FC2ブログ

とやま~んの世界うろちょろ落書き帳

2017年8月から南ドイツ生活スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ語B1・B2 Beruf試験ようやく終了

今月の17日にようやくB1・B2 Berufの試験が終わりました。

正直受かった気がしない。というのも習った範囲以外での出題が多かったからです。習ってもないものは太刀打ちができない、なので最後はもう適当に回答を選びました。この試験はスピーキング、ライティング、その他(リーディング、リスニング、Sprachabausteine)に分かれており、スピーキングとあと残りのうち1つでB2レベルが取れていれば試験には合格できます。ただしどれかでB1以下であれば残り2つがB2であっても合格できません。

スピーキングは一応空白なしにずっとしゃべれていたのでどうにか受かっているのではないかと思っています。ライティングではすでに数箇所のミスをあとで気づいてしまったので不安ですが、ぎりぎりでいいからB2レベルに入ってほしいと願っています。リーディング以下はもう期待すらしていませんが少なくともB1であってほしいと思っています。

結果は6週間後らしいですが、いつも通りでいくと8週間かなと思っています。仕事が遅いよ、本当に。試験日にドイツ融合コースについての情報を聞いたのですが、君は試験の日に来なかったと言われ、さすがにムカッときてまったくあなたたちから連絡がなかったのですがと言い返しました。しかも10月に試験があると言われていてそれに参加するといってあったのにもかかわらずです。やはりこの学校は適当。だけどここでしか近場(20km以内)では試験を受けられないから我慢我慢。ですがその後のスピーキングでそのシェフが試験官だったのでショック。さすがにそれでわざと点数下げられるということはないと信じていますがそれにしてもなんかいやな予感。

10月からドイツ語のB2Allgemeineコースが始まります。それまで私はバイトもせず休みなのですが、庭仕事や家で医療系のドイツ語の自己学習、また語彙力をあげるためにも小説をよもうと思っています。試験後さっそくチロル地方でキャニオニングをしてきました!その時のことはまた気が向いたときにでも。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ドイツ生活 - ジャンル:海外情報

試験までもうすぐ

ついに今週末にB1・B2 Berufの試験がありますが正直言って準備がまったくできていません。去年の12月にデンマークの役所でで結婚をしたのですが、その後教会で式をしたいという夫の意向で式の準備をすすめて先週無事に結婚式を終わらせました。日本から家族や友人、海外からも友人が数人来てくれたので国際色豊かな式となりました。ドイツからは夫の友人以外にも私の語学学校の友人が来てくれ心強かったのです。

そのせいにしてはいけないのですが、試験対策が十分にできていません。式が終わってからは達成感、その後の脱力で再び勉強する気になかなかなれず今に至っています。式前に学校で2度モデルテストを行ったのですが、どちらもB2Beruf合格圏内には届かず。DTZまで順調に来ていたので、この壁にぶちあたったことにショックがありましたが、現実を受け止めなければなりません。どちらにしても10月から今度はB2一般コースに通うつもりなので駄目でもいいかという気持ちで挑みます。今のビジネスコースはもう一度無料で受けれますが、今のところやる気はありません。もしかしたら来年以降にもう一度トライするかもしれません。

先週はずっと学校を休んでいたのでさすがに今週は行かなければいけないのですがどちらにしてもあと2日で終了。試験が終わったらしばらくのんびり過ごす予定です。待ち遠しい!!
関連記事

テーマ:ドイツ生活 - ジャンル:海外情報

B1・B2+Berufコース残り1ヶ月

ついに授業終了まで1ヶ月となりました。試験は授業終了から3日後なのでDTZの時のような待つストレスはなさそう。ただ今回は試験対策がまだ学校で行われておらず、少しあせる気持ちもあります。今後の方向性も決まっておらず迷走中で教会での結婚式も試験前に控えており、ダンス教室、パーティーの飾りつけ、席順、食事のメニューの決定、メニュー作りなどてんやわんや。嵐の真っ只中。さらになかなか受からない試験であることもわかっているので、試験合格への期待はあまりありません。合格できればいいなくらいで、だめならもう一度無料で授業が受けられるのでそのようにします。

逆に受かった場合はB2のAllgemeinの受講を考えています。B2+Berufが取れたのならばもう一度B2を受講する必要がないのではないかと思うでしょうが、B1・B2+Berufコースでは語彙がほぼ仕事に関することのみで、一般生活をおくる上では使用できないのです。たとえば、商品の発注だったり、発送、確認、割引、苦情対応など。B2Allgemeinでは一般的な語彙を習うようなので一般の生活で使用することができると思います。文法はB1までである程度習ったので、やはり語彙中心にはなりそうです。

C1も狙っているのですが、こちらはとりあえずB2を十分に習ってからでよいかな。B2・C1+BerufコースにするかC1Hochschuleにするかはまだ決めていませんが、将来大学で勉強することも含めればC1Hochschuleのほうがよさそうです。ただBerufコースでなければ1000ユーロの自腹となるので痛い所。日本でもっと貯金しておけばよかったと後悔する日々笑。まあどうにかなるでしょう。

試験のことですが、筆記、口述がキーとなるようです。口述はほかの生徒から聞くと試験官が多少助けてくれることもあるそうで、パスしやすいらしい。ただTeil1では2-3枚の職業の写真を渡されその中から1つ選び、2分ほどその職業についてどのような活動を行っているか、なぜその写真を選んだのかなど答えなければなりません。Teil2では、プレゼンテーション。テーマが2つありそれから1つを選び2分半ほどかけてプレゼンします。パートナーはそれを聞き最後に質問することになります。いじめ問題について出ることもあるそうです。こちらについては試験前にプレゼン準備時間が与えられるようですがパートナーとの会話は禁止です。Teil3はDTZの時のように与えられたテーマにそってパートナーと会話をします。DTZから比べると一気にレベルが上がりますね。

筆記については2通のE-Mailを45分でテーマにそって書くというものです。時間が短いので、さっと読んですぐに書かなければ間に合いません。ただ次数制限がないので短くても要点がまとまっていれば大丈夫なようです。

読解については穴埋め問題があり、それが結構やっかいで私は練習問題で平均40%しか解けません。これは本当に対策しないといけないのですがどうやっていいのかわかりません。ニュースや小説など文章をもっと読むべきなのでしょう。

リスニングに関しては長い会話がありそれを聞きながら6問程答えていく魔のTeilがあります。早めに文章を読んで理解しておくということが重要です。やはり日本のニュースばかり読まずにドイツのニュ-スを読んだり聞いたりしなければいけません。あと1ヶ月がんばるぞ!
関連記事

テーマ:ドイツ生活 - ジャンル:海外情報

訴えの受理

私たちの訴えが学校に認められ3日から2日へと条件が少しよくなりましたが、その翌週に再び授業の質が低下しました。一方的にしゃべりっぱなしというのと、1つの事に集中して授業が一向に進まないこと。これはもしかしたらもう改善されないのかもしれません。週2日になったからよしというレベルではなく、この日は学校に来ず自己学習に使いたいという気持ちです。ですが国から補助を受けて通っている授業なので極力休みたくありません。数回授業の様子をみたあと、もう一度シェフィンのもとへいき、状況を訴えました。

結果、2週間費やしましたが、その先生は解雇となり、もう一人の週3日だった先生が毎日来ることになりました。ただ手続きの問題がありスムーズに交代とはいかず1週間だけ別の先生が代理できます。状況が改善されたとはいえ今度の試験は到底合格する気がしません。ですが二度目までドイツが料金を負担してくれるのであせらず望みたいです。1コース約4ヶ月(400時間)で約830ユーロです。DTZまでは当たり前に自腹で払っていたので本当に助かります。試験で結果がよければB2 Beruf合格となり、そうでなければB1 Berufとなるらしいです。ただB1 BerufといってもTelcのB1やDTZよりランクは高いらしいのでだめでもそれはそれで悪いわけではありません。

一人の先生の解雇にあたりシェフィンがクラスにやってきたので少し話をしたのですが、どうやら、C1にもBeruf(仕事)があるらしく、それであればB1・B2+Berufと同じで国が料金を負担してくれるらしいです。C1はもともと受けるつもりだったのですが、プライベートの学校だと価格が1,000ユーロするのでどうしようか悩んでいたので選択肢ができました。ただ国から補助を受けるにはAgentur für Arbeitで再びBestätigungsscheinを手に入れないといけず、それには試験の結果又は学校でB2のレベルがあることを証明しなければいけません。Ich werde sehen!
関連記事

テーマ:ドイツ生活 - ジャンル:海外情報

ドイツ語B1・B2+Beruf 試験まであと2ヶ月

B1・B2+Berufが始まってからすでに2ヶ月が経とうとしています。試験までもう休みはないのであと残りは気力でがんばるしかありません。新たな文法はほぼないのですが、語彙がB1と比べるととっても豊富で頭に入りきりません。しかもBerufなので、商品の注文だったりメッセの参加だったり一般のB2とやはり内容が違っていると思います。Ein unverbindliches Angebot unterbreiten/ vorlegenとかeinen Rabatt gewährenとか、動詞もB2にあわせてレベルアップさせなければいけません。gebenとかbekommenとかもう過去の話です。なきそう。

ちなみに私の言行っているコースは授業が毎日あるインテンシヴコースなのですが、1度目で合格できる子はほんの一握りだそう。私たちのクラスの子1人が今回2度目のチャレンジなのですが前回のコースでは15人中1人しか合格できなかったそう。しかもぎりぎりの得点で。しかもその子は2度目のチャレンジだったそう。学校のシェフィン(女性のチーフ)に言われたのはどのインテンシヴコースでも毎回2-3人しか合格できないそうです。これを聞くともう笑うしかない。

だけどクラスの子1人が言っていたのはその子にとっては試験結果よりも日常生活で会話できることのほうが重要だと言っていたこと。私は試験結果だけにとらわれていたので、そのような考え方もあるのかと驚きました。まあだけどB2に合格すると今後看護師の資格を認めてもらうための書類を発送したりと前進できるのでやはり結果がついてきてくれたほうがうれしいのですが。人それぞれということですね。

クラスは先月末から非常事態で、突然今までいた先生が給料の不満から辞任するわ、新たに来た先生は2人(1人は月から水、もう1人は木金)で前者が暴走。テキスト使う必要ないとか自分の理論をまくしたて私たちの話す機会がなく、さらにはあなたたちのレベルはA2だとまで言われ。。。これではモチベーションが下がるし、試験対策もさっぱり、数回直接この先生と話合ったのですがとりあってもらえず、シェフィンにE-Mailを送りさらには生徒全員で直談判をしました。その時に怒りで送信したメールがこちら。

Betreff: Unsere neue Lehrerin Frau (ここに問題の先生の名前)
Sehr geehrte Frau (ここにシェフィンの名前),

mit Freude haben wir bei der (学校の名前と場所) den B2-Beruf-Kurs besucht. Leider sind wir derzeit wegen der neuen Lehrerin Frau (問題の先生の名前) UNZUFRIEDEN. Wir würden gerne dafür eine andere Lehrerin/ einen anderen Lehrer erhalten oder die Arbeitszeit Frau (もう1人の先生) verlängern, anstatt nur zwei Tage zu lehren.

1. Frau (問題の先生の名前) spricht ständig und wir haben keine Chance zu reden.

1) Sie verwendete 40 Minuten für nur ein Wort "ausüben"
2) Eine Hausaufgabe konnte ich (私の名前) nur zwei Minuten zeigen und dann sprach sie ungefähr 45 minuten über meine Hausaufgabe. Andere Mitschülerinnen mussten sie unterbrechen.


2. Sie möchte kein Buch verwenden.

1) Wie wichtig das Buch "telc Einfach besser!" ist. Die Grammatik und der Wortschatz sind sehr wichtig für die Prüfungsvorbereitung. Sie sagte, warum brauchen wir das Buch? Wenn wir das Buch verwenden würden, würden wir das Jahr brauchen! Aber wir glauben, dass das Buch uns bei der Prüfung hilft. Das Buch zeigt uns unseren Weg, aber wir verloren zurzeit unseren Weg.
2) Wir verhandelten zweimal mit Frau Beitler über das Buch und als Ergebnis versuchte sie mit dem Buch zu arbeiten, trotzdem war sie unzufrieden. Jedoch hörte sie mit einer Lektion so schnell wie möglich auf, ohne genug Erklärungen.


3. Sie gibt falsche Informationen.

1) Über Genitiv sagte sie: "Wir brauchen kein Genitiv. Wir können Dativ verwenden, anstatt Genitiv zu benutzen." Deswegen zeigte sie kein Genitiv, trotzdem mochten einige Mitschülerinnen die Grammatik lernen. In der Deutschen Sprache brauchen wir ab und zu Genitiv und natürlich in der Prüfung.
2) Über Deklination der Adjektive ohne Artikel sagte sie "Das ist gleich von Deklination der Adjektive mit dem unbestimmten Artikel". Bei Deutsch A2-Kurs lernten wir das schon, aber Wiederholung macht den Meister. Und die Information ist deutlich falsch, nicht gleich.


4. Sie weiß nicht, was genau B2 Beruf- Prüfung ist.

Wenn man das Ziel nicht weiß, wie kann man das schaffen?

Wir sprachen schon zwei Mal mit ihr aber leider erfolglos. Sie hat natürlich auch Vorteile, dass sie nett ist und motiviert ist. Aber sie ist nicht die richtige Person für uns. Wir verbringen unsere Zeit, das Benzin und der Parkplatz. Wir bauen Stress auf und haben Angst vor der Prüfung.

Wir würden gerne mit Freude bei Ihnen lernen und die Prüfung bestehen. Wahrscheinlich ist es schon eine schwierige Aufgabe, aber wir bitten darum, das Problem zu lösen. Vielen dank für Ihr Verständnis und Ihre Mühe.

Über eine Einladung zum persönlichen Gespräch oder über Eine Rückmeldung würden wir uns sehr freuen.

Mit Freundlichen Grüßen

(私の名前とほかの生徒の名前)

要は新たな先生では不満があり私たちの先生に適しているとは思えないという内容で、またその詳細を書いてあります。発信した翌日にシェフィンを含め皆で話し合いこの先生の試験期間を設けたのが今週の頭でした。

予想以上に改善されたのでこれからも私たちを教えることになったのですが、昨日になり、もう1人の先生から、これから週2日から3日になりました、と報告がありました。確かに月から金の暴走先生は改善されたにしろ相変わらずおしゃべり好きで授業の準備をほとんどしてこないので、それが2日となったのはよいことです。すべてが悪いかといわれればそうではなく、例えばダイアログに関してはいろいろなパターンで教えてくれるので助かっています、ですが2日が適切かなと。

試験対策は今のところまだできていないのですが、学校だけにたよらず家でもできる範囲で対策するしかありません。ただ4月から雷雨は多いですが気温が高めできているので、庭でガーデニングするのに時間をけっこう費やしています。また結婚式の準備(ワルツの練習など)などもあり、ドイツ語だけにかける時間はないのですが、それでも家ではドイツ語のみで話す努力をしているので、何もしないよりはいいかなと思っています。

ただ勉強ストレスからか、夜になると日本のネットニュースをよみあさるようになってしまいました。ドイツ語のニュースを読み理解するのはまだ不十分のレベルなので、というのは言い訳でなんとなくの内容はわかるはず。それをしないのはただの怠慢ですが、いつもドイツ語だと頭がおかしくなりそう!!夫の友人達が家によく来るのですが、私はたいてい夜になるともう「これ以上ドイツ語無理!!」っていって途中で退散します。ネイティブ同士の話にはとうていついていけず、すごく集中しないと理解しにくいので脳が一気につかれるのです。

少しずつですが、息抜きしながらやっていきます。
関連記事

テーマ:ドイツ生活 - ジャンル:海外情報

プロフィール

とやま~ん

Author:とやま~ん
Now: Tokyo, Japan

Thought I would settle down in Tokyo, but my mind insists on moving forward! I was wondering whether I could find a place where I feel my home. Life is exciting!

最新記事
カテゴリ

FC2カウンター

広告リンク




アイメークも軽々落とせる愛用中の100%オイルカットクレンジングリキッドです。

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

月別アーカイブ
StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。