっていたのです。

保険会社にまずは請求してもらう予定だったのですが、この病院では保険会社とのトラブルが多いそうで前払いで30ユーロを支払ってもらいたいとのことだったのでこちら側で保険請求することになりました。請求書はしっかりいただきました。また処方ですがイブプロフェン400mg1錠/1日3回までが3日分とタイガーバームが出ました。

この後で薬局に行ったのですがうかつにもレシートをもらい忘れ。ただパートナーの話によると処方にかかったお金はおそらく請求できないとのことでした。

土、日と待って月曜に保険会社からも車の修理工場からも連絡がないので、しびれをきらして保険会社に電話してもらったのですが、その修理工場は今は手一杯で受け付けられない。ほかのところを探してほしいという回答でした。なぜ自分たちで探さなかったのか、またそれゆえ運転できなかった日の金額はこの期間は含まれない、事故車でも運転できたのでは?といわれたそうです。

こちらも金曜に連絡した際には保険会社側で探すという話であったこと、自分たちは車についてまったくわからず壊れた車で何か起こったときに対応できないからメカニシャンに見てもらうまでは乗らないでいることを伝え、さらには金曜の夕方に修理工場に電話した際に保険会社からまだ連絡が来ていない状況であったことを伝えました。

すると、確かに保険会社側で探す話になっていたこと、修理工場に依頼をしたのが金曜の夜ということが判明。もっと早くわかっていたらこちらで探すなり向こうでほかの工場を探すなりで金曜に車の状態を見せられたはずです。それでもまだ保険会社のスタッフがぶつくさ言っていたそうで、とりあえず仕事をして(修理工場を探すこと)もらうよう伝え一旦電話を切りました。

その後10分ほどしてから保険会社からかかってきて隣町の修理工場になるけれど受け付けてもらえるとのことでした。30分以内に工場から連絡があるとのことでした、とりあえずは先に進めそうでよかったです。

ちょうど30分たつかたたないかで電話がかかってきました。隣町の修理工場からでしたが今込み合っていて2週間ほど待ってもらうことになるという内容だったそうです。さすがに車が2週間ないのはしんどいので一度見せに行くことになりました。工場までは来るまで10分ですがメンタル的な問題か運転し始めて今日はすでに消えていた背中の痛み、首の痛みが出始めました。

修理工場で車の詳細が書いてある小さなカードをみせその後簡単に見てもらいましたがとりあえず運転はしてもいいと返事をもらいました。ブレーキランプは無事でした。ただ後部の片側のランプが破損していること、後部全体のへこみ。スペアタイヤのある内側からみても凹みがみえるので完全に保険で修理できるかはわからないそう。車両購入代金の半分以上かかる見込みの場合は保険会社は修理代を支払ってくれないそうです。その場合は購入代金を渡され今の車を回収されるので新しく車を探さなければいけなくなります。このばあいは手続きなどまた手間がかかります。私の車はまだ8万キロしか走っておらず(私の知る限りドイツでは20万キロとかでも平気で走っていたりします)まだまだ使いたいと思っています。

とりあえず修理のスペシャリストが一度見て、総合的に判断するそう。それで保険会社に金額を提示して修理するかそれともお金を返金とするか決まるそうです。30万ほどで購入した車なので15万円くらいの修理費用でおさまればよいのですが。

この日の夜に彼の友人たちと会った際に、別のオプションもあるといわれました。保険会社がすべて直せないとなった場合、最低限のパーツだけ直してほかは現金でもらうということもできるそう。今の時点では乗りつぶす気持ちでいたのでランプと後部のへこみの最低限を直してもらって多少のほかのへこみには目をつぶるということです。最悪それでもよいので今の車は手放したくないきもちが強いです。気に入っているだけでなく手続きの大変さを味わったからこその意見です。

またこの日にホームドクターにもかかりました。工場から戻ってきても痛みが引かなかったので見てもらい診断書を書いてもらい鎮痛薬を処方してもらいました。車の保険会社にもちろん請求しますしどうやら多少のお見舞金が保障されているらしいのですが、それよりも何よりも無事故が一番です。ドイツにいる限り車は必須なのでこれからも運転し続けますが2度と事故のないことを願います。
関連記事

テーマ:ドイツ生活 - ジャンル:海外情報

語学学校用の学生ビザ申請その5

 担当のスタッフがすっかり忘れていたということもありビザ申請ができたのが9月19日となります。申請の際に大体3週間から1ヶ月ほどかかるという説明があったので封書が届くのを楽しみにしていました。

今日は11月1日ですが、まだ届いていません。

今週は連休があり期待はしていなかったのですが、問題は私のシェンゲンビザがあと2週間で切れるという事。先週電話してもらったのですが書類はすでにベルリンに送ってあるので書類上は問題ないそう。もし間に合わなければ仮ビザが取れるらしいので今週まってこなければ来週Ausländeramt(外国人局)に出向く予定です。

そういうことで銀行口座もまだですし運転免許証の書き換えももちろん終わっていません。

これから学生ビザを取る予定のある方は早めに申請する事をお勧めします。
関連記事

テーマ:ドイツ生活 - ジャンル:海外情報

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。


簡単に登録できるアフェリエイト。自分で購入・申込みをするだけで報酬をゲット!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper